「漁獲量」とは?

関連ニュース

魚が獲れなくなっている理由が「海がきれいになり過ぎた」の皮肉 - 07月21日(日)10:59 

近年、さまざまな水産物の漁獲量が減っているというニュースを耳にします。理由はさまざまある中でも、驚きというか皮肉というか「海がきれいになり過ぎた」というものがあるようです。メルマガ『8人ばなし』の著者の山崎勝義さんが、下水処理の事情の変化がきれいな海を実現し、そのことが水産物に与える影響を解説。これからは「上手に適度に汚す」ことが「豊かな海」を維持するためには必要なようです。 きれい過ぎる海のこと 日本の海はきれいになった。言うまでもなく、これにはまず様々な環境規制があって、そしてそれを守らんとする関係各位の努力があった。また、下水道など都市インフラの拡充も大きく貢献するところであったろう。今や、汚れた海は過去のものである。 そのきれいになった海からどうして魚が獲れなくなったのか。ここ数年来、沿岸漁業に従事する漁師の口から景気のいい話を聞くことはほとんどなくなってしまった。実に皮肉なことだが、どうやら日本の海はきれいになり過ぎたようなのである。 勿論、重化学工場から垂れ流される有毒な廃水でぶくぶく泡立つような海は誰だって御免である。だから、これに関しては正しい環境規制が行われたと言っていい。とすれば、結果として(飽くまで結果としてだが)やり過ぎてしまったのは下水管理の方ということになる。 近現代の都市計画において公衆衛生は防災と並ぶ優先事項であるため当然下水道の整備は必須である。こ...more
カテゴリー:

サンマ漁獲量、8カ国・地域が毎週報告 上限超過防止へ義務化 - 07月20日(土)01:32 

 水産庁は19日、北太平洋漁業委員会(NPFC)で決まったサンマの漁獲枠導入について、参加する8カ国・地域がそれぞれの公海での漁獲量をNPFC事務局に毎週報告することで合意したと明らかにした。報告の義務化により、参加する日本や中国などが報告内容を共有し相互監視することで、規制の実効性を高めて漁獲枠の上限超過を防ぐのが狙い。
カテゴリー:

サンマ漁獲制限 食べられる?  - 07月19日(金)18:40 

ニュースのキーワードをコンパクトにひも解く「3分ではてな」。  19日のテーマは「サンマの漁獲制限」です。  秋の味覚といえばサンマ。 このサンマの漁獲量をめぐって国際的な規制が初めて決まりました。
カテゴリー:

サンマ漁獲量の国際規制 水産会社や漁業者から歓.. - 07月19日(金)12:37 

サンマ漁獲量の国際規制 水産会社や漁業者から歓迎の声 #nhk_news
カテゴリー:

サンマ漁獲量の国際規制 水産会社や漁業者から歓迎の声 - 07月19日(金)12:36 

サンマの漁獲量に国際的な規制が初めて導入されることになったことについて、全国有数のサンマの水揚げ量がある宮城県の水産会社は「資源管理に向けた第一歩になる」と歓迎したうえで、国や地域ごとの上限など、今後の議論の行方を見守りたいとしています。
カテゴリー:

ウナギの稚魚がとればとるほど減る異常事態に水産庁も漁師も困惑 - 07月20日(土)05:55  poverty

シラスウナギ漁獲量最低 養殖ピンチ ニホンウナギの養殖に不可欠な稚魚のシラスウナギ(体長5~6センチ)、水産研究・教育機構提供=の今期(昨年12月から今年4月)国内漁獲量(採捕量)が3・7トンだったことが、水産庁の調べで判明した。 統計が残っている1957年以来、最少となった。販売されているウナギのほとんどがシラスウナギを養殖したもので、自然保護団体などは保護の必要性を指摘している。 国内のシラスウナギ漁は都道府県が許可を出し、12月~翌年4月ごろまで沿岸部で行われている。シラスウ… 続き ...
»続きを読む
カテゴリー:

サンマ資源保護、遠く 北太平洋漁獲枠、初の合意 - 07月19日(金)21:18 

 日本や中国、台湾など8カ国・地域がサンマの資源管理について、北太平洋全体で年約55.6万トンを上限とする漁獲枠の導入で合意した。日本ではサンマの漁獲量が急減しており、漁獲規制の導入に漁業者らから安堵(あんど)の声が上がる。ただ、今回は合意を優先したため、漁獲枠は当初の日本案から大幅に上積みされたう
カテゴリー:

サンマ漁獲量 初の国際規制へ | NHKニュース .. - 07月19日(金)12:53 

サンマ漁獲量 初の国際規制へ | NHKニュース サンマの漁獲量に国際的な規制が初めて導入されることになりました。宮城県の水産会社は「資源管理に向けた第一歩になる」と歓迎したうえで、国や地域ごとの上限など、今後の議論の行…
カテゴリー:

サンマ漁獲規制 漁業者らは歓迎 - 07月19日(金)12:36 

サンマの漁獲量に国際的な規制が初めて導入されることになったことについて、全国有数のサンマの水揚げ量がある宮城県の水産会社は「資源管理に向けた第一歩になる」と歓迎...
カテゴリー:

中国のサンマ乱獲に歯止め 漁業者、上限導入を歓迎 - 07月19日(金)10:22 

 日本や中国など8カ国・地域が北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合でサンマの漁獲量に上限を導入することで初めて合意し、中国などの乱獲に歯止めをかけたい国内の漁業関係者は19日、「好き放題に取られてしまうことがなくなる」と歓迎した。資源回復を目指す日本の3年連続の提案が実ったが、実効性には課題を残した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「漁獲量」の画像

もっと見る

「漁獲量」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる