「仮想通貨」とは?

関連ニュース

仮想通貨取引高の水増し問題に対処 メサーリ、バイナンスやコインベース ビットフライヤーなど取引所の世界選抜で取引高算定 - 03月27日(水)09:57 

米仮想通貨分析企業メサーリは26日、選抜された10の取引所のデータからリアルな仮想通貨取引高を算出する指数を発表した。最近、人気データサイトのコインマーケットキャップの取引高に対して水増しされているなど批判の声が高まっており、メサーリはより正確な取引高の算出で差別化を図る狙いだ。
カテゴリー:

仮想通貨・ブロックチェーン業界限定の就職マッチングイベント、5月25日に新宿でグラコネとwithBが合同開催 〜学生、エンジニア、金融業界出身者などが対象で参加費は無料 - 03月27日(水)09:05 

 株式会社グラコネと株式会社withBは5月25日、仮想通貨・ブロックチェーン業界限定の就職・転職マッチングイベント「第4回仮想通貨・ブロックチェーン企業限定合同説明会」を新宿で合同開催する。同業界の企業に就職することを検討している学生のほか、金融業界出身者やシステムエンジニアなどの転職希望者が対象で、参加費は無料。
カテゴリー:

ビットコインよりXRP(リップル)とEOSを高く評価【米格付け企業 2019年仮想通貨ランキング】 - 03月27日(水)08:06 

米格付け会社のWeiss Rating(ウェイス・レーティング)は26、2019年の仮想通貨相場の展望についてリポートを発表し、仮想通貨XRP(リップル)をビットコインより高くランク付けした。
カテゴリー:

ビットコインSVの日本円による交付、仮想通貨取引所二社で対応が発表 - 03月26日(火)19:05 

仮想通貨取引所Coincheckやbitbankは、2018年11月16日のビットコインキャッシュハードフォークによって生じたビットコインSVについて、日本円に換算して付与することを発表している。 今までビットコインSVの付与については保留されていたが、このたびビットコインSV現物の付与ではなく日本円による交付が決まった。付与対象水量の基準となる日時および条件は取引所によって異なるため、注意が必要だ。 【参照記事】BitcoinSVの日本円による交付について ※3/26追記 【参照記事】2018年11月16日のBCCハードフォークに際して生じたBSVの付与・取扱方針に関するお知らせ
カテゴリー:

BTC相場は下落、ビットコインキャッシュ下落の影響か|仮想通貨相場市況(3月26日) - 03月26日(火)18:00 

本日のビットコイン相場は下落基調だ。26日早朝の午前3時前後に43万円台半ばから42万円大半ばまで急落。一時43万2000円前後まで回復するも、26日16時半現在、再び42万台まで沈んでいる。先週末から軟調な動きを見せていたが、その動きがやや加速した印象だ。
カテゴリー:

コインマーケットキャップ 仮想通貨取引高の算定方法の変更を約束 95%水増しリポートに波紋広がる中 - 03月27日(水)09:25 

仮想通貨の時価総額などデータを提供するコインマーケットキャップは、取引高に基づく取引所のランク付けの方法を変更することを約束した。先日、コインマーケットキャップで配信されている取引高の実に95%が「水増し」か「仮装売買」の疑いがあるというリポートが出ていた。
カテゴリー:

仮想通貨マイニング大手ビットメイン 新CEOを任命 香港IPO失敗を認める - 03月27日(水)08:41 

中国の仮想通貨マイニング大手ビットメインは26日、香港証券取引所へのIPO(新規株式公開)申請の有効期限が切れたことを確認し、同時に新たなCEOを任命したことを明らかにした。
カテゴリー:

楽天の仮想通貨交換所みんなのビットコイン、TwitterとFacebookのアカウント閉鎖へ 〜現サービスの出庫依頼受付は3月29日で終了。楽天ウォレット社は4月より新サービスを開始予定 - 03月27日(水)07:38 

 楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨交換所「みんなのビットコイン」は、3月末のサービス終了に先立って「みんなのビットコイン」のTwitterとFacebookのSNSアカウントを3月27日に閉鎖する。楽天ウォレットは4月より新サービスを開始する予定で、その際にはSNSアカウントの開設、WebサイトのURL変更なども実施されるであろう。
カテゴリー:

日本国内における仮想通貨ウォレット実態調査、メルカリのエンジニア栗田青陽氏が発表 - 03月26日(火)18:16 

株式会社メルカリのエンジニア栗田青陽氏は3月14日、「日本国内における仮想通貨ウォレットの実態調査」と題するレポートを発表した。同レポートは、セキュリティ専門家と仮想通貨交換業者により安全対策基準の策定を目的として設立されたCryptoassets Governance Task Forceのサイトにて公開されている。 金融庁が設置した「仮想通貨交換業等に関する研究会」において、仮想通貨カストディ業者に対して、仮想通貨交換業者と同等の厳密な規制を敷くことが結論づけられた。しかし、多様な仮想通貨カストディ業務が存在する中で、イノベーションを継続するためには、リスクレベルに応じた適切な規制を敷く必要がある。本レポートは、規制内容の妥当性を判断するため、既にサービスを展開している規制の対象となる仮想通貨ウォレット提供者に対してヒアリングを実施、実態を報告したものだ。 まず、同氏は複数のウォレット提供者を対象として利用実態や運営状況の実態に関する調査を行った。ウォレットの種類には、①事業者が秘密鍵を管理して顧客が事業者に仮想通貨の移転を指示する「オンラインウォレット」、②利用者が自身のデバイスで秘密鍵を管理して動作させる「ソフトウェアウォレット」、③利用者が所有するハードウェアで秘密鍵を管理して操作を行う「ハードウェアウォレット」、④利用者が所有する紙などの非電子媒体に秘密鍵を記録する「ペ...more
カテゴリー:

仮想通貨マイニング大手ビットメイン、香港でのIPO申請は失効か - 03月26日(火)17:00 

中国の仮想通貨マイニング事業大手ビットメインが、香港証券取引所(HKEx)に新規株式公開(IPO)を申請していたが、3月25日に6カ月間の有効期限を迎えたことが明らかになった。2019年3月26日午前11時現在(日本時間)、HKExのウェブサイトにある失効した企業の一覧には表示されていない。仮想通貨コミュニティのひとりが3月25日にツイートし、注目されている。
カテゴリー:

もっと見る

「仮想通貨」の画像

もっと見る

「仮想通貨」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる