「本格化」とは?

関連ニュース

【社会】群馬県庁舎で業務用PCのノート型への切替え本格化 効率化に向けた業務改革の加速、新型コロナ第2波への備え - 07月07日(火)22:17  newsplus

2020.7.7 21:04 https://www.sankei.com/smp/life/news/200707/lif2007070045-s1.html  群馬県は今秋、県庁舎の業務用パソコン(PC)のデスクトップ型からノート型への切り替えを本格化させる。令和5年度までかかる見通しだった従来計画を前倒しし、県庁舎に勤務する職員の約94%に当たる2212台のノート型PCを導入。事務の効率化に向けた業務改革を加速するとともに、新型コロナウイルス感染の「第2波」を念頭にテレワーク(在宅勤務)の普及など働き方改革にもつなげる。  県は3320台をリースで調達し、うち22...
»続きを読む
カテゴリー:

シーネット、2019年度当社システム稼働実績数の調査を発表。 WMSをはじめとする物流システムが、全国698物流センターで稼働 - 07月07日(火)15:30 

倉庫管理システムの開発提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:内野 靖)は、2019年度の期中システム稼動実績センター数調査を2020年6月に行い、結果を発表いたしました。2019年度は698センターでの稼動となり、前年度を大きく上回る結果となりました。業種ではサービス/流通・消費財/運輸・倉庫がそれぞれ伸び、規模では中堅企業が大きく伸びました。2020年度は、新型コロナウイルス感染抑止のためのリモート運用が求められる事業環境のなか、より多くの業界・業種・業態の企業にもクラウド型倉庫管理システムの需要喚起が想定されます。シーネットでは、汎用性の高い物流システムサービスインテグレーションを提供し、中・小規模企業向けの効率的パッケージ提供にも注力していく計画です。【2019年度 シーネット システム稼動実績センター数】※第29期顧客分析:2019年4月~2020年3月期中https://www.cross-docking.com/news/20200706/【稼働センター数 増加の背景】シーネットが手掛ける倉庫管理システム『ci.Himalayas』は、入庫、出庫、在庫、棚卸、請求など、倉庫管理に必用な機能が約170標準搭載されたクラウド型の倉庫管理システムです。複数拠点のデータを本社で一元管理、リアルタイムで正確なデータを把握し、適切な現場指...more
カテゴリー:

今日は七夕です、お前ら短冊に何お願いする?俺は良いお嫁さんが見つかりますように - 07月07日(火)10:54  poverty

短冊に夢託す きょう七夕 「小暑」で暑さも本格化 http://www.miyakomainichi.com/2020/07/131597/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ミズダコ 市場に活気 南三陸で籠漁本格化 - 07月07日(火)06:05 

南三陸町のミズダコの籠漁が6日、本格的に始まった。沖合の漁場から13隻が町地方卸売市場がある志津川漁港に入り、水深100メートル以上の海中に仕掛けた網籠で取ったタコを次々と水揚げした。 市場によると、
カテゴリー:

【サッカー】久保建英へのラブコール、今度はイングランドから アーセナルが移籍金100億円用意か ★2 - 07月07日(火)01:24  mnewsplus

7/6(月) 17:27 デイリースポーツ 久保へのラブコール、今度はイングランドから アーセナル移籍金100億円用意か  サッカースペイン1部リーグ、マジョルカの日本代表MF久保建英(19)の引き抜き話が今度はイングランドから伝わってきた。プレミアリーグのアーセナルが獲得のオファーを所属元のレアル・マドリードに出しているという。6日までにスペインのサッカー専門誌ドン・バロンが伝えている。  記事によるとアーセナルのスペイン人指揮官、ミケル・アルテタ監督が日本人選手獲得に関心を示しており、移籍金850...
»続きを読む
カテゴリー:

群馬県庁舎にPC2212台 デスクトップ型からノート型へ切り替え本格化 業務改革、第2波備え - 07月07日(火)21:06 

 群馬県は今秋、県庁舎の業務用パソコン(PC)のデスクトップ型からノート型への切り替えを本格化させる。令和5年度までかかる見通しだった従来計画を前倒しし、県庁舎に勤務する職員の約94%に当たる2212台のノート型PCを導入。事務の効率化に向けた業務改革を加速するとともに、新型コロナウイルス感染の「第2波」を念頭にテレワーク(在宅勤務)の普及など働き方改革にもつなげる。
カテゴリー:

職場での熱中症発症へ警戒を 動画で予防対策PR 全国労働局の動きから - 07月07日(火)15:02 

7つのルール順守を要請 異変感じたらすぐ病院へ――栃木労働局  梅雨が明け暑さが本格化する時期を控え、全国各地の労働局が職場の熱中症への警戒を強めている。栃木労働局では、「熱中症予防のための7つのルール」とするリーフレットを作成し、管内の労働災害防止団体などに対して事業場への周知を要請した。  特に実践してもらいたい7項目として挙げたのは、「暑さに備えた事前の準備」「熱への順化期間の設定」「暑……[続きを読む]
カテゴリー:

コロナ氷河期で“凍死する人”の3つの特徴。テレワークのツールに戸惑っていると… - 07月07日(火)08:54 

 緊急事態宣言が解除され、経済活動が再開されたら一段落……そんな安心感は幻想にすぎない。経済対策の効果が切れ、企業の体力が尽き、大量の失業者が生まれる「雇用崩壊」はむしろこれから本格化する。リーマンショックをはるかに超え […]
カテゴリー:

【半導体】中国半導体企業、2.2兆円調達 米国対抗へ国産化加速 - 07月07日(火)05:54  bizplus

【上海=張勇祥】半導体の国産化をめざす中国企業が資本調達を急拡大している。2020年の調達額は5日時点で約2兆2千億円と、半年で19年通年の約2.2倍となった。支援の主役は政府系ファンドと19年に開設した新しい株式市場だ。中国のハイテク覇権の阻止を狙う米国に対抗し、生き残りを懸けて半導体の自給率向上を急ぐ。 中国は半導体自給率が10%台半ばにとどまる一方、高いシェアを誇るスマートフォンや次世代通信規格「5G」向け機器は国際的な影響力の源泉になっている。ハイテクでの中国台頭を抑えるために米国が半導体市場から中国を締...
»続きを読む
カテゴリー:

「三沢昼いか」の漁本格化 - 07月06日(月)21:46 

三沢市漁協が「三沢昼いか」として売り出している太平洋沖のスルメイカ漁が本格化し始めている。近年は不漁が続いており、関係者は水揚げ回復に期待を寄せている。6日は市漁協や大間、奥戸の漁協などに所属する小型イカ釣り船が今季最多の46隻出漁。午後3時半ごろから三沢漁港の浮桟橋に横付けし、発泡スチロール容器に入れたスルメイカを陸に運んだ。水揚げ量は1782箱(1箱約5キロ)だった。港は活気づいたが、魚体は小型が多く、水揚げが10箱未満と不振の船も。乗組員からは「漁場にイカが少なく厳しい」「今後、上向いて…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「本格化」の画像

もっと見る

「本格化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる