「トピック」とは?

関連ニュース

ML/DLワークロードで活用したいコンテナ技術 (第 1 回) Webinar を12/21に4社共催にて開催【AI 学習環境構築を検討されている方向け】 - 11月27日(金)09:30 

2020年12月21日(月)、株式会社スタイルズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:梶原 稔尚 以下、スタイルズ)は、エヌビディア合同会社、、Rancher Labs INC.、菱洋エレクトロ株式会社と協力し、機械学習やディープラーニングの開発や運用業務におけるコンテナ技術の活用のためのセミナー(Webinar)を「ML/DLワークロードで活用したいコンテナ技術 (第1回)  - Kubernetes, Rancher, NVIDIA まで-」と題して開催いたします。機械学習・ディープラーニングに取り組まれている研究者や開発者の皆さんの業務の多くが、インフラの構築やライブラリの管理といった本質的とは言えない周辺業務によって占められている現状に対して、その改善のために MLOps というキーワードとともに、コンテナ技術とその管理ツールである Kubernetes の活用が話題になっています。当Webinarでは、AI 学習環境構築を検討されている方、AI インフラ構築にお悩みの方、Kubernetes に興味をお持ちの方などを対象に、AIワークロードのためのコンテナ活用に関する基礎的な内容をご紹介させていただきます。当Webinarは今後徐々に内容を発展させつつ数回にわたり継続的に開催していく予定です。◆セミナー詳細とお申し込みhttps://forms.office.com/Pag...more
カテゴリー:

【トピックス】建設現場の好事例集作る 写真入りで分かりやすく解説 「見える化」の取組み紹介/新宿労基署 - 11月27日(金)02:44 

 東京・新宿労働基準監督署(中尾剛署長)は、「建設業における労働災害防止対策事例」を作成した。「見える化」「朝礼・KY」「設備面」など創意工夫が行われた48事例を紹介している。例えば高齢者・既往症・経験年数5年未満の者のヘルメットに色別にシールを貼って、管理しにくい作業員の健康状態を見える化した取組みや高所作業の多い現場ではラジオ体操に加え、「高所作業トレーニング」を取り入れた好事例などを写真入り……[続きを読む]
カテゴリー:

コロナ汚染会社 電通 相次ぐ社員のクラスターに批判殺到 一方で公表を評価する声も - 11月26日(木)17:45  news

最大手の広告代理店『株式会社 電通』のホームページ内にあるニュース・トピックスページが、 社員の新型コロナウイルス感染の報告で埋まっているとしてネットが騒然となっています。 始まりは9月28日に公開した『当社における新型コロナウイルス感染者の発生について』という タイトルのトピックで、本文では<9月24日、汐留の電通本社ビルに勤務する従業員1名が、 新型コロナウイルスの感染検査で「陽性」であることが確認されました。 当該従業員は、現在療養中です。>などと、従業員に感染者が出たことを報告しています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】来店型保険ショップ市場に関する調査を実施(2020年)~2019年度の来店型保険ショップ市場は前年度比13.9%減の1,819億円の見込~ - 11月26日(木)13:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の来店型保険ショップ市場を調査し、市場の動向、市場規模(新契約年換算保険料)、新規契約件数、将来展望を明らかにいたしました。1.市場概況2016年の改正保険業法施行以来、乗合保険代理店である来店型保険ショップ業界は大きな転換点を迎え、専業の大手来店型保険ショップ経営企業の多くで生命保険会社との協業や、地元有力地方銀行や有力証券会社との業務・資本提携が進んだ。2017年度は、標準利率の引下げを背景とした一部保険商品の販売停止や保険料の値上げなどの逆風にさらされる一面もあったが、資産形成タイプや生前給付タイプの販売拡大などにより、2017年度の来店型保険ショップの市場規模(新契約年換算保険料)は1,994億円と拡大し、また、新規契約件数は196万件となった。2018年度も依然、潜在余地は高く市場規模の増加が続いたものの、若干ながら来店顧客数の減少による店舗数減少が影響し、2018年度の市場規模を前年度比5.9%増の2,112億円、新規契約件数は208万件と推計した。2019年度は店舗数減少などからの縮小に加え、2020年初頭からの新型コロナウイルス感染拡大で店舗の一時閉鎖、営業時間短縮、外出自粛による来店顧客数減少などの影響が起きている。一方で、Web相談の導入が奏功した企業もあるものの、全般的には顧客の戻りは厳しく、2019年度...more
カテゴリー:

〈トピックス〉28、29日に農産物フェア コムボックス佐賀駅前 - 11月26日(木)11:30 

佐賀市内の生産者が対面販売を行う農産物フェアが28、29の両日、同市のコムボックス佐賀駅前(東側)で開かれます。旬の農産物や加工品が並びます。 新型コロナウイルスの影響でバルーンフェスタなどが中止となり、生産者が農産物の魅力を消費者に直接伝えるイベントとして市が企画しました。 ブロッコリーやキャベツなどのほか、トマトジュース、米粉で作ったシフォンケーキ、アスパラのスコーンなどを販売します。28日は13~17時、29日は9時半~17時。問い合わせは市農業振興課、電話0952(40)7116。
カテゴリー:

騒然! 電通HPのトピックス一覧が社員の新型コロナウイルス感染の報告で埋まる ネットは「接待が仕事だから?」など心無い声並ぶ - 11月27日(金)09:24 

 最大手の広告代理店『株式会社 電通』のホームページ内にあるニュース・トピックスページが、社員の新型コロナウイルス感染の報告で埋まっているとしてネットが騒然となっています。
カテゴリー:

【重要ニュースまとめ(11/19~11/25)】イーサリアム2.0がついにスタート。価格への影響も?国内で民間発のデジタル通貨発行へ。 - 11月26日(木)18:18 

今回は、11月19日〜11月25日の暗号資産・ブロックチェーン業界の重要ニュースについて、田上智裕氏(@tomohiro_tagami)から寄稿していただいたコラムをご紹介します。 目次 富裕層の暗号資産投資状況 三大メガバンク含む企業連合がデジタル通貨発行へ イーサリアム2.0がついにスタート まとめ、著者の考察 今週(11月19日〜11月25日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、引き続き暗号資産の価格高騰が話題となっています。日本からは民間発のデジタル通貨発行計画も明らかとなり、CBDC構想にも拍車がかかりそうです。そしてなんといっても、12月1日よりイーサリアム2.0がついにスタートすることが決まりました。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。 富裕層の暗号資産投資状況 英投資コンサル企業のDeVereグループが、700人の富裕層に対するアンケート調査を行いました。調査結果によると、全体の73%が既に暗号資産に投資済み、もしくは2022年末までに投資予定であると回答したといいます。 調査は、欧米、アジア、アフリカなどを中心に全世界が対象となり、昨年の68%より5%増加しました。なお、ここでの富裕層の定義は運用資産が100万ポンド(約1.3億円)以上としています。 DeVereグループCEOのグリーン氏は、「今回の調査結果は、富裕層がデジタル資...more
カテゴリー:

【トピックス】SBI北尾氏の地銀連合構想「10行決.. - 11月26日(木)14:40 

【トピックス】SBI北尾氏の地銀連合構想「10行決まっている」と自信示す
カテゴリー:

〈トピックス〉「福箱」の予約受け付け 宮島醤油 - 11月26日(木)11:40 

宮島醤油(唐津市)は、同社の人気商品13点が入った「福箱」の予約を受け付けています。当たりくじ付きで限定100セット。「ぜひこの機会にお試しください」と話しています。 栃木県の岩下食品とコラボした「岩下の新生姜(しょうが)鍋スープ」や「PASTATAI 佐賀県産和牛のボロネーゼ」などが入った詰め合わせで、税込み3240円。送料無料で12月21日以降の発送となります。通信販売のみで、同社の公式オンラインショップから注文できます。(志波知佳)。
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】コロナ禍の影響に関する加工食品製造業アンケート調査を実施(2020年)~新型コロナウイルス感染拡大により、国内加工食品市場は市販用食品が好調、業務用食品は落ち込み~ - 11月26日(木)11:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、コロナ禍による食品市場への影響を調査し、カテゴリー別の状況、参入企業動向を明らかにいたしました。1.調査結果概要本調査では、2020年9月~10月に、国内の加工食品製造業を対象として、法人アンケート調査を実施し、46社から回答を得た。各社に対して、「コロナ禍における生活様式の変化に対応する事業・商品展開として今後どのように取り組んでいくか」を尋ねたところ、「巣ごもり消費への対応」が33社(71.7%)と最も多く、「健康系商品の展開・強化」24社(52.2%)とともに過半数を越え、次いで「在宅機会の増加に伴う調理機会の拡大への対応・強化」が13社(28.3%)、「調理の省力化への対応商品の展開・強化」が11社(23.9%)、「値ごろ感のある商品(大容量、低価格)の展開・強化」が9社(19.6%)と続いた。調査結果からは、巣ごもり消費など好調な家庭用の市販用食品への注力を考える企業が多いことが伺える。また、消費者の健康志向が高まる中、健康志向の需要に対応する考えの企業も多く、この二つは過半数を越える回答を得た。その他、内食化の進展に伴い、特に調理の簡便志向に対応した商品や経済的な大容量・低価格商品を投入していく意向の企業も多い結果となった。2.注目トピック~コロナ禍における加工食品製造業の動向今回の法人アンケート調査結果や加工食品製造...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トピック」の画像

もっと見る

「トピック」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる