「月面着陸」とは?

関連ニュース

【わかるな?今、地球を救うのは君だ】NASA、宇宙飛行士増員を発表 - 02月13日(木)16:16  newsplus

*Good luck https://twitter.com/NASA/status/1227340405676662785?s=19 Need some space? We’ve got the job for you! 👩?🚀🚀🌕 We’re accepting applications March 2-31 for the next class of #Artemis Generation astronauts. Find out if you have what it takes to #BeAnAstronaut: https://www.nasa.gov/press-release/explorers-wanted-nasa-to-hire-more-artemis-generation-astronauts リンク先には動画があります。↑ 2020年2月12日 18:57  【2月12日 AFP】米航...
»続きを読む
カテゴリー:

内閣府、2050年までのムーンショット目標を決定 - 02月10日(月)17:02 

1月23日、内閣府が「ムーンショット目標決定のお知らせ」という発表を行った(NHK)。 「ムーンショット」は、人類の月面着陸のような今まで実現されていない野心的な計画や挑戦を指し示す言葉。日本においては内閣府の総合科学技術・イノベーション会議において目標の設定が進められていた。 今回決定した目標は次の6つで、いずれも2050年までの実現を目指している。 人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現 地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現 未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現 また、これらに対しては、国が5年間で総額1000億円を拠出して研究を進めるとのこと。ただ、こういったアプローチは現代においては時代遅れとの批判もある(WIRED)。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | サイエンス | 政府 | 関連ストーリー: 米政府、ジオエンジニアリング(地球工学)の研究資金として400万ドルを承認 2019年12月...more
カテゴリー:

ファミコン以下の性能でアポロ11号が月面着陸出来たのは何故か - 02月06日(木)14:30  poverty

https://www.sbbit.jp/article/bitsp2/37565 1969年7月、アポロ11号により2名の宇宙飛行士が人類史上初めて月面着陸に成功した。 この米国の「アポロ計画」の裏側には、当時としては革新的だったコンピューターシステムの徹底活用があった。 この画期的なコンピューターシステムのアーキテクチャは脈々と受け継がれ、今なお進化を続け、企業のイノベーションを支えているという。 画像 アポロ計画を支えたコンピューターシステム  1961年から1972年にかけて米国で実施されたアポロ計画。有人月面着陸をめざし、1969年7月のア...
»続きを読む
カテゴリー:

【トランプ大統領】「水星にはアメリカが最初に国旗を立てる」 - 02月05日(水)14:57  newsplus

米国のドナルド・トランプ大統領は議会に対し、米国が人類初の水星着陸及び月面着陸を行うための有人飛行「アルテミス計画」への予算を要求した。 2月4日(モスクワ時間2月5日深夜、日本時間同午前)に行われた一般教書演説でトランプ大統領は、月面・水星有人飛行「アルテミス計画」に予算付けを行うことで、アメリカは「男性飛行士としては第2弾、女性飛行士としては人類初の月面着陸」を確実にすることができると述べた。 トランプ大統領はまた、同計画予算拡充はアメリカが水星に最初に国旗を立てる可能性を保証するとした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

NASAの2021年予算要求は有人月面着陸に約3625億円、月面資源開発に約472億円 - 02月11日(火)11:15 

米国時間2月10日、トランプ政権は2021年度予算要求を発表し、NASAの申請は予想通り12%増加した。これでNASAの総予算額は252億ドル(約2兆7677億円)となり、その半分近い123億ドル(約1兆3510億円)は、月面着陸の復活と最終目標である火星の有人探査に充てられる。 行政予算管理局が米国時間2月10日月曜日に発表した本予算要求の中で、33億ドル(約3625億円)が宇宙飛行士を月の公転軌道から月面に送るために使用される有人月面着陸システムの開発目的に使われる。これは、一連の計画が「維持可能な探求」の安全で信頼性の高いシステムを開発するために、「競争、産業革新、および堅牢な政府見通し」に依存していることを表している。 予算には、Space Launch System(SLS、宇宙打ち上げシステム)および宇宙船オリオンを継続開発するための40億ドル(約4393億円)も追加されている。この組み合わせは宇宙飛行士の地球から月への移動手段になる。予算案は、NASAがこの資金を使って「システムを完成し定期飛行計画を確立」することを具体的に求めている。 他には、1.75億ドル(約192億円)が月面で宇宙飛行士が使用する宇宙服に、2.12億ドル(約233億円)が移動に利用されるローバー(月面探査車)に充てられる。2.54億ドル(約280億円)が割り当てられている商用月面着陸サービス(C...more
カテゴリー:

米トランプ大統領はNASAの2021年度予算を約3300億円増額提案へ - 02月10日(月)08:45 

米国のドナルド・トランプ大統領は、会計年度の2021年に、NASAの予算として256億ドル(約2兆8000億円)を要求するつもりであると、米国時間2月7日にWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)が報じた。これはNASAの会計年度2020年の予算の226億ドルよりも30億ドル(約3300億円)近い増額となる。この増えた資金の大部分は、新たな有人月面着陸船の開発に充てられると言われる。 これは、この数十年間にNASAの予算について提案された最大の増額となるもの。そして、米国時間2月4日の一般教書演説で表明された、NASAの活動に対するトランプ大統領の新たなコミットメントを反映したものと考えられる。トランプ氏は議会に対して、「アルテミスプログラムに十分な資金を注ぎ込んで、月に到達する次の男性と最初の女性が、アメリカ人の宇宙飛行士になることを確実にする」ことを求めた。 NASAの長官、ジム・ブリデンスティーン(Jim Bridenstine)氏は、2024年までに最初のアメリカ人女性と次のアメリカ人男性を月面に派遣する、という目標を頻繁に繰り返してきた。これは現状のアルテミス(Artemis)計画に沿った目標だ。ブリデンスティーン氏は以前に、2024年までに再び月に到着するのにかかる費用を、200億から300億ドル(約2兆2000億円〜3兆3000億円)の間と見積もっていると表明して...more
カテゴリー:

【宇宙開発】米トランプ大統領「水星にはアメリカが最初に国旗を立てる」有人飛行「アルテミス計画」 - 02月06日(木)11:29  newsplus

米国のドナルド・トランプ大統領は議会に対し、米国が人類初の水星着陸及び月面着陸を行うための有人飛行「アルテミス計画」への予算を要求した。 2月4日(モスクワ時間2月5日深夜、日本時間同午前)に行われた一般教書演説でトランプ大統領は、月面・水星有人飛行「アルテミス計画」に予算付けを行うことで、アメリカは「男性飛行士としては第2弾、女性飛行士としては人類初の月面着陸」を確実にすることができると述べた。 トランプ大統領はまた、同計画予算拡充はアメリカが水星に最初に国旗を立てる可能性を保証するとした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「月面着陸」の画像

もっと見る

「月面着陸」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる