「合法化」とは?

関連ニュース

【合法大麻】「合法大麻」産業に集まる優秀な人材たち。年収10万ドル以上稼げるポジションも 市場規模は2030年までに9兆3500億円と予測 - 02月20日(木)05:30  newsplus

https://www.businessinsider.jp/post-207573 ・合法大麻(cannabis)を扱う業界には、年俸10万ドル以上のポジションがある。 ・大麻業界専門の人材会社ヴァンスト(Vangst)によると、2018~19年に求人数は79%増を記録した。 ・同社が発表した業界給与レポートにもとづき、大麻の栽培・抽出・製造・小売り部門で最も稼げる6つのポジションを紹介しよう。 大麻業界では最近、スタートアップでも大企業でも解雇が相次いでいる。それでも、業界を待ち受けているのは輝かしい未来のようだ。 ウォール街のアナリストたちは、2030年ま...
»続きを読む
カテゴリー:

自己肯定感を高める方法教えて、無理なら大麻合法化してキメさせて - 02月13日(木)21:51  news4vip

俺の人生を最高にしたい ...
»続きを読む
カテゴリー:

「私たちは二流市民ではない」 婚姻の平等、勝ち取った - 02月13日(木)16:28 

 日本の同性カップル13組が同性婚の合法化をめざして一斉提訴してから14日で1年となる。訴訟の行方を米国から見守る男性カップル、スチュアート・ガフニーさん(57)とジョン・ルイスさん(61)が1月末に…
カテゴリー:

僕はウーマン村本さんと同じ39歳。カメラを向けてわかった、芸人の「葛藤」 - 02月12日(水)20:00 

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがアメリカ・NYでスタンドアップコメディに挑戦する姿に密着した映像。村本さんのnoteによると、もともとは、あるテレビ局で放送される予定だった。しかし、村本さんがTwitterで「大麻を合法化した方がいい」という旨の発言をしたことで、企画が白紙に。制作会社のドキュメンタリージャパンは映像を流す先が決まらないまま、NYでの密着を敢行したという。その時の思いを、村本さんはnoteにこう綴っている。彼ら(制作会社のドキュメンタリージャパン ※編集部注)はおれの発言による一番の被害者だ。だから普通の感覚で言うと二度と仕事はしたくないというのが人の感情だろう。しかしそのディレクターは「密着をさせてほしい、正直、次の番組を売りこむ先も決まってない。でも撮らせてほしい」と言ってきた。おれは恨みがあって二度と仕事したくないならわかるけど、番組の流す先も決まってないのに、ニューヨークまできて、正直、アメリカに挑戦する芸人は他にもいる。ピース綾部や渡辺直美、たくさんいる。おれは旬でもないし、数字も持ってない、そのくせリスクだけはめちゃくちゃ高い。しかもまた発言しないとは言いきれない。こんな事故物件を、なぜに!?村本大輔さんの2019年8月5日のnote「thank you for yourhelp」より村本さん本人も疑問に感じるその理由について、NYでの村本さんの挑...more
カテゴリー:

【速報】アメリカ、すべての州で大麻合法化へ - 02月12日(水)02:59  livejupiter

米大統領選の候補者を選ぶ予備選の初戦、中西部アイオワ州で行われた党員集会の直前、左派のバーニー・サンダース上院議員は、 自らが大統領に選出されれば「就任直後に大統領令を出し、50州すべてで大麻(マリファナ)を合法化する」との考えを明らかにした。 サンダース議員は薬物を巡る「破壊的な戦いを終わらせる」として、大麻合法化の重要性を強調。所持による逮捕歴を抹消することも約束した。 また、合法化した後の関連産業は少数の企業によって支配されるものではなく、アフリカ系やラテン系、先住民のコミュニティーなど、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

大麻専門誌「ハイ・タイムズ」、読者収益に期待をかける:eコマース企業出身・新CEOのプラン - 02月15日(土)12:00 

嗜好品としてのカンナビス(大麻)使用の合法化を強く主張するアメリカの雑誌、ハイタイムズ(High Times)で新CEOに就任したストーミー・サイモン氏は、同誌の活動領域をマリファナの販売にまで広げる計画を立てている。 The post 大麻専門誌「ハイ・タイムズ」、読者収益に期待をかける:eコマース企業出身・新CEOのプラン appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

心支えるパートナーシップ制度、でも…同性カップルに壁 - 02月13日(木)16:29 

 同性カップル13組が同性婚の合法化をめざし一斉提訴してから14日で1年。同性カップルの関係を公的に認める「パートナーシップ制度」を1月末時点で全国34自治体が導入するなど、夫婦と同等の関係と考える意…
カテゴリー:

白先勇さんの長編小説『孽子』を原作とした舞台、6年ぶり再演 - 02月13日(木)00:00 

作家・白先勇さんの長編小説で、同性愛を取り上げた『孽子(げっし)』を原作とした舞台劇が、3月21日と22日に台湾南部・高雄市の衛武営国家芸術文化中心歌劇院で、3月28日と29日に台湾中部・台中市の国家歌劇院で、5月15日と17日に台湾北部・台北市の国家戯劇院でそれぞれ上演される。舞台『孽子』は6年ぶりの再演。台湾での同性婚合法化後、『孽子』の再演を心待ちにしていたという白先勇さんは、「どの時代においても独特の意義を持つ作品だと信じている」と述べている。   6年前、舞台『孽子』の公演初日、会場は大勢の観客で埋め尽くされた。白先勇さんはそのときのことを「すべての公演をここで見た。そのときの気持ちは特別なもので、ここに座るだけで体に電流が流れるようだった。多くの観客が、男も女も関係なく、涙を流していた。ずっと再演の機会が得られることを願っていた」と振り返る。その機会が今年、ようやく訪れた。   小説『孽子』は、社会にさまざまなタブーが残っていた1970年代の台湾を舞台にしている。台湾の同性愛者たちは国家によって、社会のすみっこに押しやられていた。同性愛者の恋人同士の熱烈な愛と、こうした「孽子(=親不孝者)」の家に対する渇望、父と子の悔罪(かいざい)とつぐないを描いた作品である。   今年は白先勇さんが『孽子』を発表して満40年になる。この小説は中華圏におけ...more
カテゴリー:

ウーマン村本大輔、アメリカ進出を宣言 日本のお笑いに「限界」を感じた理由 - 02月12日(水)07:45 

お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、日本の芸能界を飛び出し、アメリカでデビューすることを準備している。2020年度中の渡米を目指し、相方の中川パラダイスや吉本興業と話し合いを進めている。アメリカで挑戦するのは、舞台の上に立ちながら、一人喋りで笑わせる「スタンドアップコメディ」。タブーを恐れず時事ネタをまくし立てる、日本での村本の芸風が生かせるスタイルだ。「僕がやっていることは『お笑いじゃない』とか『活動家だ』とか、よく言われます。でも、どうも日本のお笑いは多種多様じゃない感じがする。いろんなお笑いがあっていいはずなんですよ。それを探しにいきたい」と村本は言う。なぜアメリカに挑戦するのか。“異端”扱いされても、嫌われても、なぜ、彼は喋ることをやめないのか。そして、日本のお笑いのどこに限界を感じたのか。思いを聞いた。 「安倍政権」とか口にしたら、客がバーっと引いていく《インタビューは、1月某日、新宿にある「ルミネtheよしもと」の控え室で行われた。出番を終えたウーマンラッシュアワーは、吉本興業の闇営業問題や、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる問題を盛り込んだネタをステージで披露したばかりだった。 自虐と社会風刺を混ぜたトークは、観客の爆笑をかっさらったが、出演者の中でも群を抜いて際立っていた。アメリカの話を聞こうと思ったが...more
カテゴリー:

【議論】アメリカ、全ての州で「大麻」合法化へ………日本はなぜ解禁しないのか - 02月10日(月)20:20  livejupiter

米大統領選の候補者を選ぶ予備選の初戦、中西部アイオワ州で行われた党員集会の直前、左派のバーニー・サンダース上院議員は、 自らが大統領に選出されれば「就任直後に大統領令を出し、50州すべてで大麻(マリファナ)を合法化する」との考えを明らかにした。 サンダース議員は薬物を巡る「破壊的な戦いを終わらせる」として、大麻合法化の重要性を強調。所持による逮捕歴を抹消することも約束した。 また、合法化した後の関連産業は少数の企業によって支配されるものではなく、アフリカ系やラテン系、先住民のコミュニティーなど、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「合法化」の画像

もっと見る

「合法化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる