「開発中」とは?

関連ニュース

Kickstarter、プロジェクトについて「世界最高」などと表現することを禁止 - 06月16日(日)13:39 

Kickstarterがプロジェクトの「誠実で明白なプレゼンテーション」のポイントをまとめたガイダンスを公開し、プロジェクトを「世界最高」などの表現で誇大評価することを禁じている(The Vergeの記事)。 ガイダンスは推奨事項と禁止事項に分けてまとめられており、誇大評価として禁じられる表現としては「世界最高」のほか、「世界最小/世界最速/世界初」「究極/無類/他にない/革新的」が挙げられている。The Vergeによると、英語版のプロジェクト作成画面では上述のような禁止表現を検出して修正を求める機能も搭載されているとのこと。 また、製品が完成しているかのように語ることや、画像の大幅加工、実写と区別がつかない生成画像の使用、まだ実現できていない機能のプレゼンテーション、実現性のないファンディングゴールの設定、小売価格から〇%引きといった表現などが禁止事項となっている。 すべて読む | idleセクション | ビジネス | idle | お金 | 関連ストーリー: 300万ドル近い資金を集めたノートPC型スマートフォンドックプロジェクト、75%しか出荷できずに資金切れ 2019年05月03日 Kickstarterで18万ドルを集めたゲーム、6年を経て未完のまま開発中止に ...more
カテゴリー:

VTOLにもマルチコプターにもなるドローンシステムをQuantum Systemsが開発中 - 06月15日(土)18:00 

マルチコプターは飛行が安定し、操縦しやすいというメリットがある。一方、VTOL(垂直離着陸機)は前進のスピードが速く、エネルギー効率もいい。 そうした両者のいいとこどりをした機体を開発できないか、とドイツのQuantum Systemsが2-in-1のシステムを開発した。なんと、ボディは共有し、翼を取り替えることでマルチコプターとして、そしてVTOLとしても使えるというものだ。 ・垂直に離発着 まずVectorというモードでは、翼が横に長く伸び、小型飛行機のような形状だ。しかし両翼と尾翼にプロペラを搭載し、垂直に離発着できる。 そして一定の高度に達したらプロペラが角度を変える。これにより、トップスピードは時速90キロに達する。フル充電で2時間の飛行が可能だ。 ・翼とアームを交換 そしてVectorの翼や尾翼を外して、3つのアームを取り付けるとScorpionモードになる。こちらはプロペラが固定され、従来のマルチコプターのような飛行となる。 トップスピードは時速54キロとVectorには及ばず、飛行時間も最長45分と短い。ただ、飛行そのものはかなり安定したものになる。 わざわざ2つのモードを切り替えられるものを開発したのは、測定や撮影、上空調査など目的によって使い分けられるようにするためだ。いずれのモードでも自動航行や遠隔操作飛行が可能とのこと。 主に軍での使用を想定しているが、研究...more
カテゴリー:

太いタイヤの自転車 あれ格好良いよね いくらぐらいすんのかな - 06月15日(土)12:21  poverty

https://trafficnews.jp/post/87083 パンクしない「エアレスタイヤ」市場投入へ 乗用車用を2024年に ミシュラン 日本ミシュランタイヤは2019年6月14日(金)、乗用車向けの「エアレスタイヤ」を、早ければ2024年にも市場投入すると発表しました。 「エアレスタイヤ」は空気充填が不要なタイヤのこと。路面と接地するトレッド面を支えるサイドウォール(側面)が、複合材に置き換えられています。 日本ミシュランタイヤは、「画期的な構造や複合材料およびホイールアセンブリーにより、タイヤのパンクや破裂などの運転上の大きな...
»続きを読む
カテゴリー:

Amazon Game Studiosが従業員のレイオフ実施、開発中タイトルの一部にリソースを注力 - 06月15日(土)11:30 

Amazonのコンピュータゲーム部門であるAmazon Game Studios。同社の従業員のレイオフが実施されたことを海外メディアが報じました。
カテゴリー:

MUSIC TRIBE 日本にINNOVATION CENTERを設立。 BEHRINGERシンセサイザー開発拠点を目指します。 - 06月14日(金)18:00 

MUSICトライブ・サービセスJP株式会社は、日本にINNOVATION CENTERを設立することを2019年5月末に検討開始しました。MUSIC TRIBEは同社が世界に展開する4つの開発拠点に加え、匠の音響技術の結晶とも言えるシンセサイザーの開発拠点として5番目のINNOVATION CENTER(インベーションセンター)を日本に設置する計画を進めています。現在BEHRINGERは、MODEL-D, VC340, MS101といった過去の名機にインスパイアされたシンセサイザー及びDEEP MIND、NEUTRONの様な全く新しいシンセサイザーを開発、製造、発売しています。日本はかつて多くのシンセサイザーの名機を生み出し、YMOや冨田勲など偉大なアーティストを輩出したシンセ大国です。MUSIC TRIBEはこの日本に開発拠点を設置する事に大きな意義があると考えています。下記は開発の陣頭指揮をとる創立者Uli Behringerから日本の開発者の皆様へのメッセージです。Hello everyone, my name is Uli Behringer.As you know we at Behringer are extremely passionate about designing synths and making them affordable for everyone. ...more
カテゴリー:

東芝、軽くて曲げられる太陽電池を開発中 透明化で“2階建て”も可能に - 06月16日(日)09:09 

 国際的な環境保護の機運が高まる中、需要拡大が見込まれる再生可能エネルギー。東芝が研究開発を進めるのが太陽電池の新技術だ。素材や形状の工夫で設置場所の選択肢を広げたり、発電効率を高める技術で新たな需要を取り込んだりする狙い。昨夏に閣議決定された新たなエネルギー基本計画では、太陽光発電が令和12(2030)年の主力電源の一つに定められており、実用化への期待が高まっている。
カテゴリー:

【速報】フォードがホンダ・アシモ変わりに二足歩行ロボットを発表。アシモは開発中止 - 06月15日(土)17:45  news

https://youtu.be/U8Iey_wfo0I ↑発表動画 発売は未定みたいです。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

短時間で白熱したバトルが楽しめる「テラウォーズ」のプレイレポートをお届け。「テラバトル」から1000年後の世界を描くストーリーも必見 - 06月15日(土)12:00 

 ミストウォーカーとアーゼストが共同開発中の新作スマホアプリ「テラウォーズ」は,奥深いバトルや,先が読めないストーリー,クレイ細工で作られたキャラクター,緻密に作り込まれたジオラマなどが特徴の対戦型リアルタイムストラテジーゲームだ。本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けする。
カテゴリー:

ホンダがF1技術を使った市販エンジンを開発 熱効率47%達成 かつてのCVCCを思わせるエンジン - 06月15日(土)11:10  news

プレチャンバー採用、F1技術の転用へ  ホンダが開発中のガソリンエンジンの試作機で、最高熱効率が47.2%に達した。実現すれば、世界最高水準といえる。 F1などの競技車で採用が広がるプレチャンバー(副燃焼室)技術を活用し、超希薄燃焼(スーパーリーンバーン)を実現する。2020年代の実用化を目指す。  ホンダは2018年に発売した「アコードハイブリッド」の2.0Lガソリン機で、最高熱効率40.6%を達成した。 将来に向けては最高熱効率45%、比出力80kW/Lの両立を目標に開発を進めている。プレチャンバー技術を使った超希薄...
»続きを読む
カテゴリー:

インドネシア産ホラー新作『DreadOut 2』のデベロッパーダイアリーが公開―開発中のゲームシーンもチラリ - 06月14日(金)17:00 

2014年に登場したインドネシア産ホラーゲーム『DreadOut』の続編として開発が進められている、『DreadOut 2』のデベロッパーダイアリーが公開されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「開発中」の画像

もっと見る

「開発中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる