「テクノロジー」とは?

関連ニュース

AIをビジネスに活かすうえで企業が見落してきた道はDIY - 04月21日(日)10:00 

1856年、ヘンリー・ベッセマー卿が特許を取得したベッセマー法は、第二の産業革命のもっとも大きな要因となった発明だ。溶鋼に空気を吹き込み酸化還元するという画期的な方法で鉄の不純物を取り除くことで、安価で大量生産が可能な新しい製鋼技術の波を起こした。 ベッセマー卿は、この発明をいち早く利益につなげようと、いくつかの製鋼所に特許をライセンシングを行おうとした。しかし期待に反して、その技術の難しさと独占欲の強さのため、大手製鋼所とは望ましい条件でのライセンス契約が結べなかった。 なんとかこの技術を活かしたかったベッセマー卿は、自分で製鋼所を立ち上げて競合他社を蹴散らそうと考えた。この試みは大成功し、ともに苦労したパートナーたちは14年間の付き合いの末に81倍の投資収益を手にすることができた。 それからおよそ162年。今でも新しい技術を顧客に受け入れさせようとする新興企業の苦悩が続いている。たとえそれが、顧客の最大の関心事であっても難しい。しかし、ベッセマー卿などの実業家を手本とする今日の画期的なスタートアップは、あることに気が付き始めている。いくつもの技術に精通した「フルスタック」な事業を自分で起こして、独自の自動化技術で最適化した従来型のサービスを提供するほうが理に適っていると。 Andreessen HorowitzのChris Dixon氏は、深層学習革命の直前の2014年、「フル...more
カテゴリー:

ネットの暗部、技術で克服 ユーチューブCEOが語る責任  :日本経済新聞 - 04月21日(日)08:20 

ネットの暗部、技術で克服 ユーチューブCEOが語る責任  :日本経済新聞動画共有サイト「ユーチューブ」は2005年にシリコンバレーで誕生した。06年に米グーグル傘下に入り世界規模で事業を拡大し、テレビに取って代わるほどの巨大動画サービスになった。一方、不正投稿の拡散で批判も浴びることもある。先端のテクノロジーの役割、その担い手である企業の責任についてスーザン・ウォジスキ最...
カテゴリー:

Amazonのワンツーパンチ、従来の小売業者たちはどのように反撃できるのか - 04月20日(土)09:30 

もし物理的な小売業は死んでしまったと考えているのなら大間違いだ。電子商取引の爆発的な増加にもかかわらず、私たちは今でもオフラインストアでたくさんのものを買っている。2017年の米国の小売業界の売上高は3兆4900億ドル(約390兆円)だったが、そのうち電子商取引が占める売上はわずか13パーセント(約4350億ドル、約49兆円)である。もちろん、電子商取引の方がはるかに速いペースで年々成長していることは事実だ。とはいえ、まだ転換点からはほど遠い段階である。 だが、電子商取引の巨人Amazonは、皆が考えているよりもはるかに長期的な勝負をしている。同社はすでにオンライン小売を支配していて、2018年に米国の電子商取引で使われた総額の、ほぼ50パーセントをAmazonが占めているのだ。そして現在、Amazonが目を向けているのははるかに大きな分野だ。洗練されたデータ分析の利用を中心に、実店舗での販売を近代化し支配しようとしているのである。最近行われたWhole Foodsの買収とは別に、Amazonが複数の米国の都市で、独自の食料品店チェーンを立ち上げているという最近のレポートは、この動きを示す例の1つである。 こうした動きは、Amazonのワンツーパンチと考えることができる。同社の電子商取引における強大な力は、相手の顔面に対して繰り出された最初の素早いジャブに過ぎないのだ。オフライン小...more
カテゴリー:

【SNSで話題】手の指を追加する人工装具「第3の親指」 身体を拡張するガジェットの可能性 - 04月20日(土)02:39  newsplus

突然だが、あなたは手に何本の指があるだろうか? 人は一般的に、5本の指が備わっている。しかし、そんな常識を打ち壊すべく新たなガジェットが開発された。「第3の親指」と名付けられた人工装具が今、SNS上で話題になっている。 イギリスの大学院生が開発 指を6本に拡張することで、機能性を高めるプロジェクトが「The Third Thumb(第3の指)」だ。英国カレッジ・オブ・アートの大学院生、ダニ・クロードさんが制作した。 3Dプリンタで出力した親指のガジェットを、小指の横に装着。靴の中に仕込まれた特殊なセンサーを踏み込む...
»続きを読む
カテゴリー:

ベロダイン・ライダー・センサーを搭載したTechmakeのEagle Xが空中写真マッピング市場に登場 - 04月19日(金)20:11 

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ベロダイン・ライダーは本日、メキシコ・モンテレーに本社を置くITコンサルティングおよびテクノロジー開発会社のTechmake Solutionsが自社のEagle Xマッピングおよび測量システムにベロダインのライダー・センサーを搭載すると発表しました。ベロダインの軽量なライダー・センサーにより、Eagle X無人航空機(UAV)は、あらゆる地形の正確な測定と分析を可能にする高解像度画像をユーザーに提供できます。 Eagle Xシステムは、メキシコ、中米、南米における地理学、測量、地形、天然資源管理の分野での空中写真マッピング・システムを求めるニーズに対応するため、2019年に発売されます。 Techmake Solutions最高経営責任者(CEO)のIng. David González P.は、このように述べています。「当社市場の企業が制限的なマッピング・システムを使用して課題を抱えていたという問題を我々は認識し、それを現地イノベーションをもたらす機会に変えました。我々は、ベロダイン・センサ
カテゴリー:

テスラは役員数を2020年までに大幅に減らす - 04月21日(日)09:30 

米証券取引委員会(SEC)が4月19日公開した書類によると、Tesla(テスラ)は2020年までに役員の数を3分の1ほど減らして7人とする。この削減には、CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏の初期アドバイザーや盟友の何人かが含まれる。 この書類は、Teslaにとって忙しくなりそうな週が始まる前に明らかにされた。4月22日には自動運転車両テクノロジーの進歩にフォーカスしたイベントが開かれ、4月24日には四半期決算発表、そしてマスク氏のTwitter使用による法廷侮辱をめぐってマスク氏とSECが問題解決に至ることができるかどうかが決まる判事によるヒアリングがある。 長らく役員を務めているBrad Buss氏と、独立取締役として2年前に役員会に加わったLinda Johnson Rice氏は今年、再任について模索しないようだ。2人の任期は次の株主総会で満了となる。役員会は委任の書類で2人の後任は置かないとしている。 Antonio Graciasの任期は2020年に切れ、そしてベンチャーキャピタリストSteve Jurvetson氏も2020年に役員会を去る見込みだ。 役員会に独立取締役を加え、Teslaとマスク氏のSECとの昨年の和解合意に従うというのが最新の役員会の動きだ。和解では、Teslaは独立取締役2名を役員会に加え、マスク氏が会長職を3年間離れることに同意していた...more
カテゴリー:

Alphabet傘下のSidewalk Labsが公共モニターの可視化を推進 - 04月20日(土)09:45 

都市部のテクノロジー開発を手がけるAlphabet傘下のSidewalk Labsはいま、スマートシティのためのサイネージを新たに作り直そうとしている。そうしたサインは交通の流れを管理したり、都市部のランドマークまでの道を案内したりするためのものではない。市民がモニターされているとき、その事実を市民に知らせるようデザインされている。 この計画は、ニューヨークやトロントで導入されようとしているテクノロジーに人々が慣れることを推進しようとする試みの一環だ。 世界的にみると、センサーやデータ管理、予測テクノロジーを都市で展開する契約の入札は、数十億ドルとまではいかなくても何千万ドルという額になり、Sidewalk Labsはこのことをよく知っている。Sidewalk Labsのプロジェクトは最も野心的なスマートシティ向けのセンサーネットワークテクノロジー展開で、同社はまた激しい批判に直面してきた。 ゆえに、少なくとも部分的に批判を和らげる試みとして、Sidewalk Labsは監視やモニターをより透明性のあるものにすることを提案してる。 「デジタルテクノロジーは常に我々の周りにあるが、それらは往々にして目に見えない。都市部で移動するとき(通勤とか)、あなたはCCTVや交通カメラ、乗り換えカードリーダー、自転車走行レーンのカウンター、Wi-Fiアクセスポイント、ドアを開けるセンサーなどを目...more
カテゴリー:

Uberの自動運転部門がスピンアウトを前にトヨタやソフトバンクから1100億円超調達 - 04月20日(土)09:00 

Uberは、トヨタや自動車部品メーカーのデンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから計10億ドル(約1119億円)を調達し、自動運転部門をスピンアウトすることを明らかにした。 自動運転部門のスピンアウトは昨年10月ごろから推測されていたことだった。このスピンアウトは、Uberの主要事業から利益を上げていない部門を切り離して損失を縮小するのに貢献する。そしてUberのAdvanced Technologies Group(Uber ATGとして知られている)が、自動運転車両をマーケットにもってくるという難しい課題に専念することにもつながる。 今回の資金調達により、Uber ATGの企業価値は72億5000万ドル(約8114億円)になるとUberは発表した。出資の内訳は、トヨタとデンソーが6億6700万ドル、ビジョンファンドが残る3億3300万ドルを拠出する。 この出資は今年第3四半期に完了する見込みで、これは間もなく行われるUberのIPOにおいて投資家に新たな展望を提供する。Uberは2018年に18億5000万ドルの損失を計上していて、自動運転車や空飛ぶ車といった「ムーンショット」にかかったR&D費用4億5000万ドル超は損失の数字を大きなものにした。そうした資金を多く必要とするR&D部門を新会社として切り離すのは、Uberの決算数字を実際的なものにするのに役立...more
カテゴリー:

姫路で開催、チームラボのデジタルアート - 04月19日(金)22:00 

サイエンス、テクノロジー、アート、デザインの領域を横断し、21世紀の新たなアートを創造するアート集団「チームラボ」。彼らの新たな挑戦となる展覧会が「姫路市立美術館」(兵庫県姫路市)で4月20日よりおこなわれる。 チームラ […]
カテゴリー:

トヨタとデンソー、SBGと米ウーバーに10億ドル出資 - 04月19日(金)19:53 

 トヨタ自動車と自動車部品大手のデンソーは19日、ソフトバンクグループ(SBG)とともに、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転部門に10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。自動運転技術を使ったライドシェア(相乗り)車両の開発と実用化を加速させ、車の「所有から利用へ」の流れに
カテゴリー:

もっと見る

「テクノロジー」の画像

もっと見る

「テクノロジー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる