「前段階」とは?

関連ニュース

認知症予防に運動を 1日10分でも有効 横手で講演会 - 11月17日(日)10:32 

 秋田県横手市主催の認知症予防講演会が16日、市条里南庁舎講堂で開かれた。秋田大高齢者医療先端研究センター長の大田秀隆教授(老年医学)が講演し、認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)などを解説。…
カテゴリー:

20代の転職意欲を可視化ブーストするポジウィルが資金調達 - 11月12日(火)10:19 

ポジウィルは11月12日、STRIVE(ストライブ)、柳澤安慶氏、ほか個人投資家への第三者割当増資による資金調達を発表した。調達額は非公開。今回調達した資金は、採用やサービス開発、マーケティングとして活用し、事業基盤の強化を図るという。 同社は2017年8月設立のスタートアップ。転職そのものではなく、その前段階をサポートする点で一般的な転職支援サービスとは異なっている。転職希望者が同社のサービスを有償で利用することで、さまざまなアドバイスを専門家から受けられるのが特徴だ。 具体的には、累計1000人以上の利用実績があるオンライン有料転職相談サービス「そうだんドットミー」と、転職に向けた2カ月集中プログラム「ゲキサポ!転職」の2サービスを運営している。ゲキサポ!転職は、2カ月で税別30万円の費用がかかるが、2019年7月末のリリース以降、すでに100名以上が利用しているとのこと。 一般的な転職サービスは、優秀な人材を確保したい雇用主である法人から、採用が決定した人材の年収の3分1、もしくは月収3カ月ぶんほどの成功報酬を受け取るというのが基本的なマネタイズの仕組みだ。一方ポジウィルは、転職先を見つけるサービスでないため人材紹介業ではない。同社は転職希望者が、どういった仕事に就きたいのか、自分の価値はどこにあるのかといった就職活動の基礎的な部分を徹底的に鍛え直すことに特化している。 就職...more
カテゴリー:

血液1滴でアルツハイマー検査 軽度認知障害診断も可能に 名古屋市立大など - 11月05日(火)21:39 

 アルツハイマー病を血液1滴で診断できる可能性のあるマーカーを、名古屋市立大などの研究グループが発見した。アルツハイマー病の前段階の軽度認知障害(MCI)の診断も可能になるという。研究結果は先月、米国のアルツハイマー病の専門誌に掲載された。
カテゴリー:

認知症前段階47% 横手の高齢者100人、県内初データ - 11月15日(金)07:14 

 秋田県横手市の65歳以上の高齢者約100人を対象に認知機能検査をしたところ、認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)の割合が47.6%だったとする調査結果を、秋田大高齢者医療先端研究センター長の…
カテゴリー:

ボーイングのStarliner宇宙船の発射台緊急脱出テストが成功 - 11月06日(水)09:15 

NASAの商業乗員輸送計画のパートナーであるBoeing(ボーイング)は、CST-100 Starlinerに実際に宇宙飛行士を搭乗させるための、重要なマイルストーンを達成した。発射台からの緊急脱出装置のテストは、宇宙飛行士をStarlinerに搭乗させる前に設置しておく必要がある、NASAが要求する重要な安全システムだ。 Starlinerのデモミッションでは、実際の有人打ち上げ時にULA(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス)のAtlas Vロケットの上に、どのように設置するかをシミュレートすることから始まった。そして緊急脱出用のエンジンを点火すると、Starlinerとそのサービスモジュールはロケットから安全な距離まで飛行した。問題は3つあるパラシュートのうち2つしか展開されなかったことだが、NASAが定義する安全性設計はこのような可能性も範囲内として想定している。 このシステムの必要性は、ボーイングとNASAによって非常に「ありそうにもない」シナリオとして記述されているが、ボーイングとNASAは、ボーイングとSpaceX(スペースX)の新しい宇宙船における安全性を強調している。 宇宙船にはセンサーが設置されたテスト用のダミー人形が搭載されており、アクシデント時に緊急脱出装置によってStarlinerに搭乗した宇宙飛行士が、どのような衝撃を体験するのかについての、詳細なデータ...more
カテゴリー:

「前段階」の画像

もっと見る

「前段階」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる