「損害賠償」とは?

関連ニュース

【80人死亡、4人行方不明】大川小津波訴訟、遺族側の勝訴が変える学校安全 - 12月13日(金)23:45  newsplus

海岸から4キロほど離れた宮城県石巻市釜谷地区の北上川の近くに立つ石巻市立大川小学校。子どもたちが笑顔で過ごしたであろうその学び舎は、現在、2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波の悲劇を伝えるモニュメントとして多くの訪問者を受け入れている。大震災による津波で児童108人のうち70人が死亡、4人が行方不明となり、教職員10人が死亡した。 津波で犠牲になった大川小児童の遺族のうち19家族29名の保護者が市と県に損害賠償を求め、2014年3月10日に国家賠償訴訟を仙台地裁に起こした。訴訟は最高裁まで持ち込まれ、最...
»続きを読む
カテゴリー:

強制不妊で聴覚障害夫婦が国提訴 手話で「怒り感じる」 仙台地裁判決後は初 - 12月13日(金)19:10 

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、聴覚障害のある大阪府内の女性(70代)が13日、夫(同)と共に国へ計2200万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。弁護団によると、旧法を巡る訴訟は全国7地裁で起こされており、原告は計22人になった。
カテゴリー:

受精卵紛失 北大病院を提訴 - 12月13日(金)17:36 

北海道大病院が保存していた凍結受精卵を紛失し、精神的苦痛を受けたとして、北海道の夫婦が13日、病院を運営する北大に計1千万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こ...
カテゴリー:

【森友問題】 森友学園問題をめぐる司法での動き 真相解明を求める会の活動 その1 ★2 - 12月13日(金)11:41  seijinewsplus

学校法人森友学園に対する国有地の低額譲渡に関する問題で、私が所属する「国有地低額譲渡の真相解明を求める会」は、司法の場で活動を継続しています。この間の大きな動きを紹介します。 一つ目は、情報公開請求の裁判です。 小学校の設置趣意書の情報公開請求を財務省近畿財務局が当初不開示と決定したのは違法であるとして非開示決定の取り消しと国家賠償請求に基づく損害賠償を求めた裁判で、2019年3月14日、大阪地裁は違法と認め、原告の請求を認める判決を出しました。森友学園問題に関する全国で初めての違法を認める...
»続きを読む
カテゴリー:

マンション投資で発生しうるリスクは?事例と対策を徹底解説! - 12月13日(金)10:55 

マンション投資はメリットだけでなく、金利上昇リスクや空室リスク、家賃下落リスクなどもあります。マンション投資は過去の事例などから、そういったリスクへの対策を事前にシミュレーションすることで、安定した投資にすることができます。 しかし、リスクの中には長期化したり拡大したりすると、とても大きな損害に繋がるようなものもあり、シミュレーションでは想定していないことが起こりうることも頭に入れてマンション投資に取り組んだ方が良いでしょう。 この記事では、マンション投資で起こりうるリスクを確認した上で、リスクが拡大したり長期化したりした際にどのような損害が考えられ、どのように対処すれば良いかについて考えてみたいと思います。 目次 マンション投資のリスクとは 1-1.金利上昇リスク 1-2.空室リスク 1-3.家賃下落リスク 1-4.災害のリスク マンション投資の本当のリスクと対応方法 本当の金利上昇リスクは金利が上がってから5年後にやってくる 3-1.5年ルールとは 3-2.1.25倍ルールも問題を先延ばししているだけ 3-3.そのままにしておくと未払いが発生する可能性 3-4.金利が上昇したら早い段階で対応を検討する 家賃滞納リスクは長引くことがある 4-1.連絡が取れない場合は強制退去も 4-2.強制退去には時間と費用がかかる 4-3.早めに保証人などに連絡を取る 瑕疵は修復に大きな費用が...more
カテゴリー:

受精卵紛失で北大病院を提訴 北海道の夫婦、計1千万円賠償請求 - 12月13日(金)22:07 

北海道大病院が保存していた凍結受精卵を紛失し、精神的苦痛を受けたとして、北海道の夫婦が13日、病院を運営する北大に計1千万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起…
カテゴリー:

平成30年賃金センサスによる平均給与額・逸失利益認定額早見表をはじめ、各資料について内容の更新を行った最新資料集『2020年 交通事故損害賠償必携-資料編-』を11月27日(水)発行 - 12月13日(金)18:00 

新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:星謙一郎 https://www.sn-hoki.co.jp/) は、平成30年賃金センサスによる平均給与額・逸失利益認定額早見表をはじめ、各資料について内容の更新を行った最新資料集『2020年 交通事故損害賠償必携-資料編-』5,940円(税込)を11月27日(水)に発行しました。最新資料により発刊!◆平成30年賃金センサスによる平均給与額・逸失利益認定額早見表をはじめ、各資料について内容の更新を行った最新資料集です。◆本書は事故の発生から損害の算定、自動車保険金の請求にいたるまでの処理に必要な資料を網羅し、損害査定担当者のマニュアルとして、専門的、実務的に解説してあります。【掲載内容】第1 事故の発生1 被害者としてなすべきこと1 事故報告の確認2 治療への専念3 健康保険等の使用について4 自賠責保険の使用について5 労災保険の使用について●労災病院一覧表2 加害者としてなすべきこと1 被害者の救護と事故報告2 保険会社への事故通知第2 法律相談1 法律相談を受ける際の注意2 交通事故相談所1 日弁連交通事故相談センター2 地方公共団体交通事故相談所3 一般社団法人日本損害保険協会そんぽADRセンター4 JA共済連交通事故相談所5 公益財団法人交通事故紛争処理センター6 一般財団法人自賠責保険...more
カテゴリー:

工藤会トップらの控訴を棄却 元警官銃撃事件の賠償訴訟 - 12月13日(金)12:32 

 指定暴力団工藤会(北九州市)が関わったとされる元警察官銃撃事件で、被害者の元福岡県警警部が、同会トップで総裁の野村悟被告(73)らに損害賠償約3千万円を求めた訴訟の控訴審判決が13日、福岡高裁であっ…
カテゴリー:

元警部銃撃二審も賠償命令 工藤会側に、1600万円 - 12月13日(金)11:26 

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる平成24年の銃撃事件で重傷を負った元福岡県警警部が、会トップ、野村悟被告(73)ら幹部4人に損害賠償を求め…
カテゴリー:

元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決 - 12月13日(金)10:36 

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる元福岡県警警部銃撃事件の被害者側が、同会トップの野村悟(73)とナンバー2の田上不美夫(ふみお、63)の両被告らに約2960万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は13日、約1620万円の支払いを命じた1審・福
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「損害賠償」の画像

もっと見る

「損害賠償」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる