「絶滅危惧種」とは?

関連ニュース

ソーメン二郎直伝! 夏の余ったそうめんをリメイクする究極レシピ3選 - 11月16日(土)15:03 

日本人といえば麺類が大好物! でも家で作るのはちょっと大変......という方も多いのではないでしょうか。そんなときの味方になってくれるのが、そうめんです。「そうめんといえば、夏に冷やして食べる物というイメージが強いですが、実は季節を問わずに美味しい食べ方はいくらでもあるんです」そう話してくれたのが、そうめん研究家の「ソーメン二郎」さん。今回はその研究成果の中から、とっておきのレシピを紹介していただきました。戸棚に残ってしまったそうめんを、この機会にぜひアレンジして食べてみてはいかがでしょうか。1年中そうめんを楽しむキーワードは、「脱めんつゆ」!高級そうめんの産地である奈良県で、三輪素麺の製麺所の家系に生まれたというソーメン二郎さん。その故郷では生産者が年々減り、そうめんが絶滅の危機にあるといいます。そこで、そうめんをより多くの人に食べてもらうべく、さまざまな食べ方を研究されているのだとか。「そうめんは『夏の風物詩』というイメージが強いですが、例えば沖縄県では1年中そうめんが売れています。どうしてだかわかりますか?」それは、単に沖縄県が1年中暖かいから......というわけではないようです。理由は調理法にあるのだとか。「沖縄には『そうめんチャンプルー』という定番料理がありますよね。みんな、家で炒めたそうめんを1年中食べているんです」▲沖縄の郷土料理「そうめんチャンプルー」は、1年中...more
カテゴリー:

移植サンゴ、死滅は3群体に 辺野古新基地建設 過半数が状態悪化 - 11月14日(木)11:11 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向け沖縄防衛局が2018年に移植した絶滅危惧種のオキナワハマサンゴについて今年10月末、新たに1群体の死滅が確認された。防衛局が12日に開催した「普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境監視等委員会」で委員に報告した。移植した9群体のうち、前回までに死滅・消失していた2群...
カテゴリー:

蝶が超減ってるらしい - 11月12日(火)22:16  poverty

里山の昆虫大幅減少、チョウ深刻 外来種増加と日本自然保護協会 日本各地の里山にいるチョウやゲンジボタル、ヘイケボタルなどの数が2008~17年に大幅に減ったとの 調査報告書を日本自然保護協会が12日、発表した。欧米では昆虫の急減が注目を集めており、日本も同様の傾向に あることが示された形。特にチョウ類は調査対象の約4割が、国が絶滅危惧種と判断する基準を上回る減少率だった。 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019111201002293.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

里山のチョウ、4割「絶滅危惧」 年30%ずつ減る種も - 11月12日(火)19:37 

 身近な里地や里山にたくさんいると考えられてきたチョウの仲間87種のうち、国蝶(こくちょう)のオオムラサキをはじめ約4割が、「絶滅危惧種」に相当するレベルまで急激に減っている。そんな調査結果を環境省と…
カテゴリー:

絶滅危惧サンショウウオいるはず 農家ら新たに生息確認 - 11月10日(日)06:51 

 石川県輪島市門前町の仁岸川源流域で、国の絶滅危惧種ホクリクサンショウウオの生息が新たに確認された。貴重な生き物を保護しようと地元の有志が集まり「仁岸川の源流に棲息(せいそく)する稀少(きしょう)生物…
カテゴリー:

「ガングロカフェ」16歳黒ギャル店長のその後…覚せい剤と大麻で留置所に入っていた - 11月16日(土)08:53 

 数年前、今では絶滅危惧種と呼ばれる“ガングロギャル”のスタッフのみが働く店として「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)などのテレビで取り上げられ、大きな話題を呼んだ「ガングロカフェ」。現在は人手不足を理由に休業となってしま […]
カテゴリー:

【北海道】小顔の狩人「エゾオコジョ」 冬備えに忙しいリスやウサギを狙って大忙し! - 11月14日(木)07:29  newsplus

雪が降り出すと、真っ白に変身します 秋の大雪山で、ウラシマツツジの紅葉の中を駆け回るエゾオコジョに出会いました。 越冬するために貯食に大忙しのナキウサギやシマリスを狙っていたのかもしれません。 ガレ場を何度も往復していました。 エゾオコジョは、昭和初期までは平野部にもいたそうですが、今は高山にだけ暮らしていて、準絶滅危惧種に指定されています。 狭い岩のすき間を移動するため、小顔で細くしなやかな体が特徴です。写真のように、春から秋までは、お腹が白くて、尻尾の先だけが黒、あとは茶色ですが、雪が...
»続きを読む
カテゴリー:

オオムラサキ、ノウサギも絶滅の危機に 里山の荒廃原因か - 11月12日(火)20:28 

 国内各地の里山で2005~17年度に野生動物の生息状況を定点観測した結果、日本の国蝶(こくちょう)とされる「オオムラサキ」など身近に生息するチョウ類の約4割が絶滅危惧種に相当するほど生息数が減ったとする報告書を12日、環境省と日本自然保護協会が公表した。野山に生息し、絶滅の危険性が比較的低いと考え
カテゴリー:

手延べそうめんは絶滅危惧種? ソーメン二郎はゴールデン街の中心で”そうめん愛”を叫ぶ - 11月10日(日)11:07 

ランチは多忙な日々の楽しみ。でも、忙しい毎日を送っていると、気づかないうちに季節が変わり、姿を消してしまうメニューもありますよね。そんな料理のひとつに「そうめん」があります。季節はずれとはわかっていても、「そうめんがすすりたい」という気持ちに駆られていた秋の入り口。新宿のゴールデン街に週末の昼間にだけ現れる、おいしいそうめんが食べられる店があるという噂を聞いて、さっそく足を運んでみました。週末の昼間だけ現れる「真昼のそうめんBAR」でソーメン二郎に出会う▲ゴールデン街でひときわ目を引くのぼり。......ん、「ソーメン二郎」?ほとんどの店が閉まっている昼の12時、ゴールデン街の老舗「奥亭」に昼間だけ間借りして、そのそうめんは提供されていました。「ソーメン二郎プロデュース 真昼のそうめんBAR」。のぼりには千利休のようなイラストが描かれています。いろいろと気になりますが、まずは中へ。カウンターでそうめんを調理する人、見た目はどうも料理人っぽくありません。どうやらこの方が、「ソーメン二郎」さんのようです。一体、何者なのでしょうか。「僕は出身が奈良県で、三輪素麺の製麺所の家系に育ちました。実はそうめん、とくに手延べそうめんは、10年後には食べられなくなるかもしれない絶滅危惧種なんです。だから、そうめん研究家という肩書きで、そうめんの普及に励んでいるんです」季節外れのそうめんには、どうやら...more
カテゴリー:

「もはや絶滅危惧種」超少子化時代の日本、国の施策は誤りだった? - 11月09日(土)07:14  liveplus

 ラグビーワールドカップ依頼、日本のラグビー熱は高まる一方。しかし先月行われたラグビー全国高校大会・東京都予選の2回戦で 大東文化大第一高と対戦していたのは、都立高と私立高4校による“混合チーム”。実は少子化などによって 部員が競技人数に足りず単独では参加できない学校が増えており、今回も全体の3分の1以上のチームが“合同”なのだ。  強豪・大東文化大第一から1トライも奪うことができずに敗退した合同C。副キャプテンの高橋海誠さんは 「全員が揃っての練習はあまりなく2校だけの練習もあった」と振り返った。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「絶滅危惧種」の画像

もっと見る

「絶滅危惧種」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる