「意思決定」とは?

関連ニュース

ディープラーニングチップの世界市場、2027年に213億1,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより) - 02月27日(木)13:30 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のディープラーニングチップ市場-チップタイプ、技術、産業別の予測(2027年まで)」(The Insight Partners発行)の販売を2月27日より開始いたしました。膨大な量のデータの可用性とクラウドベースの計算能力の膨大な拡張性により、ディープラーニングチップはここ数年で業界全体の大きなトレンドとなっています。今日のデジタル世界において、情報は、企業が成功を収め、持続可能な成長を維持するための鍵です。ディープラーニングチップは、デバイスの頭脳として機能する特殊なハードウェアチップです。ディープラーニングチップには多くのコンピューティングコアがあり、高帯域幅メモリが搭載されています。これらのチップはAIチップとしても知られ、CPU、GPU、ASICなどを含む多くのシステムに応用されています。業界の特定の問題に対するアプリケーションベースのディープラーニングチップの需要の高まりに伴い、さまざまなスタートアップ企業や既存の企業は、迅速かつ効率的なディープラーニング処理をサポートする新しいハードウェアの革新に注力しています。ディープラーニングは、AIチップセットアーキテクチャが提供する一連のAIアプリケーションの一部であり、機械学習、およびトレーニングと推論の両方で特に自然言語処理を提供します。需要の増加とさまざまなAI...more
カテゴリー:

【トップ近況】「さまざまなデータを使って、人の意思決定を効率化していきたい」 インティメート・マージャー、簗島亮次社長 - 02月27日(木)11:30 

「さまざまなデータを使って、人の意思決定を効率化していきたい」と話すのは、インティメート・マージャーの簗島亮次社長(35)。ウェブサイトの閲覧履歴やネットアンケ…
カテゴリー:

新型コロナ感染拡大に対応 新卒採用/就職活動のオンライン化を支援 株式会社ジェイック 株式会社スタジアム 共同実施 2/28(金) 3/2(月)「採用活動をどうやってweb化したらいいですか?」 - 02月26日(水)16:00 

若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤剛志)とWEB面接・録画面接システム「インタビューメーカー」を提供する株式会社スタジアム(スタジアム 本社:東京都港区 代表取締役:太田靖宏)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、就活生の不安を軽減し、企業の採用活動を支援するプロジェクトを実施することを発表します。日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、新卒採用/就職活動の市場では大学や大手ナビサイト主催の合同企業説明会の中止、また各企業単位でも合同説明会の参加見合わせの動きが加速しています。同時に、各企業においても会社説明会の開催中止を意思決定する企業も出ています。現在、各社も対応策を決めかねている状態であり、学生からも不安の声が多く上がっています。新卒採用市場における合同企業説明会の中止・会社説明会の中止を代替し、新卒採用/就職活動を通じた感染拡大の予防と学生の不安軽減に繋がる「採用活動/就職活動のオンライン化」をサポートしていくため、以下の取り組みを共同で実施して参ります。【実施予定施策】■情報提供セミナーの緊急開催Web面接・録画面接システム導入社数1,100社突破の「インタビューメーカー」を提供する株式会社スタジアムのノウハウを、累計20,126人(2019年5月時点)の若者の就職支援を行ってきたジェイックがインタビ...more
カテゴリー:

「桜」白塗り文書 説明文書の作成義務は「一般論、個々は想定せず」 北村担当相 - 02月25日(火)19:53 

 内閣府が「桜を見る会」の推薦者名簿を国会に提出した際に推薦部局名を「白塗り」にしていた問題で、北村誠吾地方創生担当相は25日の記者会見で、白塗りは公文書管理法違反ではないとの考えを改めて示した。同法4条では、政府の意思決定過程を検証するための文書作成を義務づけている。しかし北村氏は「4条は文書を作
カテゴリー:

【ナビガントリサーチ 調査報告】電気自動車高速充電市場の交換式バッテリーの新しいビジネスチャンス - 02月25日(火)13:00 

【調査レポートのサマリー】2020年2月25日 販売取扱開始米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「電気自動車高速充電市場の交換式バッテリーの新しいビジネスチャンス」は、電気自動車の交換式バッテリー(取り外し式バッテリー)の推進を模索する企業の課題とビジネスチャンスを概説している。揺籃期にあるバッテリー交換式の市場を育成する最善策や意思決定者への助言も記載している。自社にとってバッテリー交換式が有用であるかどうかを決定する必要のあるフリート管理者や公益事業の意思決定者に有用な情報を提供している。This Navigant Research, a Guidehouse company, Strategy Insight report gives an overview of the challenges and opportunities currently faced by organizations seeking to promote battery-swapping. It identifies market segments that offer the best prospects for fostering the nascent battery-swapping market and recommendations for ...more
カテゴリー:

オープンテキスト、米国企業におけるeディスカバリーにおいてAI、クラウド化、セキュリティが優先事項との調査結果を発表 - 02月27日(木)13:00 

~米国ニューヨーク州で開催されたLegaltech 2020にて、「第4回 法律業務のプロフェッショナルに関する年次調査」を公開~※本リリースは、OpenText Corporationが2020年2月4日(北米時間)に発表したリリースの抄訳です。エンタープライズ情報管理(EIM)ソリューションのグローバルリーダーである、OpenText(NASDAQ:OTEX、TSX:OTEX、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:反町浩一郎、以下オープンテキスト)は本日、Ari Kaplan Advisors社との協力により、「Legaltech 2020」で公開した最新版レポートの調査結果を発表しました。本レポートでは、eディスカバリーのコスト管理の必要性を強調しつつ、企業の法務部門の最優先事項として、人工知能(AI)、クラウド、セキュリティの重要性が浮かび上がっています。オープンテキストの法律技術部門バイスプレジデントであるSerge Savchenkoは、次のように述べています。「訴訟で優位性を獲得し、調査を成功裏に完了させ、規制問題に的確に対応するため、意思決定者に求められるのは、適切な情報をリアルタイムで選別する能力です。リスクが上昇し、データ量が拡大の一途をたどる中、求められるのはスピードであり、企業の法務部門や法律事務所は、通常のタスクを自動化し、日常業務に機械学習やAIを取...more
カテゴリー:

ステークホルダー中心のリーダーシップは優れた業績に繋がる、調査で判明 - 02月27日(木)00:32 

企業が業績を重視するだけでなく、社会や環境へのポジティブ・インパクトの創出を目指す「ステークホルダー資本主義」が注目されている。総合コンサルティングのアクセンチュアは2月17日、世界経済フォーラム(WEF)との共同調査「Seeking New Leadership(新しいリーダーシップを求めて」の結果を公表、この中でステークホルダー資本主義の時代に重要となる、新たなリーダーシップの実現に必要な5つの要素を挙げた。WEFとアクセンチュアは、これを「レスポンシブル・リーダーシップ」と名付けている。 調査は、WEFのヤング・グローバル・リーダーズ、新興グローバルシェイパーズコミュニティのメンバー(新進気鋭のリーダー)、CEOをはじめとする経営層、従業員や消費者、その他のステークホルダーなどのグループ2万人以上を対象に実施。さらに企業業績の計量分析やその他の独自調査に基づいて作成された。企業が今後10年にわたってさまざまな課題に対処しながら、成長加速と社会的変革を達成するためには、経営層に幅広い属性および人間的特性が求められると指摘し、レスポンシブル・リーダーシップ”の5つの要素を示す。 筆頭は「ステークホルダーのインクルージョン」。意思決定においてさまざまなステークホルダーの立場を考慮し、多様な人々が発言権と帰属意識を持てるようなインクルーシブな環境を整備することで、あらゆる層の信頼を確...more
カテゴリー:

3Dインテリアコーディネート「KAREN」は「COSIC」に、インテリア通販「FLYMEe」との資本業務提携を締結 - 02月26日(水)11:00 

3Dインテリアコーディネートサービス「KAREN(カレン)」を運営するKARENは2月26日、リブランディングを実施し、サービス名は「COSIC(コシック)」、社名はコシックへと変更したことを明かした。 そしてコシックは同日、日本最大級の家具、インテリア通販サイト「FLYMEe(フライミー)」を運営するフライミーと資本業務提携を締結したことも併せて発表。フライミーを引受先とした第三者割当増資により、総額7000万円の資金を調達した。 2018年7月に設立されたコシックのミッションは、「家が世界一好きな場所になり、自分らしく幸せに生きる人を増やす」こと。代表取締役の武藤諒俊氏はリクルート、btraxの出身(詳しくはmasumi ohsakiによる記事を是非)。趣味は物件探し。9年で8回も引越しをするほどの物件マニアだ。「大学の頃からホームズやSUUMOをずーっと見ていた」という。そんな同氏は「引越し先に(持っていた家具が)合わない」というペインを経験し、3Dインテリアコーディネートサービスを開発するに至った。 「(家具が合わず)住みにくくなってしまうということが多かった。そのため、カフェに入り浸っていた。だが、本当だったら家でまったりしたり、仕事ができたほうが良い」(武藤氏) COSICの最大の特徴は、採用率5%の選考に選ばれたプロフェッショナルが3Dイメージでコーディネートを提...more
カテゴリー:

『DX(デジタル・トランスフォーメーション)白書2020年版』 発刊/『DX推進フォーラム』創設のお知らせ - 02月25日(火)14:30 

この度、一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構は令和2年2月21日、『DX(デジタル・トランスフォーメーション)白書2020年版』を発刊し、『DX推進フォーラム』の設立を発表した。ここ数年、欧米/IT先進国ではデジタル・トランスフォーメーション(DX)、デジタル・ネイティブ・エンタープライズ(DNE)のミッションが企業や産業社会を席巻し、マネジメントから新規事業などへの投資を含め、DX対応が急速に進んでいる。欧米企業ではCDO(最高デジタル責任者/最高データ責任者)を置く企業が爆発的に増え、エンタープライズIT、AI/RPA/ビッグデータによる業務のハイパー自動化、IoT/クラウドなどのプラットフォーム台頭に伴い、DXの認識が定着している。今後、DXを実施済の企業とそうでない企業の差は加速度的に開き、DX化がデジタル経済を牽引役・主役となることが必至の情勢である。日本企業のDXは周回、2周回遅れとも言われ、先進企業の取り組みが始まったばかりだが、ようやく日本でも2020年以降、既存システムのレガシー・モダナイゼーション、DXの取り組みと関連サービスが広がり、最大のテーマとなることが確実視されている。経済産業省は「2025年の崖」、「DX銘柄」、「デジタル・ガバナンス・コード」などDX対策を次々に打ち出し、DX推進に本腰を入れた取り組みを行っている。同省は、「事業にデジタル技術...more
カテゴリー:

データを資産と認識しているが、データを活用した意思決定をする従業員が少ない アクセンチュア - 02月25日(火)08:00 

アクセンチュアとQlik Technologiesが実施した「データリテラシーによる人への影響」に関する調査の結果によると、多くの企業がデータに基づいた経営戦略を実践したいと考えているのに対して、従業員はデータから価値を生み出すのに十分な能力を持っておらず、ギャップが生じていることが分かった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「意思決定」の画像

もっと見る

「意思決定」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる