「調査レポート」とは?

関連ニュース

「世界の拡張現実市場:提供別(ハードウェア(センサー、ディスプレイとプロジェクター、カメラ)、ソフトウェア)、デバイス種類別(ヘッドマウント、ヘッドアップ)、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 - 02月21日(金)18:00 

2020年2月21日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「世界の拡張現実市場:提供別(ハードウェア(センサー、ディスプレイとプロジェクター、カメラ)、ソフトウェア)、デバイス種類別(ヘッドマウント、ヘッドアップ)、用途別(エンタープライズ、コンシューマ、コマーシャル、ヘルスケア、自動車)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の拡張現実市場:提供別(ハードウェア(センサー、ディスプレイとプロジェクター、カメラ)、ソフトウェア)、デバイス種類別(ヘッドマウント、ヘッドアップ)、用途別(エンタープライズ、コンシューマ、コマーシャル、ヘルスケア、自動車)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。拡張現実の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:世界の拡張現実市場:提供別(ハードウェア(センサー、ディスプレイとプロジェクター、カメラ)、ソフトウェア)、デバイス種類別(ヘッドマウント、ヘッドアップ)、用途別(エンタープライズ、コンシューマ、コマーシャル、ヘルスケア...more
カテゴリー:

「プレミアムシュガーフリーチョコレートの世界市場 2025年」調査資料(ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート)を取り扱い開始しました - 02月21日(金)17:00 

2020年2月21日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「プレミアムシュガーフリーチョコレートの世界市場 2025年」調査資料の販売を2020年2月21日に開始いたしました。プレミアムシュガーフリーチョコレートの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:プレミアムシュガーフリーチョコレートの世界市場 2025年■英文タイトル:Global Premium Sugar Free Chocolate Market Opportunities & Forecast Till 2025■出版日:2020年2月13日■出版社:Straits Research■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査レポートではプレミアムシュガーフリーチョコレートの世界市場について広く調査・分析し、イントロダクション、調査手法、市場動向、種類別(ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート)分析、成分別(ステビア、エリスリトール、マルチトール、その他)分析、流通経路別(コンビニ、スーパーマーケット、オンライン販売、その他)分析、地域別分析、企業概要、重要ポイントなどを含め、今後の市場展望をまとめております。・イ...more
カテゴリー:

「世界のコマンド及び制御システム市場:用途別(政府および防衛、商業)、ソリューション別、プラットフォーム別、設置タイプ別、設置ベース別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 - 02月21日(金)15:00 

2020年2月21日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「世界のコマンド及び制御システム市場:用途別(政府および防衛、商業)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(陸、空中、海上、および宇宙)、設置タイプ別、設置ベース別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のコマンド及び制御システム市場:用途別(政府および防衛、商業)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(陸、空中、海上、および宇宙)、設置タイプ別、設置ベース別、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。コマンド及び制御システムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:世界のコマンド及び制御システム市場:用途別(政府および防衛、商業)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(陸、空中、海上、および宇宙)、設置タイプ別、設置ベース別、地域別・英語タイトル:Command and Contr...more
カテゴリー:

マイクロフルイディクスプラットフォーム市場、CAGR13.77%で成長 - 2029年までに276億9460万米ドルに - 02月21日(金)14:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「マイクロフルイディクス (マイクロ流体) の世界市場:分析と予測 (2019-2029年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月20日より開始いたしました。上の図はマイクロフルイディクスのプラットフォームとチップの市場価値を示しています。マイクロフルイディクス市場の七割近くを占めるのはプラットフォームです。プラットフォーム市場規模は2018年に67億950万ドルと評価され、2029年までに276億9460万ドルに達すると予想されています。この間のCAGRは13.77%です。マイクロフルイディクスプラットフォーム市場の参入企業としてはMicronit Micro Technologies、microfluidics ChipShop、uFluidixなどが挙げられます。一方、マイクロフルイディクスチップ市場のセグメントは、予測期間中に13.65%のCAGR で推移し、2029年には 144億7780万米ドルに達すると推定されています。マイクロフルイディクスベースのプラットフォームの用途として、タンパク質、核酸、単一細胞、小分子などの分析が挙げられます。たとえば、1CellBio社のシングルセルRNAシーケンス解析プラットフォームである1Drop Systemを利用すると、全体コストを抑えながらより効率的な...more
カテゴリー:

「世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 - 02月21日(金)13:00 

2020年2月21日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年2月21日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。グラフェン電池の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別・英語タイトル:Graphene Battery Market by Type (Lithium-Ion Graphene Battery, Lithium-Su...more
カテゴリー:

「鉄道用カプラーの世界市場 2025年」調査資料(半永久的、自動)を取り扱い開始しました - 02月21日(金)18:00 

2020年2月21日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「鉄道用カプラーの世界市場 2025年」調査資料の販売を2020年2月21日に開始いたしました。鉄道用カプラーの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:鉄道用カプラーの世界市場 2025年■英文タイトル:Global Railway Couplers Market Opportunities & Forecast Till 2025■出版日:2020年2月13日■出版社:Straits Research■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査レポートでは鉄道用カプラーの世界市場について広く調査・分析し、イントロダクション、調査手法、市場動向、種類別(半永久的、自動)分析、用途別(定期旅客列車、高速列車、貨物列車、その他)分析、販売経路別(直販経路、流通経路)分析、地域別分析、企業概要などを含め、今後の市場展望をまとめております。・イントロダクション・調査手法・市場動向・鉄道用カプラーの世界市場:種類別(半永久的、自動)・鉄道用カプラーの世界市場:用途別(定期旅客列車、高速列車、貨物列車、その他)・鉄道用カプラーの世界市場:販売経路別(直販経...more
カテゴリー:

スマート灌漑制御装置市場 - アジア太平洋で急成長、CAGR 16.05% - 02月21日(金)16:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スマート灌漑制御装置の世界市場 - 分析と予測:気象ベース・土壌ベース・農業・非農業 (2019-2024年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月21日より開始いたしました。スマート灌漑制御装置の世界市場は2019年から2024年にかけて15%のCAGRで成長し2018年の2億760万ドルから2024年までに4億8,019万ドルに達すると予測されます。節水に対する需要の拡大、スマート灌漑導入の機運の高まりは参入企業にとって重要な成長機会を提供します。スマート灌漑制御装置市場の成長を促進する主な要因として、節水を促進する政府の取り組み、スマート灌漑制御装置の設置に対する助成金制度、スマート灌漑制御装置ソリューションの使用による農場生産性改善への注力が挙げられます。北米地域は2018年にスマート灌漑制御装置市場で最高の収益を上げました。この地域は、農業業界の技術的進歩などのいくつかの要因により、過去数年間で急速な成長を経験しています。北米に次いで規模の大きなアジア太平洋地域は予測期間を通じて最も高い成長率を維持するでしょう。気候条件の急速な変化、政府の多大な支援、節水の必要性の増加は、この地域におけるスマート灌漑制御装置の成長を支える重要な要素です。スマート灌漑制御に対する広範な需要、温室栽培の増加などの...more
カテゴリー:

「炭酸カリウムの世界市場 2024年」調査資料(電解法、イオン交換法、アッシュ法など)を取り扱い開始しました - 02月21日(金)15:00 

2020年2月21日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「炭酸カリウムの世界市場 2024年」調査資料の販売を2020年2月21日に開始いたしました。炭酸カリウムの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:炭酸カリウムの世界市場 2024年■英文タイトル:Global Potassium Carbonate Market Opportunities & Forecast Till 2024■出版日:2020年2月13日■出版社:Straits Research■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査レポートでは炭酸カリウムの世界市場について広く調査・分析し、調査範囲、エグゼクティブサマリー、企業別分析、地域別分析、課題&トレンド分析、重要ポイント、調査結果・結論などを含め、今後の市場展望をまとめております。・調査範囲・エグゼクティブサマリー・炭酸カリウムの世界市場:企業別・炭酸カリウムの世界市場:地域別・課題・トレンド・重要ポイント・調査結果・結論■レポートの詳細内容・お申込みはこちらhttps://www.marketresearch.co.jp/D0FE190005-Global-Potass...more
カテゴリー:

「ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場 2026年」調査資料(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、その他)を取り扱い開始しました - 02月21日(金)13:00 

2020年2月21日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場 2026年」調査資料の販売を2020年2月21日に開始いたしました。ポリオレフィンエラストマー(POE)の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などを収録しています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場 2026年■英文タイトル:Global Polyolefin Elastomers (POE) Market Opportunities & Forecast Till 2026■出版日:2020年2月13日■出版社:Straits Research■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査レポートではポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場について広く調査・分析し、イントロダクション、調査手法、市場動向、種類別(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、その他)分析、用途別(フィルム、接着剤、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、包装、接着剤、電子&電気、消費財、その他)分析、地域別分析、企業概要などを含め、今後の市場展望をまとめております。・イントロダクション・調査手法・市場動向・ポリオ...more
カテゴリー:

遺伝子組み換え細胞培養サプリメント市場 - 2029年には上皮成長因子 (rEGF)が最大に - 02月21日(金)12:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「遺伝子組み換え細胞培養サプリメントの世界市場 - タイプ・用途・地域データ・国別データ・競合情勢:分析と予測 (2019-2029年)」 (BIS Research Inc.発行) の販売を2月21日より開始いたしました。遺伝子組み換え細胞培養サプリメント市場のうち2018年に最も大きなシェアを持っていたのは推定値5,780万ドルの組み換えアルブミン (rAlbumin)でした。アルブミンがあらゆる種類の細胞培養培地で使用されているためです。アルブミンは、モノクローナル抗体および組換えタンパク質の製造に使用されます。アルブミンの主な機能は、小分子とイオン間の結合と分離にあり、酸化防止剤としても作用します。アルブミンは多くの無血清細胞培養の重要なコンポーネントです。一方、最も急速に成長しているセグメントは上皮成長因子 (rEGF)です。世界の組換えEGF市場は2018年に3,320万ドルと推定されていますが、2019年から2029年までの間にCAGR16.29%で成長し、2029年には1億7,340万ドルになると予想されています。【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/bis920202-global-recombinant-cell-culture-supplements-marke...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「調査レポート」の画像

もっと見る

「調査レポート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる