「スイス」とは?

関連ニュース

エネルギー効率30-37%のソーラーパネルがもうすぐ市販される - 02月20日(水)18:23 

クリーンエネルギーの研究者たちは、太陽光から得られるエネルギーの理論的な上限を上げることに励んでいるが、実際に太陽電池を利用するわれわれ一般庶民は、その理論値の半分にも満たない技術で長年我慢している。ここでご紹介するInsolightの製品は、ついにそれを変えるかもしれない。 Insolightは、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)における長年の研究からスピンオフした企業で、屋根に敷く実用製品が誕生するのももうすぐ、と言われている。 通常太陽電池はその全表面で太陽光を集め、それをおよそ15-19%の効率で電気に変換する。つまりその過程で、エネルギーの約85%は失われる。もっと効率の良い太陽電池はあるが、どれも高価で目的が特殊で、特殊な素材が必要なこともある。 お金のかからない場所といえば、それは宇宙だ。人工衛星に載っている太陽電池はずっと効率が良いが、当然ながら安くない。でも、ごく少量を使い、その上に太陽光を凝集するなら高くはない。そのことに、Insolightは目をつけた。 小さいがきわめて効率の高いセルを格子状に並べ、その上に蜂の巣状のレンズの配列を並べる。レンズが光を細いビームに曲げて、小さなセル上に凝集する。太陽が動くとセルの層も動いてビームの真下へ移動する。テスト段階では、この方法で37%の効率を達成し、消費者製品になった時点でも30%は可能だ。これは、従来のパ...more
カテゴリー:

視線を捉えて離さない。グラデーションブルーの「GP1966 40MM」登場|GIRARD-PERREGAUX - 02月20日(水)10:41 

スイスの高級腕時計マニュファクチュール、ジラール・ペルゴの歴史のなかでも最もダイナミックで輝かしい時代に誕生した「GP1966」コレクションに、メゾンの2019年のテーマである“アース・トウ・スカイ(Earth to Sky)”をモチーフとして、移り変わる空の青をグラデーションで表現した「GP1966 40MM」が加わった。続きを読む
カテゴリー:

ジャップの終末期医療ってモルヒネの量規制されてるからガンの最後はモルヒネすら効かずジワジワ痛みながら死ぬってマジ? - 02月19日(火)20:17  poverty

ジャップはモルヒネを使い過ぎると脳幹やられて呼吸機能停止して死ぬから モルヒネの量を抑えてる。だから完全に痛みが取れず、意識も微妙にあるなか ジワジワ痛みながら死ぬって聞いたぞ これがマジなら70万円払ってスイスに安楽死ツアー行くわマジこれ タレント、堀ちえみ(52)が19日、舌がんであることを公式ブログで公表した。 http://news.livedoor.com/article/detail/16041775/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

STOはICOの夢を見るか?スタートアップの新たな資金調達手段はSTOへ - 02月19日(火)17:34 

「仮想通貨の世界で今注目を集める新たな資金調達手段がある」、そう報じるのは世界有数の経済メディアであるブルームバーグだ。ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の凋落に伴って新たに注目を集めるのがSTO(Security Token Offering:セキュリティ・トークン・オファリング)だ。STOは、資金調達をしたいプロジェクトがセキュリティトークンと呼ばれる独自の通貨を発行し、適格投資家に販売することで資金を集めることを指す。 「セキュリティトークン」とは、株式や債券、デリバティブ、不動産、特許、著作権、サービス利用権など、価値の裏付けがあるさまざまな資産を、ブロックチェーンを用いてデジタル化したものだ。セキュリティトークンの定義はFINMA(スイス金融市場監査局)が発表したICOのガイドラインで定められたもので、その他にもビットコインのような「決済用トークン」、プラットフォームの使用権として利用される「ユーティリティトークン」が存在している。 仮想通貨の世界で一般的であったICOは、株式を活用した従来の資金調達手段であるIPO(Initial Public Offering)よりも資金調達のハードルが低いというメリットがある。これは、IPOは会社の所有権の引き渡しに当たるため、経営への関与や利益の分配が必要となる一方、ICOはあく...more
カテゴリー:

上智大学とジュネーブ国際・開発研究大学院が学士・修士を 5年で取得するプログラムを開始 - 02月19日(火)12:45 

2019年2月19日 上智大学 上智大学とジュネーブ国際・開発研究大学院が学士・修士を5年で取得するプログラムを開始 上智大学と、スイスにあるジュネーブ国際・開発研究大学院(The Graduate Institute of International and Development Studies、以下Graduate Institute)は、学士・修士5年プログラム(以下3+2プログラム)に関する協定を、2018年11月29日に締結しました。本プログラムでは、所定の修了要件を満たした本学学生は、上智大学の学士号およびGraduate Instituteの修士号を5年で取得することが可能となります。 ジュネーブの中心地にあり、数多くの国際機関職員や外交官を輩出してきた大学院として世界的に知られるGraduate Instituteは、国際関係学、国際法、歴史学、経済学、人文学や開発学などの幅広い専攻分野を提供。また、国際機関やグローバル企業が数多く集まる立地であり、それらのインターンシップに参加できる機会も多いことから、世界中から国際協力や国際関係分野に興味のある学生たちが集います。 本学では、米国名門大のコロンビア大学・ジョージタウン大学・フォーダム大学との海外大学院特別進学制度や、国際公務員を目指す学生や社会人を対象とした講座の開講、国際協力の分野で活躍を目指...more
カテゴリー:

FIFAがポルトに罰金、移籍絡みで規定違反 - 02月20日(水)12:22 

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、ポルト(ポルトガル)に5万スイスフラン(約555万円)の罰金を科したと発表した。移籍に絡んで第三者を介在させる規定違反があり、移籍に関する正しい情報提供も怠ったため。
カテゴリー:

レッドブル代表、ホンダPUは完璧「スイス製の時計のよう」 F1 - 02月19日(火)21:51 

F1合同テスト第2日(19日、スペイン・カタロニアサーキット)前半の走行でレッドブル・ホンダのピエール・ガスリー(23)=フランス=は69周を走り、9台中5番手…
カテゴリー:

「家はデザインする時代に」北欧のアアルトとル・コルビュジエの2展 | ananweb - マガジンハウス - 02月19日(火)19:00 

大きな窓から注ぐ明るい日差し。部屋と部屋がゆるやかにつながるオープンな間取り。そしてシンプルだけれど機能的なインテリア。現在、私たちがイメージする心地よい家といえば、この2人の建築家に負うところが大きいかもしれない。アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家。生涯で500以上のプロジェクトに携わり、北欧デザインのシンボルともいえる数多くのプロダクトを生み出した。その建築やデザインは、自然光や景色を取り込むためのさまざまなアイデアや、繰り返し現れる曲線のモチーフなど、常に森や湖の国、フィンランドの自然の気配をまとっているようだ。一方、「家は住むための機械である」と言ったのはル・コルビュジエ(1887-1965)。それまでヨーロッパで一般的だった、重厚で装飾的な様式に代わって、伝統や制約に縛られない自由な建築空間を目指した。例えば、建物の外観や部屋の間取りを好きなように決めることも、コルビュジエ以降のこと。住宅の機能性が求められるようになり、加えてこれまでにないモダンな美しさも表現されるようになった。設計からインテリア、プロダクトデザインまで、独自の境地を切り開いた2人はまた、20世紀を生きた同時代人でもある。今月、それぞれのルーツをたどる展覧会が開催されるのは、建築ファンならずとも気になるところ。2展をツアーしてみるのもおすすめだ。「アルヴァ・アアルト も...more
カテゴリー:

アウディ、新たな全電動「Q4 e-tron」を発表! 2020年後半にも生産開始へ - 02月19日(火)17:00 

アウディは、同社にとって2台目となる全電動の自動車「Q4 e-tron」のスケッチを公開するとともに、2020年後半か2021年初めに生産を開始することを明らかにした。 スペックなどは来月スイスで開かれるジュネーブ・モーターショー2019で発表される見込みだ。 ・長めの躯体 アウディが“小さなe-tron SUV”を公開するとの噂はあったが、それが現実のものとなった格好だ。 同社はこれまでブランド初の市販EV「e-tron」を発表していて、Q4 e-tronはこれに続くもの。名称にQ4とあることから、街乗りサイズのQ3とプレミアムSUVであるQ5の中間に位置するものとなりそうだ。 スケッチを見ると、Q3よりも躯体はやや長めとなっている。内装もアウディらしくエレガントさが漂う。 ・業界がSUVに注力 アウディがあえて中間のQ4を打ち出してきたのは、まさに小さめのSUVがホットなマーケットであることを表している。 アウディに限らず、他のメーカーもSUVを重視していて、たとえばTeslaはModel 3をベースに開発した小型SUVのModel Yを間もなく発表するとみられている。 そのほか、メルセデスベンツも今年小型SUVを発表するとされている。EV開発の競争は激化しているが、中でもSUV分野は熾烈な展開となりそうだ。 Audi
カテゴリー:

最高時速306キロの量産SUVをベントレーが公開へ - 02月19日(火)11:00 

英国の高級車メーカーベントレーは、展開しているSUV「Bentayga(ベンテイガ)」のプレミアバージョン「Bentayga Speed」を発表した。名称にある通り、スピード性能をアップしていて、最高時速は306キロ。同社によると量産SUVとしては世界最速となるという。 来月スイスで開催されるジュネーブ・モーターショーで公開し、今年後半に発売する予定だ。 ・3.9秒で時速100キロに 最高速度時速306キロを可能にしているのが、強力なパワートレインだ。6リットルW12気筒のツインターボエンジンを搭載し、最高出力は635PS、900Nmとなっている。 100キロに到達するまでにわずか3.9秒しかかからず、スタンダードモデルより0.2秒短縮された。 従来モデル同様に全輪駆動で、8種のドライブモードを用意。スポーツモードではダイナミックな走りを体感できるという。 ・シートにマッサージ機能 性能もさることながら、キャビンにもこだわりを見せている。シートにはBentaygaでは初となる高級素材アルカンターラを使用。ドアハンドルやシートクッションなど細部まで優雅なデザインに仕上がっている。 また、客が自分好みの車にできるよう、オプションも豊富だ。目を引くのがフロントシートに搭載できる機能。22通りに調整ができ、マッサージ機能などはロングドライブ時などに良さそうだ。そのほか、後部座席用のエンター...more
カテゴリー:

もっと見る

「スイス」の画像

もっと見る

「スイス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる