「開発中」とは?

関連ニュース

「ニンテンドー 3DS」の後継機、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! - 02月19日(火)21:06  poverty

【ニュースの断面】携帯型ゲームを強化する任天堂の「次の一手」 - 産経ニュース https://www.sankei.com/economy/news/190218/ecn1902180005-n1.html ・任天堂が東京都内で今月1日開いた経営方針説明会で、 発売から8年目の3DSの落ち込みが指摘された ・2018年4~12月期の販売はハードが前年同期比60.5%減、 ソフトは64.5%減 ・古川俊太郎社長は「想定より、やや早く市場自体は小さくなっている」 と認めた ・次の矢として携帯型の後継機種を開発中との観測が浮上している ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本マイクロソフトとGincoが提携!「Ginco Nodes」はブロックチェーンサービス立ち上げを支援し、事業者の負担を減らす - 02月19日(火)17:30 

“ビットコイン”が話題になり、同時に“ブロックチェーン”という技術にも関心が集まっている。 株式会社Gincoは日本マイクロソフト株式会社と提携し、ブロックチェーンサービスの開発時に必須となるノードのホスティングとAPI提供を行う「Ginco Nodes」の提供を開始する。 現在開発中のGinco Nodes β版は3月初旬にローンチを予定しており、現在、試用キャンペーンを実施中だ。 ・ブロックチェーン立ち上げは事業者の負担が大きい現状 2017年12月に創業した株式会社Gincoはウォレット領域に注力し、ブロックチェーン技術を用いた資産管理・資産保全に精通した専門家と技術者が、コンサルティングからシステム開発、運用・保守に至るまで、一気通貫で支援業務をおこなってきた。一般の生活者にブロックチェーンの恩恵を届けていくため、ブロックチェーンのインフラを整備し、一般の事業者がサービス開発に取り組める環境づくりに取り組んでいる。 従来、ブロックチェーンサービスの開発をおこなうには、システムインフラとなるノードの構築・保守・運用に人的コストが必要だった。また、対応するブロックチェーンごとにAPIなどの整備状況もまちまちで、多くの開発者が基礎的なノード運用に苦慮している現状があった。 この課題を解決し、事業者がブロックチェーンを利用した事業の立ち上げに集中できるようにするため、ウォレット開発...more
カテゴリー:

ウォレットアプリ「Ginco」がマイクロソフトと提携し、事業者向けブロックチェーン環境提供へ - 02月19日(火)11:00 

暗号通貨ウォレットアプリ「Ginco」を提供するGincoは2月19日、日本マイクロソフトと提携し、ブロックチェーンサービス事業者向けにクラウド型ブロックチェーン環境「Ginco Nodes(ギンコ ノーズ)」を共同開発、提供していくと発表した。 Gincoは2017年12月に創業、2018年2月にはウォレットアプリGincoを開発し、提供を開始した。ビットコイン(BTC)をはじめとする15種類以上の暗号通貨に対応してきた。 ウォレット開発を通して、Gincoではブロックチェーンサービスを提供するためのシステム基盤を構築。ウォレットづくりで培ったブロックチェーンの鍵管理やAPI、ノードなどの技術をモジュール化して、2019年1月末から他のサービス開発事業者でも利用できるようにした。 これまで、ブロックチェーンサービスを開発する事業者にとっては、ブロックチェーンについての技術や知見が少ないことが課題となっていた。またサービス開発のためには、システム基盤から自社で開発する必要があり、コスト負荷もかかる。Gincoのプラットフォームを利用することで、事業者はブロックチェーンサービスの開発に必要な機能を、モジュールとしてすぐに使うことが可能になる。 Gincoでは「この1年間、ウォレット開発とそのアップデートに注力してきたのは、ブロックチェーン技術を使って実現できるはずのイノベーションを...more
カテゴリー:

Apple、16インチMacBook Proと31インチ6Kディスプレイを発売か - 02月19日(火)09:36 

AppleアナリストのMing-Chi Kuoは、ことApple製品のロードマップに関してはかなり信頼できる。先週末そのKuoが発表した情報満載の最新レポートを9to5macが入手した。2019年には、大画面のMacBook Proと新しいディスプレイ、さらにはiPhone、iPad、AirPodsにもアップグレードがありそうだ。 まずMacから。Kuoによると、Appleはまったく新しいデザインのMacBook Proを開発中だ。この新モデルが現在のキーボードを継承するかどうかはわかっていないが、多くのユーザーはバタフライキーボードの信頼性に不満を訴えている。 またKuoが掴んだ情報によると、16~16.5インチディスプレイの大型モデルになるらしい。Appleが画面周りのベゼルを狭くしてくれることを期待したい。 TechCrunchはAppleが2019年に 新しいMac Proを発売するであろうことはすでに報じている。しかしKuoは、同社がさらにMac Pro用のハイエンドディスプレイも出すと予想している。それは6K解像度の31.6インチという巨大モニターになるかもしれない。 iPhoneに関してKuoは、Appleが2018年と同じく3つのモデルを発売すると確信している。同じ画面サイズとLightningコネクターが踏襲される。背面にカメラセンサーを3台搭載したモデルもあるか...more
カテゴリー:

【悲報】マツダさん 新型デミオを3亀頭にする模様 - 02月18日(月)18:25  poverty

マツダの新世代ガソリンエンジンとして注目されているのが、予混合圧縮着火(HCCI)技術を採用したSKYACTIV-Xである。 その排気量2.0Lバージョンがアクセラ後継の新型MAZDA3に搭載されることは公式にも発表されており、多くのファンが知るところとなった。 そして、SKYACTIV-Xにはワンサイズ小さい、1.5Lバージョンが開発中となっている。 シリンダー数が一つ減らされた、直列3気筒エンジンに仕上げられる見込みである。 SKYACTIV-X 1.5は、デミオ後継モデルから搭載がスタートすることが予想される。 おそらく国内車名はグローバル...
»続きを読む
カテゴリー:

工画堂スタジオ,「夢現Re:Master」の発売が2019年6月13日に決定したと発表 - 02月19日(火)19:15 

 工画堂スタジオは本日(2019年2月19日),開発中の新作アドベンチャーゲーム「夢現Re:Master」(PC/PlayStation 4/Nintendo Switch/PS Vita)を6月13日に発売すると発表した。これまで詳しい発売日時は発表されていなかったものの,公式サイトのほか一部で「2月発売予定」となっていたため,4か月ほどの延期となる。 東京ゲームショウ2018のステージイベント…
カテゴリー:

画期的ドローン開発のエアロネクスト、量産化に向け農業機械メーカーの小橋工業と強力タッグ - 02月19日(火)11:55 

独自の重心制御技術「4D Gravity(R)」を搭載するドローン「Next」シリーズを開発しているエアロネクストは2月19日、農業機械メーカーの小橋工業との業務提携を発表した。 写真左から、エアロネクスト代表取締役/CEOの田路圭輔氏、小橋工業代表取締役社長の小橋正次郎氏 エアロネクストは、2018年に開催されたTechCrunch Tokyo 2018の「スタートアップバトル」ファイナリスト。最終選考に残った6社のうちの1社だ。そのほか、同年10月に開催されたB Dash Campの「PITCH ARENA」、12月に開催されたInfinity Ventures Summit 2018の「LaunchPad」ではいずれも優勝するなど、2018年のスタートアップ業界で最も注目された企業といえる。 小橋工業で製造予定の原理試作機「Next DELIVERY(R)」 同社が開発中のドローン「Next」シリーズの特徴は、プロペラ、モーター、アームといったドローンの飛行部と、カメラ、積載物といった搭載部を物理的に切り離し、機体を貫通するジンバルを1本通すことで機体バランスを制御している点。従来のドローンは主にソフトウェア制御で機体のブレを制御していたが、「Next」シリーズは構造上軸がぶれないため、容易に安定飛行が可能となっている。 現在のところ、VR撮影用ドローン「Next VR(R...more
カテゴリー:

全国初、愛知県で国産完全自動運転車を使った試験運用がまもなくスタート - 02月19日(火)10:52 

ティアフォーは2月19日、4人乗りの完全自動運転EVなどを使ったモビリティサービス「One Mile Mobility」(OMM)の試験運用を開始する。対象地域は愛知県で、2019年春頃より開始。アイサンテクノロジーと岡谷鋼機と共同で実施し、自治体と一体となった新たなビジネスモデルの創出を目指すという。 ティアフォーは今回の試験運用に、完全自動運転EVの「Milee」(マイリー)と、そのモビリティサービス用ウェブプラットフォーム「Web.Auto)」(ウェブ・ドット・オート)を提供する。Mileeは、電動ゴルフカートをベースとし、車体に3次元レーザースキャナ(LiDAR)と単眼カメラを搭載。認知・判断・操作のすべてをオープンソースの完全自動運転ソフト「Autoware」で自動化した車両だ。 Web.Autoは、同社が開発を手がけるウェブプラットフォーム。配車管理や遠隔操縦のほか、3次元地図配信、人工知能(AI)のオンライン学習、走行データ管理、サポートセンター接続といった完全自動運転車両の運行に必要なウェブサービス機能が備わっている。MileeとWeb.Autoはモバイル回線を利用して接続する。 今回の試験運用では、Web.Autoが備える、配車管理(Autoware FM)、遠隔操縦(Autoware Drive)、3次元地図配信(Autoware Maps)を利用。Autowa...more
カテゴリー:

【最新リポート AIで変わる医療現場】病変発見率98% 国立がん研究センターが開発中の「リアルタイム内視鏡診断サポートシステム」 - 02月19日(火)07:30 

 スマートフォンや自動車など、さまざまな分野で応用されている人工知能(AI)は、医療分野でも研究開発が急速に進展している。AIを活用することによって医療現場はどのように変わるのか。5回にわたって紹介する。
カテゴリー:

直列3気筒 SKYACTIV-X 1.5開発中、デミオ後継モデルに搭載の可能性 - 02月18日(月)16:27  news

マツダの新世代ガソリンエンジンとして注目されているのが、予混合圧縮着火(HCCI)技術を採用したSKYACTIV-Xである。 その排気量2.0Lバージョンがアクセラ後継の新型MAZDA3に搭載されることは公式にも発表されており、多くのファンが知るところとなった。 そして、SKYACTIV-Xにはワンサイズ小さい、1.5Lバージョンが開発中となっている。 シリンダー数が一つ減らされた、直列3気筒エンジンに仕上げられる見込みである。 SKYACTIV-X 1.5は、デミオ後継モデルから搭載がスタートすることが予想される。 おそらく国内車名はグローバル...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「開発中」の画像

もっと見る

「開発中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる