「スタート」とは?

関連ニュース

D2C 競争激化で、ブランディング代理店が進化を強いられる - 02月25日(火)08:50 

スタートアップにとってのエージェンシーの役割は拡大を続けている。D2C業界の競争が激化するなか、D2Cスタートアップが競争力を求めて実店舗での販売やテレビへの進出を早めるケースが増えているからだ。進化するD2Cブランドに合わせ、ブランドにサービスを提供するエージェンシーもまた変わることを求められている。 The post D2C 競争激化で、ブランディング代理店が進化を強いられる appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

中国ハイテク企業はこうしてコロナと戦っている - 02月25日(火)08:45 

新型コロナウイルス感染症の影響についてはTechCrunchでもたびたび取り上げてきたが、今回、中国のハイテク企業がこの大流行にどのように対処してているかを取材した。また、これが中国以外の世界にとっての意味についても紹介する。 新型コロナウイルス感染症の大流行は中国の社会、経済全般に大打撃をもたらしているが、わずかな救いはテクノロジーが人々の相互の接触を最小限とする手助けとなっている点だ。巨大な人口が自宅で過ごすためにテクノロジー企業がどのような役割を果たしているかにも触れたい。 2002年に中国で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)は800人近い死者を出したが、これが中国におけるeコマースを立ち上げるきっかけとなった。人々は感染を避けようとして外出を控えることととなり、オンライン通販に頼るようになった。ジャック・マ氏の伝記によれば、Alibabaのオンライン・マーケットプレイス、Taobaoが急成長したのも、ちょうどこのSARS流行期だった。 それから20年近く経ってさらに深刻な新型コロナウイルス感染症が中国の多数の都市をマヒさせている。この中でテクノロジー企業は自らの活動を維持すると同時に生活のライフラインとなり、また新型コロナウイルスを封じ込めるための国や民間の努力を助けようとしている。 データ分析企業のQuestMobileのレポートによれば、中国の市民がモバイルデバイ...more
カテゴリー:

佐野勇斗、卓球プロ選手に完敗「こういう方がプロになるんだな…」 - 02月25日(火)07:53 

俳優の佐野勇斗、古川毅、森崎ウィンが24日、都内で行われた日本テレビのドラマ『FAKE MOTION ―卓球の王将―』(4月8日スタート、毎週水曜24:59~ ※関東ローカル)の記者会見に登場した。
カテゴリー:

【速報】人工知能「KIBIT」、婚活サービスに活用 - 02月25日(火)06:45  livejupiter

AIで成婚データの特徴を解析 人工知能KIBITの導入で、マッチング情報の充実を図る 成婚にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは、株式会社FRONTEOが独自に 開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を2018年6月より、婚活支援サービスのマッチングに導入することを 発表しました。 ■AIの導入でマッチングの充実を図る パートナーエージェントは、幅広いお客様にご利用いただけるよう従来のサービスを改訂し、4月にチーム婚活と スマート婚活プログラムとをスタートいたしました。チー...
»続きを読む
カテゴリー:

インスタ活用、経営者の必須スキルに…“足跡”を残さない&消す方法、ゼロから完全ガイド - 02月25日(火)06:20 

今年、5Gが本格スタートしますが、それによってYouTubeと並んでビジネスにおいて最重要プラットフォームになると予想されるのがInstagram(インスタ)です。そこで今回は、まったくの初心者である経営者の方々などにもわかりやすく、ご説明したいと思います。
カテゴリー:

建設職人マッチングの助太刀がECサイトを開設、5月から電動工具の修理サービスを開始 - 02月25日(火)08:45 

建設に関わる職人と工事会社(建設現場)のマッチングサービス「助太刀」を運営する助太刀は2月25日、新たにECサイト「助太刀ストア」をオープンしたことを明らかにした。第1弾として5月から、助太刀に登録済みの12万人超のユーザーはもちろん、新規登録することで助太刀ストアにて建設用工具の修理サービスを受けられるようになる。同社は、 ‎2017年3月設立のスタートアップで、TechCrunch Tokyo 2017のスタートアップバトルのファイナリスト。 具体的には、「助太刀」アプリ内でカメラを使って対象の工具を撮影し、チャット機能を使って修理依頼できるのが特徴だ。従来とは異なり、電話での修理依頼やホームセンターの修理受付などに出向く必要はなく、建設現場や指定の場所まで対象の工具を引き取りに来てくれる。引き取られた工具は、各メーカーの修理センターに配送される仕組みだ。なお、運送ドライバーに工具を渡す前に梱包は済ませておく必要がある。 従来の建設工具修理のフロー 修理センターに工具が到着すると修理見積もりが発行されるので、料金を確認後、クレジットカードや銀行振り込みなどで代金を支払うと、実際に修理されるという流れだ。修理が完了すると助太刀アプリに通知が来るので、あとは返送先の住所をアプリに入力するだけだ。 「助太刀」アプリを利用した建設工具修理のフロー 工具が故障したら購入した販売店に出向い...more
カテゴリー:

スポーツジムにデイサービス機能/弘前 - 02月25日(火)08:36 

青森県弘前市のスポーツジムに要支援者向けのデイサービス機能を持たせ、介護予防を進める新たな取り組みが本年度、同市でスタートした。ジムは、商業・娯楽施設内にあるため、運動のほか、入浴や買い物も楽しめるのが特徴。高齢者の生きがいづくりと健康寿命の延伸にもつながる-と期待される。ジムを運営する八戸市の事業所の代表は「将来的に看護師や理学療法士などを配置し、『街の保健室』を目指したい」と語っている。2月上旬の午後、弘前市の福士冴子さん(88)は、ジムのスタッフが運転する車で、さくら野百貨店弘前店の建物…
カテゴリー:

Petnetのスマート自動給餌器が1週間停止、同社の顧客対応にも大きな不満の声 - 02月25日(火)07:00 

Petcoなどの投資家が支援するスマート自動給餌器のPetnetで最近、第2世代製モデルのSmartFeedersにおける1週間のシステム障害があった。このスタートアップのカスタマーサービスは、SmartFeedersとアプリの機能が回復したと先週末にツイートしたが、Petnetの不十分な対応は多くの顧客を失望、あるいは混乱させ続けている。 Petnetは米国時間2月14日、同社の第2世代モデルのSmartFeedersに影響するシステム障害を調査中であると、初めて発表した。同社のツイートによると、SmartFeedersは予定通りに餌やりができているとしているが、何人かの顧客は給餌できていない、あるいはスケジュールどおりに給餌しなかったと回答した。 2月19日、Petnetは「サービス停止に関して、サードパーティのサービスプロバイダと緊密に連携して対応している」と述べ、2月22日にSmartFeedersがオンラインに復帰すると発表した。 この間、顧客はTwitterやFacebookでの質問に対する同社の回答不足に、不満を述べた。同社のサポートメールと、CEOを務めるCarlos Herrera氏(カルロス・エレーラ)氏へのメッセージを送ることができなかった。 TechCrunchもメールで連絡を取ろうとしたが、送信失敗の通知が届いた。彼らのツイッターアカウントに送ったメ...more
カテゴリー:

ジーンズメイト 今春以降、約40店舗をリニューアル - 02月25日(火)06:26 

 ジーンズメイト(東京、冨澤茂社長)は、駅近・路面立地の「ジーンズメイト」業態を中心に約40店の売り場を改装し、今春以降、順次リニューアルする。19年秋にスタートしたメンズ新レーベル「アウトドアプロダクツ・ブラック...
カテゴリー:

東北の学生が開発したアプリなど紹介 仙台・26日まで起業支援イベント - 02月25日(火)06:05 

仙台市などが主催する起業支援イベント「センダイ・フォー・スタートアップス!2020」が24日、青葉区の仙台国際センターで始まった。26日まで。 初日は東北の学生や専門学校生によるアプリコンテスト「ダテ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「スタート」の画像

もっと見る

「スタート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる