「経済産業省」とは?

関連ニュース

【朗報】飯塚幸三くんが人を轢き殺した直後に取った行動一覧wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww - 04月21日(日)21:17  news4vip

自宅電話番号……変更 フェイスブック……アカウント削除 ツイッター……アカウント削除 ストリートビュー……自宅にモザイク ウィキペディア……編集ページをロック 経済産業省の勲章贈呈ページ……削除 本人は仮病で入院 有能アンド有能有能 ...
»続きを読む
カテゴリー:

女性起業家支援のためのノウハウ集をとりまとめました - 04月19日(金)14:00 

経済産業省では、平成28年度から実施してきた女性起業家等支援ネットワーク構築事業を通じて得られた支援事例をノウハウ集としてまとめました。
カテゴリー:

「ホワイト物流」運動へ参加要請 国交省 - 04月19日(金)10:10 

 荷待ち時間削減などを通じてトラック輸送業の働きやすさと生産性の向上へ――国土交通省、経済産業省、農林水産省の3省は、上場企業と各都道府県主要企業の合計約6300社に対し、「ホワイト物流」推進運動への参加を文書で要請した。  同運動は、トラック運転者不足が深刻化するなか、国民生活や産業活動に必要な物流の安定的な確保と経済成長の実現をめざし、……[続きを読む]
カテゴリー:

【名古屋】2005年の愛知万博、大阪万博より格下でつくば万博や大阪花博と同カテゴリの「小規模博覧会」扱いであることが明らかに - 04月19日(金)09:11  poverty

愛知万博、格付けに諸説あり 登録博か認定博か 2019.4.19 08:00 「2025年大阪・関西万博」の開催が決まり、関心が高まる万博。博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)認定の博覧会として国内6例目、 大規模博覧会としては05年の愛知万博以来だ。 ところがその愛知万博。博覧会のカテゴリーをめぐり「大規模博覧会にあたる『登録博』」、「小規模博覧会の『認定博』」と解釈が割れている。 調べると、今では忘れられた事実が浮かび上がってきた。 条約の狭間の“不運” 1970年の大阪万博以来の大型万博と銘打たれ、...
»続きを読む
カテゴリー:

日科技連「品質経営懇話会」中間報告まとまる - 04月18日(木)16:40 

[日科技連] 品質経営懇話会 中間報告 目次  I 品質経営懇話会設立 趣旨  II 経済産業省より  III 一般社団法人日本経済団体連合会より 第1章:活動概要  1.運営委員・メンバー 第2章:これからの、品質経営に求め...
カテゴリー:

中型自動運転バス実証実験事業を開始します - 04月19日(金)14:00 

経済産業省・国土交通省は、中型自動運転バス公道実証実験事業を2019年度から2020年度に実施することとしました。
カテゴリー:

4月の「プレミアムフライデー」情報をお知らせします - 04月19日(金)14:00 

経済産業省は、月末の金曜日に、日常よりも少し豊かな時間を過ごす「プレミアムフライデー」の取組を官民共同で推進しています。
カテゴリー:

JARC 沖縄県うるま市に「新 自動車リサイクルコンタクトセンター」を開設 - 04月19日(金)09:30 

2019年4月19日 公益財団法人自動車リサイクル促進センター JARC 沖縄県うるま市に 新 自動車リサイクルコンタクトセンターを開設 公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区芝大門1-1-30日本自動車会館、代表理事:中村崇)は、2019年4月1日、「新 自動車リサイクルコンタクトセンター」を、沖縄県うるま市に開設いたしました。 JARCは、全国8,140万台の自動車ユーザーおよび自動車販売店や整備店をはじめとした約6万事業者からの問合せや事務窓口としての機能を全国に複数設置していました。 コンタクトセンターを利用する方々の多様なニーズにお応えし、よりきめ細やかなサービスの提供を行うことが可能となるワンストップ型の機能にしていくため、2年前から機能統合の検討・準備を行い、この度、新しいコンタクトセンターを沖縄県うるま市に開設することができました。 JARCは、新たなコンタクトセンターを日本のリサイクル制度を支えるサービス拠点として、多くの利用者とのコミュニケーションの結節点の役割を果たしながら、循環型社会の実現に寄与すべく邁進してまいります。 <開設式典の様子>  ◆公益財団法人自動車リサイクル促進センター(JARC)とは 自動車のリサイクル及び適正処理の促進に関する各種事業を行うことにより、資源の有効な利用の向上及び環境の保全に貢献...more
カテゴリー:

ジンコソーラー、「Cheetah」シリーズが日本業界をリード - 04月19日(金)09:00 

2019年4月16日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、日本権威的な太陽光発電メデイアのソーラージャーナル(SOLAR JOURNAL)が主催のPVビジネスセミナーに参加し、約300名以上の開発者、投資家、経済産業省などが出席した。今回の講演テーマは「RE100」を見据えた太陽光のビジネス戦略だ。ジンコソーラーは今回のセミナーにゲストとして登壇し、Cheetah(チータ)モジュールの技術と優位性を説明した。Cheetahモジュールは、各方面に他のモジュールよりもっと優れて、最高変換効率20.38%、最高出力400Wを実現した。同モジュールは、新たなシリコンと電池の設計を採用し、功率、減衰、陰影の遮るに抵抗すると信頼性などの各方面で、いずれも業界のトップに位置している。Cheetahシリーズは日本で技術をリード者として業界に注目されている。来場者は今回のセミナーにより、ジンコソーラーをもっと深く了解し、そして、ジンコソーラー製品の品質に対する認可や、新製品への期待も表した。「弊社の発売されたCheetahシリーズがお客様を認めていた。ジンコソーラー製の高効率単結晶400WのCheetahモジュールと最大出力435WのSwan両面発電モジュールがメガソーラー、水上メガソーラーと屋根上太陽光のプロジェクトに最も優れた選択となります。ジンコソーラーはずっと...more
カテゴリー:

プットメニュー株式会社 モバイルオーダーシステム「Putmenu」が「handy」に搭載 『変なホテル ハウステンボス』の全200室に導入 - 04月18日(木)15:00 

プットメニュー株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役:山本 望)とボクシーズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:鳥居 暁)は、テーマパーク「ハウステンボス(長崎県佐世保市)」内の「変なホテル ハウステンボス」において、ホテル客室備え付けのレンタルスマートフォン「handy」に、「Putmenu」の搭載を開始したことを2019年4月18日発表します。「Putmenu」は、テーブルや部屋をIoT化することで、スマートフォンにPutmenuアプリをダウンロードするだけで“注文0 分”“会計0 分”を実現しています。9ヶ国(日米中韓英独仏白典)の特許取得のテクノロジーにより、テーブルや部屋を特定して注文できます。会員登録も不要です。この度、「変なホテル ハウステンボス」全200室に導入されている「handy」スマートフォンに「Putmenu」アプリをプリインストールの上、サービス提供いたします。宿泊者はhandy端末上でお土産物、宿泊者限定のオリジナルTシャツなどを購入できるようになりました。注文時にオンライン決済で支払いが完了するため、フロントで商品代金の清算が不要です。以前、「変なホテル ハウステンボス」では、お土産用の自販機を3台設置していました。この度の連携により、お土産用の自販機を完全撤去し、お土産販売における完全キャッシュレスを実現しています。「handy」は多言語に...more
カテゴリー:

もっと見る

「経済産業省」の画像

もっと見る

「経済産業省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる