「最盛期」とは?

関連ニュース

おしっこが臭くなる野菜、アスパラガスの出荷が最盛期 島根 - 03月25日(月)13:52  poverty

アスパラガスの出荷が最盛期|NHK 島根県のニュース https://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20190325/4030002439.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

「光樹とまと」本格出荷 佐賀市川副特産、5月まで最盛期 - 03月23日(土)10:10 

佐賀市川副町の特産「光樹とまと」の出荷が本格化している。甘みと酸味のバランスが良く、皮がやや薄くて食感もなめらかで、ブランドトマトとして全国的な人気を集めている。5月ごろまでが出荷の最盛期となる。 JAさが川副光樹とまと部会(江島政樹部会長)の農家12戸14人が、町内約3・5ヘクタールで育てており、西村洋介さん(37)は25アールで栽培している。 光樹とまとは、木になっている期間が通常より1カ月ほど長く、その間に養分が蓄えられて濃厚なうま味が増すという。
カテゴリー:

世界の駅の乗降人数ランキングTOP100ωωωωω - 03月21日(木)15:10  livejupiter

100位 荻窪駅(東京都杉並区)  1日平均乗降人員243,910人 年間乗降人員89,027,150人 明治24年に甲武鉄道の駅として開業 明治39年に国有化 丸の内線との接続駅だが丸ノ内線の駅が開業したのは昭和37年までまたねばならない 両隣にある高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、西荻窪駅と比べても人数が多いが、件の3駅は杉並三駅と呼ばれ極めて悪名高くトップクラスに嫌われている駅である しかし、この駅は丸の内線との接続などもあって利用客数も快速停車駅として十分である 99位 銀座駅(東京都中央区)  1日平均乗降人員245,548人 年...
»続きを読む
カテゴリー:

【ブランド魚】「魚津寒ハギ(ウマヅラハギ」)記録的不漁 暖冬影響か?過去10年で最少 嘆く漁師「ゼロに近い」/富山 - 03月20日(水)11:22  newsplus

 魚津市の魚津漁協が「魚津寒ハギ」としてブランド化に取り組んでいるウマヅラハギが今年、記録的不漁となっている。漁の最盛期となる1~2月の魚津の漁獲量は、過去10年で最少の計13トンだった。県水産研究所(滑川市高塚)は「海水温の高さが影響した可能性が高い」としている。魚津の漁業者からは「こんな年は初めて」「残念」と落胆する声が上がっている。(新川支社編集部・松下奈々)  ウマヅラハギは、カワハギ科の魚で、魚津漁協は2008年度からブランド化を始めた。体長が25センチを超え、水槽で24時間以上活(...
»続きを読む
カテゴリー:

春の珍味、網に躍る 阿南でシロウオ漁最盛 - 03月18日(月)05:00 

阿南市椿町の椿川河口でシロウオ漁が最盛期を迎えている。川沿いには鉄パイプと板で組んだ足場が並び、白い大きな網を引き揚げる姿が見られる。4月上旬まで続く。
カテゴリー:

【京都】楽只小が閉校、部落民衆による学校すべて消滅 空洞化する被差別部落 - 03月23日(土)23:20  newsplus

※省略  部落の人々がほぼ自力で構築した教育施設に淵源(えんげん)をもつ京都市立楽只(らくし)小学校(北区)がこの3月で閉校し、同じ北区の同市立紫野小学校に統合されます。同様の起源をもつ同市立崇仁(すうじん)小学校(下京区)は2010年に閉校(下京渉成小学校に統合)しているので、これで京都の被差別部落に作られた部落民衆による学校がすべて消滅することになります。  楽只小は、1867(慶応3)年、土地(蓮台野村=現在の被差別部落・千本)の有力者・益井茂平が自分の土地に32坪(約105平方メートル...
»続きを読む
カテゴリー:

三井食品、夏向けビール拡充 最盛期の売場を活性化 - 03月22日(金)00:12 

 三井食品は夏の最盛期に向け、オリジナル輸入ビールのラインアップを拡充強化する。米産の老舗クラフトビール「アンカー」の季節限定品や醸造所の100周年を記念したタヒチ産のプレミアムラガー「ヒナノゴールド」のほか、イタリア産「バラデン」でも新た...
カテゴリー:

全盛期の嫌儲ってどのくらいすごかったの? - 03月20日(水)19:23  poverty

十三浜の肉厚ワカメ、味わって 石巻・北上町で収穫最盛期 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010000-nekonome-l04 ...
»続きを読む
カテゴリー:

早くこい! 端午の節句 「播州鯉」生産、最盛期 - 03月18日(月)14:00 

 5月の端午の節句を前に、兵庫県加東市で特産のこいのぼり「播州鯉(ばんしゅうごい)」の生産が最盛期を迎えた。「柴崎物産」では柴崎彰孝社長(68)がナイロンの白地を赤や水色などの染料と型枠を使って一つ一つ染めている。4月中旬まで続く。
カテゴリー:

【気象】西日本の降雪、観測史上最少 今冬は平年の1割 日本酒や野菜にも影響 - 03月16日(土)18:46  newsplus

西日本の降雪、観測史上最少 今冬は平年の1割 日本酒や野菜にも影響 3/16(土) 17:33配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000030-mai-soci  西日本はこの冬、日本海側を中心に雪がぐっと減った。2月までの3カ月間、西日本全域の降雪量は平年に比べて約1割にとどまり、気象庁が統計を取り始めた1961年以来、最少を記録した。スキー場は例年より早い営業終了を迫られたほか、農業にも暖冬の影響は広がり、関係者は悲鳴を上げている。  「この業界に20年以上携わるが、ここまで雪が降らないのは初めて」。島根県浜...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「最盛期」の画像

もっと見る

「最盛期」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる