「参加国」とは?

関連ニュース

米国酪農輸出評議会「TPP11と日欧EPAのせいで乳製品の対日輸出半減しそう」「日米交渉を加速させろ」 - 02月18日(月)08:54  newsplus

2019年2月18日 7時0分 日本農業新聞  米国抜きの環太平洋連携協定(TPP11)と日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)によって、2027年までに米国乳製品の対日輸出が半減し、最終的に累計54億ドル(約5900億円)の損失が出るとする報告書を米国の酪農団体が公表した。日米貿易協定交渉で他の協定と「同程度」の成果が必要としており、日本市場の開放を目指し焦りを募らせる米国側の姿勢が改めて浮き彫りとなった。  米国酪農輸出評議会(USDEC)が日欧EPAの発効に合わせ、チーズ、ホエー(乳清)...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】TPP脱退で米国の農畜産業界が悲鳴をあげている - 02月11日(月)21:28  newsplus

■日本を取り巻くメガFTAの発効が相次ぎ、農畜産品の輸出不利が濃厚に  日本をとりまくメガ自由貿易協定(FTA)が次々と発効し、環太平洋連携協定(TPP)から脱退した米国農畜産品の輸出不利が濃厚となってきた。米国乳製品輸出協会は、米国を除く11カ国によるTPP(TPP11)や日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)などの発効によって、米国の乳製品の対日輸出は、今後10年間で13億ドル(約1400億円)のマイナス影響を受けるとした試算をまとめた。牛肉でも競合相手である豪州に加え、TPP1...
»続きを読む
カテゴリー:

「豚年」か「猪年」か―― 十二支統一、日本が難色 バンコク国際会議 - 02月13日(水)20:47  poverty

十二支の最後は「豚」か「猪」か――。十二支の標準化について話し合う「国際干支会議」が紛糾している。 参加国で唯一、猪を使ってきた日本が譲歩せず、主張が平行線をたどっているためだ。 18日からバンコクで行われている国際干支会議では、十二支に採用する動物の統一に関する協議が続いている。 国ごとに異なる動物を採用する状態が続くと、コンピューターの取引システムに不具合が発生する可能性があるため、標準化が必要との認識で一致していた。 今年の議長国・タイでは「羊」の代わりに「山羊」を使っているほか、「虎」...
»続きを読む
カテゴリー:

【TPP効果】TPPで牛肉輸入55%増…業界注目はカナダ産 - 02月08日(金)13:08  newsplus

 環太平洋経済連携協定(TPP)参加国からの牛肉の輸入が急増している。財務省が7日公表した1月の牛肉の輸入量は3万2885トンとなり、前年同月より55%増えた。2018年12月30日のTPP発効から1か月で早くも関税引き下げの効果が表れた形だ。  TPPの発効により、牛肉の関税は38・5%から27・5%に引き下げられた。すでに国内手続きを終えた参加国のうち、前年に牛肉の輸入実績があるのはカナダ、メキシコ、豪州、ニュージーランドの4か国で18年1月の輸入量は計2万1152トンだった。  輸入牛...
»続きを読む
カテゴリー:

「参加国」の画像

もっと見る

「参加国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる