「医学誌」とは?

関連ニュース

世界の肥満人口10億人突破 子ども4倍、低・中所得国で急増 - 03月01日(金)10:40 

世界で肥満と分類される大人や子どもが10億人を突破したという調査結果が2月29日、医学誌ランセットに発表された。 同日記者会見した論文の筆頭筆者で英インペリアル・カレッジ・ロンドン教授のマジド・エツァティ氏によると、予想よりも早く10億人に到達したのは、低・中所得国で栄養不良の形態が低体重から肥満へと急激に移り変わったことが一因だった。 世界肥満連合のかつての推計では、肥満人口は2030年まで...
カテゴリー:

約1億人を調べた史上最大規模の研究で新型コロナワクチンの健康リスクが明らかに - 02月27日(火)17:00 

約1億人を調べた結果です。 デンマークの国立血清研究所(SSI)をはじめとした国際研究によって、新型コロナウイルスワクチンの健康リスクが示されました。 9900万人を対象とした史上最大規模の研究で、主としてファイザーとモデルナの開発したmRNAワクチンおよびアストラゼネカが開発したウイルスベクターワクチンの3種類でみられた、副反応13種が調べられています。 なお今回の記事はワクチンの有害性を強調するものではありません。 また最終的な結論として、ワクチン接種の利点が健康リスクを上回っていたことも、あえて先に述べてさせて頂きます。 その上で、新たに判明した副反応を報告します。 対象となる副反応は、心臓にかんする「心筋炎(MYO)、心膜炎(PER)」。 脳脊髄や末梢などの神経系にかんする「ギラン・バレー症候群(GBS)、横断性脊髄炎(TRM)、顔面麻痺(BP)、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、熱性けいれん(FSZ)」「全般麻痺(GSZ)」。 血液や血栓症にかんする「血小板減少症(THR)、特発性血小板減少症(ITP)、肺塞栓症(PEM)脳静脈血栓症(CVST)、内臓静脈血栓症(SVT)」となります。 記事では各副反応にについて、3種類のワクチンごとのリスクを報告いたします。 研究内容の詳細は2024年2月12日に『Vaccine』にて公開されました。 目次 mRNAワクチンは特に心...more
カテゴリー:

【鬱】医療用大麻にうつ改善効果 従来薬で効果が無い患者が18週間の使用で重症度がほぼ半減 妄想や幻覚などの重篤な副作用無し ★2 - 02月21日(水)07:27  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/ccf1eef04582197d30fabcc2de73a47a514318d9  医療用大麻による治療で、うつ病の症状が有意に改善したとする研究結果が発表された。論文著者らはさらなる研究の必要性を指摘しているが、 慢性うつ病の持続可能な治療法として医療用大麻が利用できる可能性がある。 この研究は、ドイツのエッセン大学付属LVRエッセン病院の研究チームが欧州有数の大麻遠隔医療プラットフォーム「Algea Care」と共同で行ったもので、 精神神経学の査読付き専門誌Pharmacopsychiatryに今年1月に論文が掲載された。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【鬱】医療用大麻にうつ改善効果 従来薬で効果が無い患者が18週間の使用で重症度がほぼ半減 妄想や幻覚などの重篤な副作用無し - 02月19日(月)08:32  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/ccf1eef04582197d30fabcc2de73a47a514318d9  医療用大麻による治療で、うつ病の症状が有意に改善したとする研究結果が発表された。論文著者らはさらなる研究の必要性を指摘しているが、 慢性うつ病の持続可能な治療法として医療用大麻が利用できる可能性がある。 この研究は、ドイツのエッセン大学付属LVRエッセン病院の研究チームが欧州有数の大麻遠隔医療プラットフォーム「Algea Care」と共同で行ったもので、 精神神経学の査読付き専門誌Pharmacopsychiatryに今年1月に論文が掲載された。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

妊娠中にコロナワクチンを接種した女性の胎盤や胎児にmRNAが広がる可能性=論文 - 02月28日(水)20:25 

最近医学誌に掲載された論文の新たな報告によると、新型コロナワクチンのmRNAは接種後に注射部位に留まらず、妊娠中に接種を受けた女性の胎盤や胎児の臍帯血へと「全身的に広がる」可能性があるという。
カテゴリー:

画期的な自閉症チェックアプリを開発、診断が遅れがちな問題解決への助けとなるか - 02月23日(金)14:42  newsplus

新しいデジタルスクリーニングツールの活用により、子どもの自閉スペクトラム症(自閉症、ASD)を速やかに診断できるようになるかもしれない。機械学習を使って子どもの行動のさまざまな側面を分析し、自閉症である可能性が高いかどうかを判定するアプリ「SenseToKnow(センストゥーノウ)」を開発したという論文が、2023年10月に医学誌「Nature Medicine」に発表された。475人の子どもで検証したところ、最終的に自閉症と診断される子どもを高い精度で予測できるという。 米国疾病対策センター(CDC)の最近の推計によれば、米国の子...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】医学誌「コロナワクチン接種で神経・血液・心臓の疾患が増加」🤕💉 - 02月19日(月)19:29  news4vip

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-02-19/S9330LT0AFB500 ...
»続きを読む
カテゴリー:

こんなの見てる