「ウクライナ」とは?

関連ニュース

ウクライナ高官「IOCは戦争奨励」 露・ベラルーシ選手の復帰検討 - 01月30日(月)23:31 

 ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は30日、同国への侵攻でスポーツの国際大会から除外されたロシアとベラルーシの選手について国際オリンピック委員会(IOC)が中立の立場などの条件付きで復帰を検討すると発表したことを受け「IOCは戦争、殺人、破壊の奨励者だ」とツイッターで批判した。
カテゴリー:

「安倍氏銃撃の真犯人は別のスナイパー」「トランプの選挙不正は事実。闇政府DSが裏で関係」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出 - 01月30日(月)22:28  newsplus

1/30(月) 16:15 https://news.yahoo.co.jp/articles/a226d75043b2c85c893d9734c394cd8eb85a1eaf  公安調査庁といえば、日本の治安を脅かす団体や組織を監視するために情報収集を行ない、国家の安全を守る重要なインテリジェンス機関である。その公調から、衝撃的な内容のメールが流出して、内部で大騒ぎとなっている。 「安倍(晋三)元総理射殺の真犯人は山上(徹也・被告)ではない。別のスナイパーがいて、それを証明する動画などもあるが、マスコミから無視されている」  ネットで出回っている“陰謀論”の一つではあるが、...
»続きを読む
カテゴリー:

デヴィ夫人、元白鵬襲名パーティーを一般者扱いで名前呼ばれず激怒の途中退場。「こんな屈辱ははじめて!!」 - 01月30日(月)21:30  poverty

デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由  優勝45回など数々の歴代最多記録を更新した「第69代横綱・白鵬」の宮城野親方(37)が、1月28日、東京・両国国技館で断髪式に臨んだ。断髪式の後はホテルニューオータニで盛大なパーティーが開催されたが、その中には、支援物資を届けにウクライナを電撃訪問したことで話題のデヴィ夫人(82)の姿も。 「白鵬引退・宮城野襲名・披露宴」にはYOSHIKIや松山千春たちが出席し、鏡開きには小泉純一郎元首相や森喜朗元首相の姿もあ...
»続きを読む
カテゴリー:

ウクライナ 欧米側に兵器供給の加速を訴え ロシアは強く反発 - 01月30日(月)20:54 

ロシア軍がウクライナ東部や南部で攻撃を続けるなか、ウクライナ政府は欧米側に兵器供給を加速させるよう訴えています。一方、ロシア外務省の高官は、戦車の供与を決定した欧米側とは停戦交渉ができる状況にはないと強く反発しています。
カテゴリー:

米国、ウクライナにVIPER戦闘機の提供を検討 - 01月30日(月)19:57  news

At the Pentagon, push to send F-16s to Ukraine picks up steam https://www.politico.com/news/2023/01/28/pentagon-send-f-16s-ukraine-00080045 ...
»続きを読む
カテゴリー:

プーチン氏「ミサイルなら1分だ」 開戦前に脅迫とジョンソン氏証言 - 01月30日(月)23:00 

 英公共放送BBCは30日、ボリス・ジョンソン元首相がロシアによるウクライナ侵攻前、プーチン大統領から電話会談で「ボリス、あなたを傷つけたくないが、ミサイルなら1分しかかからない」と脅されたと証言した…
カテゴリー:

2023年の投資の鍵はインフレ緩和、中国経済、グリーンインフラ投資。アクサIMレポート - 01月30日(月)21:32 

アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社は1月29日、CIO(最高情報責任者)でコア投資の最高投資責任者であるクリス・イゴ(Chris Iggo)氏によるレポート「2023年の投資展望:幾分の楽観が可能に」の日本語版を発表した。厳しい経済情勢下、23年の市場を下支えするいくつかのテーマとして、インフレのさらなる緩和、中国の経済再開の潜在的影響、さらにグリーン関連の膨大なインフラ投資について解説。23年以降、投資家が楽観できる複数のテーマとして、イゴ氏はディスインフレ(インフレの鎮静化)、安定化および低下する実質債券利回り、中国の経済再開、インフラとグリーン資産への支出増加を挙げる。 このうち、中国経済については、今年、当局がパンデミックによる封鎖から国境を再び開放したことで、投資家は成長と投資リターンの回復を期待する。同社は「中国の経済再開が国内経済と世界経済に与える潜在的な影響は大きい。国境を越えてアジアや欧州など世界各地に広がり、輸出市場および国内のサービス業と消費活動が活性化することで、非常に大きな効果が期待できる。また、中国の経済活動の活発化がエネルギー市場に新たな圧力となり、世界的にインフレ率が低下する範囲を限定する可能性もある」と予測する。 さらに「中国経済の強化からもたらされるインフレの可能性より、中国の需要拡大とサプライチェーンの簡素化といったプラス面の方が...more
カテゴリー:

【芸能】デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由 - 01月30日(月)21:16  mnewsplus

 優勝45回など数々の歴代最多記録を更新した「第69代横綱・白鵬」の宮城野親方(37)が、1月28日、東京・両国国技館で断髪式に臨んだ。断髪式の後はホテルニューオータニで盛大なパーティーが開催されたが、その中には、支援物資を届けにウクライナを電撃訪問したことで話題のデヴィ夫人(82)の姿も。 「白鵬引退・宮城野襲名・披露宴」にはYOSHIKIや松山千春たちが出席し、鏡開きには小泉純一郎元首相や森喜朗元首相の姿もあった。豪華ゲストが集まって、生バンドによる演奏なども行われ、900人規模の大宴会となった。  帰国から...
»続きを読む
カテゴリー:

日ギリシャ首脳会談、対ロシアで連携強化へ 安全保障など共同声明 - 01月30日(月)20:04 

 岸田文雄首相は30日、ギリシャのミツォタキス首相と官邸で会談した。ロシアのウクライナ侵攻を踏まえ、力による一方的な現状変更の試みに反対し、連携を強化する方針を確認。両国の協力関係を「戦略的パートナーシップ」と位置付け、安全保障や経済協力に関する共同声明を発表する。
カテゴリー:

新START後継条約、締結できない可能性「ある」 露外務次官 - 01月30日(月)19:40 

 ロシアのリャプコフ外務次官は30日に公表されたインタビューで、米露間の唯一の核軍縮の枠組み「新戦略兵器削減条約」(新START)の後継条約を締結できないまま、2026年に期限を迎える恐れに言及した。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、米露が関係改善の糸口を見いだせない中、戦略兵器を管理する枠組みが破
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる