「宮崎駿」とは?

関連ニュース

アバンセ映画祭 35ミリフィルムで「銀河鉄道の夜」など 来月2日開催 - 01月17日(木)09:05 

アバンセは2月2日9時半から、35ミリフィルムで懐かしい名作アニメ映画を鑑賞する「アバンセ映画祭」を開く。会場は佐賀市のアバンセホール(どん3の森内)で。10時~11時47分「銀河鉄道の夜」(原作:宮沢賢治)、13時~14時50分「長靴をはいた猫」(脚色:井上ひさし)、15時~16時28分「西遊記」(演出・構成:手塚治虫)、16時45分~18時7分「太陽の王子 ホルスの大冒険」演出:高畑勲 場面設計:宮崎駿。 前売り500円、当日700円で、アバンセ1階の総合案内で販売中。
カテゴリー:

ヤフオクに宮崎駿のサイン色紙あったんやがこれ本物? - 01月15日(火)17:22  livejupiter

なんかめっちゃ怪しいんやけど ...
»続きを読む
カテゴリー:

耳をすませば 2年ぶり11回目の放送も視聴率は11.4% ナウシカに次ぐ惨敗 ジブリ危うし!? - 01月15日(火)10:29  news

スタジオジブリの劇場版アニメ「耳をすませば」(近藤喜文監督)が11日、日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で放送され、 平均視聴率は11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。2017年1月27日以来、約2年ぶり11回目の放送となったが2桁の視聴率を記録した。 「耳をすませば」は、柊あおいさんの少女マンガを基に宮崎駿監督が脚本を執筆。小説家を夢見る少女とバイオリン職人を目指す少年の、 甘酸っぱい恋模様を描く。本が大好きな少女・月島雫の声を声優の本名陽子さん、少年・天沢聖司の声を俳優・高橋一生さんがそ...
»続きを読む
カテゴリー:

風間俊介が宮崎駿作品の舞台出演「伝えたいこと」 - 01月15日(火)05:00 

風間俊介(35)が、今年8月から上演の舞台「最貧前線」に出演することが14日、分かった。80~90年代の宮崎駿氏の連載「宮崎駿の雑想ノート」内の物語が原作。 太平洋戦争末期を舞台に、主演の内野聖陽(50)演じる船長が率いる漁船が、海上で…
カテゴリー:

【テレビ】<風の谷のナウシカ>放送も低視聴率で日テレ大パニック? 視聴者離れは止められるか ★3 - 01月13日(日)00:17  mnewsplus

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で2019年1月4日に放送された宮崎駿監督の劇場アニメ『風の谷のナウシカ』(1984年公開)が平均視聴率10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録したことが発表された。  『風の谷のナウシカ』は日本テレビ局内では「放送すれば必ず数字が取れるコンテンツ」であることから、「金曜ロードSHOW!」では今回で18回目の放送となった。また、あまりに頻繁に放送し過ぎてしまっていることから、一部ネットでは「もう飽きた」、「ナウシカ何度も放送しすぎ」と話題に上がることも少なくない。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【視聴率】<耳をすませば>2年ぶり11回目の放送も視聴率は11.4% 声優に若き日の高橋一生 - 01月15日(火)10:46  mnewsplus

スタジオジブリの劇場版アニメ「耳をすませば」(近藤喜文監督)が11日、日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で放送され、平均視聴率は11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。2017年1月27日以来、約2年ぶり11回目の放送となったが2桁の視聴率を記録した。 「耳をすませば」は、柊あおいさんの少女マンガを基に宮崎駿監督が脚本を執筆。小説家を夢見る少女とバイオリン職人を目指す少年の、甘酸っぱい恋模様を描く。本が大好きな少女・月島雫の声を声優の本名陽子さん、少年・天沢聖司の声を俳優・高橋一生さんがそれぞれ...
»続きを読む
カテゴリー:

風間俊介、宮崎駿作品の舞台出演 - 01月15日(火)05:00 

俳優の風間俊介(35)が、宮崎駿監督(78)オリジナル作品の国内初の舞台化「最貧前線」(8月末〜10月。茨城・水戸芸術館ACM劇場、東京・世田谷パブリックシアタ...
カテゴリー:

市川海老蔵が5代目團十郎と同じニックネームに。「白猿」に込めた思いとは? - 01月14日(月)17:10 

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(41)が、2020年に13代目「市川團十郎白猿」を襲名することになった。歌舞伎の興行を手がける松竹が1月13日、公式サイトで発表した。12代目が2013年に亡くなってから空席になっていた歌舞伎界を代表する名跡が、7年ぶりに復活する。 ■「猿は人間に比べて頭の毛が3本足りない」という俗説から誕生「市川團十郎」は、誰もが知っている江戸初期から続く名跡だが、末尾の「白猿」とはどういう意味だろうか。実はこれ、江戸歌舞伎の第一人者である5代目團十郎が、俳名として使っていたものだ。俳名は、もともと俳句を詠むときのペンネームだが、歌舞伎役者が公私にわたって名乗るニックネームとして使われている。5代目は1791年に名跡を息子の6代目に譲って、自身は市川蝦蔵(えびぞう)に改名した。このときに名乗った俳名が「市川白猿」だった。「團十郎と海老蔵」(学研新書) によると、5代目は「私が白猿と名付けたその心は、名人上手には家が三筋足らぬと申す意味でございます」と、口上(舞台挨拶)で述べたという。祖父に当たる2代目の俳名「栢筵(はくえん)」と読みは同じだが、「猿は人間に比べて頭の毛が3本足りない」という俗説にならって、漢字は「白猿」と謙遜したのだった。この口上は大評判となったが、5代目は「芝居ではなく口上で大入りになるというのは役者の恥」として、この項上を4日間でやめてしまったとい...more
カテゴリー:

【テレビ】『風の谷のナウシカ』放送も低視聴率で日テレ大パニック? 視聴者離れは止められるか ★2 - 01月12日(土)21:03  mnewsplus

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で2019年1月4日に放送された宮崎駿監督の劇場アニメ『風の谷のナウシカ』(1984年公開)が平均視聴率10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録したことが発表された。  『風の谷のナウシカ』は日本テレビ局内では「放送すれば必ず数字が取れるコンテンツ」であることから、「金曜ロードSHOW!」では今回で18回目の放送となった。また、あまりに頻繁に放送し過ぎてしまっていることから、一部ネットでは「もう飽きた」、「ナウシカ何度も放送しすぎ」と話題に上がることも少なくない。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「宮崎駿」の画像

もっと見る

「宮崎駿」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる