「中国政府」とは?

関連ニュース

中国「俺たちが軍備を拡張するのはアメリカが無責任な行動をするからだ」 - 09月18日(水)17:29  news

中国政府がことし4年ぶりに国防白書を発表したことを受けて、今月、軍の担当者が初めて白書の内容を説明するため 日本を訪れていたことが分かりました。こうした動きの背景には、地域の不安定化の原因はアメリカにあると 批判するとともに、軍備増強を続ける中国の立場に理解を取り付けたいという思惑があるものとみられます。 中国政府はことし7月、4年ぶりとなる国防白書を発表し、アメリカの軍事戦略が世界の安定を損ねていると名指しで 批判したうえで、ミサイルなど軍備の近代化を一層進める方針を示しました。 これを...
»続きを読む
カテゴリー:

香港の民主活動家、黄之鋒氏らが米議会で証言 「1国1制度に近づいている」 - 09月18日(水)10:08 

 米議会は17日、反政府デモの続く香港情勢に関する公聴会を開き、香港の民主活動家、黄之鋒氏らが証言した。黄氏は香港の高度な自治を認める1国2制度について「1国1制度に近づいている」と述べて、中国政府の支配が強まっている状況を指摘。米議会に対し、同制度を毎年検証する「香港人権・民主主義法案」などの早期
カテゴリー:

【中国共産党】「中国臓器狩り」戦慄の手口 亡命ウイグル人の元医師が激白 酒、豚肉を食べない人の臓器が中東で3倍価格取引 - 09月17日(火)18:08  newsplus

「中国臓器狩り」戦慄の手口 亡命ウイグル人の元医師が激白 2019.09.15 16:00  NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20190915_1452423.html 長文です。リンク先を読んでください。 新疆ウイグル自治区で何が起きているのか 取材に応えるウイグル出身の元医師エンヴァー・トフティ氏(筆者撮影) 「いまも新疆ウイグル自治区に住む母ときょうだいに連絡を取ろうとしても、電話が通じるのは母だけです。しかも最近は以前より明らかに口数が減り、私が何を聞いても母は『大丈夫よ』と繰り返すのみ。正...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国を襲う完全なる孤立。GSOMIA破棄とボルトン補佐官解任の余波 - 09月17日(火)05:00 

9月11日、トランプ大統領が自身の政権を支えてきたボルトン国家安全保障担当大統領補佐官を解任し、世界を驚かせました。これによって、イラン情勢、北朝鮮情勢の変化への期待と不安が囁かれていますが、元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんは、一歩進んだ見方をメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で示しています。それは、韓国及び朝鮮半島の国際的孤立が進むとの見方です。さて、どういうことなのでしょうか? 韓国を襲う完全なる孤立:ボルトン氏解任の余波? 9月11日、驚くべきニュースが飛び込んできました。アメリカ・トランプ政権のタカ派路線を支えてきたともいえるボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が突然解任されました。 それもまた、トランプ大統領お馴染みのTwitterでの更迭だったようです。これまでにも更迭・解任は多数ありましたが、ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官の“このタイミング”での解任は、荒れ狂う国際情勢に対して大きな影響・変化を与えそうです。 その最大の矛先は、イラン問題や北朝鮮問題ではなく、実は韓国をめぐる国際情勢ではないかと考えています。それはなぜか。カギはボルトン補佐官解任で対話の機運が高まると予想される北朝鮮情勢の行方と日韓のGSOMIAの破棄の行方です。 対イランの強硬姿勢と並び、ボルトン補佐官は北朝鮮に対しても強硬姿勢を崩すべきでは...more
カテゴリー:

「ファーウェイと同じく危険」、米当局者が中国IT3強に言及 - 09月16日(月)16:57 

米国務省の担当者はこのほど、中国IT業界3強のBAT(百度、アリババ、テンセント)と、通信機器大手の中興通訊(ZTE)と華為技術(ファーウェイ)などを名指し、中国政府の道具と見なされるべきだと批判した。米政府はファーウェイと同様に、BATを危険視していると、米メディア「クォーツ」が13日伝えた。
カテゴリー:

アリババ創業者ジャック・マー「世界は中国を恐れている」 - 09月18日(水)12:31  news

 マー氏は引退に際し、アリババの社員たちに対して、ビジョンと社会に対する責任感を持ち続け、社会に貢献する企業であり続けるよう語りかけた。そのスピーチは高い志と説得力に満ちた内容だった。 アリババの成長を支えた政府との絶妙な距離  だが、1カ所だけ引っかかりを覚える部分があった。「今日、私たち中国人は非常に自信を持っているが、自分たちの自己認識と、私たちに対する世界の認識は大きく異なっている。 世界は中国を恐れている。技術を恐れている。強い会社を恐れている」という一節だ。  その後には「技術...
»続きを読む
カテゴリー:

香港の民主化運動…民主の女神・周庭が独白!『未来世紀ジパング』 - 09月17日(火)19:37 

2011年の番組スタート以来、世界のニュースの現場、知られざる親日国、これから注目すべき国などを紹介してきた『未来世紀ジパング』(テレビ東京系、毎週水曜22:00~)が、9月18日に最終回を迎える。この日は「総力取材!世界の沸騰現場から…日本の未来が見える」と題して、1.5時間のスペシャルだ。番組では成長著しい東南アジアをはじめ、これからの日本が注目すべき「フロンティア」はどこなのか? そこで繰り広げられる日中の支援バトルに密着。さらに、私たちの日常と密接にかかわるエネルギー問題では、東日本大震災を経験したからこそ知っておきたい「チェルノブイリのその後の姿」についても迫る。そして、ジパング取材班が追い続けてきた香港の民主化運動。3か月以上に渡り、デモと混乱が続く“アジアの真珠”香港で、番組が追い続けてきた民主化運動のリーダー周庭(アグネス・チョウ)が逮捕された。中国政府に楯突く香港デモの知られざる真実と、その先に待ち受ける衝撃の結末とは? 逃亡犯条例が撤廃されても続く混乱について、周庭(アグネス・チョウ)の独白も紹介する。 関連リンク 楽天・三木谷社長の元秘書が家業の魚屋を切り盛り!マグロ解体ショーにも挑戦 カレーをめぐる競争激化!月額制で毎日一皿無料店も!?『ガイアの...more
カテゴリー:

【中国共産党】個人情報は筒抜けでも国民に不満はナシ。監視ユートピア・中国から日本は何を考えるべきか? - 09月17日(火)16:28  newsplus

個人情報は筒抜けでも国民に不満はナシ。監視ユートピア・中国から日本は何を考えるべきか? 週プレNEWS 2019年09月17日 インタビュー・文/川喜田 研 撮影/村上宗一郎 https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2019/09/17/109748/ たくさんカットしたので詳しくは記事リンク先へ 「政府の価値観と対立する『聞き分けの悪い子』に対しては、監視国家・中国のネガティブな側面が顔を出す」と語る高口康太氏 (略) ――まず、本書のタイトルに戸惑いました。「幸福な監視国家」とは、どういう意味なのでしょう。 高口 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国】独自の衛星測位システム「北斗」構築、米国を意識? - 09月17日(火)03:33  newsplus

https://www.afpbb.com/articles/-/3244130 中国独自の衛星測位システム「北斗」構築、米国を意識? 2019年9月16日 19:28  発信地:東京 [ 中国 中国・台湾 ] 【9月16日 東方新報】位置情報を知らせる信号を送信する測位衛星といえば、米国の全地球測位システム(GPS)を思い浮かべる人が多いだろうが、今や中国独自の衛星測位システム「北斗(Beidou)」が衛星の稼働基数で世界一となっている。米国に依存しない宇宙のインフラ網の構築は、位置データビジネスで主導権を握り、軍事面でも米国と対抗できることを意味する。宇宙で...
»続きを読む
カテゴリー:

タオバオ(淘宝)とは?「実況販売」が大ヒットし、90兆円が動く巨大プラットフォーム - 09月16日(月)12:27 

ハフポスト日本版では、中国のアプリ事情に詳しい専門家の解説を元に、スマホアプリを通じて中国経済を読み解いていきます。第1回目に取り上げるのは、ジャック・マー(馬雲)が1999年に創業したアリババ社が提供する「タオバオ(淘宝)」と「天猫(T-mall)」です。まずは、1分動画をご覧ください。■タオバオと天猫タオバオは、アリババグループが提供するEC(電子商取引)、つまりネット通販のプラットフォーム。主に個人間取引(CtoC)を扱っていて、個人がものを販売したり、農家の生産者が農作物を売ったりしている。公表している決算資料によると、後述する天猫などと合わせて、2018年度のプラットフォーム上での売り上げ総額は8530億米ドル(約91兆5000億円)。前年比で19%増加するなど、競合の出現にも関わらず成長を続けている。一方で、天猫(T-mall)は事業者がサイト内に店舗(旗艦店)を構え、個人向けに販売するプラットフォーム。日本の楽天市場に比較的近いとされる。出店には厳格な審査を通る必要がある。実態は別の業者が正規ブランドを名乗らないようにするためだ。■独自の決済システムこの2つのプラットフォームが中国で大流行した背景には、決済システムの工夫がある。店頭でモノを確認できるオフラインショッピングとは違い、お金を支払っても品物が来なかったり、全くの別物だったりするリスクは避けて通れない。偽物で...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中国政府」の画像

もっと見る

「中国政府」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる