「同世代」とは?

関連ニュース

〈近ごろ通信〉中島直子さん(40) - 02月17日(月)19:10 

活動3年を迎えた「0-100地域の輪」代表の中島直子さん(40) ゼロ歳も百歳も誰も孤立せず、支え合う地域づくりを掲げて地域互助力向上ネットワーク「0-100地域の輪」を立ち上げて3年。産後うつ、里親制度から絵本の楽しみ方まで、さまざまな講師を招いた例会も48回に達した。 原点は家事代行の仕事で知った「社会的孤立」の現実。遠く都会で暮らす息子から依頼された独居の女性宅などを訪問するうち、「同世代の母親だけでなく、いろんな世代の人が孤独の中に生きている」ことに気付いた。
カテゴリー:

出張DASH村 ~宮崎県 国産アボカド~ - 02月17日(月)10:56 

この日、太一とV6・井ノ原快彦が降り立ったのは、宮崎空港。地元の名物が並ぶ売店に、「アボカドってこんなに高いの!?」国産の高級アボカドが。実はアボカド、最もカロリー(栄養価)の高い果実としてギネス世界記録®に認定されている。その豊富な栄養、カリウムはバナナの2倍、脂肪の分解を助けるビタミンBはキウイの7倍、抗酸化作用が期待されるビタミンEも豊富で、食物繊維はゴボウ1本分。人気は右肩上がりで、消費は20年前の約7倍。だが、スーパーに並ぶほとんどは海外産。そんな中、宮崎県内で唯一アボカドを生産するのが、太一・井ノ原と同世代の横山洋一さん。実家は30年続くマンゴー農家だが、独学で大好きなアボカドの栽培も始めた。ビニールハウスの中にはアボカドの生る木が。「これはピンカートンという品種」国内のスーパーに並ぶアボカドのほとんどが、メキシコ産の「ハス」という品種。皮が厚くて硬く、長距離の輸送に耐えられること。また、熟すと黒っぽく変色し、食べ頃が分かりやすいことから選ばれた。しかし、熱帯植物のアボカド、中でも「ハス」は寒さに弱く、日本では育ちにくい。そこで、横山さんは、栽培しやすく味の良い品種を見極めるため、年間60種類のアボカドを栽培。この日の朝、採れたばかりのピンカートンを触ってみると、「硬い!」。というのもアボカドは、バナナや洋梨と同じく追熟が必要。普通の果物は、デンプンが糖に変わる...more
カテゴリー:

【芸能】藤田ニコル:写真集「好きになるよ?」が発売前重版 過去最高の露出度も話題に - 02月17日(月)05:16  mnewsplus

藤田ニコル:写真集が発売前重版 過去最高の露出度も話題に 2020年02月17日 芸能 https://mantan-web.jp/article/20200216dog00m200026000c.html 藤田ニコルさんの写真集「藤田ニコル写真集 好きになるよ?」の表紙  モデルでタレントの藤田ニコルさんの写真集「藤田ニコル写真集 好きになるよ?」(講談社)が2月22日の発売を前に重版が決まった。昨年12月22日に予約開始後、Amazonのタレント写真集ランキングの1位を獲得するなど好調で、「ここまでやるのは最初で最後」と撮影に臨んだ過去最高の露出度の写真が公開...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】熊田曜子、YouTuberデビュー表明も冷ややかな声「すぐ飽きられる」 - 02月16日(日)08:27  mnewsplus

グラビアアイドルでタレントの熊田曜子(37)がYouTuberデビューすることを宣言した。 現在グラビアアイドルのみならず、ママタレとして子を持つ同世代の女性から憧れの存在となっている熊田。 そんな熊田だが11日にインスタグラムを更新し、「12日 19時にYouTubeスタートします」とYouTubeチャンネルを立ち上げることを報告。 「KUMADA YOKO Channel」と書かれた動物のアニメーション動画をアップしつつ、「良かったら観て下さい」と宣伝していた。 突然のYouTuberデビュー宣言に熊田のインスタグラムには、「チャンネル登録し...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<東出&唐田よりも鈴木杏樹の不倫騒動が先に収束しそうな3つの理由>同じ“不倫報道”なのにこうまで違うのはなぜなのか? - 02月15日(土)07:46  mnewsplus

写真 不倫が報じられてから、レギュラー出演しているラジオ番組を1つ降板した。もう1つは2週連続で欠席している(’18年) 東出昌大の騒動が収束しないうちに出てきた鈴木杏樹の“ラブホ不倫”騒動。これで、ようやく東出も騒がれなくなるのかと思われたが、どうも杏樹の騒動の方が先に収まりそうな気配だ。 女性誌がちらほら後追いしているが、テレビは週が明けてまで報じているところは少なく、東出のときと比べると、ネットでの反応もいまひとつだ。同じ“不倫報道”なのにこうまで違うのはなぜなのか。 その理由の1つが登...
»続きを読む
カテゴリー:

シリーズ累計200万部突破!“小学生向け実用書”「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズ新刊 『日本のこと』『AIって何だろう?』2冊刊行! - 02月17日(月)15:00 

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)は、2月17日、小学生向け実用書「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズの最新刊2冊を、同時刊行いたします。最新刊は、伝統行事や年中行事など日本の文化・風習について学ぶ『28 日本のこと~伝統・文化・風習~』と、近年様々なところで活用が進められているAI(人工知能)について学ぶ『29 AIって何だろう?~人工知能が拓く世界~』の2冊です。小学生の興味関心や保護者が抱く不安の解消を、旺文社がサポートいたします。■ 日本の文化・風習を理解し、多様性を尊重する今年、日本では東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えていますが、こうした外国から多くの旅行者が訪れる大きなイベントが行われる際、各所で「日本の文化・風習を今一度見直し発信しよう」といった機運が高まることがあります。昨年、開催されたラグビーワールドカップでは、選手による観衆へのお辞儀、ロッカールームやスタンドのゴミ拾いなど、より深く相手への敬意を払う日本文化に世界中の関心が集まりました。また、アニメや寿司、ラーメンなどの食も含めた日本の文化や生活習慣などに興味を持っている外国の方が多くいることも、報じられています。世界と交流を持つ機会がますます増えていく時代に、日本で教育を受けた子どもたちが、日本文化・風習について説明することができないとすれば残念なことです。...more
カテゴリー:

〈県内一周駅伝〉中高生にネッツトヨタ佐賀賞 笠原、松尾ら4人に - 02月17日(月)07:30 

○…中学男子、高校男子、女子区間で活躍した選手に贈られる「ネッツトヨタ佐賀賞」は、区間新記録を出すなどした4人が受賞した。閉会式でネッツトヨタ佐賀の浦田成文専務取締役から賞状が手渡された。 中学男子は同世代のエースが出そろう20区、21区(各3・3キロ)をそれぞれ9分58秒で区間新を出した多久市の笠原大輔(東原庠舎東部校)、伊万里市の松尾宥汰(啓成中)が選ばれた。女子は、18区(2・8キロ)で8分56秒の区間新だった鹿島市の松浦亜依(白石高)が受賞した。 高校男子は鳥栖市の杉彩文海(鳥栖工)。
カテゴリー:

婚活まんさん「年収700万34歳の男は優良物件ではなく、そんな年収があっても結婚できてない不良物件なんです。。。」 - 02月16日(日)10:02  poverty

アラフォー男性が婚活現場から「即消える」理由 40代女性から「同世代がいない」の悲鳴 同い年ぐらいの普通の男性と出会って結婚したいのだけれど、相手が見当たらない――。 筆者は43歳で、同世代であるアラフォーの独身女性からこんな相談を受けることが少なくない。 ここでの「普通」は、ちゃんと働いて自活している、心身ともに健康で清潔感がある、 口下手でもいいので思いやりのあるコミュニケーションができる、などの要素で構成されている。 該当するアラフォー独身男性が皆無なわけではない。しかし、この世代の男性が婚活...
»続きを読む
カテゴリー:

思い出の五輪美女 クチンスカヤ、ピッチニーニ、コマネチ他 - 02月15日(土)10:27 

 五輪の記憶は、今でも当時の興奮を呼び起こす。同世代と話せば、「金メダルに涙した」「あの速さは異次元だった」と話は尽きない。、女性アスリートの「美しい思い出」も盛り上がる話題だろう。
カテゴリー:

“絶メシ”というワードはこうして生まれた! 「地域創生の手助けになれば」企画の仕掛け人に聞く裏話:絶メシロード - 02月14日(金)22:55 

日々ストレスにさらされているごく普通の中年サラリーマンの週末限定一泊二日の小さな冒険を描いた、ドラマ25「絶メシロード」(毎週金曜深夜0時52分放送)が、仕事に勉強に、家事に育児に、疲れた視聴者の心と身体を癒している。「絶メシ」とは、店主の高年齢化や後継ぎ問題などで、時代とともに次々となくなっている"絶やすには惜しすぎる絶品グルメ"のこと。どこにでもいるアラフォー男が誰にも邪魔されない自由なひとときに心弾ませ、旅先で出会うさまざまな人々や「絶メシ」に思いを馳せる――。主人公の須田民生を演じる濱津隆之の人柄がにじみ出る、朴訥とした芝居も好評だ。ドラマの原案・プロデューサーを務めるのは、「絶メシ」にフォーカスを当てた群馬県高崎市のローカル特化型グルメ情報サイト「絶メシリスト」を手掛ける博報堂ケトルの畑中翔太氏。前回は「絶メシロード」の"ロード"について、車中泊専門家にお話をうかがったが(こちら)、今回は"絶メシ"。地元に愛されてきた絶メシ店を紹介するだけではなく、それらのお店の後継者やインターン生の募集も行ってきた同サイトの成り立ち、ドラマ化までの道のり、そして今後の展望を畑中氏に聞いた。地域創生の手助けになるようなドラマになればドラマ25「絶メシロード」第4話より──まずは、ドラマ「絶メシロード」企画の意図からお聞かせください。畑中「ごく普通のサラリーマンが週末に、車中泊をしながら日...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「同世代」の画像

もっと見る

「同世代」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる