「国際情勢」とは?

関連ニュース

新型肺炎の裏で進む北朝鮮消滅。米のシナリオに乗せられた金正恩 - 02月17日(月)05:00 

新型肺炎対策に追われるアジア各国ですが、その裏で密かに重大な案件が進行しているようです。北朝鮮を崩壊させるのは、コロナウイルスではなくアメリカなのでしょうか。「米国が北朝鮮によるICBM発射時の対応について準備を進めている」とするのは、元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さん。島田さんは今回、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』でその内容を詳しく報じるとともに、大統領選イヤーに米朝戦争が勃発する可能性についても分析・考察しています。 国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ   2020年、北朝鮮は消滅するのか? 非常に激しいタイトルに驚かれたかもしれません。世界を恐怖に陥れ、不安を掻き立てている新型コロナウイルスCOVID-19の蔓延のニュースは、もうすぐ死者が2万人に届きそうなアメリカでの新型インフルエンザの猛威を隠し、そして、北朝鮮という国家とその国民の生存に関わるような重大な事態を隠しています。 では今、北朝鮮をめぐってどのような事態が進行しているのか。 3度の米朝首脳会談を経て、世界は希望を抱いたかもしれませんが、実際には、北朝鮮の非核化についての具体的な策は何一つ決められず、またアメリカが主導する対北朝鮮制裁が解除される見込みも...more
カテゴリー:

トランプ当選を的中させた国際情勢アナリスト「民主党候補がサンダースならトランプに負ける。プティジェッジならトランプに勝てる」 - 02月14日(金)08:29  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif トランプ大統領、敵対する民主党の失策でも選挙に負ける理由 「資金力・組織力で、民主党が有利な環境ができつつあります。2020年に、大統領選と議会の上・下院を民主党が制する、“トリプルブルー” が起きる可能性さえあるのです」 「トランプ米大統領(73)が再選を果たす」とみる識者が多いなか、衝撃の予測をするのは、2016年の米国大統領選で、トランプ氏の「まさかの当選」を的中させた、国際情勢アナリストの渡瀬裕哉氏だ。 “トリプルブルー” 第1の理由は、民主党の資金力が、トランプ...
»続きを読む
カテゴリー:

青森で建国記念奉祝大会 国の繁栄に思い共有 - 02月11日(火)16:22 

 青森市の諏訪神社で11日、令和初の第49回建国記念の日奉祝大会が開かれた。国内外を取り巻く国際情勢が複雑化、多様化する中、参加者は改めて日本の果たすべき役割や国の繁栄に思いを共有した。
カテゴリー:

森元首相、二階・菅氏の交代求める 安倍氏4選は支持 - 02月07日(金)20:27 

 森喜朗元首相は今月発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで「ポスト安倍」に言及し、国際情勢への懸念から「続けることが国益」と語り、安倍晋三首相の党総裁任期を再延長する「4選」への支持を表明した。 森…
カテゴリー:

関西財界セミナー開幕 6分科会で激変する経営環境への対応議論 - 02月06日(木)20:14 

 関西の企業トップらが経営課題や経済政策について意見を交わす「第58回関西財界セミナー」が6日、京都市の国立京都国際会館で開幕し、不安定な国際情勢やデジタル技術の進展など、関西企業が直面する問題を6つの分科会で話し合った。7日まで。
カテゴリー:

【北方領土】安倍首相が領土問題の解決を棚上げした形で、新たな条約締結を模索しているとの観測が広がり始める 元島民ら警戒 - 02月16日(日)00:07  newsplus

 日ロの平和条約締結交渉の停滞を受け、安倍晋三首相が北方領土問題の解決を棚上げした形での新たな条約締結を模索しているとの観測が広がり始めた。ロシアが善隣友好関係の基盤となる中間的な条約を求める中、「北方領土の日」の首相の発言が変化したことが臆測に拍車をかけている。「四島の帰属問題を解決して平和条約を締結する」という日本の基本方針が崩れれば、領土交渉が半永久的に先送りされる懸念もあり、元島民らは警戒感を強めている。  「領土問題の解決と平和条約締結の実現という目標に向かって、ひたすら進んで参り...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、韓国、北朝鮮が経済破綻。「新型肺炎」を仕掛けたのは誰か - 02月12日(水)05:00 

蔓延する新型肺炎に関しては「バイオテロ説」も囁かれ続けていますが、ここに来て驚くべき情報が飛び込んできました。元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんは今回、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』で、とある人間が口にした「テロを実行したのはアメリカ」という説を紹介。その信憑性をさまざまな側面から分析・検証しています。 国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ   新型コロナウイルス蔓延が暗示するトランプ大統領の対アジア戦争 「バイオテロ説が急浮上。新型肺炎の蔓延が映す破滅へのプロローグ」では新型コロナウイルスの広がりについて激し目に取り上げ、バイオテロの可能性について述べました。当初、私も中国当局による“ミス”で、武漢にある生物兵器製造施設から、開発中の新型コロナウイルスが漏洩し、今の制御不能な感染拡大に繋がったのだと、人為的ミスと中国政府(中央も地方も)の消えない隠ぺい体質ゆえの初動の遅れが大きな元凶かと考えていました。 しかし、仮にバイオテロ的な要素があったとしても、それとはまったく違ったシナリオが浮かんできました。先週号を発行した後、さまざまなところで記事が転載されたこともありますが、記事を読まれた方から、ある可能性について言及がありま...more
カテゴリー:

森元首相「安倍さんが首相を続けることが国益。国民もそれを望んでいる」 - 02月09日(日)11:57  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/kinokorusensei32.gif 森元首相、二階・菅氏の交代求める 安倍氏4選は支持 森喜朗元首相は今月発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで「ポスト安倍」に言及し、国際情勢への懸念から「続けることが国益」と語り、 安倍晋三首相の党総裁任期を再延長する「4選」への支持を表明した。 森氏は、安倍首相の出身派閥細田派の元会長。岸田文雄政調会長や石破茂元幹事長ら「ポスト安倍」に「『絶対に良い』と言い切れる人はいない」と指摘。 不祥事が相次ぐ中でも一定の支持率を維持していることを理由に「...
»続きを読む
カテゴリー:

関西財界セミナー詳報 国際情勢、デジタル、ベンチャー支援…各分科会で議論 - 02月06日(木)21:33 

 京都市の国立京都国際会館で6日に開幕した「第58回関西財界セミナー」では、不安定な国際情勢やデジタル技術の進展、ベンチャー支援など、関西企業が直面する課題を6つの分科会で話し合った。激変する経営環境にどう対応していくのか。経営トップや学識経験者らが真剣な議論を交わした。
カテゴリー:

関西財界セミナーが開幕 “万博後”の経済発展模索 - 02月06日(木)11:20 

 関西の企業トップや学識経験者らが経営課題や経済政策について意見を交わす「第58回関西財界セミナー」(関西経済連合会、関西経済同友会主催)が6日、京都市の国立京都国際会館で開幕した。約600人が参加し、不安定さを増す国際情勢や超高齢化社会、ベンチャー企業支援など関西経済を取り巻く課題について議論する。7日まで。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国際情勢」の画像

もっと見る

「国際情勢」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる