「申請書」とは?

関連ニュース

【創立70周年記念事業】地域創生推進スキーム「SCBふるさと応援団」の創設について - 08月04日(火)16:47 

 信金中央金庫(理事長:柴田弘之、以下「信金中金」という。)は、創立70周年記念事業として、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の仕組み等を活用した 地域創生推進スキーム「SCBふるさと応援団」(以下「本スキーム」という。)を寄附金総額10億円にて創設いたしました。    本スキームは、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえ、信金中金が企業版ふるさと納税等を活用した寄附を行うことにより、地域の課題解決および持続可能な社会の実現に資する地域創生事業を信用金庫とともに応援し、もって、地域経済社会の 発展に貢献することを目的としております。    このような取組みを通じて、信用金庫が地域の中核的な存在として、地元の地方 公共団体とのリレーションを強化し、地域創生に向けた取組みを加速させるとともに、新型コロナウイルス感染症により疲弊している地域経済を支援してまいります。    信金中金といたしましては、今後も引続き、持続可能な社会の実現に向けた取組みを進めてまいります。   [本スキームの概要等] 名称       :SCBふるさと応援団 寄附金総額    :1,000百万円(予定) 寄附金額     :1事業当たり10百万円以内 実施期間     :2020年度より2022年度まで(3年間) 対象事業     :原則として、信用金庫の本店所在地の...more
カテゴリー:

国内在住外国人向け国際交流ラウンジ「GOWELL TOWN」銀座本店にて SORAIRO行政書士事務所がビザ申請サービスを開始~外国人と採用企業のマッチングをワンストップサポート~ - 08月03日(月)10:00 

アジア語圏に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松田 秀和、以下「当社」という。)と、SORAIRO行政書士事務所(本所:東京都新宿区、代表行政書士:内村 剛)は、2020年8月1日、当社運営の国内在住外国人向け国際交流ラウンジ『GOWELL TOWN銀座本店』にて、在留資格申請業務における業務提携契約を締結いたしました。■本提携の内容本提携は、当社運営のGOWELL TOWN銀座本店内にSORAIRO行政書士事務所が相談窓口を設置し、来店する外国人と採用企業担当者に在留資格申請代行サービスを提供するものです。今般のサービス開始により、これまで外国人人材紹介事業で培ってきた当社のノウハウと、SORAIRO行政書士事務所の在留資格申請における豊富な知見を活かし、外国人の就職支援から、採用後の在留資格申請、及び永住や配偶者等の各種申請書類作成までをワンストップでサポートすることが可能となります。■本提携の背景と目的当社は2012年よりアジア言語専門の通訳翻訳事業、スクール事業を開始。取引先企業数6,000社超という圧倒的実績と知見を基に、2018年には日本在住外国人に特化した人材紹介事業に参入いたしました。2020年6月には国内外国人向け国際交流ラウンジ「GOWELL TOWN銀座本店」をグランドオープン。当ラウンジはスポンサー企業の広告費...more
カテゴリー:

地盤改良 詳細記載せず 辺野古設計変更 防衛局の申請書 - 07月31日(金)05:30 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けて沖縄防衛局が県に提出した設計変更の承認申請書で、大浦湾の海底に打ち込む杭(くい)の太さや長さ、事後の沈下予測など地盤改良工事の詳細を記載していないことが30日までに分かった。承認を得た後、申請書の表記に縛られるのを避ける狙いがあるとみられる。  防衛局は建...
カテゴリー:

中小企業のデジタルトランスフォーメーション対応をワンストップでサポート 高いナレッジと技術で“withコロナの企業成長”を目指す 「ものづくり補助金」第4次募集分よりサポートサービス提供開始 - 07月29日(水)15:30 

【本リリースの要約】■ 「ものづくり補助金」を活用し、中小企業が直面する「2025年の崖」問題、コロナ禍により必要性が加速した「デジタルトランスフォーメンション(DX)」等の対応を行うためのITシステム構築を行うため、システム開発の知見を有した士業関係者と連携を図り、補助金申請、システム開発、補助金交付後の事業状況報告書作成等をワンストップでサポートするサービスの提供を8月中旬応募開始の「ものづくり補助金」第4次募集分より開始。■ 士業連携により中小企業経営者の負担軽減に加え、日本での実務経験豊富かつ、日本語での高度なコミュニケーションが可能なベトナム人の優秀なエンジニアにより、IT人材不足下においても、補助事業実施期間中に事業完了が可能。【リリース本文】株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:チャン・バン・ミン、以下、当社)は、中小企業庁が実施する補助金制度『ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(以下、ものづくり補助金)』を活用した中小企業向けITシステム構築をサポートすることを目的に、行政書士などの士業関係者と連携し、補助金申請、システム開発、補助金交付後の事業状況報告書作成等をワンストップでサポートするサービスの提供を開始します。尚、本サービスは、2020年7月30日(木)より「2020年度4次募集(2020年11月締切)」案件を対象...more
カテゴリー:

【GoTo】トラベルキャンペーン 「実質半額」は9月以降 8月31日までは35%割引 地域共通クーポンは付きません ★2 - 07月29日(水)11:10  newsplus

※略 ・実質半額割引・・・だったはずが・・  「トラブらなきゃいいな」という最大の理由は、割引率だ。政府は、「実質半額で旅行ができる」とぶち上げたはずだ。  このキャンペーンの仕組みは、こうだ。仮に旅行代金が一人4万円だったとしよう。まず、観光客が旅行代理店に、交通費や宿泊代の合計金額4万円を支払う。政府が半分の2万円相当額を助成するから、実質半額で旅行できると理解している人が多いが、実は少し違う。  観光客に還付されるのは、この場合、1万4千円だけだ。つまり、旅行代金の35%だ。残りの15%に相当...
»続きを読む
カテゴリー:

10万円給付(特別定額給付金)の受付は8月31日ま.. - 08月03日(月)13:33 

10万円給付(特別定額給付金)の受付は8月31日までです。 申請書がお手元に届いていない方は、水戸市特別定額給付金室までご連絡ください。 ▼問合せ/電話:029-232-9105 #水戸
カテゴリー:

オンラインセミナー「医療機器における安全管理業務の基礎と各課題への実務対応 ~GVP省令・安全性情報の流れ・不具合報告・管理体制構築などを中心として~」に弊社社員が登壇 - 08月03日(月)10:00 

<リード>株式会社情報機構主催のオンラインセミナー「医療機器における安全管理業務の基礎と各課題への実務対応~GVP省令・安全性情報の流れ・不具合報告・管理体制構築などを中心として~」に弊社社員が登壇します。本オンラインセミナーは、医療機器分野へ参入予定の企業様、安全管理業務担当者になりたての方、安全管理業務の実務に不安がある方に向けの内容となっております。薬機法の目的である「医薬品等の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止に努める(第1条の4、医薬品等関連事業者等の責務)」ため、安全管理業務の概要や実務を行う際のポイント等について、法省令、通知、モデル文書等を用いてわかりやすく解説致します。<本文>1. 法体系の概要や安全業務の概要・実務についてが学べる当セミナーでは、医療機器の安全管理業務を行う上で重要な薬機法、GVP省令、QMS省令など法体系をはじめ、安全管理業務の概要を学び、「安全管理情報の収集・評価検討」「安全確保措置の立案・指示・実施」「不具合の報告」などの具体的な実務についても、基礎から丁寧に解説します。このセミナーを受講することによって、「製販業者内での安全管理業務の位置づけ」「安全管理情報の流れ」「安全管理業務の重要性」について理解することができます。安全管理業務担当初心者の方でも明日から使える知識をお伝えします。2...more
カテゴリー:

【特別定額給付金の申請期限は8月25日】 申請がま.. - 07月30日(木)17:14 

【特別定額給付金の申請期限は8月25日】 申請がまだの方は、8月25日(火)までにお忘れなく申請してください。 また、申請書がお手元にない方は、コールセンターへ問合せいただくか、 再送付申請専用メールをご利用ください。詳しくは⇒
カテゴリー:

◆ローソン・ファミリーマート等で松戸市の申請書.. - 07月29日(水)15:29 

◆ローソン・ファミリーマート等で松戸市の申請書を印刷できます◆ シャープ(@SHARP_JP)製のマルチコピー機を設置しているコンビニエンスストアで、松戸市の申請書を印刷できるようになりました。事前登録やスマートフォンでの操作は不要です(要コピー代)。 詳細は #松戸
カテゴリー:

日本で働く外国籍人材の在留資格の申請・管理業務を効率化する「one visa for 行政書士」のβ版が登場 - 07月29日(水)10:00 

在留資格、いわゆるビザのオンライン申請・管理支援サービス「one visa」(ワンビザ)を提供するone visaは7月29日、行政書士が担当する外国籍の労働者のビザ申請・管理といった入管業務を効率化する「one visa for行政書士」サービスのベータ版を提供開始した。 同社は「世界から国境をなくす」というビジョンのもとで、特定技能ビザを活用した海外人材への学習機会提供やビザ取得、定住支援までを一気通貫で行う海外人材の来日・定住支援サービスを展開している2015年9月設立のスタートアップだ。 入管業務を得意もしくは専門とする行政書士は、新型コロナウイルスの蔓延により海外から来日する外国籍の人材が激減していることから開店休業状態かと思いきや、実は非常に忙しいところもある。日本国内で働く外国籍の人材はこの10年にで9万人から25万人に増加し、コロナ禍によって日本国内で働いている外国籍の人材の国内転職が活発になり、新たに在留資格を取得するケースが増えているためだ。one visaで代表取締役兼CEOを務める岡村アルベルト氏によると「一方で行政書士は、海外から受入れる際の書類作成には慣れているものの、国内での切り替えに慣れてないところもある」と説明する。one visa for行政書士は、新型コロナウイルスの蔓延を狙って開発されたわけではないが、結果的にベストなタイミングでのベータ版サ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「申請書」の画像

もっと見る

「申請書」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる