「提供開始」とは?

関連ニュース

0patch、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もサードパーティーパッチを提供する計画 - 09月22日(日)11:35 

ソフトウェアの未修正脆弱性に対し「マイクロパッチ」と呼ばれるサードパーティーパッチを提供するACROS Securityの0patchが20日、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もこれらのOSに対するパッチを提供し続ける計画を明らかにした(0patch Blogの記事、 Windows Centralの記事)。 NetApplicationsのデスクトップOSバージョン別シェアデータによれば、Windows 7のシェアは昨年8月 (37.80%)から今年8月 (30.34%)の1年間で7.46ポイントしか減少しておらず、サポートが終了する来年1月時点でも高いシェアを維持し続けるとみられる。MicrosoftではWindows 7向けにサポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション(Windows 7 ESU)を最大3年間にわたって提供するが、ボリュームライセンスのWindows 7 Professional/Enterpriseのみが対象であり、価格も毎年上昇する。 0patchのパッチ作成計画としては、Windowsの月例更新に合わせて出されるMicrosoftのセキュリティアドバイザリからWindows 7/Server 2008にも適用されそうな脆弱性を特定し、Windows 10の更新プログラムの変更部分から同じコードがWindows 7...more
カテゴリー:

子どもの引きこもり防止・自殺防止にも役立つ!子どもの隠れた気持ちや我慢も丸わかり!育児・子育て中のパパ・ママ親子応援鑑定をマリーシェル占い館コピス吉祥寺店で9月19日から提供開始。 - 09月20日(金)18:00 

マリーシェル合同会社(本社:埼玉県さいたま市、代表:鯉沼寿慈)は、吉祥寺のマリーシェル占い館コピス吉祥寺店において2019年9月19日(木)から、育児・子育て中のパパ・ママ向けに親子応援鑑定の提供を開始する。最近「子どもが何を考えているかわからない…」「子どもの気持ちがわからない…」という悩みを抱えたパパ、ママが増えている。以前は、「親の心子知らず」という諺どおりの状況がありましたが、現在は「子の心親知らず」という状態で、子どもが発するサインを親が気付けないあまりに、不登校に繋がったり、他の子に危害を加えるといったことも増えている現実がある。マリーシェル占い館(https://uranai.news/)では、発足当時から子どものいじめ撲滅や悩みの解消に取り組んでおり、さまざまな占いというツールを使って、子どもの悩みや気持ちを的確にアプローチし、問題解決につながる心のケアを継続している。これまではお子様の悩み相談は、親御さんのみが対象となるサービスが占い業界では一般的だが、問題の根幹であるお子さんがそこにいなければ、問題のスムーズな解決が図れない場合も多くある。そこで、この度『引きこもり防止・自殺防止にも役立つ!子どもの隠れた気持ちや我慢も丸わかり!育児・子育て中のパパ・ママ親子応援鑑定』という新たなサービスを展開し、親御さんとお子さんに占いを受けてもらい、そこで子どもの内に秘めた想...more
カテゴリー:

最大手暗号資産取引所バイナンス、中国市場にOTC取引提供開始【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 09月20日(金)15:00 

世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引高を誇る取引所バイナンスが、中国市場で人民元と仮想通貨のOTC(店頭)取引を一ヶ月以内に提供開始すると上海ブロックチェーン・ウィークで発表した。複数のメディアが報じた。また同発表では、170カ国のユーザーに対して、同取引所で法定通貨建てによる仮想通貨購入が可能となる決済サービスの提供を開始することも明らかにした。中国は2017年、同国内の仮想通貨取引所における
カテゴリー:

ポイントカードをアプリ1つにまとめる『デタカ』 名刺の管理など新機能を追加したVer1.5のリリース開始! ~新バージョンリリースに伴い、デタカ加盟店紹介キャンペーンを開催中!~ - 09月20日(金)13:00 

有限会社ラスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森田博)は、2018年9月19日に提供開始したポイントカードアプリ「デタカ」の新機能を追加したVer1.15のリリースを2019年9月14日に開始いたしました。 新機能には、加盟店以外の会員カードなどがアプリに保管が可能になり、名刺の管理もできるようになりました。■バージョンアップ概要 ~加盟店以外のバーコードポイントカード、名刺取り込み、セキュリティ強化~以前は加盟店だけ会員カードを保管できる仕様になっておりましたが、加盟店以外の会員カードなどがアプリに保管できるようになりました。 例えば、分厚くて邪魔なプラスティック製バーコード付きのポイントカードや、レシートに付帯されるQRコードをそのまま保存できます!さらに名刺の管理もできるようになりました。自分で追加したカードはユーザーのスマホ内、タブレット内に保存されるのでクラウド保存の漏洩リスクがなく、セキュリティも安心。プライベートな会員証や名刺も不安なくストックが可能です! TV番組制作、TVニュース制作同様に「社会ユーザーに貢献できるアプリ」に舵を切っていきます!■デタカ加盟店紹介キャンペーン開催中バージョンアップリリースに伴い、「デタカ加盟店紹介キャンペーン」開催中!『デタカ』をお店に紹介してお小遣いをGET!お財布の軽量化とお小遣いGETと、一石二鳥!ご紹介いただいたお店5軒が...more
カテゴリー:

【電通デジタル】「未来曼荼羅2019」を活用したコンサルティングサービスを提供開始 - 09月20日(金)11:00 

2019年9月20日 株式会社電通デジタル 株式会社電通 電通デジタルと電通、近未来の事業構想に向けた発想支援ツール 「未来曼荼羅2019」を活用したコンサルティングサービスを提供開始 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)と株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下、電通)は、近未来に起こることが予想される60の「未来トレンド」をまとめた「未来曼荼羅2019※ 」を活用し、事業構想策定支援などを行うコンサルティングサービスの本格提供を開始します。 「未来曼荼羅」は、2010年に初版を開発して以来、多くの顧客企業の経営戦略立案や事業シナリオの策定、商品・サービス開発などにおいて活用し、高い評価を受けてきました。 この度のサービスの本格提供開始に伴い、「未来曼荼羅2019」として最新トレンドを盛り込んだ内容に更新しました。 ■コンサルティングサービス・ラインナップ ・事業構想コンサルティングサービス 外部環境分析の一環として「未来曼荼羅2019」を活用し、顧客企業の独自性を勘案した新たな事業開発の着想・具体化・実現化をサポート。 ・中期経営計画・年度事業計画の策定支援サービス 「人口・世帯」「社会・経済」「科学・技術」「まち・自然」の視点から、顧客企業の事業計画との関係が想定されるトピックを具体的に理解す...more
カテゴリー:

ソーシャルギフトのギフティが東証マザーズに新規上場、プラットフォームの拡大、海外展開の加速を目指す - 09月20日(金)18:41 

ギフティ代表取締役の太田睦氏 ソーシャルギフトの「giftee」を運営するスタートアップのギフティは9月20日、東証マザーズに新規上場した。初値は公募・売り出し価格(1500円)を25%上回る1880円、終値は初値を9.6%上回る2060円となった。 ギフティは2010年8月設立。2011年3月にCtoCのソーシャルギフトサービスgifteeをローンチ。その後は2014年1月より法人向けに提供開始したオリジナルギフトの販売システム「eGift System」、2016年4月より粗品や景品の配布に使えるデジタルチケット販売サービス「giftee for Business」を展開。2016年5月にはスマホで使える電子地域通貨システム「Welcome! STAMP」を提供開始している。 gifteeの会員数は125万人(2019年6月末現在)、eGift Systemのeギフト発行企業数は70社(2019年6月末現在)。giftee for Business利用企業数は2018年通期で422社だったが、2019は1月から6月(2Q)の累計で371社となった。 「成長のドライバーになっているのはgiftee for Business。法人の企業は従来、紙のギフト券などを郵送で送っていた。URLに置き換えることで、業務効率を高めることができため、活用いただき、伸びてきている」(ギフティ代表取...more
カテゴリー:

Aerial Partners、仮想通貨損益計算ソフト「Gtax」エンタープライズ版を提供開始 〜ブロックチェーン企業の複雑な取引管理・経理業務フローを自動化 - 09月20日(金)15:26 

Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)は9月20日、同社が提供する仮想通貨損益計算クラウドソフト「Gtax」について、エンタープライズ版の提供を開始した。仮想通貨交換所やブロックチェーンゲーム開発会社など、ブロックチェーン関連のサービスを提供する企業向けの製品となる。同社が「Gtax法人・個人事業主版」で提供している財務や会計の補助に加えて、トランザクションの管理機能を追加した上位仕様に位置づけられる。
カテゴリー:

Wi-Fi 6の認証プログラムが提供開始、Wi-Fi 6や5Gと何が違う? - 09月20日(金)13:11 

Wi-Fi Allianceは9月19日、9月16日に提供が始まったWi-Fi認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED 6」に関する記者説明会を開催した。説明会では、テクノロジー兼エンジニアリング担当 ヴァイス・プレジデントであるマーク・ハング氏が「Wi-Fi CERTIFIED 6」の特徴やメリットを説明した。
カテゴリー:

電通と電通デジタル、発想支援ツール「未来曼荼羅2019」を活用したコンサルティングサービスを提供開始 - 09月20日(金)11:15 

2019年9月20日 株式会社 電 通 電通と電通デジタル、近未来の事業構想に向けた発想支援ツール 「未来曼荼羅2019」を活用したコンサルティングサービスを提供開始  株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、社長:鈴木 禎久)は、近未来に起こることが予想される60の「未来トレンド」をまとめた「未来曼荼羅2019※」を活用するコンサルティングサービスの提供を開始しました。 ■コンサルティングサービス・ラインナップ ・事業構想コンサルティングサービス 外部環境分析の一環として「未来曼荼羅2019」を活用し、顧客企業の独自性を勘案した新たな事業開発の着想・具体化・実現化をサポート。 ・中期経営計画・年度事業計画の策定支援サービス 「人口・世帯」「社会・経済」「科学・技術」「まち・自然」の視点から、顧客企業の事業 計画との関係が想定されるトピックを具体的に理解することで、より実効性の高い経営計画 の策定をサポート。 ・企業文化変革支援サービス 自社の未来像を描くツールとして「未来曼荼羅2019」を活用し、新たな企業理念やブランド スローガンの開発、浸透のためのインターナルコミュニケーション施策の策定をサポート。 ・マーケティング並びにプロモーションプランニング支援サービス 顧客企業のターゲットインサイトに関連するトピックを...more
カテゴリー:

電通・電通デジタル・ナビタイム共同開発のAI試乗ソリューションに音声合成AITalk(R)が採用 ~自動車販売店での試乗をより楽しく、自動化・高度化を実現~ - 09月20日(金)10:00 

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、証券コード:4388、以下エーアイ)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下電通)、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、社長:鈴木 禎久)、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表者:大西 啓介、以下ナビタイム)が共同開発し、2019年9月17日より提供開始した自動車販売店における試乗をより楽しく、自動化・高度化するAI試乗ソリューションに高品質音声合成エンジンAITalk(R)が採用されたことを2019年9月17日にお知らせします。AI試乗ソリューションは、電通の日本語AIの自然対話サービス「Kiku-Hana(キクハナ)」とナビタイムのカーナビアプリを組み合わせて、独自システムとして開発されました。自動車販売店での従来の試乗において営業スタッフが同行して実施していた試乗車試乗中の会話をより楽しく、自動化・高度化し、お客様だけで試乗を楽しんでいただくことが可能です。■AI試乗ソリューションへのAITalk(R)採用についてAI試乗ソリューションへは、エーアイの「AITalk(R) Server」が採用されました。「Kiku-Hana」のAIにより自動生成した回答テキストを「AITalk(R) Server」が音声合成し、発話することで、試乗車試乗中の会話を自動化し、営業スタッフの業務の効...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「提供開始」の画像

もっと見る

「提供開始」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる