「発起人」とは?

関連ニュース

石破茂・元防衛相のガチトーク「もし私がUFOと戦わば」増加する未確認飛行物体の領空侵犯を憂う(FRIDAY) - 07月13日(土)08:00 

5月28日の発起人会に続き、6月6日に国会内で、「安全保障から考える未確認異常現象解明議員連盟」議員連盟の設立総会が開催されたのは、フライデーデジタルでも既報の通り。 近年、米国防総省内で未確認飛行
カテゴリー:

佐賀ん街音楽で元気に チャリティーライブ「HOME」復活 - 07月11日(木)19:30 

地元アーティストらが出演するチャリティーライブ「HOME」が8月3日正午から、佐賀市の656広場で開かれる。「佐賀ん街ば元気に」と2008年に始まった夏恒例のライブイベント。新型コロナ禍の休止期間を経て5年ぶりに開催し、街に元気を届ける。観覧無料。 出演者らによるオープニングセッションに始まり、発起人で同市出身の千綿偉功(ひでのり)さん、小城市出身の田中拡邦さん(MAMALAID RAG)など、佐賀ゆかりの10組が出演する。
カテゴリー:

世界の人々が「移住したい国」ランキング。日本は10位。スペインやオーストラリアを抑えた1位は? - 07月10日(水)19:00 

【あわせて読みたい】中古マンションの平均価格を発表。首都圏は?周辺は?下落したエリアも【一覧】最近では、仕事や家族、新しい挑戦をきっかけに海外に移住する人が増えています。新しい環境での生活は大変なことも多いですが、移住先の国としてどこが人気なのでしょうか。英最大の国際引っ越し業者「ファースト・ムーブ・インターナショナル(FIRST MOVE INTERNATIONAL)」が「世界の人々が最も移住したい国」についてGoogle検索データを使って分析。ランキングとして結果を発表しました。ランキングを見ていきましょう。世界の人が「移住したい国」ランキング10位 日本9位 オランダ8位 ニュージーランド7位 フランス6位 ポルトガル5位 イギリス4位 ドイツ3位 スペイン3位にランクインしたのはスペインでした。スウェーデン、オランダ、ドイツのヨーロッパの国々に多く検索されていました。スペインは年間を通じて天候が良いことが人気な理由と考えられています。2位 オーストラリア2位はオーストラリアでした。イギリス、ニュージーランド、アイルランドで多く検索されていることがわかりました。1位 カナダ移住先として最も人気の高い国はカナダでした。インド、ナイジェリア、南アフリカでは、カナダへの移住の検索が最も多いことがわかりました。Related...都市郊外で自給的に暮らす。浜松市「食べられる森」発起人...more
カテゴリー:

「国際経済オリンピック(IEO)日本代表派遣事業」の後援に「金融経済教育推進機構(J-FLEC)」が加わる - 07月05日(金)18:00 

認定NPO法人金融知力普及協会が行う「国際経済オリンピック(IEO)日本代表派遣事業」に、新たに、金融広報中央委員会(事務局:日本銀行)、全国銀行協会、日本証券業協会が発起人となって2024年4月に設立された「金融経済教育推進機構(J-FLEC)」が加わりました。
カテゴリー:

「グリーン人材開発協議会」を7月2日に設立。 カーボンニュートラル実現/再エネ対応/気候変動に向けて - 07月03日(水)12:30 

2024年7月3日(水) デジタルグリッド株式会社 デジタルグリッド株式会社(東京都港区)は、株式会社MakeD、トイトイ合同会社、グリーンタレントハブ株式会社、OLIENT TECH株式会社、株式会社アイデミーの6社で、「グリーン人材開発協議会」を2024年7月2日に設立しました。 「グリーン人材開発協議会」は、カーボンニュートラル実現に向けて必要となる「グリーン人材」の育成などに関する課題解決を目指す団体です。グリーン人材とは、脱炭素社会の実現に関わる人材を指します。具体的には、再生可能エネルギー発電所の事業開発や施工管理、サステナビリティマネジャー等の他、気候変動への対応に関心を持ち、脱炭素化への取り組みをキャリアの機会と捉え、脱炭素化を推進する組織(企業・行政・研究機関・非営利組織等)で働く人を含みます。 なお、団体設立を記念し、「グリーン人材開発協議会設立イベント」を8月2日にオンラインにて開催いたします      1.グリーン人材開発協議会の概要 名称:グリーン人材開発協議会    URL:https://greentalent.jp/ 英文名称:Green Talent Development Association (GTA) 設立日:2024年7月2日 代表:国際大学学長 橘川武郎 発起人: ・株式会社MakeD/東京大学大学院 工学系...more
カテゴリー:

研究では遊びで脳が発達 社会性や理性も 習い事や体育と違う点は - 07月12日(金)16:30 

■【遊ばない子どもたち】 子どもが外で遊ばなくなっている。背景は何か、どのような影響があるのか。 任意団体「子どもの健全な成長のための外あそびを推進する会」の代表発起人で、国際幼児体育学会長も務める前…
カテゴリー:

【フェンシング】折れ剣のピンバッジ発売 丸と四角の各400個限定 日本スポーツSDGs協会発表 - 07月10日(水)20:02 

東京五輪フェンシング男子エペ団体の金メダリストでパリ五輪代表の見延和靖(ネクサス)を発起人とするプロジェクトで、日本オリンピック委員会(JOC)とコラボレーションしたピンバッジを発売すると10日、企画を推進する日本スポーツSDGs協会が…
カテゴリー:

都市郊外で自給的に暮らす。浜松市「食べられる森」発起人の描く未来 - 07月09日(火)22:30 

食生活における持続可能性について、多くの取り組みが進む現代。自給自足生活や家庭菜園に挑戦したいと考えている人も増えている一方で、街での暮らしと自給自足というふたつの点と点のイメージが、いまひとつ結びつかない人もいるのではないだろうか。そこで、都市郊外に「食べられる森」をつくることで、地域に新たな食の選択肢を創出しているのが、静岡県浜松市の「フォレストガーデンプロジェクト」だ。2024年で10周年を迎える同プロジェクトの発起人であり、現在も街と森で暮らす大村淳さんに話を聞いた。大村淳さん植物の細分化が、食料自給のハードルを上げている?─── 今日はよろしくお願いします。早速ですが、フォレストガーデンプロジェクトとはどんなプロジェクトでしょうか?静岡県浜松市で「食べられる森」を育てるプロジェクトで、今年の秋で10周年を迎えます。ガーデンは「庭」と訳されることが多いですが、実は「菜園」という大切な意味も持っています。食べられる植物を中心に森を設計することで、都市郊外の生態系の劣化もケアしつつ、自分たちの暮らしのニーズにも応えていく。森のような菜園であり、菜園のような森ですね。都市郊外ということで、地元の地域コミュニティのみなさんとつながりを持ちながら「自分たちの街を食べられるようにしよう」というスタンスで楽しく進めています。森の中で育った植物は、月に一度開催しているツアーに参加してくださ...more
カテゴリー:

「国際経済オリンピック(IEO)日本代表派遣事業」の後援に「金融経済教育推進機構(J-FLEC)」が加わる - 07月05日(金)18:00 

認定NPO法人金融知力普及協会が行う「国際経済オリンピック(IEO)日本代表派遣事業」に、新たに、金融広報中央委員会(事務局:日本銀行)、全国銀行協会、日本証券業協会が発起人となって2024年4月に設立された「金融経済教育推進機構(J-FLEC)」が加わりました。
カテゴリー:

【芸能】アイドル候補生が有名音楽プロデューサーとの“枕営業”を告発「週に何回も呼ばれて」 視聴者戦慄「本物の闇やん」 - 07月02日(火)00:58  mnewsplus

アイドル候補生が有名音楽Pとの“枕営業”告発「週に何回も」 視聴者戦慄「本物の闇やん」 格闘家の朝倉未来が発起人となったアイドルオーディション番組『Dark Idol』が現在、ABEMAで放送されている。 6月末の放送回では、とある候補者のまさかの“告白”が視聴者を騒然とさせた。 告発とも言える過去のエピソードを披露したのは26歳の上田絢生だ。 「有名音楽プロデューサーがいらっしゃるんですけど、朝の4時くらいまでずっとレコーディングをして、そのなかで週に何回も呼ばれて、もちろん体の関係はあって……。でもプロジェ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる