「漁獲量」とは?

関連ニュース

【放射性セシウム検査】福島県、3年連続 魚介類の基準超えゼロ - 01月17日(木)00:02  newsplus

東京電力福島第1原子力発電所事故後、福島県が沿岸海域で実施している魚介類の放射性セシウム検査で、2018年に採取した全ての検体が国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回ったことが県水産海洋研究センターへの取材で14日までに分かった。1年を通じ、全検体が基準値を下回ったのは3年連続。 センターによると、18年の検体数6461のうち、6416(99.3%)が検出限界値未満だった。検出された45検体で、最高値は1キログラム当たり51ベクレル。 検査は11年4月から実施しており、15年4月以降は基準値を超えた検体は出ていない。...
»続きを読む
カテゴリー:

【船内を見られたくない?】日本に漂着した北朝鮮船舶、日本当局の救助を拒否 - 01月14日(月)10:27  news

日本の島根県隠岐の島町の沖合で12日午前、北朝鮮の漁船とみられる船舶が漂流しているのが発見され、日本当局が救助しようとしたものの、乗員らが救助を拒否していたことが分かった。  13日付の産経新聞によると、12日午前9時ごろ、島根県隠岐の島町の北方約350キロの沖合で北朝鮮の船舶とみられる漁船が漂流しているのを日本の水産庁の漁業取締船が発見した。 乗員らは旗を振って助けを求めていたが、水産庁の船舶が近づくと、日本による救助を希望しない意向を示したという。  日本当局は北朝鮮に漂流の事実を伝え、救助に来...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】2018年のサンマ水揚げ量、4年連続不漁…昨年は上回り12万トンも好転見通せず - 01月12日(土)19:54  newsplus

18年のサンマ、4年連続不漁 水揚げ12万トン、好転見通せず  全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は12日までに、2018年の全国の サンマ水揚げ量が前年比55%増の11万9930トンだったと発表した。 歴史的な不漁だった17年は上回ったものの、例年の20万トン以上の 漁獲量に比べると低水準にとどまった。組合は「4年連続の不漁だった」と 説明している。今後、好転するかどうかは不透明だ。  サンマが集まる漁場が港から遠い状態が続き、不漁につながった。 19年も漁場は遠いとの見方が専門家の間である。詳しくは分かっていな...
»続きを読む
カテゴリー:

【食】ニチレイフーズの「本格炒め炒飯」など5品目値上げ マルハニチロの鯖缶もまた値上げ検討 - 01月12日(土)08:20  newsplus

冷凍食品、2社が値上げ サバ缶も検討、漁獲量減少で  ニチレイフーズとマルハニチロは11日、家庭用冷凍食品を値上げすることを明らかにした。 原材料費や物流費などが上昇し、企業努力だけで吸収できなくなっていることが理由。 マルハニチロは健康ブームで人気があるサバ缶の値上げも検討しているという。  ニチレイフーズはチャーハンなどの家庭用冷凍食品5品目の出荷価格を、平均10%値上げする。 対象は「本格炒め炒飯」「具材たっぷり五目炒飯」などの5品目。3月に予定するパッケージや商品内容のリニューアルと...
»続きを読む
カテゴリー:

最強のチャーハンを作りたい ケンモメンよ、最強のチャーハンの作り方を伝授してくれ - 01月11日(金)23:19  poverty

冷凍食品、2社が値上げ サバ缶も検討、漁獲量減少で  ニチレイフーズとマルハニチロは11日、家庭用冷凍食品を値上げすることを明らかにした。 原材料費や物流費などが上昇し、企業努力だけで吸収できなくなっていることが理由。 マルハニチロは健康ブームで人気があるサバ缶の値上げも検討しているという。 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019011101002170.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【島根】漂流の北朝鮮船舶、旗を振って助けを求めるも水産庁の漁業取締船が救助しようとしたら拒否 - 01月15日(火)02:45  newsplus

◆漂流の北朝鮮船舶「日本の救助は拒否」 日本の島根県隠岐の島町の沖合で12日午前、北朝鮮の漁船とみられる船舶が漂流しているのが発見され、日本当局が救助しようとしたものの、乗員らが救助を拒否していたことが分かった。 13日付の産経新聞によると、12日午前9時ごろ、島根県隠岐の島町の北方約350キロの沖合で北朝鮮の船舶とみられる漁船が漂流しているのを日本の水産庁の漁業取締船が発見した。 乗員らは旗を振って助けを求めていたが、水産庁の船舶が近づくと、日本による救助を希望しない意向を示したという。 日本当局は北...
»続きを読む
カテゴリー:

【毎日新聞】サっぱり漁獲量、4ねン続き低水準、来マせん近海に 昨年12万トン弱 遠くなった漁場 - 01月13日(日)07:26  newsplus

毎日新聞 2019年1月13日 東京朝刊  全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は12日までに、2018年の全国のサンマ水揚げ量が前年比55%増の11万9930トンだったと発表した。歴史的な不漁だった17年は上回ったものの、例年の20万トン以上の漁獲量に比べると低水準にとどまった。組合は「4年連続の不漁だった」と説明している。  サンマが集まる漁場が港から遠い状態が続き、不漁につながった。19年も漁場は遠いとの見方が専門家の間である。詳しくは分かっていないが、漁場の位置は海流や海水温の変化などが影響...
»続きを読む
カテゴリー:

18年のサンマ、4年連続不漁 水揚げ12万トン、好転見通せず - 01月12日(土)16:22 

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は12日までに、2018年の全国のサンマ水揚げ量が前年比55%増の11万9930トンだったと発表した。歴史的な不漁だった17年は上回ったものの、例年の20万トン以上の漁獲量に比べると低水準にとどまった。組合は「4年連続の不漁だった」と説明している。今後、好転する
カテゴリー:

個体数減少のズワイガニを日本人が乱獲し問題に ひとまず脱皮直後のカニを狙う漁を今年だけ中止することに - 01月12日(土)03:07  poverty

ズワイガニ獲れすぎ 漁規制へ 但馬地域の漁船による昨年末までのズワイガニ漁獲量が、資源保護のため国が兵庫県に割り当てた漁獲可能量の83・6%に達したことが、11日までに分かった。 昨年11月6日の漁解禁以降、しけの日が少なく、出漁回数が多かったため。 現在のペースでは、漁期が終わる3月20日までに割当量を超える恐れがあるため、 地元の水産加工業や観光への影響を考慮し、漁船関係者は自主規制を強めて漁期を維持する方針を決めた。  ズワイガニの資源量は近年減少傾向にあり、農林水産省が毎年の調査を...
»続きを読む
カテゴリー:

冷凍チャーハン 爆値上げ 死亡 - 01月11日(金)22:02  poverty

冷凍食品、2社が値上げ サバ缶も検討、漁獲量減少で  ニチレイフーズとマルハニチロは11日、家庭用冷凍食品を値上げすることを明らかにした。 原材料費や物流費などが上昇し、企業努力だけで吸収できなくなっていることが理由。 マルハニチロは健康ブームで人気があるサバ缶の値上げも検討しているという。  ニチレイフーズはチャーハンなどの家庭用冷凍食品5品目の出荷価格を、平均10%値上げする。 対象は「本格炒め炒飯」「具材たっぷり五目炒飯」などの5品目。3月に予定するパッケージや商品内容のリニューアル...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「漁獲量」の画像

もっと見る

「漁獲量」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる