「実店舗」とは?

関連ニュース

【記者コラム】欲しいを刺激する - 09月25日(金)20:00 

ネットショップや実店舗で、物を買うタイミングっていつなのか、ふと思うことがあります。衣食住それぞれのカテゴリーごとに購買のタイミングは異なります。そもそも欲しいものがなければ、当然買いませんね。私は毎朝、アイスコーヒーを買いにコンビニへ行き・・・
カテゴリー:

「コミケ中止」で同人誌販売大手「とらのあな」が大量閉店に―実店舗復活の「希望の光」となる動きも? - 09月25日(金)08:33 

 世界最大の同人誌即売会となった「コミックマーケット」の初開催から45年。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりこの45年間で初めて「コミックマーケットが開催されない1年」となってしまった。  そうしたなか […]
カテゴリー:

【まねーぶ調べ】クレジットカードは複数枚持つ時代へ、発行の決め手となった券面デザインは? - 09月24日(木)11:00 

2020年9月24日 株式会社GV まねーぶ 株式会社GV(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥田木和弘)が運営する、クレジットカードや電子決済等のお金に関する情報メディア「まねーぶ」は、ケイペイ/KayPay氏監修のもと、全国20代~60代のクレジットカード保有者800人に券面デザインを理由とした発行有無について調査し、うち発行ありと回答した119人を対象に満足度および利用調査を実施しました。   ■調査背景 クレジットカードの保有枚数は1人あたり2.7枚(令和元年11月時点 一般社団法人日本クレジット協会より)と複数枚持つ時代です。利用用途による使い分けはもちろん、豊富な券面デザインに惹かれて発行する人も多いのではないでしょうか。 まねーぶの調査ページ「まねーぶ調べ」では、クレジットカードマニアでYouTuberのケイペイ氏監修のもと、券面デザインを理由としたクレジットカードの発行率を調査し、人気カードやユーザー満足度および利用状況を明らかにするとともに選ばれやすいデザインの特徴や使い分け方法について考察していただきました。   ■調査回答者の属性(n=119) ※券面デザインを理由にクレジットカード発行あり回答者(調査2以降) 性別:男性25.2%/女性74.8% 年代:20代30.3%/30代35.3%/40代23.5%/50代10.9% 婚姻:未...more
カテゴリー:

デジタル化でもなくならない、実店舗での“買い物.. - 09月23日(水)18:03 

デジタル化でもなくならない、実店舗での“買い物体験”。成功のカギは「OMO」?
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査を実施(2020年) 2019年の国内市場規模は前年比103.0%の9,851億円と微増ながらも3年連続増加 - 09月23日(水)15:30 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内宝飾品(ジュエリー)市場につい て調査を実施し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにいたしました。1.市場概況2019年の国内宝飾品(ジュエリー)小売市場規模は、前年比103.0%の9,851億円と、前年に引き続き微増ながらもプラス成長となり、3年連続で増加する結果となった。2019年10月の消費税率引上げを受けて、10月以降は買い控えが顕著に表れたものの、増税直前である第3四半期(2019年7月~9月)の駆け込み需要が予想より大きく、金額ベースにおいて落ち込みを抑えることができた。一方で、クリスマス商戦においては実店舗における来店客数の減少に加え、成約に至るケースの落ち込みが大きかった。クリスマスプレゼントにおいても通販チャネルでの購買が年々目立つようになっており、店頭の賑わいを減らしている一因ともなっている。2.注目トピック~令和婚によりブライダルジュエリー市場が12年ぶりに増加令和元年になった年を結婚記念にしたいと考えるカップルによる「令和婚」により、2019年の婚姻組数は、前年比102.1%と7年ぶりに増加した※。その結果、2019年のブライダルジュエリー市場も前年比0.7%増とわずかではあるが12年ぶりに増加している。※出典:厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)」(2020年6月5日...more
カテゴリー:

「実店舗」展開を急拡大する、米・毛布 D2C ブランドの狙い :小売大手ターゲットとの提携で - 09月25日(金)11:50 

「グラビティ・ブランケット(Gravity Blanket)」の製造・販売を手がけるD2C企業、グラビティ・プロダクツ(Gravity Products)は、2017年の設立以来、自社Webサイト以外の場所にもリーチを求め、その多様化を足早に進めてきた。その同社がいま進めているのが、大型小売店への進出だ。 The post 「実店舗」展開を急拡大する、米・毛布 D2C ブランドの狙い :小売大手ターゲットとの提携で appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

ランドセルの土屋鞄、なぜいま都心に続々出店?実店舗とウェブ、相乗効果を生む方法 - 09月25日(金)05:40 

「都心の商業施設ほど、業績が悪いですね」先日、取材したアパレル企業の経営者から、こんな話を聞いた。同社は東京・渋谷や新宿、さらに多摩地区の商業施設にも店舗を構えるが、郊外店よりも都心店の業績が振るわないという。8月は好天が続いたにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染が再び拡大し...
カテゴリー:

アップルがインドでオンラインストアをオープン - 09月24日(木)08:30 

インドで事業を始めて20年以上になるApple(アップル)が、世界第2位のスマートフォン市場の消費者に初めて自社製品を直接販売する。 アップルは9月23日にインドのオンラインストアをオープンした。オンラインストアではアップル製品のほぼすべてのラインナップに加え、さまざまなサービスもインドの消費者向けに初めて提供する。アップルのオンラインストアは、インドが38番目のマーケットだ。 インドの消費者は製品保証を延長するAppleCare+を購入できるようになり、新しいハードウェアの購入価格が安くなる下取りプログラムも利用できる。アップルはチャットや電話での顧客サポートも提供し、購入前にスペシャリストに相談できるとしている。さらにiMac、MacBook Air、Mac MiniなどのMacをカスタマイズして購入できる。Macのカスタマイズはインドでは5月後半に、アップルの認定パートナーを通じてのみオフラインで提供が開始されていた(未訳記事)。 月ごとの分割払いでも購入できる。TechCrunchは2020年1月に、アップルが7~9月の四半期にインドでオンラインストアをオープンする計画であると報じた。また、アップルがインド初の直営店を2021年にオープンする計画であるとも報じている。 コンサルティング会社、Convergence CatalystのチーフアナリストであるJayanth Ko...more
カテゴリー:

ネットショップの弱点を突け。リアル店舗が勝つための「五感」集客術 - 09月23日(水)17:47 

最近、「ネットショップにお客様を奪われ商売が立ち行かなくなりつつある」というリアル店舗経営者の方の悲鳴をよく耳にします。新型コロナウイルス感染症の流行以降、その流れはますます顕著となっていますが、このまま座して死を待つしかないのでしょうか。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、「ネットの弱点」を明らかにした上で、その弱点を突くリアル店舗ならではの集客方法を提案しています。 ネットの弱点 ネット社会では、ビジネスにおいてもネットの活用が不可欠です。しかし、商品・サービスによっては、実店舗でなければ売りにくい、買いにくいというものがあります。 お客さまによっても、実際に見て、触れて、試してからでないと、買う気にならない方もいます。「お店に行かなければ…」というお客さまをもっと集めることができれば、ネットに頼らなくてもビジネスは充分に成り立ちます。そのためには、ネットとは違うことをアピールする必要があります。ネットではわからないこと、感じることができないものを前面に押し出すのです。 モノを売るには、「五感」に訴えろと言います。 「視覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」。 この5つを演出のテーマとして活用すれば、お客さまの反応が良くなるのです。人が何らかの情報を取り込む時、その80%は視覚からだと言いますが、記憶に残...more
カテゴリー:

産業用オープンソースハードウェアのビズライト・テクノロジーがエッジAIカメラをJVCケンウッドと共同開発 - 09月23日(水)15:13 

産業用オープンソースハードウェアの企画・製造スタートアップ「ビズライト・テクノロジー」は9月23日、JVCケンウッドと共同開発したIoTエッジAIカメラ「BH3-AI-VISION」を発表した。10月下旬より発売する。 またJVCケンウッドは、同カメラを人間の五感機能をセンサーで補う「EXensors」(エクセンサーズ)シリーズの第1弾として展開し、総代理店として販売する。JVCケンウッドは、今後も多くのAIベンダーや関連ソリューションを持つ企業とパートナリングを創出し、事業への展開を目指すとしている。 BH3-AI-VISIONは、JVCケンウッドのプロ用・家庭用ビデオカメラやドライブレコーダー開発で培った映像光学技術と、オープンソースハードウエアを活用した産業用途展開で実績を持つビズライト・テクノロジーとの協業により開発。 同カメラは、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)ベースの汎用エッジボックス「BH3」のカメラ一体型モデルとなっており、PoE+に対応。単体またはアクセラレートデバイスを接続することで、エッジAIカメラシステムを構築できる。 小型・軽量ながら高精細な映像を記録できるほか、カメラ側でディープラーニングにおける推論処理のカスタマイズが可能。人数カウントや駐車場のナンバープレート確認、マーケティング用途などで活用できるという。また、すでにプロトタイプを活用した...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実店舗」の画像

もっと見る

「実店舗」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる