「期待感」とは?

関連ニュース

神奈川・厚木のアユ養殖施設が再生 生産8トン可能…安定供給に期待 - 02月20日(木)23:32 

 アユの漁場や釣りの名所として知られる神奈川県厚木市で、養殖施設「厚木あゆ種苗センター」の再生工事が完了し、使用不能だった水槽設備が新しく生まれ変わって1月から本格稼働を始めた。年間約3トンだった生産量が約8トン程度に増え、河川などへの安定供給体制が整ったことから、漁業関係者や釣り人が期待感を高めている。アユの6次産業化で地域振興を図りたい行政関係者の鼻息も荒い。
カテゴリー:

東証、一時400円超上昇 円急落で輸出株に買い - 02月20日(木)11:10 

 20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸した。上げ幅は一時400円を超えた。中国の景気刺激策への期待感から前日の米国株が上昇した流れを引き継いだ。外国為替市場で円安ドル高が進行し、円相場が1ドル=111円台前半まで急落したことも輸出株の買いを誘った。
カテゴリー:

NICTと衛星データ分析スタートアップ企業Kayrros SAS社の提携 - 02月18日(火)14:00 

2020年2月18日 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) Kayrros SAS NICTと衛星データ分析スタートアップ企業Kayrros SAS社の提携 ~衛星リモートセンシングにより、エネルギー産業の新たな価値を創出~  国立研究開発法人情報通信研究機構(本部: 東京都小金井市、理事長: 徳田 英幸、以下「NICT」)とKayrros SAS社(本社: フランス パリ、代表取締役社長: Antoine Rostand、以下「Kayrros」)は、衛星リモートセンシング*を用いて、人間活動により排出される様々なガスを地球規模で可視化するという共通ビジョンの下に提携しました。  この提携により、従来は地上に多数のセンサーを配置しなければ把握できなかったガス排出量を、衛星リモートセンシングにより効率的にモニタリングする新しい技術を確立し、世界のエネルギー産業における新たなアクショナブルインテリジェンス(価値判断に資する情報)の創出に取り組みます。  NICTテラヘルツ研究センターは、過去12年以上にわたり、地球温暖化や大気汚染等の地球大気環境問題において鍵となる物質を対象に、その大気中濃度情報を衛星リモートセンシングにより抽出する独自アルゴリズムの研究開発を実施してきました。一方、Kayrrosは、2016年に設立した地理空間分析における先進的企業であり、地球...more
カテゴリー:

GDPマイナス「景気回復期待感」に支えられた安倍政権に痛手 「桜」の衝撃も追い打ち - 02月17日(月)21:37 

 17日の統計で示された日本経済の5年半ぶりの大幅なマイナス成長は、経済政策重視の安倍政権への痛手となりそうだ。政権は昨年10月の消費増税や自然災害、暖冬をマイナス要因にあげるが、野党は「大不況に陥る可能性が出てきた」(共産党の小池晃書記局長)と攻勢を強める。新型肺炎の拡大による経済への悪影響や、「
カテゴリー:

SBIネオモバイル証券「ネオモバ」の評判は?メリット・デメリットも解説 - 02月16日(日)13:52 

SBIネオモバイル証券が始めた「ネオモバ」では、メジャーな共通ポイントであるTポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができます。ネオモバは2019年4月10日の開業から2019年8月に10万口座を達成、2019年11月末には20万口座を突破し、すでに約1億8,000万ポイントのTポイントが投資に使われているなど、非常に注目されているサービスです。 この記事では、ネオモバのメリットやデメリット、実際の評判や口コミについてご紹介します。各社が提供しているポイント投資でどれを選べばいいかと悩んでいる方は、参考にしてみてください。 目次 ネオモバの「Tポイント投資」とは 1-1.Tポイント投資とは ネオモバのメリット 2-1.Tポイントを使って株式投資ができる 2-2.スマホで簡単に始められる!アプリも利用可能 2-3.少額で株式投資を始めることができる 2-4.毎月ポイントが貰える 2-5.現金を使わずに投資体験できる 2-6.1株からIPOに投資できる「ひとかぶIPO」 2-7.株の自動定期買付が100円から設定可能 ネオモバのデメリット 3-1.毎月200円(税抜)の利用料金がかかる 3-2.iDeCoは取り扱うが、NISAには対応していない 3-3.外国株は取り扱っていない ネオモバの評判・口コミ ネオモバを利用する際の注意点 5-1.金...more
カテゴリー:

20日東京株式市場前場 中国の景気刺激策に期待感.. - 02月20日(木)12:13 

20日東京株式市場前場 中国の景気刺激策に期待感 2万3607円77銭で終了 
カテゴリー:

【WHO】横浜のクルーズ船「感染者が予想以上に増えた。不幸な出来事だった」 - 02月19日(水)09:44  newsplus

新型コロナウイルスの感染が広がる横浜港のクルーズ船について、WHO(世界保健機関)は「感染者が予想以上に増えた」という見解を示しました。 WHOの幹部は18日の会見で、日本がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を船内に隔離した対応について「世界中に全員を分散させるよりも当時は明らかに望ましい対応だった」と述べました。そのうえで「感染者がその後、予想以上に増えた」との見解を示し、「不幸な出来事だった」としました。一方、19日に乗客の下船が始まることに対しては「日本の当局が適切なケアをしてくれ...
»続きを読む
カテゴリー:

GDPマイナス「景気回復期待感」に支えられた安倍.. - 02月17日(月)22:46 

GDPマイナス「景気回復期待感」に支えられた安倍政権に痛手 「桜」の衝撃も追い打ち
カテゴリー:

ドル109円後半、中国景気対策が期待下支え - 02月17日(月)16:10 

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の109円後半。予想を大きく下回る2019年10―12月期実質国内総生産(GDP)と株安を受けて一時円が買われたが、中国の景気対策に対する期待感と株高が下支えとなった。
カテゴリー:

消えた自動運転、都市OS覇権へ向けてのアプローチ、CES2020を振り返る - 02月16日(日)10:00 

編集部注:本稿はDNXベンチャーズでインダストリーパートナーを務める山本康正氏による寄稿記事だ。 年初にテクノロジーの潮流を確認するイベント「CES」では、今年も様々な企業が新しい構想を発表した。 そんなCESで注目すべきは、「何が出展されたか」ではなく、「何が消えたか」。「昨年までは展示されていたのに、今年はない」、それは方針の変更を意味している。 全体の潮流として、今年は昨年に比べ、自動運転の展示が減った。これは「自動運転の開発が想定通りに進んでいない」ということを意味している可能性がある。(一方でホンダなどが出資する自動運転開発ベンチャーのGMクルーズはライドシェア用の無人運転車をCESではなく後日の1月21日に発表しており、評価が分かれている) 代わりに目立ったのは、地に足のついた電気自動車内のエンタメシステムや、自動運転の先を行くスマートシティの整備などについての発表だ。構想が自動運転の手前と周辺に二分したのは興味深い。 電気自動車というカテゴリでは、ソニーが発表した試作車、「Vision-S」が特に注目を集めた。 「ソニーがもし車を作ったらどうなるのか」。期待感、そして「非自動車メーカー」からの発表という意外性から、多くの参加者がVision-Sに熱いまなざしを向けていた。Vision-Sは今年のCESで一番注目された車だ。 Vision-Sの左後部座席の下には「S...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「期待感」の画像

もっと見る

「期待感」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる