「成長率」とは?

関連ニュース

ザ・ビジネスリサーチカンパニー社発行「世界の臓器チップ (Organ-On-Chip) 市場:機会と戦略」 - 調査レポートの販売開始 - 12月11日(水)16:30 

2019年12月11日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の臓器チップ (Organ-On-Chip) 市場:機会と戦略」 (The Business Research Company発行) の販売を12月11日より開始いたしました。【 商品情報 】世界の臓器チップ (Organ-On-Chip) 市場:機会と戦略Organ-On-Chip (OOC) Global Market Opportunities And Strategies To 2023● 発行: The Business Research Company (ザ・ビジネスリサーチカンパニー)● 出版日: 2019年12月02日● ページ情報: 123 Pageshttps://www.gii.co.jp/report/tbrc358844-organ-on-chip-global-market.html当レポートでは、世界の臓器チップ (OOC:Organ-On-Chip) 市場について調査分析し、製品分析、市場の特徴・動向、市場促進要因・抑制要因、市場規模分析 (過去4年間・今後5年間分)、資金調達情勢、競合情勢、ビジネスモデル、顧客分析について、体系的な情報を提供しています。第1章 臓器チップ市場:エグゼクティブサマリー第2章 目次第3章 図の一覧第4章 表の一覧第5章 分析構造第6章 ...more
カテゴリー:

AIポータルメディア「AIsmily」が「画像認識AIカオスマップ2019」を公開 - 12月11日(水)11:00 

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、「画像認識AIカオスマップ2019」を2019年12月11日に提供開始しました。掲載数は合計で73サービス。■画像認識AIとは画像認識AIとは、AI・人工知能が私たちの目の代わりとなって働く技術の総称です。自動車の自動走行システムや監視カメラの異常検知、製造現場の検品作業など、画像認識の技術は多くの企業で導入が進んでおり、ディープラーニングによって飛躍的な発展を遂げています。■画像認識AIカオスマップ作成の背景AIsmileyでは、これまでAIサービスの機能や価格を比較検討できる「AIチャットボットサービス比較表」や「自然言語処理サービス比較表」などをはじめとした、AI導入を検討している企業のために製品情報を提供してきました。今回の「画像認識AIカオスマップ」もAI企業各社の公開情報を基にAIsmileyが独自の視点で取りまとめたもので、国内で利用可能な画像認識AIのうち、導入が進んでいる7つの業界に分類し、73のサービスを一覧化し、マッピングしたものです。これまでのカオスマップでは、開発者視点での機能や学習方法など、技術的な側面で分類されていましたが、この画像認識AIカオスマップでは、実際に導入事例のある業界や、導入の目的から画像認...more
カテゴリー:

経済成長率6%、中国にとって特別な数字にあらず.. - 12月11日(水)02:42 

経済成長率6%、中国にとって特別な数字にあらず-政府エコノミスト
カテゴリー:

2019年の国内IT市場規模は消費税増税のシステム刷新などで4%増の約18兆円に─IDC Japan | IT Leaders - 12月10日(火)19:30 

IDC Japanは2019年12月9日、国内産業分野別/企業規模別 IT市場の2019年~2023年の予測を発表した。2019年の市場規模は前年比4.0%増の17兆9394億円、2018年から2023年の年間平均成長率は1.9%になるとみている。
カテゴリー:

「IoT×AI」で売上年60%成長のSKR社、ファンディーノで3回目の資金調達へ - 12月10日(火)16:15 

IoT家電・AI家電の企画製造販売を手掛ける株式会社SKRが、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」で3回目の資金調達に挑む。目標募集額2500万円、上限応募額9990万円の大型案件。 今年6月8日に実施した2回目の資金調達では約3分6秒で上限応募額5000万円に到達。目標募集額1500万円には1分1秒で到達しており、ファンディーノでは累計8300万円の調達実績を持つ。申し込みは10万円(250株)、30万円(750株)、50万円コース(1250株)の3コース。申し込み開始は12月11日午後7時半から。 同社は2014年7月設立、資本金9,250万円。年間売上高18.9億円、年60%以上の成長率を誇る注目のベンチャー企業だ。 海外で人気のAI、IoT商品や生活家電などを、日本国内向けに規格の再調整などを行って販売を行うファブレス型のビジネスを展開。工場や在庫を持たずに販売でき、販売に関しても国内独占販売権やライセンスをメーカーから取得しており、独自の知財戦略も行っていることで、キャッシュフローの負担なく商品展開が可能。 現在、商品数は200種類を越え、同社取引先口座が保有している販売店舗数合計1万5千店舗のうち、約4500店舗で販売を実施している。 新規事業として、次世代節電ユニット「ecomo(エコモ)」という商品の展開と事業化を計画している...more
カテゴリー:

アジア開銀、新興国の成長見通し下方修正 貿易摩擦が重し - 12月11日(水)12:06 

アジア開発銀行(ADB)は11日、アジア新興国の2019年と20年の成長率見通しをいずれも5.2%に下方修正した。中国やインドの見通し悪化を受け、他のアジア諸国でも経済活動が鈍化するとの見方を示した。
カテゴリー:

大手企業CEOや「フィンテック芸人」が下支え! 赤字なのになぜ注目? 海外投資家を引きつけるベンチャーの秘密:投資家ジャーナル - 12月11日(水)10:16 

投資家ユーチューバー集団「Zeppy(ゼッピー)」が、みんなに知ってほしいイケてる企業を紹介し、投資家の目線で会社を丸裸にする配信番組「投資家ジャーナル」。12月6日(金)配信では、家計簿アプリやクラウド会計ソフトを手掛けるマネーフォワードの代表取締役CEO・辻庸介さんが登場。同社の"赤字でも評価される"ビジネスモデルなどについて語った。そこで今回「テレ東プラス」では、前編の内容をお届け! 前編では「FinTech(フィンテック)」(金融サービスと情報技術を結びつけた動き)界の国内代表格と名高いマネーフォワードの3つの特徴を、同社の決算資料や決算短信などを基にゼッピーが洗い出していく。海外と国内の温度差はFinTechやSaaSへの理解度が原因1つ目のポイントは、ストック収入(単発で終わらず継続的に積み上がる収入)が超成長していること。特に事業者向けクラウドサービスのストック収入成長率(前年同期比)は第3四半期決算で70%と好調だ。ここで「Zeppy」所属の井村俊哉(元お笑い芸人・現物株億トレーダー)が、「SaaS型のため(顧客が)継続的にお金を落とし続けてくれるのは、投資家としても安心感がある」と伝えると、辻さんは「マーケットのボラティリティー(変動しやすい状態)が低いので、ストックモデルは経営しやすい」と話した。その他の事業ドメインも堅実に伸び、全体の売上高に対するストック収入...more
カテゴリー:

【悲報】昨日発表の内閣府発表GDP成長率、なぜか突如2倍に大幅修正される これもう半分聖帝算使っただろ - 12月10日(火)23:50  poverty

GDP大幅に上方修正 年率1.8%増、設備投資が好調 https://www.asahi.com/sp/articles/ASMD86V0KMD8ULFA001.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国経済】アナリストがズバリ回答「中国バブル、崩壊する?」 ★2 - 12月10日(火)17:29  newsplus

今日のポイント 摩訶不思議な中国GDP:景気実態はかなり悪いのに「6%成長」? 2007年以降の中国の景気実態を振り返り 李克強指数、生産者物価指数に見る中国の実態 2つの顔を持つ中国 中国バブルは崩壊するか?  これら5点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。  読者の方から「中国バブルはいつ崩壊する?」という質問を受けた。今回は、中国景気の現状および先行きについて筆者なりにお答えする。世界景気および日本株に大きな影響を及ぼす中国経済の現状からは目が離せな...
»続きを読む
カテゴリー:

「エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:タイプ別、ソリューション別2025年予測」最新調査リリース - 12月10日(火)16:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:タイプ別、ソリューション別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】エネルギー管理システム(EMS)市場は急速な拡大が見込まれ、その世界市場規模は2018年の推計398億9000万ドルから、2025年には1178億3000万ドルに達すると予測されます。2018年から2025年にかけての同市場規模の平均年成長率(CAGR)は17.1%増での推移とレポートでは分析しています。当レポートでは、2025年に至るエネルギー管理システム(EMS)の世界市場予測(金額規模US$)、製品タイプ別市場(IEMS、BEMS、HEMS)、コンポーネント別市場(センサ、コントローラ、ソフトウェア、バッテリー、ディスプレイ、その他)、ソリューション別市場(炭素エネルギー管理、デマンドレスポンス管理、ユーティリティ課金/顧客情報システム)、エンドユーズ別市場(住宅用、商用)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:タイプ別、ソリューション別2025年予測Energy Management Systems Ma...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「成長率」の画像

もっと見る

「成長率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる