「日本版」とは?

関連ニュース

【疫病】アジアで猛威を振るうバナナの病気が世界最大の輸出地域である中南米に上陸 コロンビア政府は非常事態宣言 - 08月25日(日)15:40  newsplus

■壊滅的被害の可能性、コロンビア政府は非常事態宣言 アジアやアフリカのバナナ農園で猛威を振るっている病気が、予防措置がとられてきたにもかかわらず、とうとう南米に上陸した。  8月15日、コロンビアで農業を管轄する政府機関ICAは、検体検査の結果、「トロピカルレース4」(TR4)型パナマ病が同国のバナナ農園で検出されたことを確認した。この発表とともに、国家非常事態宣言が出された。  この病気が確認されたということは、食料源および輸出品としてのバナナに壊滅的な被害が出る可能性があるということだ。TR4は、フザ...
»続きを読む
カテゴリー:

【考古学】5~6世紀の欧州の謎の変形頭蓋骨、ゴート族やフン族など「民族の目印」だった?初の東アジア系ルーツも - 08月25日(日)15:15  newsplus

■5~6世紀の変形頭蓋骨を複数発見、初の東アジア系ルーツも ローマ帝国崩壊後の欧州には、ゴート族やフン族などの異民族が進出してきた。いわゆる「民族移動時代」(西暦300~700年頃)である。この時代の遺跡からは、人為的に変形させた跡がある頭骨が見つかっているが、この風習は、自らのアイデンティティを表明する極端な方法の1つであった可能性がある。考古学者は今、DNA分析によってこの謎を解明しようとしている。  考古学者たちは最近、クロアチア東部のヘルマノブ・ビノグラード遺跡で、10代の少年の遺体が3体埋められた...
»続きを読む
カテゴリー:

【考古学】紀元800年頃の800人分の骨が見つかったヒマラヤ山中の謎の湖、DNA分析果で謎深まる - 08月25日(日)13:42  newsplus

■ヒマラヤ山中の「骨の湖」、驚きの分析結果で謎深まる  インド、ヒマラヤ山中の人里離れた高地に、考古学史上でも屈指の謎に満ちた湖がある。およそ800人分もの人骨が見つかっている「骨の湖」ループクンド湖だ。  この湖で、過去にいったい何があったのか。解明に挑んだ研究結果が8月20日付けで学術誌「Nature Communications」に発表された。しかし結果は、その謎をさらに深めるものだった。 ■驚きの分析結果  2000年代の初めに予備的なDNA研究がなされ、ループクンドの死者たちは南アジアにルーツがあるという結果が出た...
»続きを読む
カテゴリー:

【WSJ日本版の便利な機能】 WSJ日本版を購読され.. - 08月24日(土)22:50 

【WSJ日本版の便利な機能】 WSJ日本版を購読されると日本語記事だけではなく、全ての英語記事を読むこともできます。プルダウンメニューから「米国版(US)」「アジア版(Asia)」「欧州版(Europe)」「インド版(India)」を選べます。また「中国版」を中国語で読むことも可能です。
カテゴリー:

”ビットコインでなくブロックチェーン”集団は「裸の王様」を見ているのか? 仮想通貨の専門家に聞く【独自】 - 08月24日(土)17:55 

仮想通貨とブロックチェーンを分けて考えることに意味はあるのか?もしあるとしたら、何を基準にブロックチェーンのプロジェクトを見極めれば良いのか?コインテレグラフ日本版が専門家に聞いた。
カテゴリー:

【古生物】1600万年以上前の巨大オウムの新種化石を発見、体高1mで体重7kg、肉食の可能性も、NZ - 08月25日(日)15:26  newsplus

■1600万年以上前、体高1mで体重7kg、「ヘラクレス」と命名 今から1600万年以上前、現在のニュージーランドにあたる地域で、1羽の大型の鳥が死に、湖の底に沈んでいった。その骨は、砂と灰青色の粘土の層の中で化石となり、数年前に発掘された。今回それが、これまで知られている中で最大のオウムの骨であることが判明した。 現在の地球上に生息する約350種のオウムの仲間のうち、体重が最も重いのは、同じくニュージーランド固有の飛べない鳥カカポ(和名:フクロウオウム)だ。だが今回判明した新種のオウムは、それをはるかに上回...
»続きを読む
カテゴリー:

【古生物】氷河時代の「ホラアナグマ」はなぜ絶滅したのか? 寒冷化よりも人類の台頭が原因だった 最新研究 - 08月25日(日)15:03  newsplus

■「ホラアナグマ」が消えたのは、寒冷化よりも人類の台頭が原因だった ネアンデルタール人がヨーロッパに暮らしていたころ、身の周りには常に危険があった。マンモスやケブカサイ、サーベルタイガー、そして洞窟には、重さが最大900キロにもなるホラアナグマが住んでいたからだ。  今日、最大の疑問は、こうした大型動物たちがなぜ姿を消してしまったのかということだ。一部の科学者たちは、約2万6500年前にピークを迎えた最終氷期の極大期のせいだろうと考えている。一方、狩りに長けた新しい人類、ホモ・サピエンスの登場によって...
»続きを読む
カテゴリー:

「『お金を火にくべる悪習』が、 D2C 業界にはある」:デイリー・ハーヴェストのレイチェル・ドローリ氏 - 08月25日(日)12:00 

サブスクリプション型冷凍食品販売会社であるデイリー・ハーヴェスト(Daily Harvest)の創業者、レイチェル・ドローリ氏VCの資金援助を受け、社のさらなる進化を目指している。資金の一部は同社のコンテンツストラテジーに回し、ブランドストーリーの共有に役立てるつもりだという。ポッドキャストで話を訊いた。 The post 「『お金を火にくべる悪習』が、 D2C 業界にはある」:デイリー・ハーヴェストのレイチェル・ドローリ氏 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

【WSJ日本版の便利な機能】 記事画面にある「原文.. - 08月24日(土)22:40 

【WSJ日本版の便利な機能】 記事画面にある「原文(英語)」ボタンをクリックすると英語原文(全文)が表示されます。元の英語の表現や記事の詳細を英語で確認できます。英語学習にも便利です。#英語
カテゴリー:

知っておきたい、 Twitch の インフルエンサー 5名 - 08月24日(土)12:00 

ライブストリーミングプラットフォームのTwitch(ツイッチ)は、ライブストリーム配信しているゲーマーに特に知名度が高い。そのため、ゲームに夢中な若い男性オーディエンス向けの広告の売り込みに攻勢をかけている。本記事では、そんなプラットフォームでブランドと協働した著名なインフルエンサー5人を紹介する。 The post 知っておきたい、 Twitch の インフルエンサー 5名 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本版」の画像

もっと見る

「日本版」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる