「ベトナム」とは?

関連ニュース

入管難民法違反で日本とベトナムの2容疑者を逮捕 不法残留外国人51人摘発  - 11月12日(火)22:06 

 就労資格のない外国人を派遣して工員として働かせたなどとして、三重県警は12日、亀山市関町会下、自動車部品組み立て請負会社経営、佐藤俊彦(58)▽ベトナム国籍の鈴鹿市国府町、自動車修理販売業、グエン・バン・ミン(46)の2容疑者を入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕した。この事件を巡り、同県警は
カテゴリー:

第8回越日ビューティーコンテストの二次選考がスタートしました - 11月12日(火)19:00 

11月30日にベトナム・カントー市にてファイナルステージが開催される、『第8回越日ビューティーコンテスト』の二次選考WEB投票がスタートしました。コンテスト受賞者は毎年『観光大使』として来日し、テレビやインターネットだけでは知ることの出来ない日本の魅力をベトナムで伝えています。
カテゴリー:

ベトナム・カントー市にて『第68回EGAビジネスカンファレンス』と『第3回環成経ビジネスフォーラム』を同時開催いたします - 11月12日(火)17:00 

11月30日(土)に、ベトナム・カントー市にて『第68回EGAビジネスカンファレンス』と『第3回環成経ビジネスフォーラム』を同時開催いたします。ベトナム南部で注目されている地方都市カントーで数百名のビジネスパーソンが集い、ベトナムと日本の交流を深めるとともに、地球と共生するビジネスを考える一日となります。ぜひご来場ください。
カテゴリー:

ベトナムと米国、5件の協力文書に調印―ベトナム航空など - 11月12日(火)16:35 

 グエン・スアン・フック首相はハノイ市で8日、ベトナムを公式訪問していた米国のウィルバー・ロス商務長官と会談した。両氏は会談で、◇エネルギ...
カテゴリー:

「アイウェアの世界市場2019-2025年:コンタクトレンズ/眼鏡/サングラス別予測」最新調査リリース - 11月12日(火)16:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「アイウェアの世界市場2019-2025年:コンタクトレンズ/眼鏡/サングラス別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】アイウェア(コンタクトレンズ/眼鏡/サングラス)の世界市場規模は2018年段階で1313億ドルと推計され、2025年には2153億ドルへ拡大すると予測されます。当レポートでは、2025年に至るアイウェアの世界市場規模(金額US$, 数量Units)、製品別市場(コンタクトレンズ各種、眼鏡各種、サングラス各種)、流通チャネル別市場(Eコマース)、主要国地域別市場など、各種の予測指標および分析を提供しています。また市場考察、競合、リーディング企業動向情報なども盛り込み、アイウェア市場の現在および今後見通しを検証していきます。【英文市場調査レポート】アイウェアの世界市場2019-2025年:コンタクトレンズ/眼鏡/サングラス別予測Eyewear Market Size, Share & Trends Analysis Report By Product (Contact Lenses, Spectacles, Sunglasses), By Distribution Channel (E-Commerce, Brick & Mortar), By Region, And Segment Forecasts, 20...more
カテゴリー:

第8回越日ビューティーコンテストの二次選考がスタートしました - 11月12日(火)19:00 

11月30日にベトナム・カントー市にてファイナルステージが開催される、『第8回越日ビューティーコンテスト』の二次選考WEB投票がスタートしました。コンテスト受賞者は毎年『観光大使』として来日し、テレビやインターネットだけでは知ることの出来ない日本の魅力をベトナムで伝えています。
カテゴリー:

インドを中心に新興市場を席巻する新進スマホメーカーRealme - 11月12日(火)17:15 

インドのスマホ市場では、シャオミ(Xiaomi)がSamsung(サムスン)に対するリードを拡げるなか、新たな競合が存在感を増している。 Realmeは、Oppoからスピンアウトしてまだ1年半ほどの新しいスマホベンダーだ。調査会社のIDCによると、この9月に終了した第四半期には、世界で2番目に大きいスマホ市場インドで14.3%のシェアを確保したという。 同調査では、一方のXiaomiが、27.1%のシェアを押さえて、まだ同市場を支配しているものの、Realmeがインド市場に出荷したデバイスの台数は、前年同期と比べて401.3%と驚異的な伸びを示している。 インドのスマホベンダー別市場シェア Realmeのインド市場での拡大が注目を集めているのは、同国内でのXiaomiのやり方を、ほぼ忠実に再現しているからだ。Xiaomiと同様、Realmeも最初の1年間、間接費用を削減するため、オンラインでのみスマホを販売していた。しかし前の四半期から、インド国内のオフラインストアでも販売を開始した。オフラインの実店舗は、まだインドのスマホ売り上げの3分の2以上を担っている。 オンライン販売のみに限れば、Realmeの市場シェアは、今年の第2四半期の16.5%から、同第3四半期は26.5%へ急増したと、IDCは述べている。 Realmeはこれまでに、いずれもアグレッシブな価格設定で、10数種類の...more
カテゴリー:

ベトナム・カントー市にて『第68回EGAビジネスカンファレンス』と『第3回環成経ビジネスフォーラム』を同時開催いたします - 11月12日(火)17:00 

11月30日(土)に、ベトナム・カントー市にて『第68回EGAビジネスカンファレンス』と『第3回環成経ビジネスフォーラム』を同時開催いたします。ベトナム南部で注目されている地方都市カントーで数百名のビジネスパーソンが集い、ベトナムと日本の交流を深めるとともに、地球と共生するビジネスを考える一日となります。ぜひご来場ください。
カテゴリー:

ピアラ---ベトナム子会社の設立を完了、ベトナム市場での販売・クリエイティブ制作の拠点化目指す - 最新株式ニュース - 11月12日(火)16:10 

<7044>  ピアラ  2525  -21ピアラ<7044>は11日、ベトナム子会社設立の手続きを完了したことを発表。ベトナムは多くの若い労働人材を抱え、国民所得の増加に伴い、美容健康志向が高まっている。日本ブランドへの信頼も高く、同社では越境EC事業における市場として注力しており、現地パートナーと提携し、ベトナムにおける輸出手続きからEC運用、集客や顧客サポートまで、ベトナムでの通販事業をワン
カテゴリー:

フック首相、ベトナム訪問中の埼玉県知事と会談 - 11月12日(火)14:22 

 グエン・スアン・フック首相はハノイ市の政府官房で11日、ベトナムを訪問中の大野元裕埼玉県知事と会談した。首相はこの席で、大野知事の訪問を...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ベトナム」の画像

もっと見る

「ベトナム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる