「脳卒中」とは?

関連ニュース

深浦の社会法人が「失語症」訪問指導開始 - 04月09日(木)11:00 

脳卒中や頭部の外傷により「読む」「聞く」「話す」「書く」などの言語能力が低下した「失語症」について、青森県深浦町で高齢者施設を運営する社会福祉法人西寿会が4月から、訪問コミュニケーション指導を始めた。公的保険適用外の取り組みで、同法人によると県内で初めて。失語症は認知症と混同され、引きこもりにつながることも多いが、言語聴覚士を中心に専門的な訓練を行い、患者の社会参加につなげる。同法人によると、失語症は物事を判断する能力は保たれているが、意思伝達が難しくなる障害。「計算」が困難になるケースもある…
カテゴリー:

遠隔医療が新型コロナ流行抑制に「まだ」大きく寄与していないのはなぜか - 04月08日(水)12:15 

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが猛威を振るっている。 米国で感染者が激増する中、新型コロナの急激な感染拡大で最もありそうな可能性の1つは、病院の対応能力がパンクしてしまうことだ。ニューヨークのような都市の病院はすでに患者であふれており、出動した病院船(「希望と連帯という名の7万トンのメッセージ」)や、現場を支援する退職医療従事者や卒業前の医学生にも頼っている。 テレヘルス(遠隔医療)はその動きと並行して、米国の保健システムにとって「あるといい」ものから「なければならぬ」ものへと急速に進化している。 テレヘルスは名前先行から期待を経て、ついに導入へ このタイミングは予見的だ。テレヘルスのテクノロジーは完成度はまちまちだが数十年にわたり存在してきた。ただこれまであまり実践に取り入れられてこなかった。2005年から2017年まで、テレヘルスを介した医師の診察は150回に1回、専門医の診察は5千〜1万回に1回にとどまった。 導入の主なきっかけは2週間前の連邦政府の発表だ。テレヘルスの使用に関するメディケアの適用制限を一時的に解除すると発表したのだ。政策の変更には、専門分野や利用局面の点での対象範囲拡大、自己負担の撤廃、HIPAA(医療の携行性と責任に関する法律)のプライバシー要件緩和などがある。例えば、HIPAAは従来、AppleのFaceTimeなどのユビキタスなテ...more
カテゴリー:

【愛知】医療体制“愛知で切迫”…大村知事が猛反論「何言ってるんだ。事実と違い迷惑。医療態勢と検査は十分確保している」 - 04月03日(金)07:12  newsplus

 感染者の増加を受け、政府の専門家会議は1日夜の会見で医療崩壊に危機感を示し、愛知など大都市を抱える5都府県の医療体制が切迫しているとして対策を取るよう指摘しました。これについて大村知事が猛反論です。  2日午後開かれた愛知県の大村知事の会見。 大村愛知県知事: 「正直申し上げまして昨夜の政府専門家会議の報道については、夜のニュースを見て驚きました。何を言っているんだろうと」  大村知事が猛抗議したのは1日の政府の専門家会議の発言です。 専門家会議 尾身副座長: 「オーバーシュートが起...
»続きを読む
カテゴリー:

【海外ドラマ】「ゲーム・オブ・スローンズ」デナーリス役のエミリア・クラーク、新型コロナ救済基金への寄付者と仮想ディナー - 04月02日(木)06:48  mnewsplus

2020年4月1日 20時09分 https://www.cinematoday.jp/news/N0115113  「ゲーム・オブ・スローンズ」のデナーリス役などで知られる英国女優エミリア・クラークが、脳損傷や脳卒中で苦しむ人の回復を支援するチャリティー団体SameYouにおける、新型コロナウイルスに感染した人々の救済につながる基金への協力をInstagramで呼びかけた。  Instagramに投稿したビデオ内でエミリアは、25万ポンド(約3,300万円・1ポンド132円計算)を集めるために協力してほしいと呼びかけ。エミリアのInstagramのプロフィール欄に記載されたリンク...
»続きを読む
カテゴリー:

【武漢肺炎】WHO 「タバコを吸わないでください」 - 03月31日(火)12:49  newsplus

WHOも「タバコを吸わないでください」と警鐘  また、WHOも3月20日の事務局長談話の中で、「タバコを吸わないでください。喫煙は、あなたがCOVID-19に感染した場合、重症化のリスクを高める恐れがあります」と警鐘を鳴らしています(WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 - 20 March 2020)。もちろん、タバコを吸っていなくても油断は禁物ですが、重症化を防ぐためにも、マスクをつける以上に禁煙することが大事なのです。(WHOはせきやくしゃみのある人以外、供給不足に拍車をかけないためにも...
»続きを読む
カテゴリー:

「遠隔医療(テレヘルス)の世界市場:用途別、コンポーネント別2025年予測」最新調査リリース - 04月08日(水)13:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「遠隔医療(テレヘルス)の世界市場:用途別、コンポーネント別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】遠隔医療(テレヘルス)の世界市場規模は2020年の推計255億ドルから、今後2025年段階では556億ドルへと急速な拡大が見込まれます。当レポートでは、2025年に至る遠隔医療の世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント別市場(ソフトウェア/サービス各種、ハードウェア各種)、用途別市場(テレラジオロジー、遠隔精神診療、遠隔脳卒中診療、遠隔ICU、遠隔皮膚診療、テレコンサルテーション、その他)、提供形態別市場(クラウド型、オンプレミス型)、エンドユーザー別市場(医療提供者、医療費負担者、患者、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業21社プロフィール動向などの情報も交えて、遠隔医療市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】遠隔医療(テレヘルス)の世界市場:用途別、コンポーネント別2025年予測Telehealth Market by Component Software & Services (RPM, RTM), Application (Teleradiology, telestroke, teleICU), ...more
カテゴリー:

コロナ対策「不要不急の外出自粛」で高齢者の健康が蝕まれる…医師が解説 - 04月04日(土)10:47  newsplus

新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の拡大で、「不要不急の外出自粛」の要請の声が一段と高まるなか、心配なのが健康への影響だ。とくに高齢者は長期間、自宅に閉じこもることで、筋力低下や精神的ダメージにより健康を損ないやすく、命を縮めることにもつながりかねない。東邦大学名誉教授の東丸貴信医師に聞いた。 「一番の心配は、筋肉が減少して体力が落ちることです。高齢者は日々体を動かすことで、かろうじて筋肉量や体力を維持しています。また、骨に負荷をかけたり筋肉を伸縮させることにより、一酸化窒素(NO)...
»続きを読む
カテゴリー:

テルモ、脳動脈瘤治療器具を国内投入 脳卒中のリ.. - 04月02日(木)13:52 

テルモ、脳動脈瘤治療器具を国内投入 脳卒中のリスク低減、保険償還価格142万円
カテゴリー:

【武漢肺炎】WHO 「タバコを吸わないでください」★2 - 03月31日(火)14:51  newsplus

WHOも「タバコを吸わないでください」と警鐘  また、WHOも3月20日の事務局長談話の中で、「タバコを吸わないでください。喫煙は、あなたがCOVID-19に感染した場合、重症化のリスクを高める恐れがあります」と警鐘を鳴らしています(WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 - 20 March 2020)。もちろん、タバコを吸っていなくても油断は禁物ですが、重症化を防ぐためにも、マスクをつける以上に禁煙することが大事なのです。(WHOはせきやくしゃみのある人以外、供給不足に拍車をかけないためにも...
»続きを読む
カテゴリー:

飲食店屋内を禁煙に 改正健康増進法 受動喫煙の防止へ - 03月31日(火)05:00 

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が4月1日に全面施行され、飲食店やホテル、職場、旅客船などは原則屋内禁煙になる。厚生労働省によると、国民の8割が非喫煙者であるのに対して、望まぬ受動喫煙による肺がんや脳卒中で亡くなる人は年間約1万5千人と推計される。悪質な違反者には罰則もあり、県健康長寿課は「健康...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「脳卒中」の画像

もっと見る

「脳卒中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる