「脳卒中」とは?

関連ニュース

「肥満ホルモン」インスリンが関与。内臓脂肪と脂肪肝の違いとは? - 04月19日(金)18:02 

薄着の季節になると気になる二の腕やお腹の脂肪。そして、酒好きが気になる肝臓の脂肪。同じ脂肪でも「皮下脂肪」「内臓脂肪」「異所性脂肪」と、それぞれ蓄えられる場所によって違う名前で呼ばれています。今回のメルマガ『糖尿病・ダイエットに!ドクター江部の糖質オフ!健康ライフ』では、糖尿病専門医の江部康二先生が読者の質問に答え、糖質摂取と「肥満ホルモン」と呼ばれるインスリンの働きによって中性脂肪が体に蓄えられる仕組みを解説。「内臓脂肪」と脂肪肝など「異所性脂肪」の違いと、それぞれがどのように体に悪影響を及ぼすかを詳しく説明しています。 内臓脂肪と脂肪肝、アルコールと糖質制限食の関係について Question 内臓脂肪と脂肪肝は別のものでしょうか?糖質制限食ではアルコール摂取をどう考えればよいのか教えて下さい。 江部先生からの回答 ◆脂肪蓄積、糖質摂取とインスリン分泌 三大栄養素のうち、直接血糖値を上げるのは糖質だけであり、タンパク質と脂質は上げません。 糖質を摂取して血糖値が上昇するとインスリンは筋肉細胞に血糖を取り込ませますが、余剰の血糖は脂肪細胞に取り込ませて中性脂肪として蓄えます。インスリンは血中の中性脂肪を分解し脂肪細胞内に蓄えます。インスリンは脂肪細胞内の中性脂肪分解を抑制します。 このようにインスリンは三重の肥満ホルモンなのです。そしてインスリンを大量に分泌させるのは、糖質のみで...more
カテゴリー:

1分に1人、愛用者の殆どが死ぬ煙草を2009年以降生まれを対象に禁止へ - 04月17日(水)14:02  news

たばこ販売禁止法案を可決 2009年以降生まれを対象に 法案を擁護。「たばこのない世代」を作り出すと説明した。 長期喫煙者の3分の2がたばこが原因で死亡し、毎年8万人が喫煙関連で死亡している。 また、イギリスではほぼ1分に1人の割合で、心臓病疾患や脳卒中、肺がんなど、喫煙に関連した病気での入院者が出ている。 https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/d62e846b94357127636fc7ec5546ba83d5b5ac0a&preview=auto ...
»続きを読む
カテゴリー:

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの化合物の効用(2) - 04月12日(金)14:11 

劉先生はオーストラリア放送協会のインタビューで、彼と彼のチームが3年前からブロッコリーと他のアブラナ科の野菜を研究し始めたこと、そして健康的な食事から100種類以上の天然製品をスクリーニングして、脳の血栓を防ぐ特性を持つ製品を探していたことを明らかにしました。
カテゴリー:

【恐怖】マイクロプラッチック、人の頸動脈に蓄積し脳卒中を起こすことが明らかに 257人中150人からプラッチック検出 もう手遅れだろこれ - 04月11日(木)23:27  poverty

微小プラスチック、頸動脈の隆起に蓄積 脳卒中のリスク高まる 2024/4/11 10:00(最終更新 4/11 10:54) https://mainichi.jp/articles/20240410/k00/00m/040/234000c 河川の調査で見つかったマイクロプラスチック=千葉県野田市山崎の東京理科大で ...
»続きを読む
カテゴリー:

微小プラスチック、頸動脈隆起の患者の6割に蓄積 免疫細胞内に取り込まれ、脳卒中のリスク高まる - 04月11日(木)12:21  newsplus

 人の頸(けい)動脈にできた隆起を切除して調べたところ、6割弱に微小なプラスチックが含まれていたと、イタリアの研究チームが発表した。検出された人は、されなかった人に比べ、脳卒中などになるリスクが4倍以上になっていた。微小プラスチックが体内の他の場所にも広がり、炎症を起こしている可能性があるという。  微小プラスチックはプラごみやポリ袋などが分解されてできる。飲料水などにも含まれているとされ、人の体内から検出されたとの報告もある。しかし人体への影響はよく分かっていない。  頸動脈の隆起は動脈硬化...
»続きを読む
カテゴリー:

クジラとイルカは「まったく同じ」生き物だった『身のまわりの「意外な勘違い」 なるほど雑学93 博識な人でも間違える常識の大ウソ』著者博学面白倶楽部がキンドル電子書籍にて配信開始 - 04月19日(金)18:00 

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp )は、2024年3月26日に『身のまわりの「意外な勘違い」 なるほど雑学93 博識な人でも間違える常識の大ウソ』著者博学面白倶楽部が、キンドル電子書籍にて配信開始いたしました。■『身のまわりの「意外な勘違い」 なるほど雑学93 博識な人でも間違える常識の大ウソ』著者博学面白倶楽部・キンドル電子書籍 https://amzn.to/3Q7TJCj・アマゾン書籍   https://amzn.to/3Q6UpYt・楽天コボ     https://item.rakuten.co.jp/rakutenkobo-ebooks/77249dcfc27b3929a447573730be2f34/「話のネタ」にも重宝するおもしろ知識が満載!◎“あの有名な絵画”のタイトルは、『モナ・リザ』ではない?◎ドイツ分断の象徴「ベルリンの壁」は、東ドイツの中にスッポリ収まっていた!◎全長120メートル(=六十六間)なのに、「三十三間堂」と呼ばれるワケ◎ショートケーキの意味は、「油脂(ショートニング)ケーキ」?◎クジラとイルカは「まったく同じ」生き物だった!◎「脳卒中」という病気は存在しない!?知られざる歴史の真実から、名画が語る驚きの真相、最新の研究が明らかにする学説の大ウソまで──。「そうだっ...more
カテゴリー:

配偶者が脳卒中や心不全を発症すると、パートナーのうつ病リスク増 - 04月13日(土)06:00 

 配偶者が脳卒中や心不全、心筋梗塞(こうそく)を発症すると、そのパートナーがうつ病を発症するリスクが上がると、京都大などの研究チームが明らかにした。全国健康保険協会(協会けんぽ)の約28万人分の健康診…
カテゴリー:

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの化合物の効用(1) - 04月12日(金)13:44 

オーストラリアの心臓研究所(Heart Research Institute (HRI))の研究者たちは、毎日何百万人もが食べている一般的な野菜が、世界の主要な死因の一つを予防し、治療する可能性があることを発見しました。
カテゴリー:

異常気象に起因する脳卒中、年間の死者50万人超 専門家推計 - 04月11日(木)14:55 

暑さや寒さに関係する脳卒中の死者は2019年だけで50万人以上に上るという研究結果が、10日の学術誌ニューロロジーに発表された。気候変動に伴う地球温暖化が進む中、死者はさらに増えると予想している。 この研究によると、暑さや寒さに起因する脳卒中の症例数は1990年以来、世界中で増えていることが分かった。症例数は男性の方が女性より多いものの、全ての年齢層に影響が及んでいるという。 中南大学湘雅医院...
カテゴリー:

微小プラスチック、頸動脈の隆起に蓄積 脳卒中のリスク高まる - 04月11日(木)10:00 

 人の頸(けい)動脈にできた隆起を切除して調べたところ、6割弱に微小なプラスチックが含まれていたと、イタリアの研究チームが発表した。検出された人は、されなかった人に比べ、脳卒中などになるリスクが4倍以上になっていた。微小プラスチックが体内の他の場所にも広がり、炎症を起こしている可能性があるという。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる