「市場規模」とは?

関連ニュース

ジャーナリスト「テレビで大人気の『激安デカ盛り特集』は飲食業界にとっては迷惑です」 - 09月22日(水)20:32  poverty

テレビで大人気の「激安デカ盛り美談」が飲食店に迷惑な理由 テレビ番組では、激安デカ盛りを飲食店の良心として美談に仕立て上げることが少なくありません。ほぼ全てが赤字となるインパクトのある一品なので、視聴率が高く、反響も多いです。昔からの定番コンテンツであるといってよいでしょう。 デフレの象徴 値段に対して不相応にボリュームが多いのは、デフレとなっている飲食業界を象徴する状況のひとつ。そしてこれは、飲食店における食事の価値が低下していることを意味しています。 飲食店で安く食事できるのは当然で...
»続きを読む
カテゴリー:

「食品用加工澱粉のグローバル市場インサイト・予測(~2027年)の世界市場:種類別(複合加工澱粉、酸化澱粉、カチオン澱粉、酢酸澱粉)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 09月22日(水)17:30 

2021年9月22日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「食品用加工澱粉のグローバル市場インサイト・予測(~2027年)の世界市場」調査資料の販売を2021年9月22日に開始いたしました。食品用加工澱粉の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:食品用加工澱粉のグローバル市場インサイト・予測(~2027年)■英文タイトル:Global Modified Starch for Food Market Insights and Forecast to 2027■発刊日:2021年8月25日■出版社:QYResearch(QYリサーチ)■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査資料は食品用加工澱粉の世界市場の現状について調査・分析し、2027年までの市場を予測しました。食品用加工澱粉の世界市場概要、メーカー別の競争状況と市場シェア、種類別市場規模(複合加工澱粉、酸化澱粉、カチオン澱粉、酢酸澱粉、リン酸塩澱粉、アルファ化澱粉、その他)、用途別市場規模(即席めん、肉製品、冷凍食品、ソース製品、焼き菓子、飲料、その他)、主要地域別市場規模(北米・アメリカ、ヨーロッパ、アジア・日本・中国・インド、中南米、中東...more
カテゴリー:

ヘルスケアにおけるバーチャルリアリティ(市場調査)―コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびコンテンツ);およびアプリケーション別-グローバル需要分析と機会の見通し2030年 - 09月22日(水)16:30 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「世界的なヘルスケア市場バーチャルリアリティ:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 16日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3324世界的なヘルスケア市場バーチャルリアリティは、2022-2030年の予測期間中に高いCAGRで成長すると推定されています。グローバルレベルでのヘルスケアにおけるバーチャルリアリティに関連する広範な研究、バーチャルリアリティヘルスケアの新興企業の開発への投資の増加は、今後数年間でこの市場の進歩を後押しすると予想されます。さらに、バーチャルリアリティ技術は、現実世界の経験をシミュレートすることにより、医療専門家の病気に対する意識を高めるのにも役立ちます。これも市場の成長に大きく貢献すると予測されています。市場の成長は、医療におけるデジタル技術の統合の増加グローバル...more
カテゴリー:

脂肪族溶剤市場-製品別(ワニス、ペイント、その他);用途別(塗料およびコーティング、エアロゾル、ポリマー、その他)-グローバル需要分析と機会の見通し2030年 - 09月22日(水)15:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「脂肪族溶剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 17日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3328世界の脂肪族溶剤市場の成長は、塗料およびコーティング業界でのシンナーとしての脂肪族溶剤の広範な使用に起因する可能性があります。住宅建築の増加による塗料需要の高まり、自動車業界での高い使用率は、市場の成長を後押しすると推定されています。自動車産業向けのコーティングと塗料の総売上高は、2016年のほぼ105億ドルから、2020年には120億ドルを超えました。同様に、世界の都市部での人口増加による建設活動の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。脂肪族溶剤は、目や皮膚に刺激やかゆみを引き起こさないため、従来の石油化学薬品に比べてさまざまな利点があります。さらに、脂肪族溶剤は、スプレー中に圧力を発生させるためにエアロゾルと混合...more
カテゴリー:

「航空機用酸素システムの世界市場2021年ー2027年:システム別(乗客用酸素システム、乗組員用酸素システム)、コンポーネント別、メカニズム別、地域別」市場調査レポートを販売開始 - 09月22日(水)15:00 

2021年9月22日H&Iグローバルリサーチ株式会社***** マーケットレポート.jp「航空機用酸素システムの世界市場2021年ー2027年:システム別(乗客用酸素システム、乗組員用酸素システム)、コンポーネント別、メカニズム別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「航空機用酸素システムの世界市場2021年ー2027年:システム別(乗客用酸素システム、乗組員用酸素システム)、コンポーネント別、メカニズム別、地域別」市場調査レポートの販売を2021年9月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。航空機用酸素システムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****◆日本語タイトル:航空機用酸素システムの世界市場2021年ー2027年:システム別(乗客用酸素システム、乗組員用酸素システム)、コンポーネント別、メカニズム別、地域別◆英語タイトル:Global Aircraft Oxygen System Market Size study, by System (Passenger Oxygen System, Crew O...more
カテゴリー:

「フライングカーの世界市場2021年ー2027年:動作モード別(パイロット、自律)、最終用途別、座席数別、地域別」市場調査レポートを販売開始 - 09月22日(水)18:00 

2021年9月22日H&Iグローバルリサーチ株式会社***** マーケットレポート.jp「フライングカーの世界市場2021年ー2027年:動作モード別(パイロット、自律)、最終用途別、座席数別、地域別」市場調査レポートを販売開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「フライングカーの世界市場2021年ー2027年:動作モード別(パイロット、自律)、最終用途別、座席数別、地域別」市場調査レポートの販売を2021年9月22日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。フライングカーの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****◆日本語タイトル:フライングカーの世界市場2021年ー2027年:動作モード別(パイロット、自律)、最終用途別、座席数別、地域別◆英語タイトル:Global Flying Car Market Size study, by Mode of Operation (Piloted, Autonomous) End Use (commercial & professional commute, personal commute) Seating C...more
カテゴリー:

三尖弁閉鎖不全症治療市場-疾患タイプ別(三尖弁逆流、および三尖弁狭窄症);エンドユーザー別(病院、外来手術センター、心臓カテーテル検査室など)、手術タイプ別-世界の需要分析と機会の見通し2030年 - 09月22日(水)16:30 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「三尖弁閉鎖不全症治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 16日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3327世界の三尖弁閉鎖不全症治療市場の成長は、最小限の侵襲で心臓外科を好む傾向の高まり、高齢者人口の増加、三尖弁逆流と三尖弁狭窄症の治療に対する需要の高まりに起因する可能性があります。2017年には、米国で実施されたロボット手術全体の85%以上が低侵襲であり、そのうち71%が病院で実施されました。また、心臓外科医によって実施される臨床試験における三尖弁閉鎖不全症治療の高い選好もまた、今後数年間で市場の成長を促進すると予想される主要な要因であると予測されます。さらに、先進国の著名なメーカーは、地域での存在を拡大して、製品ポートフォリオを強化するための買収に重点を置いています。これは、近い将来、市場に有利な機会を提供すると予...more
カテゴリー:

蒸気タービンMRO市場-植物燃料別(石炭、天然ガス、および原子力);サービスプロバイダー別(相手先ブランド供給、独立したサービスプロバイダー);容量別-グローバルな需要分析と機会の見通し2030年 - 09月22日(水)16:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「蒸気タービンMRO市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 16日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3326世界の蒸気タービンMRO市場は、重大の収益を上げ、2022-2030年の予測期間中にかけて6%の高いCAGRで成長すると推定されています。市場の成長は、新興経済国における熱エネルギーの可能性の高まりと、世界中の蒸気タービンの老朽化に起因する可能性があります。さらに、蒸気タービンは他の発電システムと比較してより強力です。2018年には、中国の熱電発電所によって合計約1,145ギガワットの電力が生成され、その中で山東省だけで合計約103ギガワットの電力が生成されました。これは、今後数年間で市場の進歩を促進すると予想される他要因です。さらに、環境への懸念の高まりにより、蒸気タービンからのよりクリーンなエネルギーに対する需要...more
カテゴリー:

「バイオマーカーの世界市場:2026年に至るマーカータイプ別、疾患別予測」最新調査リリース - 09月22日(水)15:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「バイオマーカーの世界市場:2026年に至るマーカータイプ別、疾患別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】バイオマーカーの世界市場規模は2021年で431億ドルと推計され、今後2026年には781億ドルに達すると予測されます。レポートはバイオマーカーの世界市場について2026年までの市場予測データ(金額US$)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分は、製品/サービス別市場、タイプ別市場、疾患別市場、用途別市場および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(15社)、COVID-19によるバイオマーカー市場への影響、バリューチェーン分析などの分析情報も加味し、バイオマーカー市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。【英文市場調査レポート】バイオマーカーの世界市場:2026年に至るマーカータイプ別、疾患別予測Biomarkers Market by Product (Consumable, Service), Type (Safety, Efficacy, Validation), Disease (Cancer (Solid & Liquid Biopsy), Neurolog...more
カテゴリー:

「フードサービス用使い捨て手袋のグローバル市場インサイト・予測(~2027年)の世界市場:種類別(使い捨てビニール手袋)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 09月22日(水)14:30 

2021年9月22日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「フードサービス用使い捨て手袋のグローバル市場インサイト・予測(~2027年)の世界市場」調査資料の販売を2021年9月22日に開始いたしました。フードサービス用使い捨て手袋の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:フードサービス用使い捨て手袋のグローバル市場インサイト・予測(~2027年)■英文タイトル:Global Disposable Gloves for Foodservice Market Insights and Forecast to 2027■発刊日:2021年8月25日■出版社:QYResearch(QYリサーチ)■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容本調査資料はフードサービス用使い捨て手袋の世界市場の現状について調査・分析し、2027年までの市場を予測しました。フードサービス用使い捨て手袋の世界市場概要、メーカー別の競争状況と市場シェア、種類別市場規模(使い捨てビニール手袋、食品グレードPE手袋、ニトリル手袋、その他)、用途別市場規模(家庭用、レストラン、食品加工業)、主要地域別市場規模(北米・アメリカ、ヨーロッパ、アジ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる