「舞台化」とは?

関連ニュース

当代伝奇劇場の呉興国氏、『李爾在此』の台湾公演に区切り - 07月07日(火)00:00 

当代伝奇劇場(Contemporary Legend Theatre)の芸術総監(アートディレクター)を務める呉興国さんは6日に開いた記者会見で、シェイクスピアの四大悲劇の一つ『リア王』をベースにした自身の最高傑作『李爾在此(=リア王はここに)』について、初演から20年の節目を迎える今年の公演を最後に、台湾での公演に区切りをつけることを明らかにした。   呉興国さんによると、新型コロナウイルスの影響を受けて当初予定していた『凱撤(Julius Caesar)』(シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』を原作とした作品)の公演が中止となった。『凱撤』は海外巡回公演の一環で、台湾でも上演されることになっていた。このため、自身が一人10役を演じる『李爾在此』を今年9月に国家戯劇院(台湾北部・台北市)で、10月に台湾南部・高雄市の衛武営国家芸術文化中心で演じる時間が生まれた。   『李爾在此』はシェイクスピアの作品『リア王』をベースに、呉興国さんが舞台化し、監督兼主演を務める作品。「戯」、「弄」、「人」の3幕から成り、京劇の歌い方や所作を取り入れて『リア王』に新たな解釈を加え、人間性の矛盾やジェネレーションギャップに迫るものだ。仏パリのオデオン座での初演以来、現在に至るまで20カ国50都市で上演。いまでは呉興国さんの代表作となっている。   呉興国...more
カテゴリー:

「ヒプノシスマイク」の舞台化第3弾が2020年10月に公演決定。キャスト情報も発表 - 07月03日(金)18:44 

「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」Rule the Stage -track.3- 配信元 ネルケプランニング 配信日 2020/07/03 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.3- 上演決定!&キャスト情報解禁! 社会現象を巻き起こしている大人気コンテンツである『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』、通称ヒプマイは、キング…
カテゴリー:

【悲報】アニメ「池袋ウエストゲートパーク」 キービジュアルが公開されるもダメそう - 07月01日(水)00:53  poverty

本作は、直木賞作家・石田衣良の代表作『池袋ウエストゲートパーク』をテレビアニメ化。 原作はドラマ化、漫画化、舞台化とさまざまな形でメディア展開された人気作で、 中でも宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演のテレビドラマは現在でも人気が高く、その後ブレイクした若手俳優が多数出演している。  テレビアニメでは、監督を越田知明、シリーズ構成を志茂文彦、 キャラクターデザインを谷口淳一郎が務め、アニメーション制作は動画工房が担当。 キャストは、マコト役の熊谷健太郎、タカシ役の内山昂輝、キョウイチ役の土...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】黒人キャラの声優をしていた白人女性、差別だと言われ降板させられる - 06月27日(土)12:21  livejupiter

『アナと雪の女王』シリーズでアナ役を務めた人気女優のクリスティン・ベルが、混血キャラクターの声優を降板したことがわかった。 クリスティン・ベルは、Apple TV+のアニメシリーズ「Central Park」にてモリー役を演じていた。 モリーは、白人と黒人の混血キャラクターで、クリスティンの演技は高評価を得ていた。 「これは、私たちの“共犯行為”を認めるとき。これは私の一例です。 『Central Park』でモリーを演じることは、私の特権に対する認識の欠如を示しています。 白人女優に混血のキャラクターをキャスティングするこ...
»続きを読む
カテゴリー:

國森桜、初舞台化『ぼくらの七日間戦争』に出演「表現を届けたい」 - 06月27日(土)10:00 

秋元康氏が総合プロデュースする劇団4ドル50セントの國森桜が、9月11日から東京・かめありリリオホールで上演される舞台『ぼくらの七日間戦争』に出演することが27日、発表された。
カテゴリー:

『ヒプマイ』舞台化第3弾決定 - 07月03日(金)19:20 

『ヒプマイ』舞台化第3弾決定💥オオサカ&ナゴヤディビジョン初登場 <🎙オオサカ> 荒牧慶彦、里中将道、東山義久 <🏯ナゴヤ> 廣野凌大、加藤大悟、青柳塁斗 #ヒプステ #ヒプノシスマイク #まっきー #荒牧さん #荒牧くん
カテゴリー:

アニメ版池袋ウエストゲートパークのキャラデザ本邦初公開!! - 07月01日(水)09:17  livejupiter

本作は、直木賞作家・石田衣良の代表作『池袋ウエストゲートパーク』をテレビアニメ化。 原作はドラマ化、漫画化、舞台化とさまざまな形でメディア展開された人気作で、 中でも宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演のテレビドラマは現在でも人気が高く、その後ブレイクした若手俳優が多数出演している。  テレビアニメでは、監督を越田知明、シリーズ構成を志茂文彦、 キャラクターデザインを谷口淳一郎が務め、アニメーション制作は動画工房が担当。 キャストは、マコト役の熊谷健太郎、タカシ役の内山昂輝、キョウイチ役の土田玲央に加...
»続きを読む
カテゴリー:

志村玲於、初舞台化『ぼくらの七日間戦争』に出演「本当に嬉しいです!」 - 06月27日(土)14:08 

ダンス&ボーカルグループ・SUPER★DRAGONの志村玲於が、9月11日から東京・かめありリリオホールで上演される舞台『ぼくらの七日間戦争』に出演することが27日、発表された。
カテゴリー:

【悲報】黒人「このアニメさあ、黒人キャラなのに声優が白人なのはおかしいよね?」 白人声優を降板させてしまう - 06月27日(土)11:55  poverty

『アナと雪の女王』シリーズでアナ役を務めた人気女優のクリスティン・ベルが、混血キャラクターの声優を降板したことがわかった。 クリスティン・ベルは、Apple TV+のアニメシリーズ「Central Park」にてモリー役を演じていた。 モリーは、白人と黒人の混血キャラクターで、クリスティンの演技は高評価を得ていた。 「これは、私たちの“共犯行為”を認めるとき。これは私の一例です。 『Central Park』でモリーを演じることは、私の特権に対する認識の欠如を示しています。 白人女優に混血のキャラクターをキャスティングするこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日テレ】「イッテQ」手越祐也の後任問題が勃発…日テレvsジャニーズで大モメに - 06月26日(金)00:33  mnewsplus

2020年06月25日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-706106/ 【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】  蜜月関係にあったはずの日本テレビとジャニーズ事務所だが、どうやら雲行きが怪しくなってきたという。同局の人気看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」から正式降板したNEWS・手越祐也(32)の後釜が決まらず揉めているというのだ。 「日テレとしては2007年の番組立ち上げ当初から出演していた手越を失うのは大損失です。それでなくても『ポ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「舞台化」の画像

もっと見る

「舞台化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる