「実業家」とは?

関連ニュース

【悲報】吉本芸人「外人が連れてる日本人女、ブスが多い」 - 03月24日(日)21:45  poverty

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000155-dal-ent お笑いコンビ、メッセンジャーの黒田有が24日、読売テレビ「もんくもん30」(後・3・00)に出演し、「外人が連れてる日本人の女、ブスが多いんですよ」とモデルのアンミカに言い切った。アンミカは米国人実業家と結婚している。  アンミカが夫についてのろけると、黒田は「こんなん言うたらカットされると思うけど、外人が連れてる日本人の女、ブスが多いんですよ」と毒ガスをまいた。即座にテロップが流れ、「あくまで黒田の個人的見解」と断った。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

伝説のラリーカーコレクターにインタビュー│そのきっかけとは? - 03月24日(日)05:22 

アイルランド出身の実業家で慈善家のジョン・カンピオンは、決して有名とはいえないラリードライバーに触発され、見事なカーコレクションを作り上げた。16歳で学業を終えたジョン・カンピオンは、会社を設立し、ライブ・イベント用ポータブル発電機を製作す・・・
カテゴリー:

【ユダヤ人】ロスチャイルド家が世界を牛耳ってるってマジなの?アメリカの中央銀行、FRBで無限に現金発行できるって - 03月22日(金)22:01  poverty

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E5%AE%B6 ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。ドイツ語読みは「ロートシルト」。フランス語読みは「ロチルド」[1]。)は、ヨーロッパの財閥、貴族。門閥として名高い。 ロマノフ家とはHubert de Monbrison (15 August 1892 ? 14 April 1981) の三度にわたる結婚を介して家族関係にある[2]。 また、ベアリング家ともギネス家を介してやはり家族関係である[3]。モルガン家やゴールドシュミット・ファミ...
»続きを読む
カテゴリー:

“ホリエモン”ロケット、2023年中に人工衛星打ち上げ - 03月20日(水)02:27 

 人工衛星の打ち上げに挑戦です。  「小型衛星打ち上げロケットのニーズがめちゃくちゃ増えています。みなさん思っているよりも大きなマーケットがある」(インターステラテクノロジズ 堀江貴文ファウンダー)  実業家の堀江貴文さんらが創業した宇宙ベンチャーのインターステラテクノロジズは、2023年中に超小型の人工衛星を搭載可能なロケットを打ち上げると発表しました。  現在開発中のロケット「ZERO」は、重さ100キロ以内の人工衛星を運べる設計で、一回あたりの打ち上げ費用は6億円以下と、低コストに抑えることを目指しています。  インターステラテクノロジズは、このロケットの前段階として、小型観測ロケットの打ち上げをこれまでに2度行っていますが、いずれも失敗しています。今回、技術力を高めるため、JAXA=宇宙航空研究開発機構など8の企業や団体がサポートに加わることも発表されました。今後は、これらの団体の知見を活用しながら、開発を加速させていきたい考えです。(19日18:19)
カテゴリー:

ホリエモン、本田圭佑に投資してもらっていた 岡田武史氏と語った資金の使い道とは? - 03月19日(火)20:00 

実業家で、民間宇宙開発企業「インターステラテクノロジズ」に出資している堀江貴文氏が19日、宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHIで行われた同社の事業戦略発表会に出席した。 堀江氏は...
カテゴリー:

【悲報】吉本芸人「外人が連れてる日本人女、ブスが多い」 - 03月24日(日)21:15  livejupiter

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000155-dal-ent お笑いコンビ、メッセンジャーの黒田有が24日、読売テレビ「もんくもん30」(後・3・00)に出演し、「外人が連れてる日本人の女、ブスが多いんですよ」とモデルのアンミカに言い切った。アンミカは米国人実業家と結婚している。  アンミカが夫についてのろけると、黒田は「こんなん言うたらカットされると思うけど、外人が連れてる日本人の女、ブスが多いんですよ」と毒ガスをまいた。即座にテロップが流れ、「あくまで黒田の個人的見解」と断った。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

“歌舞伎町の帝王”ROLAND「天職は心が知っている」 | ananweb - マガジンハウス - 03月23日(土)20:20 

“歌舞伎町の帝王”と呼ばれるカリスマホスト、ROLAND様がanan初降臨! 生い立ち、仕事へのプライド、超絶ピュアな恋愛観。独創的で熱い人生哲学と意外な素顔に迫ります。デートなら死ぬほどしたけど、恋は一度もしたことがないんだ。ブロンドの髪を輝かせ、カメラの前に立つ麗人。それが“歌舞伎町の帝王”ROLANDさんだ。人気絶頂の昨年末、現役ホストを引退。強気な名言連発のトーク力と神秘的な美しさに「ローランダー」(熱狂的ファン)が目下急増中。さらに今春には初の著書も刊行、活躍の幅は広がるばかりだ。――著書『俺か、俺以外か。』は独自の哲学が凝縮された自伝ですね。生い立ちにも触れていますが、幼少期はどんな子でしたか。ROLAND:カテゴライズされることが嫌いな子供でしたね。まず小学校のクラス分け。俺は1年1組だったんですけど「1組さん、こっちに並んでください」と言われた時、俺がクラスを構成するパーツの一つだということに違和感を覚えて。先生に「俺はそういうふうに分けられるのは嫌だ」と言いました。――小学生にしてすでに“帝王”だったんですね。ROLAND:親の教育もありますね。父は独自の哲学を持つ人で常々俺に「好き嫌いをはっきり言える大人になれ」と言っていました。こだわりを持つことが大事だと。それで俺も嫌なことは嫌だと、自分の考えを貫くようになったんです。――代名詞である「名言」の数々にもその信...more
カテゴリー:

【書評】堺屋太一と渡部昇一が選んだ「日本を拓いた偉人たち」 - 03月22日(金)04:30 

日本を代表する作家・評論家、堺屋太一氏と渡部昇一氏。惜しくも故人となってしまった二人が日本の歴史を振り返り、そして現代に至るまで日本を支えてきた偉人たちについて語る対談を掲載した一冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが詳細にレビューしています。 偏屈BOOK案内:『歴史の遺訓に学ぶ 日本を拓いた偉人たち』 『歴史の遺訓に学ぶ 日本を拓いた偉人たち』 渡部昇一・堺屋太一 著/致知出版社 堺屋太一、渡部昇一、竹村健一、妙にウマの合った三人は「三ピン」と呼ばれた。この本で対談する二人は故人。渡部のあとがきに平成28年2月下浣とある。下浣とは下旬のこと、初めて知った。この対談は、日本の基礎を築いた偉人たち、戦後日本を発展させた政治・経済・文化のリーダーたち、日本の進路を見定める、三部構成である。28人の偉人について存分に語り合う。 堺屋著の『日本を創った12人』では、聖徳太子、光源氏、源頼朝、織田信長、石田三成、徳川家康、石田梅岩、大久保利通、渋沢栄一、マッカーサー、池田勇人、松下幸之助。渡部著の『理想的日本人「日本文明」の礎を築いた12人』では、聖徳太子、紫式部、西行、源頼朝、織田信長、徳川家康、松尾芭蕉、大久保利通、伊藤博文、松下幸之助、野間清治、岸信介。共通する人が何人も。 この二人の著作に戦後の豊かな日本をつくった人という見方で...more
カテゴリー:

【芸能】水嶋ヒロのモノクロ自撮りに称賛「カッケー!」 - 03月19日(火)23:00  mnewsplus

俳優で実業家の水嶋ヒロ(34歳)が3月18日、公式ブログを更新。モノクロの自撮り写真を公開し、ファンの反響を呼んでいる。 「ホクロとわたし」と題して更新したエントリーで水嶋は、これから外で打ち合わせがあることを明かし、「良い仕事に繋がるといいな」と、願いを込めながらモノクロの自撮り写真を公開。 また、「なんか年を重ねるごとにホクロが増えてってる気がする」とコメントし、「そういうもんなのか?」と問いかけ、ブログを締めくくった。 公開したモノクロ写真にファンからは「かっこいい」「cool!」「ヒロくん、...
»続きを読む
カテゴリー:

小松政夫、エリート営業マンから月収7000円に!それでも、植木等さんとの日々は「夢のよう」 - 03月19日(火)19:34 

©テレビ朝日「小松の親分さん」、みじめ、みじめのフレーズでおなじみの『しらけ鳥音頭』、黒ぶちメガネと上下に動く眉の小道具を用いた映画評論家・淀川長治さんのモノマネなど、数多くのギャグで知られる小松政夫さん。俳優としてもシリアスな役柄からコメディーセンスを発揮した役柄まで演じ分け、ドラマ、映画、舞台に多数出演。一昨年はドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)、オヤジさんと呼んでいた師匠・植木等さんの付き人時代を描いたドラマ『植木等とのぼせもん』(NHK)が放送され、話題になった小松さんにインタビュー。©テレビ朝日◆父の死で裕福なお坊ちゃまから一転7人兄妹の5番目として福岡県で生まれた小松さん。父は実業家で裕福な子ども時代を過ごし、友だちを集めては「マサ坊演芸会」を開き、「バナナのたたき売り」や「がまの油」の口上を披露していたという。「家がお菓子屋だったからね。お菓子に釣られて来ていた子どもたちが多かったと思いますよ。お菓子をかっぱらってきて、それをつけてやっていましたからね。面白いかどうかというのは、全然違うものだったんじゃないですか」-お坊ちゃまだったんですよね-「そうです。私は(昭和)17年生まれですから、その当時は配給制でサツマイモ、じゃがいも、クジラの脂身のところとかが配給されていたんですよ。そんな時代にハムエッグとトースト、チョコレートとかを食べていたわけですから、おやじが米...more
カテゴリー:

もっと見る

「実業家」の画像

もっと見る

「実業家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる