「報告書」とは?

関連ニュース

【ファミリービジネス】三浦瑠麗氏の夫の会社「10億円トラブル」 東京地検の捜査が政界に“飛び火”する可能性 ★2 - 01月30日(月)20:30  newsplus

※1/29(日) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL  国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)の周辺がどんどんキナ臭くなっている。夫の三浦清志氏(43)が代表を務める投資会社「トライベイキャピタル」が展開する太陽光発電事業をめぐり、東京地検特捜部に本社や自宅を家宅捜索された問題は、政界に飛び火する可能性が出てきた。第2次安倍政権以降、“保守派”の論客として鳴らしてきた瑠麗氏の人脈と、清志氏のビジネスが混然一体となっていた疑いが浮上しているのだ。 ■武田元総務相のパーティー券を大量購入 「瑠麗氏はこれまで多くの大物政治...
»続きを読む
カテゴリー:

アレフへの再発防止処分を公安審に請求 資産隠しの可能性  - 01月30日(月)15:32 

 公安調査庁は30日、団体規制法に基づき、オウム真理教の後継団体「アレフ」の活動を大幅に制約する再発防止処分を公安審査委員会に請求した。同法に基づいて報告された資産が激減しており、アレフが資産を隠している可能性があるとみている。請求は2021年に続き2回目。前回は、報告書自体を出していなかったアレフ
カテゴリー:

C&W、2023年版世界のデータセンター市場比較レポート、東京は5位に - 01月30日(月)11:00 

- 東京市場は市場規模では米国バージニア州、北京、ロンドン、シンガポールに次ぐ世界第5位- 市場インフラなども含めた総合順位ではアジア太平洋地域で第5位にランクイン   グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、グローバルデータセンター比較2023年度版を発表しました。     ダウンロードはこちら     主なポイント ・データセンター市場は引き続き急成長しており、昨年の累計4.9GWから累計7.4GW相当の新規稼働が見込まれています。 ・ハイパースケールを追求するテナントやコロケーションプロバイダーが世界各地で新規プロジェクトを発表し、二次市場や新興市場において大きな発展が見られました。 ・電力供給源は、主要市場でますます制約を受けるようになりました。電力コストは上昇し、調査対象市場の光熱費は中央値で対前年比約16%上昇しました。 ・電力不足という逆風にもかかわらず、総体的には用地取得競争は激化、大規模市場は引き続き拡大し、業績をさらに改善させています。     アジア太平洋地域トップ10 1. シンガポール 2. 香港 3. シドニー *  3. ソウル *  5. 東...more
カテゴリー:

『再生可能エネルギー白書2023年版』 発刊のお知らせ - 01月30日(月)11:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『再生可能エネルギー白書2023年版』の発刊ならびにその概要を発表した。本白書は、好評を博した同タイトルの白書2021年版を、最新の動向・状況変化を踏まえて大幅に拡充・再編成したものである。環境省試算によると、日本の再生可能エネルギーの潜在能力は、現在使用されている全電力需要の最大2倍とされている。一部では石炭、天然ガス、原子力がなくても、再生可能エネルギーだけで電力をまかなえる可能性があるとされており、再生可能エネルギーの需要が増加することが予想される。また、日本でも、国際的な取り組みである「RE100」、「ESG」による再生可能エネルギーや関連の資源分野への投融資、「SDGs」への貢献を目指す取り組みが注目されている。一方で、再生可能エネルギーなどのグリーン産業は、市場経済の観点からはコストとリスクの課題に直面しており、強味とする分野の更なる研究開発推進に加え、各産業の再構築・再編成に伴う戦略性、サステイナブルデベロプメント(持続可能な発展)を追及するためのトータルシステムとしての再生エネルギーの優位性を探求していくことが求められている。また、太陽光発電システムなどで作られた電力を束ねて効率的に制御し、提供(アグリゲート)することが求められている。そこで、本調査報告書(白書)では、再生可能エネルギー...more
カテゴリー:

【ファミリービジネス】三浦瑠麗氏の夫の会社「10億円トラブル」 東京地検の捜査が政界に“飛び火”する可能性 - 01月30日(月)09:06  newsplus

※1/29(日) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL  国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)の周辺がどんどんキナ臭くなっている。夫の三浦清志氏(43)が代表を務める投資会社「トライベイキャピタル」が展開する太陽光発電事業をめぐり、東京地検特捜部に本社や自宅を家宅捜索された問題は、政界に飛び火する可能性が出てきた。第2次安倍政権以降、“保守派”の論客として鳴らしてきた瑠麗氏の人脈と、清志氏のビジネスが混然一体となっていた疑いが浮上しているのだ。 ■武田元総務相のパーティー券を大量購入 「瑠麗氏はこれまで多くの大物政治...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】多摩地域の多数の住民から欧米の安全基準値超え有害化学物質が検出 - 01月30日(月)16:46  newsplus

東京都多摩地域の多数の住民の血液から、欧米の安全基準値をはるかに超えるレベルの有害な化学物質が検出されたと住民団体が30日発表した。 この化学物質はPFAS(ピーファス)と呼ばれる有機フッ素化合物の一群で、 がんや免疫力低下、胎児の発育障害など様々な病気との関連性が疑われている。 このため、国際条約で製造や取引を禁止する動きが進んでいるほか、欧米政府も独自の規制強化を急いでいる。 日本は欧米に比べて対策が大幅に遅れており、住民の健康への影響が懸念される。 多摩地域の多くの住民が飲み水として利用して...
»続きを読む
カテゴリー:

オウム真理教さん、まだ公安にマークされている模様……さすがにかわいそう - 01月30日(月)11:19  poverty

アレフの報告資産12・8億円、3年で2000万円に激減…報告不十分で「処分」再請求へ オウム真理教の後継団体主流派「Aleph(アレフ)」が公安調査庁に報告した昨年10月時点の資産額が約2000万円にとどまり、2019年10月の約12億8000万円から3年で1・5%に激減したことがわかった。同庁は近く、団体規制法の観察処分で義務づけられた活動実態の報告が不十分だとして、同法に基づく再発防止処分を公安審査委員会に請求する見通し。 請求が行われれば2度目だが、前回は同庁が取り下げた経緯があり、実...
»続きを読む
カテゴリー:

『クリーンエネルギー/エネルギー革新白書2023年版 -水素エネルギーから分散型エネルギー資源まで-』 発刊のお知らせ - 01月30日(月)11:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『クリーンエネルギー/エネルギー革新白書2023年版 -水素エネルギーから分散型エネルギー資源まで-』の発刊ならびにその概要を発表した。本白書は、好評を博した同タイトルの白書2021年版を、最新の動向・状況変化を踏まえて大幅に拡充・再編成したものである。近年、再生可能でクリーンなエネルギー資源が注目されている。温室効果ガスの排出量を低減する「脱炭素化」に向け、さまざまなエネルギー分野で、クリーンなイノベーションに向けた技術開発が進められている。天候などによって発電量が左右される再生可能エネルギーを補完・強化する意味でも、次世代クリーンエネルギーの開発が重要なテーマとして認識・共有されている。例えば、本報告書で取り上げている水素は大きな可能性を秘めたクリーンなエネルギー源のひとつである。水素は、地球温暖化係数がゼロのエネルギーであり、水素を利用した燃料電池(FC)は、自動車や家庭、企業など幅広い用途に利用することができる。水素は、大量の電気を長時間蓄えることができ、長距離の輸送、燃料電池を使ったコージェネレーション、燃料電池自動車や燃料電池バスなどの移動体、CO?フリーの水素供給システムなどさまざまな用途に利用することができる。また、CO2フリーのアンモニアを燃料とするガスタービンやボイラーなどの燃焼技術...more
カテゴリー:

クライメート・コネクト・デジタル、2021-2022年度のカーボンニュートラルを達成 - 01月30日(月)09:30 

ロンドン, 2023年1月27日 /PRNewswire/ -- 気候技術ソリューションの大手提供企業であるクライメート・コネクト・デジタル (Climate Connect Digital、英文略称:CCD)は本日、2021-22年度(2021年4月~2022年3月)の温室効果ガス(GHG)インベントリーを公表し、その相殺策を実施することを明らかにしました。 GHGインベントリーレポート は、イギリス、スペイン、マレーシア、インドを含むすべての従業員、研修員、コンサルタントの全世界の事業活動からの排出を対象としています。 GHGプロトコルに基づき、CCDはスコープ2とスコープ3の排出量のみを計上することになっています。 同社のレンタルオフィス拠点での購入電力によるスコープ2排出量は、二酸化炭素換算で1トン強と算出されました。 また、出張、顧客ドメインのクラウドサーバー利用、送配電ロス、在宅勤務などの活動を含むスコープ3の排出量は、141.179tCO2eと算出されました。 特に在宅勤務はスコープ3の中で大きな割合を占めています。これらの排出量を相殺するために、CCDはヴェラ (英文Verra)に登録されている再生可能プロジェクト(( VCU-1946 )と自然保護プロジェクト(( VCU-1477 )の組み合わせから、質の高いオフセットを購入しています。 CCDは、オ...more
カテゴリー:

フィリピン、バナナを値上げしたら売れなくなり世界3位に転落 一体なぜ… - 01月29日(日)20:37  news

国連の食糧農業機関(FAO)は最新の報告書で、2022年のフィリピンのバナナ輸出量が前年比6%減少し、世界2位から3位に転落したと明らかにした。 2位にはグ… バナナ輸出国2位から転落 、出荷量6%減 https://www.nna.jp/news/2471904 関連ニュース フィリピン政府は8日、日本の小売業団体に対し、フィリピン産バナナの販売価格引き上げに理解を求める異例の申し入れを東京都内で行った。 新型コロナウイルス流行やロシアのウクライナ侵攻で、バナナの生産・輸送コストが上昇しているためだ。 フィリピン政府、バ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる