「大西洋」とは?

関連ニュース

【アメリカ】ポンペオ米国務長官「中国というフランケンシュタインを造ってしまった」  - 08月11日(火)07:16  snsplus

 ポンペオ米国務長官は23日、中国共産党に対して対応を改めるよう促すには、米国と同盟国が「より創造的で積極的な手段」を行使する必要があるとの考えを示した。 ポンペオ氏はニクソン大統領図書館での演説で、ニクソン氏が後年、1970年代の中国門戸開放の際に「中国というフランケンシュタインを造ってしまった」と心配したのは予言的だったと語った。 また、中国軍について、「より強力かつ脅迫的」になっていると指摘。中国に対しては「信用せず、検証する」アプローチを取るべきだとし、1980年代にレーガン元大統...
»続きを読む
カテゴリー:

クロマグロ漁、世界初のMSC認証へ 気仙沼「臼福本店」、資源管理への配慮お墨付き - 08月07日(金)13:56 

宮城県気仙沼市の漁業会社「臼福本店」による東大西洋でのクロマグロ漁が、資源管理に配慮した漁業を奨励する国際機関「海洋管理協議会(MSC)」=?=の認証を、近く取得する見通しとなった。認証を取得する日本
カテゴリー:

カブトガニ「差別や偏見は力関係に起因する!ナチと貴様らの所業は変わらない!」製薬会社「はい絞りまーす」カブトガニ「んああ…」 - 08月03日(月)18:29  poverty

コロナワクチンでカブトガニ危機? 企業が頼る青い血 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO61494140U0A710C2000000/ 毎年春になると、満月に導かれて何十万匹というカブトガニが産卵のため米大西洋沿いの砂浜に上陸する。 お腹を空かせた鳥たちにとっては、ご馳走。製薬会社にとっては、医薬品の安全を確保するために必須の資源だ。 カブトガニの青白い血液から得られるライセート試薬(リムルス変形細胞溶解物)は、内毒素(ないどくそ、細菌内の細胞壁に含まれる毒素)を検出できる唯一の天然資源だ。 微量の内毒素が、ワ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人の憧れ深セン。なにから何まで日本と違う。深セン、勤勉、高い外国人比率(40%)高いEV普及率バス・タクシーはほぼEV - 08月02日(日)17:07  poverty

「日本人はNATOですね」と聞かされた。私はそのとき、イスラエルにいた。 どうも、北大西洋条約機構のことではなく、「No Action, Talk Only」の略だという。 何も行動せず、話だけして終わり。物事は何も進展しない。  数年前にも中国の深センで同様の皮肉を聞かされたのを思い出した。 日本人は深センの企業から見積書を取る。「いくらを希望ですか」と聞いてもよく分からない。 ある日いきなり、「工場監査をしたい」と言い出す。工場には7人の団体でやってきて、 2日間にわたりあれやこれやと指摘を繰り返す。その後に「...
»続きを読む
カテゴリー:

中国人「日本人は喋るだけで何もしない無能」 イスラエル人「日本人はバカで判断力がない日本人に出資されたくない」 - 07月31日(金)07:50  poverty

「日本人はNATOですね」と聞かされた。私はそのとき、イスラエルにいた。どうも、北大西洋条約機構のことではなく、「No Action, Talk Only」の略だという。何も行動せず、話だけして終わり。物事は何も進展しない。  数年前にも中国の深センで同様の皮肉を聞かされたのを思い出した。 私が面談したベンチャーキャピタリストは、「日本人のお金を受け取りたくない、というイスラエルのベンチャー企業は多いですよ」と教えてくれた。それは、意思決定の遅さによるものだった。加えて、事業自体への理解に関わる問題もあるという...
»続きを読む
カテゴリー:

ハッカーがニュースサイトに不正侵入してフェイクニュースを拡散している - 08月10日(月)09:30 

東欧のメディアサイトが相次いでハッキングの被害に遭い、北大西洋条約機構(NATO)についての偽の記事が拡散されていたことが明らかになった。NATOや米軍をおとしめる誤った情報を広めるキャンペーンとみられ、ロシアの関与が疑われている。
カテゴリー:

テキサス州の洞窟から、”1万3000年前の地球急冷化”の原因を発見! 「火山の噴煙」が太陽光を遮っていた可能性あり - 08月04日(火)07:00 

Credit: jp.depositphotos 米・テキサス州中部にある洞窟から、地球が約1万3000年前に急冷化した原因が発見されました。 この急冷化した時期は「ヤンガードリアス」と呼ばれ、当時の平均気温が3〜5度も下がったと言われます。 これまでは隕石の衝突が原因とされていましたが、研究チームによると、火山噴火が急冷化を引き起こした痕跡が見つかったとのことです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 研究は、テキサス州のヒューストン大学、ベイラー大学、テキサスA&M大学により報告されています。 隕石ではなく火山噴火が原因だった? ヤンガードリアスは、約7万〜1万年前まで続いた最終氷期が温暖化に向かい始めた頃、急に寒冷化に逆戻りした時期を指します。具体的には、およそ1万3000〜1万1500年前の北半球で起こりました。 マイケル・ウォーターズ教授(テキサスA&M大学)は「ヤンガードリアスは、マンモスやマストドンなどの大型哺乳動物の絶滅や、北アメリカに興ったクローヴィス文化の出現時期と一致する」と指摘します。 原因は「彗星衝突による氷河の融解」とされていましたが、断定はできていません。 そこで研究チームは、テキサス・ヒル・カントリーにあるホールズ洞窟(Hall’s Cave)の...more
カテゴリー:

SpaceX Crew Dragonが国際宇宙ステーションから無事離脱、地球への帰還の途に就く - 08月02日(日)17:32 

NASAの宇宙飛行士であるBob Behnken(ボブ・ベーンケン)氏とDoug Hurley(ダグ・ハーリー)氏は、地球への帰還の最初の重要なミッションとなる国際宇宙ステーション(ISS)からのドッキング解除に成功した。このあと彼らは、宇宙から大気圏を通って地球に戻ってくるコースを下降し、SpaceXのCrew Dragon(クルー・ドラゴン)宇宙船のパラシュートを広げ、機体回収のために大西洋に落下する準備をしながら速度を落として進むことになる。 ドッキング解除と沿岸作業およびスプラッシュダウン(宇宙船をパラシュートで水域に着陸させる方法)の作業は、SpaceXがCrew Dragonのために設計したシステムを利用してすべて自動制御される。これにはISSから離脱したカプセルの移動と大気圏へ突入する際の噴射も含む。大気圏に再突入する間、Crew Dragonはとてつもないストレスを受けるため、二人の宇宙飛行士の安全を確保しながら降下角度を調整しつつ、パラシュートを安全に展開できる地点までコントロールするのだ。 機体回収作業には何時間もかかる。SpaceXとNASAは、米国東部標準時(EDT)の8月2日午後2時42分(日本時間8月3日午前3時42分)ごろに、カプセルは最終的なスプラッシュダウンになると予想している。 今回は、NASAとの商用クループログラムにおけるSpaceXのDem...more
カテゴリー:

【テレ朝】小木逸平アナが生放送欠席 家族が発熱でPCR検査受診 - 08月01日(土)09:08  mnewsplus

8/1(土) 9:04配信 スポニチアネックス テレビ朝日の小木逸平アナ  テレビ朝日の小木逸平アナウンサー(46)が1日、同局「週刊ニュースリーダー」(土曜前6・00)の生放送を欠席した。  同局の大西洋平アナウンサー(35)が小木アナの欠席について説明。「ご家族に風邪の症状による発熱があり、念のためPCR検査を受けたことから、本人の意向もありお休みをいただくことになりました」と話した。  小木アナは同番組の進行役のほか、「報道ステーション」(月~金曜後9・54)で月~水曜のメインキャスターを務めている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

米の欧州安保関与は継続 NATO事務総長が一定程度評価 - 07月30日(木)16:34 

 ドイツ駐留米軍約3万6000人中、約1万2000人を削減する一方、削減分の半数を欧州に再配置すると米政権が発表したことを巡り、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は29日の声明で「米国が欧州の安全保障に関与し続けることを示している」と述べ、一定程度評価する考えを示
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大西洋」の画像

もっと見る

「大西洋」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる