「テクノロジー」とは?

関連ニュース

メルセデスベンツ『Gクラス』にEV誕生、4モーターで587馬力…北京モーターショー2024(レスポンス) - 04月24日(水)20:50 

メルセデスベンツは4月24日、SUV『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)のEV「G580 with EQテクノロジー」を、北京モーターショー2024のプレビューイベントで初公開し
カテゴリー:

「人を全裸にする」衝撃のカメラが映す“虚無” - 04月24日(水)17:00 

「目の前の人の裸を見ることができたら──」ドラえもんの着せかえカメラや『ミッション:インポッシブル』で使用されるX線グラスを見て、多くの人が青き心に浮かべたであろう妄想。しかし、現実はシンプルで厳しく、ほとんどの人が早々にして諦めた夢である……はずだった。今年、テクノロジーの躍進によって、この夢を現実にするカメラが登場してしまった。その名は「NUCA」。ドイツ人アーティストのMathias Vef氏と、デザイナーBenedikt Groß氏の共同プロジェクトによって開発された驚愕のガジェットだ。使い方は簡単。人物を撮影すれば、わずか10秒で全裸姿の被写体が画面に現れる。誰でも容赦なく……あっという間にスッポンポンに。使う方も思わず赤面してしまうこのカメラ。その正体は、内部に搭載された高性能の生成AIである。被写体の外見をもとに、性別、年齢、民族性、表情、体型などの45の識別子から分析。クラウド上の画像と合成し、ヌード写真を生成する仕組み。つまり、映された裸体は本物ではなく、造られた“偽物”。最新型のディープ・フェイクというわけだ。ユーモアたっぷりで、大変革新的に思えるNUCA。しかし、こうしたAIによる画像生成技術はすでに様々な場所で使用され、ときに悪用もされている。ここ最近、アメリカの高校...more
カテゴリー:

Doveが広告における AI 不使用を宣言。AIはブランドを矮小化する存在か、価値を付与する存在か - 04月24日(水)13:50 

ジェネレーティブAIが進化を続けるなか、マーケターは選択を迫られている。マーケティングおよび広告にAIを使うのは、自身のブランドにとって意味があるのか? もしあるのなら、どのように使うべきなのか? そうした目的でのAI使用は言うまでもなく、すべてのマーケターにとって意味があるわけではなく、それゆえ、20年目を迎えるキャンペーン「Real Beauty」で知られるビューティーブランド、ダヴ(Dove)が4月第2週、広告にAIを使用しないと宣言したことは、驚くに値しない。 AIが自分たちに必要か否か、わざわざ語る意味 「新たなテクノロジーに伴う機会と課題を乗り越えながら、我々は本当の美しさを守り、賞賛し、支持することを続ける」と、ダヴのCMO、アレッサンドロ・マンフレディ氏は、同ブランドがこの宣言を発表したプレスリリースで語っている(ダヴの広報によれば、マンフレディ氏も他のダヴ幹部も取材には応じられない、とのことだった)。 「我々が行なうコミュニケーションにAIを一切使用しないとする宣言は、一歩に過ぎない。すべての女性および少女にとって、『美』が不安ではなく幸福の源になるまで、我々は歩みを止めない」と、マンフレディ氏は言い添えている。 ビューティ界の超大手、ダヴによるこの立場表明は理に適ったものであり、彼らが以前、広告へのフォトショップ使用に異を唱えた姿勢と同様のものだと、エージェンシ...more
カテゴリー:

ams OSRAMとDOMINANT Opto Technologies、オープンシステムプロトコルを活用したインテリジェントRGB LEDによるスマートな車載用アンビエント照明を実現 - 04月24日(水)13:00 

-----------------------------------------------------------------------●2023年にams OSRAMが提唱したオープンシステムプロトコル(OSP)(*1)は、車載用集積回路(IC)やLED等の幅広いメーカーが注目●DOMINANT Opto Technologies社は次世代のインテリジェントRGB LEDにOSPを使用、将来に向けた通信技術に重要な独自の検証を提供●OSPは、異なるメーカーのRGB LED、センサ、マイコン等を接続するためのオープンなライセンスフリーの技術-----------------------------------------------------------------------※本プレスリリースは、2024年4月15日にオーストリア・プレムシュテッテンおよびドイツ・ミュンヘンで発表したプレスリリースの抄訳版です。インテリジェントセンサとエミッタのグローバルリーダーであるams OSRAM(日本地域統括バイスプレジデント:針田靖久、SIX:AMS)と、マレーシアの車載用LEDソリューションの大手メーカーであるDOMINANT Opto Technologies社は、ams OSRAMのオープンシステムプロトコル(OSP)をDOMINANT Opto Technologies社...more
カテゴリー:

連結子会社One Bright KOBEと株式会社ジーライオンが資本業務提携契約を締結 - 04月24日(水)11:00 

  株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、取締役兼代表執行役社長:渋谷 順)の連結子会社であり「神戸アリーナプロジェクト」を運営する株式会社One Bright KOBE(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:渋谷 順)は、株式会社ジーライオン(住所:兵庫県神戸市、代表取締役社長 菊地 秀武)に第三者割当増資を実施しました。 オフィシャルトップパートナーとしてネーミングライツを取得、2024年2月にアリーナ新名称「GLION ARENA KOBE(ジーライオンアリーナ神戸)」を発表したことに続き、今後アリーナを基点とする神戸・ウォーターフロントのにぎわいづくりにおいても連携していくことをお知らせいたします。   GLION ARENA KOBE正面イメージ   ●事業参画の背景 「神戸アリーナプロジェクト」は、神戸・ウォーターフロントにおいて、民設民営ならではの柔軟な取り組みで、アリーナ基点で神戸の新たな魅力づくり(まちづくり)をおこなう地域活性化への貢献を目指しています。4月19日に開業1年前を記念し、新港第二突堤エリアの愛称「TOTTEI」を発表(※1)し、周辺エリアを緑化したシンボリックなパークや、屋外イベントの開催・ダイニング体験を含めたエリア全体での日常的なにぎわいづくりの創出に向けた計画を発表しました。 GLIO...more
カテゴリー:

イーストスプリング消費関連ファンドの保有銘柄TOP10は?現地のリアルな情報も - 04月24日(水)18:51 

インドでは経済成長に伴い、所得が増加傾向にあるため、消費支出が伸びています。インドの株式市場では消費関連銘柄が上昇基調にあるものの、外国人投資家はインド株へ直接投資ができないため投資信託を通じて投資する必要があります。 本稿はインド消費関連ファンドのうち、イーストスプリング・インド消費関連ファンドについて、投資のプロである筆者が解説します。 ※年初来騰落率・株価は全て4月5日時点です。 ※2024年4月22日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定のサービス・金融商品への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 SBI証券のサイトを見る[PR] 目次 イーストスプリング・インド消費関連ファンドとは ファンドの騰落率 保有銘柄TOP10 3-1.バーティ・エアテル(BHARTI) 3-2.サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ(SUNP) 3-3.ICIC銀行(ICICIBC) 3-4.ヒンドゥスタン・ユニリーバ(HUVR) 3-5.マルチ・スズキ・インディア(MSIL) 3-6.アベニュー・スーパーマーツ(DMART) 3-7.HDFC銀行(HDFCB) 3-8.ゴドレジ・コンシューマー・プロダクツ(GC...more
カテゴリー:

人口減少時代の水道料金はどうなるのか?(2024版)を発表 - 04月24日(水)16:28 

EY Japan 一般社団法人 水の安全保障戦略機構    • 2046年までに約96%の事業体で水道料金値上げの可能性(前回調査比2%増)  • 水道料金の値上げ率は全体平均で48%(前回調査比5%増)  • 料金値上げ率が高い事業体は北海道・中国・四国地方に多い(前回調査:北海道・東北・北陸地方に多い)   EY Japan(チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)と一般社団法人 水の安全保障戦略機構(代表理事:竹村 公太郎) は、3年ぶり4回目の共同研究結果である「人口減少時代の水道料金はどうなるのか?」(2024版)を発表します。   本研究結果は、現在の水道サービスを維持していくとした場合の、2046年までに想定される水道料金改定率を、最新の公表統計データを基に事業体別に作成したものです。これは2015年、2018年、2021年に続き、4回目の実施となります。   今回は、料金推計の改訂に加え、水道料金推計と経営指標等との関係性を分析しており、水道事業へ与える影響について考察を加えています。   国連の持続可能な開発目標(SDGs)の目標6には、「2030年までに、全ての人々の、安全で安価な飲料水の普遍的かつ衡平(こうへい)なアクセスを達成する」とあります。日本の...more
カテゴリー:

ロジスティード/安全運行管理ソリューションに運転リスク判定機能追加 - 04月24日(水)13:17 

ロジスティードは4月24日、 テクノロジーで“事故ゼロ”をめざす安全運行管理ソリューション「SSCV-Safety」に、日々測定するドライバーの体調情報をもとに、運転リスクの高まりを判定する機能を追加したと発表した。 < […] The post ロジスティード/安全運行管理ソリューションに運転リスク判定機能追加 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

米住宅設備メーカーのマスコ、米国赤十字に3,800万円寄付。災害救援活動を推進 - 04月24日(水)11:08 

米住宅設備メーカーのマスコは3月21日、米国赤十字に25万ドル(約3,800万円)を寄付したことを発表した(*1)。全米で大小様々な災害に見舞われた人々のニーズに応えられるよう、赤十字を支援していく方針だ。 赤十字は毎年、全米で6万件以上の災害に対応しており、8分ごとに1チームが出動し、人生最悪の日々になりかねない人々を救援している。山火事、竜巻、ハリケーンなどの大規模災害の頻度と激しさが増す中、赤十字の災害レスポンダー(Disaster Responder)メンバーからの寄付は、赤十字の準備態勢を強化し、危機発生時の対応能力を構築し続けるのに貢献している。 災害レスポンダープログラムのメンバーは、従業員や顧客とともに、災害発生前に資金や物資の寄付を約束する。そして、赤十字に強力なインフラ、訓練を受けたボランティア、革新的なテクノロジー、必要な時に救援や支援を提供するための重要なリソースを提供する。 これらの寄付によって、赤十字は災害時に即座に対応できるようになり、安全な寝床、温かい食事、精神的なサポート、復興支援のためのリソースを提供することができる。 米国赤十字のアン・マッキュー最高開発責任者(CDO)は「マスコの寄付により、私たちは今後も、災害発生時に先回りして能力およびリソースを増強することで、頻発する災害のペースに対応し、最も困難な状況にある人々を支援し続けることができる...more
カテゴリー:

くら寿司 24年事業戦略コンセプト「回転寿司のニューリアル」策定 リアルならではの新たな体験価値の提供へ - 04月24日(水)10:30 

2024年4月24日 くら寿司株式会社   “リアルに回す”回転寿司「行きたい」が過半数、 消費リードの20代は7割選択リアルならではの新たな体験価値の提供を目指し2024年事業戦略コンセプト「回転寿司のニューリアル」策定   「グローバル旗艦店 銀座」&ユニクロ初コラボ 2025年「大阪・関西万博」出店コンセプトを発表!      回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦、所在地:大阪府堺市)は、今期の事業戦略コンセプト「回転寿司のニューリアル」に加え、2つの新施策と来年開催の「大阪・関西万博」店舗出店コンセプトを4月24日(水)に発表いたしました。      外食産業全般がコロナ禍を経て、人流の回復などにより好調に転じてきており、食のトレンドとしては、「リアル回帰」の基調にあります。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大や外食における迷惑行為の影響など、消費者の安全面への意識の高まりから、大手回転寿司チェーンで、全店において「回転ベルトでお寿司を流している」のは、寿司カバーを導入しているくら寿司のみであるのが現状です。    そのような中で、当社実施の消費者調査*1によると、全体の過半数(52.7%)の方が、「回転ベルトでお寿司を流す回転寿司店を利用したい」と...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる