「本記事」とは?

関連ニュース

「石丸新党」が起こす野党再編の大波。石丸伸二氏が「維新に取り込まれる」心配はないと言える理由…橋下徹氏との会話にヒント - 07月19日(金)05:00 

政策面での近さがしばしば指摘される石丸伸二氏と日本維新の会。巷では「石丸氏はいずれ維新に取り込まれてしまうのではないか」との懸念もあがっているが、実際はどうなのか。石丸氏は「第2自民党」たる現在の維新とは対極の存在とみているのは、元全国紙社会部記者の新 恭氏だ。(メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』より)※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:石丸伸二氏をつかみ損ねた維新の抱える深刻な第2自民党病 「石丸伸二が維新に取り込まれる」ことはない 東京都知事選で165万票もの得票をした石丸伸二氏の台頭は、よどみ切ったこの国の政治に新風を吹き込む期待感をもたらした。 よってたかって「出る杭を打つ」現象も予想通りはじまっているが、これは例によって伝統的日本社会の集団主義が発動しているだけのことで、とやかく言ってもしかたがない。 今後、石丸氏がどんな政治活動を行っていくのかが取りざたされるなか、頭の中を整理しておきたいのが、政策的に近いとされる日本維新の会との関係だ。 まずは、維新の創設者である橋下徹氏と石丸氏とのX(旧ツイッター)でのやり取りから、話をはじめたい。 <7月11日・橋下徹氏> 今の維新国会議員は完全に古い政治の象徴やからね。領収書の非公開を主張するわ、政治は飲みニケーションだというわ、旧文通費の使途制限や野党予備選から逃げるわ。石丸さんに...more
カテゴリー:

夏のスタイリングの必需品、いま買ってすぐ活躍するアイテムをまとめてチェック【半袖シャツ編】 - 07月18日(木)19:00 

いよいよ夏本番。連日続く猛暑日に着飾る気にもなれず、ついシンプルかつ無難になってしまいがちな夏の着こなしを解消してくれるのが半袖シャツとショートパンツです。気温だけではなく湿度も高い日本の夏を乗り越えるための必須アイテムでありながら、羽織るだけでアクセントに、穿くだけで爽やかな印象を演出してくれるこれらのアイテムは、今のうちにチェックしておくのが吉。そこで今回は今買ってすぐに活躍する半袖シャツとショートパンツをまとめてご紹介します。本記事では、多彩な着こなしを叶えてくれる半袖シャツにフォーカス。旬のアイテムを取り入れて、鮮度の高い着こなしを楽しんでみてはいかがでしょう。一部アイテムはサマーセール対象となっているので、気になった方は早めのチェックを。 このコンテンツは FASHIONSNAP が配信しています。
カテゴリー:

AIで動画をアップスケーリング!驚くほど鮮明な映像に変換|AnyEnhancer1.0.0発売 - 07月18日(木)18:00 

iMobie Inc.(アイモビーソフト有限会社)は、2024年7月18日(木)に、動画のアップスケーリングをAI技術で実現する新ソフト『AnyEnhancer』を正式にリリースいたしました。この最新ソフトは、AI技術を活用して低解像度の動画を高画質化し、4Kなどの高解像度にアップスケーリングすることができます。これにより、ユーザーは古い動画や低解像度の映像を劇的に改善し、より鮮明で美しい画質を楽しむことができます。プロフェッショナルから一般ユーザーまで、あらゆるニーズに対応する強力なツールです。AnyEnhancer公式サイト:https://reurl.cc/Ejkrk1AI技術を使って動画の画質を簡単に向上させる方法を紹介します。古い動画を高画質に変換し、思い出を鮮明に甦らせるための基本的なステップを学びましょう。誰でも手軽に試せる方法で、プロフェッショナルな品質の映像を手に入れることができます。最新AI技術を使った動画アップスケーリングの方法皆さんは、昔のお気に入りの動画を見返していて、「この動画を友達にも見せたい!」と思ったことはありませんか?しかし、再生してみると画質が悪くて、細かい部分が見えにくかったり、全体的にぼやけていたりすることがあります。特に、思い出の詰まった貴重な動画や、昔の名作映画など、画質の悪さが気になることが多いです。例えば、昔大好きだったアニメのエピ...more
カテゴリー:

予言されていたトランプ銃撃。次は小泉進次郎が危ない!? イルミナティカードが警告する進次郎“切腹”の謎を追う - 07月18日(木)17:42 

世界に衝撃を与えたトランプ氏暗殺未遂事件は“予言”されていた――そんなウワサが今、ネット上を駆け巡っている。次に危ないのは、あのセクシー小泉進次郎氏とも。どういうことなのか? トランプ氏“紙一重の暗殺回避”は予言されていた? 今年11月のアメリカ大統領選挙本選に、野党・共和党から出馬するトランプ前大統領。7月13日、ペンシルベニア州の選挙集会で演説中に起きた暗殺未遂事件は、世界中に大きな衝撃を与えた。 狙撃される瞬間、たまたま右側を振り向いたことで難を逃れたトランプ氏。弾道がわずか数センチでもズレていれば命を落としていた可能性は高く、その“強運”に驚嘆の声が多数あがっている。 人の命は常に紙一重だが、トランプ氏は2㎝の差で命を繋いだが、安倍氏は行動学の観点から見ると2時間の差で命を落とした。 pic.twitter.com/umu2EhnMZf — 大門 (@bluejoker135) July 18, 2024 さてそんな中、とある“陰謀論”がネット上を駆け巡っているのをご存じだろうか?なんと、今回のトランプ氏暗殺未遂事件は予言されていたというのだ。 ネットメディア編集デスクが説明する。 「1982年に初版が発売された『イルミナティ(Illuminati)』というカードゲームがあって、一般には『イルミナティカード』と呼ばれているのですが、その中の1枚が、今回のトランプさん狙撃を“...more
カテゴリー:

【社会】セルフレジで客が減る? 欧米で「セルフレジ撤去」の動き、日本はどう捉えるべきか - 07月18日(木)16:55  newsplus

7/18(木) 8:10配信 ITmedia ビジネスオンライン https://news.yahoo.co.jp/articles/969d86d3b5c356fc24bc88c3cb21f19cef9467e4  日本における小売店のDX、特にオペレーションにおけるDXはセルフレジや電子棚札など、消費者の目にも触れる場所で広まっています。特にセルフレジは2000年代から普及が進み、コロナ禍を経て広く定着しました。  本記事ではリテールDXのうち、省力化のためのDXを「オペレーションDX」、データ活用やOMOなどのDXを「マーケティングDX」と区別した上で、オペレーションDXについてお伝えします。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】セルフレジで客が減る? 欧米で「セルフレジ撤去」の動き、日本はどう捉えるべきか★2 - 07月18日(木)21:29  newsplus

 日本における小売店のDX、特にオペレーションにおけるDXはセルフレジや電子棚札など、消費者の目にも触れる場所で広まっています。特にセルフレジは2000年代から普及が進み、コロナ禍を経て広く定着しました。  本記事ではリテールDXのうち、省力化のためのDXを「オペレーションDX」、データ活用やOMOなどのDXを「マーケティングDX」と区別した上で、オペレーションDXについてお伝えします。 オペレーションDXは必要不可欠。しかし……  日本国内では、小売業界にも大きな影響を及ぼす物流2024年問題への対策もあって、多く...
»続きを読む
カテゴリー:

ロスジェネ世代の年収ダウンなどせず。「人時売上」を前年比1.2倍にアップした企業が続けたシンプルな施策 - 07月18日(木)18:14 

1人の従業員が1時間で上げる売上を数値化した「人時売上」という指標。この数字が高ければ高いほど企業にとっては好ましい状況と言われますが、たやすくアップできるものではないこともまた事実です。今回のメルマガ『飲食・デリバリー企業向け/業績アップメルマガ』では外食・フードデリバリーコンサルタントの堀部太一さんが、その人時売上を前年比1.2倍にした支援先の取り組みを紹介。社を上げて続けた努力を公開しています。 ※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:前年対比で人時売上を1.2倍にした企業でやった事 前年対比で人時売上を1.2倍にした企業でやった事 賃上げの原資は生産性の向上分。これは絶対的なテーマ。 それができていないので、 ベースアップは過去最高水準! 初任給が大幅増加! メディア受けしやすい部分は多く上げつつ、ロスジェネ世代は年収ダウンで帳尻を合わせる。このような企業が多い訳ですね。 生産性向上は必須な中で、何を取り組むべきか。 主要都市の一つで展開されるご支援先では会社として前年比で人時売上が1.2倍に。 そのために何をやってきたのか。これを見ていこうと思います。 ■人時売上とは? 改めて前提です。 人時売上=売上÷総労働時間 これで表されるものです。 今の基準値であれば5,000円以上は必須。 月商500万円の店ならば下記ですね。 5,000円=500万円...more
カテゴリー:

ノウハウを盗んで自分のものにする。コンサルタントを使い倒して次のプロジェクトにも活かすため心がけること - 07月18日(木)17:57 

業界を問わず、今やすっかり必要不可欠な存在となったコンサルタント。そんな彼らから適切なアドバイスを得るため、依頼した側はどのようなことを心がけるべきなのでしょうか。今回のメルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』では著者で自身もコンサルタントとして数々の実績を上げ続けている永江さんが、コンサルとの協働を成功に導き、さらにその後の企業の成長に繋げるカギを伝授しています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:新規事業の戦略策定のため、コンサルをどう活用すべきか 新規事業の戦略策定のため、コンサルをどう活用すべきか Question 永江さん、こんにちは。毎回楽しく拝聴させて頂いています。コンサルの活用方法について質問です。当方、上場企業に勤務しており、本業とは異なる新規事業を担当しています。 新規事業の中期事業戦略策定のため、コンサル会社を使うこととなりました。新規事業には担当者の思い入れなんかも重要と思う中で、いきなりコンサルかい!と言う思いはあるものの、起用するからには使い倒したいと考えています。 永江さんは以前より、コンサルは「頭のかたい経営層の説得のため」とおっしゃっていますが、まさにそんな感じです。JTC(Japanese Traditional Company)を絵に描いたような会社なので、我々の言葉より演出家を通した方が通りやすい...more
カテゴリー:

問題は岸田首相の能力や人格ではない。トランプ“返り咲き”で日米関係は悪化する可能性大 - 07月18日(木)17:14 

バイデン大統領の「自滅」や銃撃事件の思わぬ影響もあり、再選が有力視されるトランプ氏。前大統領の返り咲きが現実のものとなった場合、日米関係はどのように変化するのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、「厳しくなるだろう」と予測。その理由を岸田首相とプーチン氏との関係性にフォーカスし解説しています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:トランプが勝利したら日米関係はどうなる? トランプが勝利したら日米関係はどうなる? 全世界の裏RPE読者の皆様、こんにちは!北野です。 皆さんご存知だと思いますが、アメリカ大統領選、バイデン劣勢、トランプ優勢になっています。 バイデンさんは、6月28日のトランプとの討論会で大敗しました。「認知症懸念」が沸騰し、民主党内で「バイデン撤退工作」がはじまりました。しかし、バイデンさんは現時点で、撤退をかたくなに拒んでいます。 そして、印象的な「言い間違え」も続いています。ゼレンスキーのことを「プーチン」と言ったり、ハリス副大統領のことを「トランプ副大統領」と言ったり。「BBC NEWS JAPAN」7月12日。「バイデン氏、ゼレンスキー氏を「プーチン大統領」と紹介 米副大統領とトランプ前大統領も言い違い」。 アメリカ・ワシントンで開催されていた北大西洋条約機構(NATO)首...more
カテゴリー:

キャッシュ制御の観点で見る CloudFront - NRIネットコムBlog - 07月18日(木)14:15 

キャッシュ制御の観点で見る CloudFront - NRIネットコムBlog本記事は AWSアワード記念!夏のアドベントカレンダー 7日目の記事です。 🎆🏆 6日目 ▶▶ 本記事 ▶▶ 8日目 🏆🎆 すっかり夏ですね、単純に嫌です。 日が落ちないと外に出るのも厳しい暑さですが皆様いかがお過ごしでしょうか。 西です。 今年は無事 2024 Japan AWS All Certifications Engineer に残れましたので AWSアワ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる