「報告書」とは?

関連ニュース

中1自殺「担任指導原因」 嫌がらせ加害者と誤認 奄美・第三者委 - 12月10日(月)23:53 

 奄美市の公立中学1年男子生徒=当時(13)=が2015年11月に自殺した問題で、市総務部が設置した第三者調査委員会は9日、「担任教諭の不適切な指導が自殺の原因」とする報告書を市に提出した。同級生に嫌がらせをした加害者と誤認した担任の指導や家庭訪問が、生徒を追い詰めたと認定。学校や市教育委員会の対応についても「生徒のせいにして指導を正当化しようとした」と批判した。
カテゴリー:

新体操宮川紗江(ブス)、敗訴 - 12月10日(月)22:48  livejupiter

 日本体操協会は10日、16年リオ五輪代表の宮川紗江(高須クリニック)をめぐるパワハラ問題についての第三者委員会の報告書を公表した。  塚原千恵子氏による宮川と速見コーチの引き離し行為は「認められない」とし、今年7月15日の塚原光男、千恵子両氏による宮川へのパワハラ行為についても 「配慮に欠け不適切な点が多々あったとはいえ、悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」とした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【誰だっけ・・・】 女子体操、塚原夫妻のパワハラ認めず 「この程度のこと、普通にありえる」と認定 - 12月10日(月)22:13  news

体操・塚原夫妻のパワハラ認定されず 体操協会は一時職務停止を解除で復職へ 調査報告書によると、千恵子女子強化本部長による、宮川と速見佑斗コーチの引き離し行為の有無については、 「引き離し行為は認められない」とした。 また、今年7月15日にあったとされた塚原夫妻による宮川へのパワハラに該当する事実の有無については 「宮川選手との行為状況・行為様態・行為内容は配慮に欠け不適切な点が多々あった」としつつも、 「悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」と、事実上パワ...
»続きを読む
カテゴリー:

第三者委員会「パワハラはなかった! 高須クリニックに入った宮原選手の主張は認められない」塚原夫妻は復職へ 体操協会パワハラ問題 - 12月10日(月)20:58  poverty

日本体操協会は10日、都内で臨時理事会を開き、体操女子リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=を巡る塚原光男副会長(70)、千恵子女子強化本部長(71)のパワーハラスメント(パワハラ)問題に関する第三者委員会の調査結果を発表した。 第三者委員会は、夫妻による宮川へのパワハラを認定しなかった。 これを受け日本体操協会は塚原夫妻の一時職務停止を解き、復職するとした。 調査報告書によると、千恵子強化本部長による、宮川と速見佑斗コーチの引き離し行為の有無については、「引き離し行為...
»続きを読む
カテゴリー:

進む役員報酬決定の透明化 ゴーン逮捕も後押し - 12月10日(月)20:46 

 有価証券報告書に報酬を過少申告した疑いで日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕された事件を契機に、役員報酬への関心が高まっている。高額報酬への視線が厳しさを増す一方、日本企業の国際競争力強化に向けては優秀な経営人材を呼び込むだけの報酬水準も不可欠だ。企業側は役員報酬の決定プロセスの透明性や客観性を高める取り組みを急ぐ。
カテゴリー:

順大入試「うーん、女子はコミュ力が高くて面接有利なので一律減点w!」 - 12月10日(月)23:13  livejupiter

順天堂大(東京都)は10日、医学部入試をめぐって設置した第三者委員会から「合理的な理由なく、女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていた」と指摘されたと公表した。 特に面接などが行われる2次試験では「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」として点数を一律に下げていた。大学によるとこの結果、 2017、18年春の入試では本来合格していた計165人が不合格となった。大学はこのうち、2次試験で不合格となった48人(うち女子47人)を追加合格にする方針という。   第三者委の報告...
»続きを読む
カテゴリー:

【元駐日仏大使】「まるでサウジアラビア」ゴーン前会長逮捕に強い不快感 「国際社会で日本が信頼失う事態になるだろう」 - 12月10日(月)22:43  seijinewsplus

【パリ三沢耕平】フィリップ・フォール元駐日フランス大使(68)がパリ市内で毎日新聞の取材に応じ、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕に強い不快感を示した。日本政府は逮捕容疑に関する詳細な情報を提供すべきだとし、国際社会で日本が信頼を失う事態に発展しかねないと警告した。 「日本のことを友人だと思っていたのに……」。フォール氏は険しい表情でこう語り始め、逮捕について「とにかく驚いている」と繰り返した。  ゴーン前会長の逮捕容疑は役員報酬の虚偽記載。通常、有価証券報告書の記載内容は企業や監査...
»続きを読む
カテゴリー:

生きたお金を循環させる。地域の「人のつながりづくり」の極意 - 12月10日(月)21:30 

マンション住民の高齢化による健康不安や孤立防止のため、マンション内のコミュニティ活動需要は高まってますが、こういった活動は長続きしにくいとも言われます。その原因はどこにあるのでしょうか。マンション管理士の廣田信子さんは自身の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』で、高齢者福祉政策の補助金を活用し「継続発展するコミュニティ形成」に成功した千葉県浦安市の事例を紹介しています。 生きたお金の使い方が人のつながりを育てる こんにちは!廣田信子です。 先日の「人のつながりづくりの『極意』とは』では地域の「人のつながりづくり」の極意の話をしましたが、もうひとつ、大事なことがありました。それは、生きたお金を地域の中で回すということです。 つながりづくりの達人の自治会長は、「無償はだめだ」といつも言っていて、自分のスキルや時間を提供してくださった方には、必ず謝金をお支払いします。同じ地域のことですから、謝金は結構です…という方がほとんどで、他では、完全ボランティア、経費持ち出しで活動されていることも多いのだと思います。でも、それは、継続と発展のためにはよくない…と。 浦安市には、「高齢者あんしんマンションライフ支援事業」があります。マンションに居住する高齢者の方々が、いつまでもお住まいの地域で安心して生活することができる環境を確保するため、マンション内でのコミュニティの形成や、高齢者...more
カテゴリー:

【体操】宮川パワハラ問題 塚原夫妻は“シロ” 第三者委員会はパワハラ行為を認定せず - 12月10日(月)20:50  mnewsplus

 日本体操協会は10日、16年リオ五輪代表の宮川紗江(高須クリニック)をめぐるパワハラ問題についての第三者委員会の報告書を公表した。  塚原千恵子氏による宮川と速見コーチの引き離し行為は「認められない」とし、今年7月15日の塚原光男、千恵子両氏による宮川へのパワハラ行為についても「配慮に欠け不適切な点が多々あったとはいえ、悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」とした。  【宮川が主張した塚原夫妻のパワハラ】  ◆五輪に向けたプロジェクトへの参加を辞退すると、...
»続きを読む
カテゴリー:

進む役員報酬決定の透明化 ゴーン逮捕も後押し - 12月10日(月)20:37 

 有価証券報告書に報酬を過少申告した疑いで日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕された事件を契機に、役員報酬への関心が高まっている。高額報酬への視線が厳しさを増す一方、日本企業の国際競争力強化に向けては優秀な経営人材を呼び込むだけの報酬水準も不可欠だ。企業側は役員報酬の決定プロセスの透明性や客観性を高める取り組みを急ぐ。
カテゴリー:

もっと見る

「報告書」の画像

もっと見る

「報告書」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる