「ポートフォリオ」とは?

関連ニュース

コロナウイルスの混乱の中で世界の投資家はポートフォリオの多様化を目指す - 02月19日(水)17:01 

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式市場のバリュエーションが過去最高に高まっていることもあり、コロナウイルスの発生を受けて世界的にリスクの高い投資対象が売却され、世界の投資家のセンチメントが大きく変化しています。この売却による下落に伴い、金などの従来の安全金融資産への需要の高まりが多く報告されています。世界の投資家は、このウイルスが世界的にさらに深刻化する可能性があると懸念しており、金ETFへの資金の流入額は前年を30%上回っています。他の低リスク投資でも同じような資本流入が報告されています。 ヘンリー&パートナーズ最高経営責任者(CEO)のJuerg Steffen博士氏によれば、この結果としてウェルス・マネジャーや富裕層(HNW)の間で投資による居住権プログラムと投資による市民権プログラムへの関心も高まっています。「投資による移住プログラムでは、各国は多額の投資に対して個人に居住権や市民権を与えることができます。精通した投資家は、進んで投資移住プログラムを活用しています。これは安全資産クラスにおける最も新しい選択肢であり、HNW向けポートフ
カテゴリー:

ソフォス、XG Firewallの「Xstream」バージョンを発表 - 02月19日(水)14:00 

2020年2月19日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォス、XG Firewallの「Xstream」バージョンを発表~SophosLabs Researchの調査により、情報を盗み出す一般的なサイバー攻撃の44%が暗号化を行って盗んだデータを隠蔽していることが明らかに~※本資料は2020年2月18日(現地時間)に英国オックスフォードにて発表されたプレスリリースの抄訳です。ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (LSE: SOPH 日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行) は本日、Sophos XG Firewall に高性能な Transport Layer Security (TLS) トラフィック復号化機能を組み入れた新しい「Xstream」アーキテクチャを発表しました。この復号化機能により、パフォーマンスの低下と複雑さという懸念があるためにセキュリティチームが見落としがちな暗号化されたネットワークトラフィックに関連する重大なセキュリティリスクが排除されます。XG Firewall には、SophosLabs により提供される AI で強化された脅威分析情報が組み込まれており、アプリケーションのパフォーマンスも高速化されています。ソフォスは本日、SophosLabs Uncutの記事「Nearly a...more
カテゴリー:

アセンドがPoliblendおよびEsseti Plastのコンパウンド事業およびマスターバッチ事業を買収 - 02月18日(火)00:02 

ヒューストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大の総合ポリアミド66樹脂製造企業のアセンド・パフォーマンス・マテリアルズは本日、PoliblendおよびEsseti Plast GDをドッターヴィオ・グループより買収する契約を締結したと発表しました。買収対象はイタリアのモッツァーテにある製造施設、Esseti Plast GDのマスターバッチ・ポートフォリオ、バージングレードおよびリサイクルグレードのPA66、PA6、PBT、POMから構成されるPoliblendのエンジニアリング・プラスチック・ポートフォリオです。 アセンドの社長兼最高経営責任者(CEO)であるPhil McDivittは、次のように述べています。「この戦略的買収は、当社が欧州における製造販売の展開規模を拡大する上で重要な転換点となります。さらに重要な点として、当社が高性能で持続可能な製品のポートフォリオをさらに拡大して顧客に提供し、高まる需要に対応する上で役立ちます。」 1999年設立のPoliblendは、プラスチック製品、パッケージ、繊維の外観および最終製品での性能を高める
カテゴリー:

積立投資にロボアドバイザーはおすすめ?知っておきたい6つの特徴 - 02月15日(土)17:29 

資産形成への関心の高まりから近年浸透してきた積立投資ですが、従来型の投資信託やファンドラップに加え、最近ではロボアドバイザーサービスも登場してきました。 そこで今回は「ロボアドバイザー(以下、ロボアド)の積立投資が投信積立やファンドラップとどこが違うのか」「ロボアドで積立投資を行うとどのようなメリットがあるのか」を解説します。ここではロボアドの性能や特徴を確認しながら、積立投資にロボアドを活用する方法についてもご紹介します。 目次 積立投資とは 購入方法が有利な積立投資 積立投資のメリット「ドルコスト平均法」とは 積立投資は「相場変動に振り回されない」 ロボアドの特徴 ロボアドで初心者も資産運用ができる 投資一任型ロボアドの種類 積立投資にロボアドが向いている6つの理由 すべてお任せで安心できる ユーザーにマッチした最適プランで運用できる リスク分散の範囲が広い 少額から始められる 費用が安い 営業員が介在しない まとめ 1 積立投資とは まずは積立投資がどのような投資なのかについて見ていきましょう。 1-1 購入方法が有利な積立投資 積立投資は、毎月一定額の金融商品(投資信託など)を購入し、長期にわたって資産を形成していく投資法です。例えば、証券会社や銀行などが扱っている積立投資では、「毎月5万円ずつ投資信託を購入する」と計画を決めた場合、自分で購入しなくて...more
カテゴリー:

メタップス、韓国の仮想通貨交換事業から撤退発表 | 規制コストが重荷に【ニュース】 - 02月14日(金)18:25 

メタップスは14日、韓国子会社での仮想通貨交換所事業から撤退すると発表した。事業ポートフォリオの見直しと、注力事業の絞り込みを実施するためとしている。
カテゴリー:

電気自動車用バッテリー、2025年までCAGR38%で成長見込み(Lucintel発行レポートより) - 02月19日(水)15:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電気自動車用バッテリー市場における技術の機会」(Lucintel発行)の販売を2月19日より開始いたしました。Lucintelによると、世界の自動車用バッテリー市場の将来は、2020年から2025年まで38%のCAGRで成長する見込みです。中でも、リチウムイオン電池技術は、電気自動車用バッテリー市場の最大のセグメントであり、平均以上の成長率で成長しています。業界のダイナミクスに直接影響する新しい技術トレンドには、軽量で高エネルギー密度のリチウムイオン電池の開発が含まれます。当レポートでは、電気自動車用バッテリー市場について調査し、市場の概要、技術即応度、技術・推進システム・車両タイプ別の市場分析と予測、地域市場における機会、主要企業の製品ポートフォリオ、および主要企業のプロファイルなど、体系的な情報を提供しています。【当レポートは、次の6つの問いにお答えします】Q1 世界の自動車検知・測距センサー市場において、最も潜在性があり成長の見込まれる技術は何か?Q2 最速で成長するセグメントおよびその理由Q3 様々なテクノロジーのダイナミクスに影響を与える主な要因。また、自動車検知・測距センサー市場におけるこれらの技術の推進要因と課題Q4 自動車検知・測距センサー市場におけるこれらの技術に対するビジネス上のリスクおよび脅威Q5 自動...more
カテゴリー:

インテリックス---リノヴェックスマンションが底打ち、業績は2021年5月期以降回復見通し - 最新株式ニュース - 02月19日(水)08:07 

インテリックスインテリックス<8940>は中古マンションをリノベーション(再生)してから販売するリノベーションマンション事業の先駆け的企業で業界最大手。また新規事業として、2016年5月期にアセットシェアリング事業(不動産小口化販売)、2017年5月期にリースバック事業をそれぞれ開始するなど、事業ポートフォリオの多様化を進めている。2020年5月期第2四半期累計(2019年6月-11月)の連結業績
カテゴリー:

Sony Innovation Fundが日本、米国、EUに続きインド拠点強化、出資企業同士の連携も進める - 02月17日(月)16:10 

ソニーグループでスタートアップなどへの投資業務を担当しているCVCであるSony Innovation Fundは2月17日、都内で発表会を開催。Sony Innovation Fund本体(1号ファンド)と大和証券グループの大和キャピタル・ホールディングスとの合弁会社であるInnovation Growth Ventures(2号ファンド)の現状と成果について説明した。 Sony Innovation Fundの投資・運営責任者およびInnovation Growth Ventures 代表取締役を務める土川元氏 発表会には、Sony Innovation Fundの投資・運営責任者およびInnovation Growth Ventures 代表取締役を務める土川元氏が登壇した。同氏は、日本興業銀行、メリルリンチを経てソニーに入社。ソニーではIR部門長やM&A部門長兼事業開発部門長を務めていた人物。Sony Innovation Fundの投資・運営責任者に就任する前の2014年〜2016年にはソニーモバイルのCSOとして社内の構造改革を担当していた。 Sony Innovation Fundではこれまで6000社のスクリーニングを実施し、2000社以上の候補企業と面談したうえで、約60社のスタートアップに出資している。出資の決定については、ソニー社内に投資委員会を設けて...more
カテゴリー:

DeNAが渋谷でデザインフェスティバルを開催 - 02月15日(土)14:00 

DeNAが、渋谷を舞台にしたデザインフェスティバル「Tadaima! Design Scramble 2019(タダイマ デザインスクランブル)」を3月22日に開催する。 ・コンセプトはあなたが主役 同イベントは、昨年10月に予定されていたが台風で中止になったイベントを延期開催するもの。 「JOINT」「JOIN」「JOY」というテーマを掲げ、「参加者である、あなたが主役」というメッセージの通り、個人が参加して作品や活動を発表する機会を多く設けたイベントだという。 ・渋谷のクリエイティブ企業が集結 メイン会場は、渋谷駅直結・直上にオープンし話題の渋谷スクランブルスクエア内にある、SHIBUYA QWS(シブヤキューズ)。DeNAをはじめ、IT、デザイン、WEB制作、メディアアートなど多種多様な渋谷のクリエイティブ企業がオフィスを一斉に開放する。 最新のクリエイティブシーンを創るクリエイター、アートディレクター、プロデューサー、デザイナーらが登壇するトークカンファレンスや、クリエイターの作品を購入できるクリエイターズマーケットなどが予定されており、デザインに興味のある人や、デザインに関わり働く人たちとっては貴重な機会になるはず。また、国内だけでなく海外で活躍するクリエイターも参加する予定とのことでグローバルなイベントとしても期待できそうだ。 ZINE制作のワークショップや、ポートフォ...more
カテゴリー:

慢性リンパ性白血病に対する併用レジメンとして、ベネトクラクスの承認勧告を欧州医薬品委員会より受領 - 02月14日(金)16:00 

2020年2月14日 アッヴィ合同会社 アッヴィ、未治療の慢性リンパ性白血病に対する化学療法を含まない併用レジメンとして、ベネトクラクスの承認勧告を欧州医薬品委員会より受領 ●欧州委員会(EC)により承認されれば、ベネトクラクス/オビヌツズマブ併用レジメンは、未治療の慢性リンパ性白血病(CLL)患者さんに対する初の化学療法を含まない固定治療期間の併用レジメンに ●ベネトクラクスについては、欧州医薬品委員会(CHMP)による3つ目の承認勧告、複数のCLL治療におけるベネトクラクスの更なる有益性を支持するもの ●本承認勧告は、第III相CLL14試験のデータ[1]に基づき、1年間にわたるベネトクラクス/オビヌツズマブ併用療法が、標準治療のオビヌツズマブ/クロラムブシル免疫化学療法レジメンと比較して、無増悪生存期間の延長と、微小残存病変陰性率の増加を示したことを評価 イリノイ州ノースシカゴ、2020年1月31日(米国時間)—グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィ(NYSE:ABBV)は、欧州医薬品庁の医薬品委員会(CHMP)が、未治療の慢性リンパ性白血病(CLL)患者さんに対するオビヌツズマブとの併用療法として、ベネトクラクスの承認勧告を採択したことを発表しました。本承認勧告は、製造販売承認に関する欧州委員会(EC)に向けた科学的推奨事項となり、ECが202...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ポートフォリオ」の画像

もっと見る

「ポートフォリオ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる