「首相官邸」とは?

関連ニュース

政府、女性活躍の重点方針を決定 DV対策強化が柱 - 06月18日(火)12:57 

政府は18日、「すべての女性が輝く社会づくり本部」(本部長・安倍晋三首相)の会合を首相官邸で開き、「女性活躍加速のための重点方針2019」を決定した。ドメスティ…
カテゴリー:

交通安全確保へ「キッズゾーン」 高齢者向け限定免許も 政府方針決定 - 06月18日(火)10:07 

 政府は18日、交通安全対策に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、保育施設周辺への「キッズゾーン」新設や、高齢者の事故防止のため、急加速を防ぐ機能を持つ「安全運転サポート車」のみ運転できる限定免許制度の創設を検討する方針を決めた。大津市で保育園児らが死傷した事故や、東京・池袋で乗用車が暴走し母子が死
カテゴリー:

特別リポート:憂色深まる黒田日銀 財政との一体化にリスクも - 06月18日(火)08:14 

昨年4月9日の午後、再任の辞令を受けるため首相官邸を訪れた黒田東彦日銀総裁は、にこやかに出迎えた安倍晋三首相と握手を交わし、報道各社のカメラに収まった。「2%の物価安定目標の実現に向けて、さらにあらゆる政策を総動員してもらいたい」。首相が送ったエールには、これまで通りの強い期待が込められているかに思われた。
カテゴリー:

安倍首相、日韓議連会長に「前向いてがんばってほしい」  - 06月17日(月)21:43 

 安倍晋三首相は17日、日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民)と首相官邸で面会し、いわゆる徴用工訴訟などで冷え込む日韓関係について意見を交わした。
カテゴリー:

安倍首相「男性の育児休暇」義務化検討 党の議連から提言受け - 06月17日(月)20:57 

 安倍晋三首相は17日、首相官邸で、男性の育児休業取得の義務化を目指す自民党の議員連盟幹部らと会い、子供が生まれた男性に申請がなくても企業側が育休を与える制度の創設などを盛り込んだ提言を受けた。首相は「少子化対策や女性・男性の活躍において、男性の家事育児の参加は大変重要だ。提言を受け止める」と述べ、
カテゴリー:

安倍ちゃん「G20最大のテーマはプラスチックゴミ、レジ袋を有料化して外食のストローを廃止します」 - 06月18日(火)11:02  poverty

安倍晋三首相は18日午前、首相官邸で開いた総合海洋政策本部の会合で 「海洋プラスチックごみへの対応は今年の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の 最大のテーマの一つだ。日本が世界をリードする」と語った。 プラごみの海洋流入は近年、深刻な環境汚染の一因となっている。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46228260Y9A610C1EAF000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相「時代のニーズに応える交通安全対策を」 キッズゾーンなど新設へ - 06月18日(火)09:57 

 政府は18日午前に首相官邸で開かれた交通安全対策に関する関係閣僚会議で、子供の安全確保策として、移動経路の緊急点検とともに「キッズゾーン」の新設など安全な歩行空間を整備する方針を決定した。高齢者による事故防止のため、安全運転サポート車のみ運転できる限定免許制度の創設も検討する。
カテゴリー:

トランプ発リーマン級大不況に備え日本が消費増税をすべき理由 - 06月18日(火)04:45 

10月の実施までまさに「秒読み段階」となった消費増税ですが、識者の間からは反対の声が上がり続けています。果たして増税は、彼らの言うように「景気のさらなる減退」を招くことになるのでしょうか。そんな意見に異を唱えるのは、メルマガ『国際戦略コラム有料版』著者の津田慶治さん。津田さんは財政健全化のために消費増税は不可欠とした上で、このまま放置すれば金融資産価値が10分の1になる可能性もあるという味方を示しています。 消費税増税が必要な日本経済の状況 消費税増税に対して、大不況が起きるという評論家が多く、かつ、執拗に繰り返しているが、日本経済の現状からすると、消費税増税しないと、した時よりひどいことになる。その検討しよう。 日米株価 NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで過去最高株価であるが、12月26日21,712ドルと暴落したが、その後は上昇して4月23日26,695ドルになったが、米中貿易戦争激化とメキシコ移民問題が出て6月3日24,680ドルまで下げた。しかし、対墨移民問題が小休止し、FRBの今年3回利下げ観測で6月14日26,086ドルまで戻している。しかし、またも26,200ドル近辺まできたので、トランプ砲が炸裂する可能性がある。 日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日18,948円と暴落し、4月24日22,362円に上昇したが、...more
カテゴリー:

【参院選】安倍首相「男性の育児休暇」義務化検討 党議連から提言受け パタハラ対策も課題に - 06月17日(月)21:42  newsplus

安倍首相「男性の育児休暇」義務化検討 党の議連から提言受け 毎日新聞 2019年6月17日 20時57分(最終更新 6月17日 21時17分) https://mainichi.jp/articles/20190617/k00/00m/010/225000c  安倍晋三首相は17日、首相官邸で、男性の育児休業取得の義務化を目指す自民党の議員連盟幹部らと会い、子供が生まれた男性に申請がなくても企業側が育休を与える制度の創設などを盛り込んだ提言を受けた。首相は「少子化対策や女性・男性の活躍において、男性の家事育児の参加は大変重要だ。提言を受け止める」と述べ、前向きに検討する姿勢...
»続きを読む
カテゴリー:

日本は活かせるか?安倍首相イラン訪問で広がった外交的チャンス - 06月17日(月)04:30 

高まり続けるアメリカとイランの緊張関係を和らげるべくイランを訪問した安倍首相。内外の評価は訪問前後ともそれほど高くないようですが、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、国際交渉人の島田久仁彦さんは、少し違った見方を示しています。すなわち、トランプ大統領が真摯に話を聞く世界のリーダーは安倍首相だけで、現在の日本の外交力は「戦後最強」。このチャンスを官民挙げて活かしてほしいと期待の声をあげています。 イラン情勢の行方が占う国際情勢の命運 「アメリカは、いつからイスラエルの属国になったのか?」今週になってトルコの政府幹部から投げかけられた質問です。問いかけられた時には面喰いましたが、その方の補足によると、「アメリカには直接的な利害がないにも拘わらず、どうしてここまで中東地域に介入するのか?」との質問とのことでした。 それが顕著に現れているのが、イラン革命後、継続しているイランへの敵対視と、ずっとイランとライバル関係・対立関係にあるイスラエルへのアメリカによるあからさまな肩入れです。 アメリカの政権からのイスラエルサポートについては、政権によってその強弱はありますが、一貫してアメリカはイスラエルを、まるで自国の一部であるかのように庇い、国連安全保障理事会において、パレスチナ問題に絡み、アラブ諸国からイスラエルの行き過ぎた行動を非難する決議案が出...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「首相官邸」の画像

もっと見る

「首相官邸」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる