「成長率」とは?

関連ニュース

【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★11 - 08月20日(火)21:33  newsplus

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがた...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ財政再建計画は失敗するのか?前提のGDP成長率、過去24年間平均の9倍に設定 - 08月20日(火)07:00 

先般(2019年7月31日)の経済財政諮問会議において、内閣府は「中長期の経済財政に関する試算」(以下「試算」という)を公表した。この試算は、財政とマクロ経済の中長期の姿を示すもので、年2回公表されるが、今回の試算は2019年1月版を改定したものである。
カテゴリー:

【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★10 - 08月20日(火)01:17  newsplus

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがた...
»続きを読む
カテゴリー:

【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★8 - 08月19日(月)20:42  newsplus

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがた...
»続きを読む
カテゴリー:

【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★6 - 08月19日(月)11:13  newsplus

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがた...
»続きを読む
カテゴリー:

急成長が期待されるeMRAM市場、2024年には12億ドル規模に - Yole - 08月20日(火)17:01 

組み込みMRAM(eMRAM)は、大手ファウンドリやIDM、大手の製造装置サプライヤが関心を高め、事業強化を図っているおかげで、市場成長に機運が高まっており、今後の5年間の年平均成長率(CAGR)295%、2024年には12億ドルの市場規模に達する見込みであるとの調査予測を半導体市場調査会社である仏Yole Développementがまとめた。
カテゴリー:

反日国家を相手にしない。日本が韓国を何があっても放置すべき訳 - 08月20日(火)05:00 

8月15日、韓国で行われた「光復節」の演説では、日本に対する攻撃的なトーンを弱めた文在寅大統領ですが、同国内の反日運動は収まる気配がありません。日本はこの先、韓国に対してどのような対応を取るべきなのでしょうか。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、「何が起きても放置し、関わらないこと」とした上で、反日国家を認めてはいけないと結んでいます。 トランプ大統領のご乱心 2年債と10年債の金利が逆転する逆イールドになり、8月14日にNYダウは800ドル下げた。このため、トランプ大統領はハチャメチャな政策を矢継ぎ早に打ち出してきた。今後の展開を検討しよう。 日米株価 NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが、中国への追加関税UPと為替操作国認定の上に米国債の逆イールドで、8月14日25,479ドルまで下げ、長期金利上昇で8月16日25,886ドルになっている。 日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、12月26日18,948円と暴落し、米国で今年利下げ観測で、7月25日に、21,823円まで戻したが、米国の追加関税UPで8月6日20,110円と大幅な下落になり、その後は一進一退で8月16日20,418円になっている。 米株下落の直接の原因は、8月14日に2年国債の金利が1.59%で10年国債の金利が1...more
カテゴリー:

【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★9 - 08月19日(月)22:31  newsplus

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがた...
»続きを読む
カテゴリー:

【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★7 - 08月19日(月)18:22  newsplus

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがた...
»続きを読む
カテゴリー:

ジョニー・アイブとアップル(3):ウェアラブルデザインの未来 - 08月19日(月)09:00 

Appleで現在もっとも成長率が高い製品は、スマートウォッチであるApple Watch、そしてワイヤレスヘッドフォンのAirPodsだ。この2つの製品は、ウェアラブルのカテゴリに属しており、Apple Watchは2015年発売、AirPodsは2016年発売と、もっとも新しく成立したカテゴリとなる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「成長率」の画像

もっと見る

「成長率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる