「消費量」とは?

関連ニュース

【レジ袋有料化】プラスチックゴミは「燃えないごみ」なのか? ポリ袋、実はエコなんです!(馬の骨)  - 07月11日(土)12:01  newsplus

(池田 信夫:経済学者、アゴラ研究所代表取締役所長)  7月1日からスーパーやコンビニのレジ袋が有料化され、買い物のたびに「レジ袋はお使いになりますか?」ときかれるようになった。「使います」と答えるのはちょっと罪悪感があるが、これは何のためにやるのだろうか。  よくいわれるのは「プラスチックは分解しないから海のごみになる」という話だが、海のプラスチックごみのうち、ポリ袋は0.3%しかない。 さらにプラスチックに使うのは石油の2.7%だ。それが分解しないというのも誤解である。プラスチックの成分は石油と同...
»続きを読む
カテゴリー:

【塵芥】プラスチックごみのリサイクルは資源の無駄だレジ袋もペットボトルも分別しないで燃やせばいい - 07月10日(金)11:46  newsplus

(池田 信夫:経済学者、アゴラ研究所代表取締役所長) 2020年7月10日  7月1日からスーパーやコンビニのレジ袋が有料化され、買い物のたびに「レジ袋はお使いになりますか?」ときかれるようになった。「使います」と答えるのはちょっと罪悪感があるが、これは何のためにやるのだろうか。  よくいわれるのは「プラスチックは分解しないから海のごみになる」という話だが、海のプラスチックごみのうち、ポリ袋は0.3%しかない。さらにプラスチックに使うのは石油の2.7%だ。それが分解しないというのも誤解である。プラスチックの成...
»続きを読む
カテゴリー:

断熱改修、熱利用機器に対する助成事業を開始 - 07月09日(木)15:19 

都では、都内のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門の省エネルギー対策を推進していくため、熱の出入りが大きい窓、ドアの断熱改修や、再生可能エネルギー由来の熱利用機器の導入の促進に向けて、今年度から住宅における断熱改修や熱利用機器の設置に係る費用の一部を助成する事業を開始いたします。
カテゴリー:

【速報】グレープフルーツを食べる人、20年で激減 なんで食わないんだ? - 07月07日(火)20:25  poverty

グレープフルーツを食べる人、20年で激減していた http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00057509-jbpressz-life 近年、家庭でのグレープフルーツ消費量が激減していることが、総務省の家計調査で明らかになった。若者を中心に果物離れやミカン離れがいわれている中、グレープフルーツ離れはいっそう顕著なようだ。 いつからそんなことになっていたのか。グレープフルーツをめぐる状況をまとめてみた。 ■ 家庭での支出額は、ピークの5分の1に 先日、グレープフルーツを食べたことのない若者が増えているという話...
»続きを読む
カテゴリー:

米国の研究で分かった…「肉の食べ過ぎ」はやはり寿命を縮める(現代ビジネス) - 07月07日(火)15:03  newsplus

7/7(火) 15:01配信  米国・ハーバード大学のFrank Hu博士らがArchives of Internal Medicine に発表した研究で、米国人は肉類の摂取量が多くなるほど寿命が短くなることが明らかになりました。  博士らは赤身の肉類消費が、慢性疾患・生活習慣病のリスクの増大に影響を与えていることは、これまでの研究から明らかになっていましたが、死亡リスクとの関係に関しては、明確な研究データが得られていなかったことから、大規模な前向き調査データにより、詳しく分析することを企画しました。  博士らが使用したのは1986年から2008...
»続きを読む
カテゴリー:

スタンフォード大、AIの二酸化炭素排出量を計測するツールを公開でグリーンAIを推進! - 07月11日(土)07:00 

AIが社会に浸透するにつれ、二酸化炭素の排出量が増すことへの懸念がある。マサチューセッツ大学アマースト校の研究によれば、自然言語処理モデルのトレーニングでは、アメリカ人が生活で排出する二酸化炭素の2年分以上を排出するケースもあるという。 こうしたなか、スタンフォード大学、Facebook AI Research、カナダのマギル大学の研究者チームは、機械学習プロジェクトが使用するエネルギー量と二酸化炭素排出量の影響を測定するツールを開発した。 トレーニングセッションごとのエネルギー消費量を計測 機械学習では大きなコンピューティングパワーを使用し、数週間にわたってトレーニングが続けられることもある。二酸化炭素排出量を削減するには、まずAIシステムの開発で二酸化炭素排出量のうちわけを知ることが第一ステップだ。 研究チームが開発したツールでは、トレーニングセッションごとのエネルギー消費量を切り分けて計測し、再生可能エネルギーと化石燃料のエネルギー構成から二酸化炭素排出量に変換。この際、地域のエネルギー構成に関する公的なデータソースの内容を反映する。 モデルごとのエネルギー効率を比較 二酸化炭素排出量の削減のためになにができるかだが、研究チームはまず、トレーニングのロケーション変更を推奨している。 研究チームは、シェールオイルに依存するエストニアでは、水力発電を主に利用するケベックの30倍の...more
カテゴリー:

【ハーフデカフェコーヒー登場】自宅テレワークでコーヒー消費量が増えた方・カフェイン摂取が気になる方へ、低カフェインになったカラダに優しい本格芳醇珈琲「Half DECAF Coffee」 - 07月09日(木)16:00 

株式会社futari style(本社:東京都杉並区)は、自宅テレワークでコーヒーを飲む回数が増えた方、カラダを気遣う健康志向の夫婦、カフェイン摂取が気になっている妊娠・授乳中の女性などへ、カフェインがフルでもゼロでもない、ちょうど心地良いカフェイン量になった「Half DECAF Coffee(ハーフデカフェコーヒー)」を発表します。・コーヒー好きだけど、カフェイン量が気になる…・午後や夜にコーヒーを飲みたいけど、我慢してる…・在宅テレワークで、コーヒーを飲む量が増えた…・眠気を感じる午後、”少しだけ”カフェインを入れたい…・カフェインレスは、味が好みじゃない…Half DECAF Coffeeは、こういった声をもとに開発した、人々のライフスタイルに寄り添うコーヒーです。従来、カフェインを控える方の選択肢というとカフェインレス(ノンカフェイン)コーヒーでしたが、カフェインレスコーヒーの欠点として、カフェインがもたらす眠気の抑制・疲労感の軽減などの効果が得られないこと、さらには旨味や香りが薄くなる傾向にあることでした。Half DECAF Coffeeは、カフェインがフルでもゼロでもない、ちょうど心地良いカフェイン量になっており、カフェインがもたらす利点と、しっかりとしたコーヒーの香りと味わいをダブルで楽しんでいただけるコーヒーです。Half DECAF Coffee(ハーフデカフ...more
カテゴリー:

岡山・真備で被災のビール醸造所 コロナ禍危機の先輩救う支援プロジェクト始動 - 07月09日(木)10:43 

 平成30年7月の西日本豪雨で多くの犠牲者が出た岡山県倉敷市真備(まび)町地区で被災したクラフトビール醸造所が、新型コロナウイルスの影響で倒産の危機にひんする“先輩”醸造所を支援するプロジェクトを立ち上げた。コロナ禍で全国的にビールの消費量は低下しており、自分たちも苦しい状況だが、運営するNPO法人「岡山マインド こころ」代表の多田伸志さん(60)は、「たくさんの恩に報いたい」と力を込める。
カテゴリー:

米国の研究で分かった…「肉の食べ過ぎ」はやはり寿命を縮める(現代ビジネス) ★2 - 07月07日(火)16:59  newsplus

7/7(火) 15:01配信  米国・ハーバード大学のFrank Hu博士らがArchives of Internal Medicine に発表した研究で、米国人は肉類の摂取量が多くなるほど寿命が短くなることが明らかになりました。  博士らは赤身の肉類消費が、慢性疾患・生活習慣病のリスクの増大に影響を与えていることは、これまでの研究から明らかになっていましたが、死亡リスクとの関係に関しては、明確な研究データが得られていなかったことから、大規模な前向き調査データにより、詳しく分析することを企画しました。  博士らが使用したのは1986年から2008...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボルヴィック20年末に出荷終了】水にこだわっているお前らに訊きたい なに飲んでる? - 07月06日(月)18:38  news

「ボルヴィック」20年末に出荷終了 国産水が台頭し輸入水取り巻く厳しい環境が背景か キリンビバレッジ 7/6(月) 15:49配信 キリンビバレッジは6日、フランスのナチュラルミネラルウォーターブランド「ボルヴィック」の出荷を20年末に 終了すると発表した。ブランドオーナーであるソシエテ・デ・ゾー・ド・ボルヴィック社との製造委託契約終了に 伴う動きとなる。  背景に輸入ミネラルウォーターを取り巻く厳しい環境があると思われる。  「ボルヴィック」をはじめとする輸入ミネラルウォーターは1993年のブームで大幅に拡...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「消費量」の画像

もっと見る

「消費量」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる