「パートナー」とは?

関連ニュース

【コロナが変えた会社のカタチ】三井物産、新社屋にできた他部門と交流する場 個々の社員が力を高め、社内外のパートナーと新しい価値 - 11月27日(金)20:00 

三井物産は6月、東京・大手町の旧本社跡地の新本社を本格稼働した。それに先駆け2018年、10人弱で結成されたタスクフォースで、新しい働き方を検討する「Work-…
カテゴリー:

DiDi、5都市においてPayPay決済で タクシーが毎日半額になるキャンペーン開催 - 11月27日(金)19:18 

                                   Press Release                               2020年11月27日                       DiDiモビリティジャパン株式会社 報道関係各位        DiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:Stephen Zhu、以下「DiDiモビリティジャパン」)はみなさまが日常の移動をより安心・快適にしていただけるよう、2020年11月20日より「帰ってきた!DiDi」キャンペーン第2弾として「帰ってきた!PayPay決済でタクシーが毎日半額」キャンペーンを開催しています。こちらのキャンペーンは北海道、愛知県、広島県、福岡県、沖縄県が対象となります。    「帰ってきた!PayPay決済でタクシーが毎日半額」キャンペーンについて  クーポンコード「HANGAKU」を入力してアプリ連携したPayPayの残高でお支払いすると、乗車料金が毎日半額*になります。さらに、金土は現在実施中の「帰ってきた!PayPay決済で毎週金土は初乗り無料キャンペーン」もご利用可能です。(キャンペーン詳細はこちら https://didimobility.co.jp/info/202010...more
カテゴリー:

セレブ御用達の栄養士に感化されたケイト・マーラ。【セレブがヴィーガンになった理由vol.3】 - 11月27日(金)17:00 

仲の良い姉妹、ケイトとルーニー・マーラはともにヴィーガンだが、ルーニーのパートナー、ホアキン・フェニックスも熱心な菜食主義者であるのに対し、ケイトの夫ジェイミー・ベルは違う。たとえ夫婦で食生活が異なっても、大切なのは「買っている食品がどこからきているのかを知り、意識的な選択をすること」だというのが、ケイトの持論だ。
カテゴリー:

探し物トラッカー「Tile」のコンビニ限定商品「Tile Mate Book」最新版が発売 - 11月27日(金)15:10 

Tileは11月26日、探し物トラッカー「Tile」(Android版・iOS版)のコンビニ限定商品「Tile Mate Book」最新版として、「Tile Mate Book vol.2」を発売した。特別価格税込1980円。ローソン約5000店舗の雑誌コーナー、ローソン店頭に設置してある全国のLoppiで購入できる。 コンビニ限定Tile Mate Bookは、初心者向けに分かりやすく設定方法を説明したブックレットを付け特別価格で提供するシリーズ。Tile Mate Book vol. 2では、電池交換可能な人気ベーシックモデル「Mate」(メイト)を同梱している。店頭の商品が完売しても、また雑誌コーナーでの取り扱いがない店舗でも、マルチメディア端末Loppiからのオンライン注文が可能。 Tileは、鍵や財布など大切なものに取り付けて、落とし物や失くし物を見つけることができる探し物トラッカー。Tile本体からは音で、スマートフォンでは地図上で場所を確認できる。家庭内からアウトドアまで様々な用途で活用できるよう、アクセサリー感覚で使えるタイプやカード型タイプ、防水・防塵タイプなど幅広いラインアップを用意している。 日本市場では、2020年2月から有料のサブスクリプションサービス「Tile Premium」を開始。Tileと離れると通知が届く「スマートアラート」機能や、過去30...more
カテゴリー:

仕入れや在庫を最適化し店頭の食品鮮度を管理するAfreshが評価額100億円達 - 11月27日(金)15:00 

Afreshは、生鮮食品の需要を追跡して食料品店のオーダーを最適化するソフトウェアを開発している。いまや同社の評価額は、1億ドル(約103億9000万円)に達している。 このすごい評価額で同社は、Food Retail Venturesがリードする最新の投資ラウンドの追加投資として1300万ドル(約13億5000万円)を調達した。このラウンドにはこれまでの投資家であるInnovation EndeavorsとMaersk Growth、そしてBaseline Venturesが参加した。 なお、このラウンドの一環として、スーパーマーケットの持株会社であるAhold USAの元CEO、James McCann(ジェームズ・マッキャン)氏が同社の取締役会に加わった。 Afreshのような企業は、製造企業が採用しているERP(Enterprise Resource Planning、企業資源計画)と同じ種類の技術で食品廃棄物の問題に取り組んでいる。そしてその成果も上がっており、同社によると、Afreshを利用しているストアは、そうでないストアに比べて無駄になる食材を1 / 4減らしている。そのようなストアは、食材の営業利益が40%向上し、売上も2%から4%増加している。 Afreshの創業者でCEOのMatt Schwartz(マット・シュワルツ)氏は、声明で次のように述べている。「20...more
カテゴリー:

サンデーが八戸に総合ペット専門店出店 - 11月27日(金)19:21 

ホームセンターのサンデー(青森県八戸市)は28日、ペットに関する総合的なサービスを提供する新たな専門店「ペットライフパートナーZoomore(ズーモア)八戸店」を八戸市城下4丁目に開店する。需要拡大が見込めるペット市場に対応し「ペットとの出会いからお別れまでを総合的にサポートする」取り組みの第1弾。27日に内覧会を行い、川村暢朗社長は2025年度までに東北地域にズーモアを20店舗程度、新規出店する方針を明らかにした。ズーモア八戸店は、犬や猫、ハムスター、ウサギなどの小動物、爬虫(はちゅう)類、…
カテゴリー:

アイデミアがモバイルIDを活用してデジタルトラベルクリデンシャルを実現 - 11月27日(金)18:22 

仏クールブヴォア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルトラベルクリデンシャルにより、空港と航空会社の間の移動がより楽しい体験となり、空港のサービスとシステムに対して抱く乗客の信頼が強まります。2020年11月10〜11日に開催されたICAO仮想会議にて、アイデミアは航空会社のパートナーと共に、画期的な革新機能のデモを行い、DTCを実現する完全に運用可能なソリューションを紹介しました。 アイデミアは、当社のモバイルIDソリューションと乗客移動促進ソリューションを活用して、チェックインとスマートボーディングのための乗客DTCをシミュレートしました。乗客は、高速で超セキュアな生体認証のおかげで、すべての空港タッチポイントを迅速に通過できます。アイデミアのDTCは、紙のパスポート向けと同じセキュリティーレベルで個人データを扱います。 アイデミアの公安・本人確認事業担当グループエグゼクティブバイスプレジデントのフィリップ・バローは、次のように述べています。「このDTCデモ用モデルは、セキュリティー、信頼性、スムーズ性に優れた方法で空港における航空移動者の本人確
カテゴリー:

“PSパートナーアワード2020”が12月3日19時より配信決定! ここ1年でヒットしたプレイステーションタイトルを表彰する祭典で栄冠に輝くのは? - 11月27日(金)15:15 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ここ1年でヒットしたプレイステーション フォーマットタイトルの表彰を行う“PlayStation Partner Awards 2020 Japan Asia”を2020年12月3日(木)より開催する。また、2020年12月3日(木)19時よりPlayStation公式YouTubeチャンネルにて配信する。
カテゴリー:

【News Letter  vol.4】ZTE 中国での商用5G開始から1年、ZTEの各分野での活動をご紹介 - 11月27日(金)15:03 

ZTEジャパン株式会社 2020年11月27日   5Gの最前線企業・ZTEジャパンが5Gの最新情報・事例をお届け! News Letter vol.4   中国での商用5G開始から1年、ZTEの各分野での活動をご紹介   ZTEジャパン株式会社よりニュースレターをお届けします。中国では商用5Gが2019年11月に開始され1年が経ちました。今回は、これまでにZTEが携わった様々な分野での5G関連トピックスをまとめてお伝えいたします。   ■  ZTEの5Gによる新型コロナウイルス感染症への対策と支援   5G + AI検温システムで南京での工場生産再開を支援 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するとともに作業再開を速やかに対応するため、5G + AIに基づいて多人数体温測定監視システムを開発しました。南京濱江工場、管理委員会などの部門で適用に成功し、生産再開を支援しました。  元々工場では耳温計を使用して検温していたため、朝のピーク時には入口で人が集まるなど、感染のリスクが非常に高くなります。この問題を解決するため、ZTEは自社開発の5G + AI検温システムを配備しました。この検温端末は、異常な体温を検知するとシステムが警告を出す仕組みですが、大きな特徴は測定距離が最大10メートルに達することと、最大64名まで追...more
カテゴリー:

imecが6Gに向けたAdvanced RFの研究を開始、InP/CMOSヘテロ積層を探索 - 11月27日(金)14:45 

ベルギーの独立系半導体ハイテク研究機関imecは、次世代モバイル通信である6Gへ向けたロードマップの作成に焦点を当てた競争前段階の「Advanced RF」研究プログラムを研究パートナー各社とともに開始した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「パートナー」の画像

もっと見る

「パートナー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる