「プラン」とは?

関連ニュース

Salesforceが「Slack AI」日本語に対応 Slackの有料プランで提供開始 - 04月19日(金)17:15 

米Salesforceは「Slack AI」を日本語を含む多言語に対応。Slackの有料プラン全てにおいて提供開始となると発表した。
カテゴリー:

SLB、アケル・カーボン株の過半数を取得。炭素回収の合弁設立へ - 04月19日(金)14:32 

油田サービスSLB(旧シュルンベルジュ)は3月27日、炭素回収スタートアップのアケル・カーボン・キャプチャー(Aker Carbon Capture)の株式の過半数を取得し、新たに炭素回収の合弁会社を設立することを発表した(*1)。新会社では、技術ポートフォリオや事業プラットフォームなどを統合し、より迅速かつコスト効率の高い炭素回収ソリューションを市場に投入する方針である。 アケル・カーボンは、2020年7月に設立された二酸化炭素(CO2)の回収・有効利用・貯留(CCUS)専業のスタートアップだ。ノルウェーの石油ガスエンジニアリング会社アケル・ソリューションズからスピンアウト(分離独立)した。 アケル・カーボン独自の炭素回収技術は05年から開発され、09年より提供されている。同社の炭素回収プラントは、低エネルギー、非常に高いロバスト(頑強)性を有する溶媒、優れたHSSE(衛生・安全・セキュリティ・環境)パフォーマンスなどの利点を有する。 アーカー・ソリューションズ時代より20年にわたり培われてきたCCUSの経験、エキスパート、技術、プロジェクト・リファレンスの全てを受け継いでいることも特徴として挙げられる。 本拠地のノルウェーを始め、米国、ドイツ、スコットランドなどで6万時間以上の運転実績がある。独ハイデルベルクセメントが推進する、セメントとして世界初の炭素回収を活用した工場にも参...more
カテゴリー:

大阪大学、TOPPANホールディングス、糧食研究会と明治、 乳汁様物質をつくる乳腺組織を体外で作製 - 04月19日(金)14:00 

 大阪大学大学院工学研究科(以下 大阪大学)、TOPPANホールディングス株式会社(代表取締役社長 CEO:麿 秀晴、以下 TOPPANホールディングス)、一般財団法人糧食研究会(会長:清水 誠、以下 糧食研究会)と株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也、以下 明治)は、3D細胞培養技術「invivoid®」を活用し、乳汁様物質合成機能を有する三次元の乳腺組織を作製する技術を開発しました。  3D細胞培養技術「invivoid®」は大阪大学とTOPPANホールディングスが共同で開発し、コラーゲンマイクロファイバーなどの独自材料を用いて、2種類以上の細胞の動きや位置を制御し、生体を模倣することが可能な細胞を培養する技術です。  4者は、今回開発した技術を活用し、乳がん患者の乳腺組織の再建や培養ミルクの生産の実現を目指し、再生医療や培養食糧分野の発展に貢献します。  なお、本成果を2024年5月26日(日)から31日(金)に、大韓民国で開催される「World Biomaterials Congress」(会場:大邱市EXCO展示場)にて発表予定です。                          &...more
カテゴリー:

ワイヤレスナースコールシステムの世界市場調査レポート2024 YH Research - 04月19日(金)12:00 

YH Research株式会社(本社:東京都中央区)は調査レポート「グローバルワイヤレスナースコールシステムのトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」を4月19日に発行しました。本レポートでは、ワイヤレスナースコールシステム市場の製品定義、分類、用途、企業、産業チェーン構造に関する情報を提供します。また、ワイヤレスナースコールシステム市場の開発方針と計画、製造プロセスとコスト構造についても考察します。主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーの生産と消費とともに、ワイヤレスナースコールシステム市場の現在と将来の市場動向を分析します。本レポートでは、競合環境、主要な競合他社のプロファイル、市場ランキングに焦点を当てています。また、技術動向や新製品開発についても説明しており、サプライヤーの売上、市場シェア、企業プロファイルなどの情報も提供しています。YH Researchによるとのグローバルワイヤレスナースコールシステムの市場は2023年の702.8百万米ドルから2030年には1365.7百万米ドルに成長し、2024年から2030年の間にCAGRは10.1%になると予測されている。レポートのメリット(1)世界のワイヤレスナースコールシステム市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界のワイヤレスナースコールシステム市場...more
カテゴリー:

液面計の世界市場規模、売上、価格、収益、動向分析レポート2024-2030 YH Research - 04月19日(金)12:00 

YH Research株式会社(本社:東京都中央区)は調査レポート「グローバル液面計のトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」を4月19日に発行しました。本レポートでは、液面計市場の製品定義、分類、用途、企業、産業チェーン構造に関する情報を提供します。また、液面計市場の開発方針と計画、製造プロセスとコスト構造についても考察します。主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーの生産と消費とともに、液面計市場の現在と将来の市場動向を分析します。本レポートでは、競合環境、主要な競合他社のプロファイル、市場ランキングに焦点を当てています。また、技術動向や新製品開発についても説明しており、サプライヤーの売上、市場シェア、企業プロファイルなどの情報も提供しています。YH Researchによるとのグローバル液面計の市場は2023年の1487.3百万米ドルから2030年には2091.3百万米ドルに成長し、2024年から2030年の間にCAGRは4.9%になると予測されている。レポートのメリット(1)世界の液面計市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界の液面計市場規模に関する包括的な情報が提供します。企業や投資家は市場の発展動向と規模を理解し、今後の意思決定において重要な参考資料となります。(2)世界の液面計企業別の情報:201...more
カテゴリー:

Slack AIが待望の日本上陸 チャンネルの「まとめ」が毎朝届く機能も追加 - 04月19日(金)16:15 

Saleseforceは、Slackに生成AIをネイティブ統合した「Slack AI」が、日本語を含む多言語に対応したことを発表した。プロプラン、ビジネスプラスプランの有償アドオンとして展開される。
カテゴリー:

クリーン燃料スタートアップWASE、16億円調達。廃棄物からのエネルギー回収推進 - 04月19日(金)14:15 

クリーン燃料スタートアップの英WASEは3月27日、850万ポンド(約16億円)を調達したと発表した(*1)。同社は調達した資金を元手に、数百ポンド規模のプロジェクトを実施し、廃棄物からのエネルギー回収(Waste to Energy)事業の拡大を図る。 今回の投資ラウンドは、独ベンチャーキャピタルのエクスタンティア・キャピタルが主導した。その他、日立製作所のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)である日立ベンチャーズ、フランス電力大手エンジーのCVCであるエンジー・ニュー・ベンチャーズなども参加した。 この投資は、WASEのスケールアップ戦略を次の段階へと推し進め、同社独自の電気メタン生成リアクター(EMR)技術を顧客に提供する上で極めて重要である。 WASEは2017年に英国ブリストルで設立され、廃棄物を再生可能エネルギーに変える技術を有するクリーン燃料スタートアップだ。同社のEMR技術は、嫌気性消化(AD、#1)プラント内のバイオマスや廃水中の有機物から生成されるバイオガスの量を最大化する。 投資家はWASEの独自技術の多用途性に注目している。廃水中の有機物からバイオガスを最大限まで回収することから、ADプラントで最高の消化効率を得られるようにすることまで、様々な方法がある。 WASEの装置は、従来のADプラントと比較して、バイオガス発生量を最大10倍の速さで30%増加さ...more
カテゴリー:

新都HD---ストップ高、北山商事の子会社を発表 - 最新株式ニュース - 04月19日(金)12:36 

<2776> 新都HD 101カ +30ストップ高。株式交換によって、北山商事を子会社化すると発表している。北山商事は資源リサイクル事業と資源リユース事業を主事業としており、長野県内に3ヶ所の工場と1ヶ所のプラント、新潟県に直江津港ヤードを所有している。同社の金属リサイクル事業の主要仕入れ先でもある。23年9月期は営業利益1.8億円を計上しており、短期的な業績の下支え効果などが期待される状況のよう
カテゴリー:

超音波スプレー塗装システムの世界市場の現状と推移2024-2030年までの予測 YH Research - 04月19日(金)12:00 

YH Research株式会社(本社:東京都中央区)は調査レポート「グローバル超音波スプレー塗装システムのトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」を4月19日に発行しました。本レポートでは、超音波スプレー塗装システム市場の製品定義、分類、用途、企業、産業チェーン構造に関する情報を提供します。また、超音波スプレー塗装システム市場の開発方針と計画、製造プロセスとコスト構造についても考察します。主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーの生産と消費とともに、超音波スプレー塗装システム市場の現在と将来の市場動向を分析します。本レポートでは、競合環境、主要な競合他社のプロファイル、市場ランキングに焦点を当てています。また、技術動向や新製品開発についても説明しており、サプライヤーの売上、市場シェア、企業プロファイルなどの情報も提供しています。YH Researchによるとのグローバル超音波スプレー塗装システムの市場は2023年の13700百万米ドルから2030年には16800百万米ドルに成長し、2024年から2030年の間にCAGRは3.0%になると予測されている。レポートのメリット(1)世界の超音波スプレー塗装システム市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界の超音波スプレー塗装システム市場規模に関する包括的な情報が提供し...more
カテゴリー:

オフショア・リグの世界市場規模:会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の分析レポート2024-2030年 YH Research - 04月19日(金)12:00 

YH Research株式会社(本社:東京都中央区)は調査レポート「グローバルオフショア・リグのトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」を4月19日に発行しました。本レポートでは、オフショア・リグ市場の製品定義、分類、用途、企業、産業チェーン構造に関する情報を提供します。また、オフショア・リグ市場の開発方針と計画、製造プロセスとコスト構造についても考察します。主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーの生産と消費とともに、オフショア・リグ市場の現在と将来の市場動向を分析します。本レポートでは、競合環境、主要な競合他社のプロファイル、市場ランキングに焦点を当てています。また、技術動向や新製品開発についても説明しており、サプライヤーの売上、市場シェア、企業プロファイルなどの情報も提供しています。YH Researchによるとのグローバルオフショア・リグの市場は2023年の23730百万米ドルから2030年には31310百万米ドルに成長し、2024年から2030年の間にCAGRは4.1%になると予測されている。レポートのメリット(1)世界のオフショア・リグ市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界のオフショア・リグ市場規模に関する包括的な情報が提供します。企業や投資家は市場の発展動向と規模を理解し、今後の意思決定におい...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる