「福地桃子」とは?

関連ニュース

映画「あまのがわ」の小説化。全国書店にて8月7日発売開始 - 07月20日(火)16:00 

親、友人との葛藤で不登校になった女子高生が、AIロボットと旅をしながら主体的に生きることの大切さに気づき、生きる希望を見いだしていく物語精神科の病があってもなくても生きやすい社会を目指し、患者とともに働く株式会社ラグーナ出版(本社:鹿児島市西千石町3-26、代表取締役:森越まや、川畑善博)は、思春期の精神的危機に直面する女子高生を主人公にした、小説『あまのがわ』を2021年8月7日に刊行いたします。■ 書籍のサイトhttps://store.lagunapublishing.co.jp/items/47316384■ 小説化の背景と内容本作品は、2019年、全国で劇場公開されました。本書はその小説化です。本書は、親、友人との葛藤で不登校になった女子高生が、世界自然遺産の屋久島を舞台に、自然、個性的な人々、そしてひょんなことからAIロボットとの交流を通して、生きる希望を見いだしていく物語です。著者の古新舜氏は、長編初監督作品「ノー・ヴォイス」で犬猫の殺処分をテーマに、人間と犬猫との共生のあり方を描きました。小説の元となりました映画「あまのがわ」は、第31回東京国際映画祭特別招待作品、2021年1月にはベトナムの日本映画祭において日本代表の1作品に選定されました。新型コロナウィルス感染症によって、人と人とのコミュニケーションが大きく変化しました。社会的距離(ソーシャルディスタンス)が提...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる