「国土交通省」とは?

関連ニュース

「関西3空港懇」24日開催へ 国際化など議論 - 12月17日(月)20:30 

 関西経済連合会は17日、関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を議論する「関西3空港懇談会」(3空港懇)を24日に大阪市内で開くと正式に発表した。3空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長、国土交通省幹部、大阪府や兵庫県など関係自治体の首長、経済団体トップらが出席する。平成22年4月以来、8年8カ月ぶりの開催で、伊丹、神戸空港の規制緩和が焦点となる。
カテゴリー:

第4回「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催します - 12月17日(月)14:00 

経済産業省は、国土交通省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合を平成30年12月20日に開催し、ロードマップを取りまとめます。
カテゴリー:

国交省/9月の内航船舶輸送、総輸送量4.9%減 - 12月17日(月)10:10 

国土交通省は12月17日、2018年9月の内航船舶輸送月報の概要を発表した。 総輸送量は2773万トン(対前年同月比4.9%減)、139億6700万トンキロ(4.0%減)。コンテナとシャーシ扱いの輸送量は、それぞれ179 […]
カテゴリー:

10月分の建設総合統計、民間総計は微増 - 12月17日(月)09:00 

 国土交通省は17日、2018年10月分の「建設総合統計」を発表した。
カテゴリー:

ベトジェットエア、大阪/関西〜ホーチミン線就航 機内ではコスプレ - 12月16日(日)11:41 

ベトジェットエアは、大阪/関西〜ホーチミン線に12月14日より就航した。 毎日1便を運航する。所要時間は大阪/関西発は6時間、ホーチミン発は4時間50分となる。片道運賃はエコノミック運賃は56米ドルから、受託手荷物などが付いたスカイボスは467米ドルから。諸税や支払手数料は別途必要となる。 関西国際空港で行われた就航記念セレモニーでは、ベトジェットエアのリュ・ドゥック・カーン常務取締役、関西エアポートのグレゴリー・ジャメ専務執行役員最高商業責任者(CMO)や国土交通省関係者が登壇した。 セレモニーでグレゴリー・ジャメCMOは、「大阪~ハノイ路線に続き、関西国際空港を日本を代表する目的地として選んでいただいたことを大変光栄に思っています。ホーチミンは、ベトナム最大の都市であるだけでなく、最も現代的で活気のある金融と観光のハブです。是非、日本やベトナムのみなさんにはベトジェットの楽しいかつお求めやすい航空券で2国間の旅を楽しん頂けたらと思っています。我々はこれからも関西国際空港をベースとしたフライトネットワークを引き続き拡大し、より便利で楽しい体験をお客様に提供することを期待しております。」とコメントした。 これにより、ベトジェットエアの日本路線は、11月8日に就航した大阪/関西〜ハノイ線に次いで2路線となる。 ■ダイヤ VJ829 大阪/関西(09:20)〜ホーチミン(13:05)...more
カテゴリー:

成田空港で初の自動運転の実験 - 12月17日(月)18:20 

 成田空港では、人手不足の解消のため国土交通省と車の自動運転技術を手がけるベンチャー企業などが、空港スタッフの輸送を想定した制限区域内での自動運転の実証実験を17日から始めました。
カテゴリー:

日刊工業新聞社、国交省ウェブマガジンを受託―第一弾掲載し本格運用を開始 - 12月17日(月)12:07 

[株式会社日刊工業新聞社]  「Grasp」は未来投資戦略などに関連する国土交通省の先進的な政策や取組を広く周知し、興味を喚起していく「ウェブ広報マガジン」の位置づけ。企画内容に新しい試みを加え、幅広い世代の興味を持ってもら...
カテゴリー:

荷待ち解消策を検討 紙・パルプ輸送の時短へ 国交省 - 12月17日(月)10:02 

 国土交通省は、紙・パルプの物流効率化やトラックドライバーの労働環境改善に向け、関係省庁と学識経験者、物流関係者などで構成する「紙・パルプ(洋紙・板紙分野)の物流における生産性向上およびトラックドライバーの労働時間改善に関する懇談会」を設置した。  トラック運送業においては、荷待ち時間の発生などを背景とした長時間労働の解消が大きな課題になっている。さらに、……[続きを読む]
カテゴリー:

設計者が着工後の現場で詳細調査、修繕に新方式 - 12月17日(月)05:00 

 国土交通省は、橋梁などの修繕工事に、設計者が施工段階で関与する新たな契約方式を導入する方針を示した。施工者が設計段階から関与する方式や、設計と施工を分けた従来方式を加えた3方式の中から、竣工図の有無や施工の難易度に応じて使い分ける考えだ。
カテゴリー:

外国人建設労働者にキャリアアップ制度 登録義務化へ - 12月16日(日)09:31 

 来春導入される新たな在留資格「特定技能」で働く外国人建設労働者について、国土交通省は、働いた日数や内容をその都度記録し、技能を評価できるシステムに登録することを受け入れ企業に義務づける。日本人向けに…
カテゴリー:

もっと見る

「国土交通省」の画像

もっと見る

「国土交通省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる