「年上半期」とは?

関連ニュース

【芸能】新井恵理那がライバル告白、TV出てる姿に対抗心 - 09月21日(土)08:02  mnewsplus

フリーアナウンサーの新井恵理那(29歳)が、9月20日に放送されたバラエティ番組「金曜日のどっち!?」(テレビ朝日系)に出演。自身のライバルについて語った。 この日、番組が用意した100の質問に答えていく企画で、「ライバルは?」と聞かれた新井は、「最近意識するようになった」として、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(36歳)の名前を挙げる。 これは、先日ニホンモニターが発表した「2019年上半期テレビ番組出演本数女性タレント部門ランキング」で、1位「新井恵理那」、2位「近藤春菜」、3位「ホラン千秋」となり、新...
»続きを読む
カテゴリー:

キヤノンMJ、2019年上半期の国内マルウェア動向のレポート - 09月20日(金)10:57 

キヤノンマーケティングジャパンは、2019年上半期の国内マルウェア動向に関するレポートを公開した。
カテゴリー:

エフセキュア、2019年上半期の攻撃トラフィックレポートを発表 - 09月19日(木)10:00 

エフセキュアは9月18日、2019年上半期の攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表した。
カテゴリー:

【テレビ】大泉洋『なつぞら』出演決定、朝ドラファンが思い出す"朝ドラ史上最低作"『まれ』という黒歴史…再放送も不可? - 09月18日(水)18:51  mnewsplus

 NHK連続テレビ小説 『なつぞら』の最終週(23日から)に、大泉洋が登場することが分かった。もともと、同作には「TEAM NACS」の他のメンバー4人がすでに出演していたため、これで“勢ぞろい”することになる。  SNS上では歓喜の声が高まっている中、思い出すのが、大泉にとって最初の朝ドラ出演作『まれ』(2015年上半期)だ。土屋太鳳演じるヒロイン津村希がパティシエを目指す物語だが、これが「朝ドラ史上最低作」と謳われているのだ。  「ここで大泉は、希の父親で、うまいビジネス話に乗っては失敗し、挙句の果てには失踪するダ...
»続きを読む
カテゴリー:

浜辺美波、流行に乗れない悲しい現実を告白⁉「友だちがいないので情報が入ってこない…」 - 09月18日(水)11:18 

松坂桃李と浜辺美波が、9月17月に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~)に出演。EXIT(りんたろー。、兼近大樹)らが出題するクイズに挑戦した。毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出し、MCのヒロミとフットボールアワー・後藤輝基らと共に、トークを繰り広げる。今回、松坂らが挑戦したのは「クイズ! これ知らないとヤバイっしょ!」。時代の最先端をいくパリピ芸人・EXITとYouTuberフワちゃんが出題者となり、若者のトレンドをクイズ形式で出題。間違うと恥ずかしい罰ゲームを受けるというもの。松坂と浜辺は流行に疎いそうで、浜辺は「友だちがいないので情報が入ってこない」と不安げ。松坂も自身のラジオ番組でTikTokのことを「ずっとチックタックって言っていた」と明かしてスタジオを笑わせた。「2019年上半期ティーンが選ぶ流行ったコトバ」のベスト5では、同番組で誕生したギャグ「怒ったかんな、許さないかんな、橋本環奈」やコマーシャルでお馴染みの「ブックオフなのに本ねぇじゃん」が紹介される。そこで2人には「KP」の意味が出題される。シンキングタイムでは、EXITらが踊りだし、後藤が「(答えを)考えられへん!」とツッコミを入れる一幕もあった。罰ゲームを受けてほしい...more
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】ゴルフ用品市場に関する調査を実施(2019年) 2018年の国内ゴルフ用品市場は前年比1.5%増の2,626億4,000万円 - 09月20日(金)14:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ゴルフ用品市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。1.市場概況2018年の国内ゴルフ用品市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比101.5%の2,626億4,000万円と、2017年に引き続き2年連続でのプラス成長であった。当該市場において構成比の高いゴルフクラブ市場の需要が好調に推移したことが主な要因となり、全体市場を押し上げる結果となった。2.注目トピック~ルール改正が後押しする「携帯型飛距離測定器」市場2018年の携帯型飛距離測定器市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比162.3%の43 億5,000 万円と急成長を果たしているが、同市場は2000年代中盤頃に確立されたゴルフ用品市場の中でも歴史の浅いカテゴリーである。昨今では課題とされていたバッテリー稼働時間の大幅な改善や機能的にも高低差が計測できるモデル、ピンまでの距離が正確に計測できるモデルなどが開発され、またレーザー型の飛距離測定器においても手ぶれ補正機能を搭載したモデルなど従来型に比べ高い付加価値を有するモデルがメーカー各社から発売されたことにより買い替え需要が促進され、成長基調にある。なかでも市場に好影響を与えた要因は、2019年のルール改正(一部機能を除いて、試合中でも飛距離測定器の利用が認められたこと)...more
カテゴリー:

2019年8月のGlobal Threat Indexを発表 EchobotがIoTデバイスを狙った大規模攻撃を実施 チェック・ポイントの研究者は、Emotetボットネットの活動再開も指摘 - 09月19日(木)11:00 

米カルフォルニア州サンカルロス - 2019年9月12日--ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point(R) Software Technologies Ltd. NASDAQ: CHKP)の脅威情報部門であるCheck Point Researchは、2019年8月の『Global Threat Index(世界の脅威指標)』を発表しました。研究チームは、IoTボットネットMiraiの新亜種であるEchobotが多様なIoTデバイスに対する大規模攻撃を開始したと注意を呼びかけています。Echobotは、2019年5月の登場以来、50種類以上の脆弱性を悪用しており、特に「HTTP経由のコマンド・インジェクション」攻撃は急増しており、世界の34%の組織が影響を受けています。8月はこのほかにも、大規模ボットネット・インフラストラクチャのEmotetが、サービス停止から3か月ぶりに活動を再開しています。Emotetは、2019年上半期に活動が確認された中で最も規模の大きいボットネットです。活動再開後、現時点ではまだ大規模なキャンペーンは確認されていませんが、近日中にスパム・キャンペーンが開始されるものと予想されます。チェック・ポイントの脅威情報およびリサーチ担当ディレクターを務めるマヤ・ホロウィ...more
カテゴリー:

てんや「助けてー!たった40円値上げしただけなのに、お客さんが来ないの😭😭😭」 - 09月18日(水)19:57  poverty

500円→540円の値上げで進む「てんやの客離れ」 天丼チェーン「天丼てんや」が苦境にある。既存店客数は21カ月連続で前年割れ、既存店売上高は10カ月連続でマイナスだ。 原因はどこにあるのか。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は「昨年1月に看板商品『天丼並盛』を500円から540円に値上げしたことが引き金となっている」と分析する。 既存店客数が21カ月連続で前年割れ 天丼チェーン「天丼てんや」が厳しい状況に立たされている。既存店の客数が2017年12月から19年8月まで21カ月連続で前年を下回っているのだ。 19年8月は前年...
»続きを読む
カテゴリー:

Genesys Cloud、前年同期比70%収益増の成長を果たし、 記録的な売上を達成 - 09月18日(水)13:00 

Genesys Cloud、前年同期比70%収益増の成長を果たし、記録的な売上を達成競合からの乗り換えでジェネシス・クラウドの売上が143%増東京 - 2019年9月18日 - オムニチャネル・カスタマーエクスペリエンスおよびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーであるジェネシス(www.genesys.com/ja-jp)は、2019年上半期に弊社の新規顧客の70%がクラウド製品を採用したことを発表いたします。今回の急成長はジェネシス・クラウドというジェネシスの次世代のカスタマーエクスペリエンスプラットフォームが迅速に採用された結果に起因しています。アルバータ・モーター・アソシエーション、JPIMedia、Kiwi.com、ロウェル・グループ、ウェスタン・ガバナーズ大学、ワールプール・コーポレーションなど、企業規模を問わず、世界各国の企業や団体がジェネシス・クラウドの柔軟性や安全性、そしてそのイノベーションスピードを決め手に採用してきました。その結果、ジェネシス・クラウドによる収益は前年同期に比べて70%成長し、売上も112%増加と急成長いたしました。さらに、日本においてもより勢いのある成長が見られており、ジェネシス・クラウドの収益は前年同期比111%増加しました。ジェネシス・クラウドの成長はジェネシスのPureCloudを含む自社のSaaSの製品群まで広がってい...more
カテゴリー:

IoTデバイスへの攻撃が急増、エフセキュアが2019年上半期の攻撃トラフィックレポートを発表 - 09月18日(水)10:00 

エフセキュアが発表した最新の攻撃トラフィックに関する調査レポートによると、2019年上半期 (1月~6月) にはIoTおよびWindows Server Message Block (SMB) 関連の攻撃の強度が高まったことがわかりました。同レポートは、IoTデバイスがオンラインで適切に保護されていない場合に直面する脅威、そして依然衰えぬEternal Blueや発生から2年が経過したWannaCryに関連するエクスプロイトの継続的な活動が目立っていると説明しています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年上半期」の画像

もっと見る

「年上半期」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる