「国際情勢」とは?

関連ニュース

富士通、前国家安保局長・谷内氏をアドバイザーに - 09月20日(金)17:28 

 富士通は20日、政府の外交・安全保障政策の総合調整を担う国家安全保障局の前局長で、元外務事務次官の谷内正太郎氏をエグゼクティブアドバイザーに委嘱すると発表した。10月1日付。非常勤で、国際情勢に関する知見を経営に生かすのが狙いという。
カテゴリー:

なぜアメリカは銃規制できないのか? 建国以来守られる「武装市民」の権利 - 09月15日(日)09:48  liveplus

『図解でわかる 14歳からの地政学』より 今年8月、アメリカ・テキサス州のエルパソで銃乱射事件が発生。20人以上の尊い命が失われました。アメリカでは銃による無差別大量殺人事件が相次いでおり、2017年にラスベガスで発生した銃乱射事件では、実に58人もの人が亡くなりましたが、銃規制は一向に進んでいません。なぜアメリカは、銃規制に踏み切れないのでしょうか? 『図解でわかる 14歳からの地政学』(太田出版/インフォビジュアル研究所 鍛冶俊樹・監修)では、こう解説しています。  * * * 2018年3月24日、アメリ...
»続きを読む
カテゴリー:

PKO日報問題に関わり 河野防衛相に期待と緊張 内閣改造 - 09月11日(水)20:03 

 11日に第4次安倍再改造内閣が発足した。現場からは、注文や期待、不安の声が上がった。  外相から横滑りで防衛相に就任した河野太郎氏は、悪化している日韓関係に防衛面から関与し続けることになる。防衛省幹部は「課題山積の中、問題の経緯を理解し、国際情勢を知っている大臣が就任したのは良いこと」と期待。自衛
カテゴリー:

【軍事】トランプ大統領がツイートした画像から偵察衛星の能力がダダ漏れ 米軍偵察衛星は10cmを識別可能 米軍事専門家困惑 - 09月07日(土)04:04  newsplus

トランプ大統領がツイートした画像から偵察衛星の能力がダダ漏れ NEWSWEEK 2019年9月6日(金)17時00分 松岡由希子 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-12941.php ツイッターに投稿されたイランの衛星画像が、機密情報だとして物議を醸している...... Donald Trump/Twitter 直接リンク <トランプ大統領は、ツイッターに投稿した高解像度のイランの衛星画像が、機密情報として、物議を醸している......> イラン北部のイマーム・ホメイニ国立宇宙センターにあるセムナン第1発射場で2019年8月29日、衛...
»続きを読む
カテゴリー:

企業が知っておくべきサイバーセキュリティ基本法のポイント - 09月04日(水)08:00 

日本のサイバーセキュリティに関する施策に関し、基本理念を定めるサイバーセキュリティ基本法。本法律は、2014年に制定され、国際情勢やICTの進化に応じて改正が続いている。我が国のサイバーセキュリティ対策の根幹をなす法律であり、世界規模化しているサイバーセキュリティ対策を推進していくために重要な役割を果たすと期待されている。2020年には東京オリンピックを控え、AIやIoTといった次世代を担うIT技術が急速に進化するなど、サイバーセキュリティ基本法の重要度は今後一層高まっていく。本記事では、企業がセキュリティ対策を推進する上で、押さえておきたいサイバーセキュリティ基本法のポイントについて解説する。
カテゴリー:

韓国を襲う完全なる孤立。GSOMIA破棄とボルトン補佐官解任の余波 - 09月17日(火)05:00 

9月11日、トランプ大統領が自身の政権を支えてきたボルトン国家安全保障担当大統領補佐官を解任し、世界を驚かせました。これによって、イラン情勢、北朝鮮情勢の変化への期待と不安が囁かれていますが、元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんは、一歩進んだ見方をメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で示しています。それは、韓国及び朝鮮半島の国際的孤立が進むとの見方です。さて、どういうことなのでしょうか? 韓国を襲う完全なる孤立:ボルトン氏解任の余波? 9月11日、驚くべきニュースが飛び込んできました。アメリカ・トランプ政権のタカ派路線を支えてきたともいえるボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が突然解任されました。 それもまた、トランプ大統領お馴染みのTwitterでの更迭だったようです。これまでにも更迭・解任は多数ありましたが、ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官の“このタイミング”での解任は、荒れ狂う国際情勢に対して大きな影響・変化を与えそうです。 その最大の矛先は、イラン問題や北朝鮮問題ではなく、実は韓国をめぐる国際情勢ではないかと考えています。それはなぜか。カギはボルトン補佐官解任で対話の機運が高まると予想される北朝鮮情勢の行方と日韓のGSOMIAの破棄の行方です。 対イランの強硬姿勢と並び、ボルトン補佐官は北朝鮮に対しても強硬姿勢を崩すべきでは...more
カテゴリー:

【主張】内閣改造 憲法改正に不退転で臨め 悪化する国際情勢に備えよ - 09月12日(木)05:00 

 第4次安倍再改造内閣が発足した。自民党の新執行部とともに新たな体制が整った。
カテゴリー:

GSOMIA破棄で加速する米の韓国切り。始まった国際情勢の大変調 - 09月09日(月)20:22 

数々の国際舞台で活躍する国際交渉人の島田久仁彦さんが渡欧し、独自ルートで情報収集して感じたのは、欧州各国が今回のGSOMIA破棄がもたらす影響に大きな懸念を抱いているということでした。島田さんは、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、欧州各国の懸念を生む中東情勢とアメリカの思惑を詳しく解説。北東アジア情勢と欧州・中東情勢の密接な関わりに意識を高め、変調に備える必要性を訴えています。 中東情勢と北東アジアの混乱の密接なリンク 今週は久しぶりに欧州に来ています。今回の訪問中にすでにいろいろな話を聞きましたが、各国が抱いている懸念は『国際情勢は大きく変動しており、すでに制御不可能な状況に陥っているのではないか』という内容です。 米中貿易戦争による国際経済の悪化、Hard Brexitを演出するジョンソン首相の“劇場型政治”がもたらす欧州経済への打撃という経済的な懸念については、すでに織り込み済みとのことで、ニュースで伝えられるほどの騒ぎはないといえそうですが、安全保障上の懸念については、深刻に捉えているようです。 その源は、『イラン情勢への対応と中東地域の不安定化要因』と『GSOMIA破棄で一気に高まった北東アジア地域のパワーバランスの変化』が織りなす欧州安全保障体制への影響です。 イランへの対応については、すでに述べたように、イラン核合意を...more
カテゴリー:

【訃報】経済評論家の長谷川慶太郎さん死去 91歳 デフレ到来いち早く予測 - 09月04日(水)19:10  newsplus

 長谷川慶太郎氏 91歳(はせがわ・けいたろう=経済評論家)3日、心不全で死去。葬儀は近親者で行う。喪主は長男、徹氏。  新聞記者を経て経済評論家として独立した。最先端の技術情報や軍事知識を持ち、日本経済だけではなく、国際情勢も的確に分析する国際エコノミストとして知られた。数多くの著述があり、1983年の「世界が日本を見傚う日」で第3回石橋湛山賞を受賞。1994年の「『超』価格破壊の時代」では、その後の日本経済のデフレ到来をいち早く予測した。 9/4(水) 18:51 読売新聞オンライン https://headli...
»続きを読む
カテゴリー:

サイバーセキュリティ基本法で押さえておくべきポイント | マルウェア情報局 - 09月03日(火)20:25 

サイバーセキュリティ基本法で押さえておくべきポイント | マルウェア情報局日本のサイバーセキュリティに関する施策に関し、基本理念を定めるサイバーセキュリティ基本法。本法律は、2014年に制定され、国際情勢やICTの進化に応じて改正が続いている。我が国のサイバーセキュリティ対策の根幹をなす法律であり、世界規模化しているサイバーセキュリティ対策を推進していくために重要な役割を果た...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国際情勢」の画像

もっと見る

「国際情勢」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる