「製薬会社」とは?

関連ニュース

製薬会社のスポーツサプリメント『WINZONE』より爽快な酸味が特徴的なエナジージェル(シークワーサー風味)が8月20日に発売! - 08月19日(月)15:00 

日本新薬株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:前川 重信、以下 当社)は、スポーツサプリメント「WINZONE」シリーズより、エネルギー補給に最適で、甘みを抑え、酸味を強めた『WINZONE ENERGY GEL(ウィンゾーン エナジージェル)シークワーサー風味』を8月20日(火)より当社の通販サイトにて販売いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190992/LL_img_190992_1.jpg WINZONE エナジージェル写真1 日本新...
カテゴリー:

保健省、医薬品・薬局のデータベース搭載サイトを開設 - 08月15日(木)03:15 

 保健省傘下の医薬品管理局はこのほど、医薬品や製薬会社、薬局などの情報を提供するウェブサイト<<a href="https://www.drugbank.vn/" target="_blank&q...
カテゴリー:

龍角散、中国進出へ。名前と効能が最高だと中国で大人気 - 08月15日(木)00:29  news

画像 龍角散 中国で人気の「のどあめ」拡販へ中国企業と提携 2019年8月14日 22時08分 製薬会社の龍角散は、日本を訪れる中国人観光客から「神薬」とも呼ばれ人気がある「のどあめ」などについて、中国の製薬会社と提携し、現地での販売に本格的に乗り出すことになりました。 「龍角散」は、14日、中国・広東省に本社を置く製薬会社の「華潤三九」と業務提携を結んだと発表しました。提携先が持っている現地の薬局での販売網を活用し、のどあめやタブレットなどの商品を販売するということです。 中国では大気汚染の影響で...
»続きを読む
カテゴリー:

Terns Pharmaceuticals、NASH治療薬として開発中のSSAO阻害剤TERN-201の進行中の第1相臨床試験から得た良好な中間結果を発表 - 08月14日(水)18:21 

米カリフォルニア州フォスターシティ & 上海--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)とがんの革新的治療薬の創薬と開発に取り組む世界的バイオ製薬会社のTerns Pharmaceuticals, Inc.は本日、TERN-201の進行中の第1相臨床試験の中間結果を発表しました。TERN-201は、NASHの治療薬として開発中のセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ(SSAO)阻害剤です。 TERN-201のヒト初回投与試験から得た中間データは、単回経口投与されたTERN-201の忍容性が良好であることを証明し、投与中止につながる重要な安全性の知見も得られず、有害事象も観察されませんでした。検討されたそれぞれの投与量において、血漿SSAO活性はベースラインから低下しました。活性の低下はTERN-201の単回投与から最長で1週間にわたり維持されました。これらの結果に基づき、本試験は複数回投与の段階へと進められました。 Ternsの最高医学責任者(CMO)であるエリン・クワーク(M.D.)は、次のように述べています。「TERN-201
カテゴリー:

患者の利益を損なう「医師と製薬会社の黒い関係」 - 08月13日(火)07:54 

患者の利益を損なう「医師と製薬会社の黒い関係」
カテゴリー:

洋エンジ---急反発、「抗体医薬」生産設備に参入と報じられる - 最新株式ニュース - 08月19日(月)10:50 

<6330>  洋エンジ  552  +39急反発。同社などのエンジニアリング大手が製造コストを抑えたがん治療向け抗体医薬の生産設備の開発に動き出すと一部メディアが報じており、買い材料視されているようだ。同社は原材料となるたんぱく質を連続して投入するプラントを開発。原料の無駄をなくし、製造コストを3割程度抑えたという。設備は数億円程度で、まず国内の大手製薬会社に納入し、将来は海外にも販売する計画の
カテゴリー:

龍角散、中国進出へ。名前と効能が最高だと中国で大人気に - 08月15日(木)00:46  poverty

画像 龍角散 中国で人気の「のどあめ」拡販へ中国企業と提携 2019年8月14日 22時08分 製薬会社の龍角散は、日本を訪れる中国人観光客から「神薬」とも呼ばれ人気がある「のどあめ」などについて、中国の製薬会社と提携し、現地での販売に本格的に乗り出すことになりました。 「龍角散」は、14日、中国・広東省に本社を置く製薬会社の「華潤三九」と業務提携を結んだと発表しました。提携先が持っている現地の薬局での販売網を活用し、のどあめやタブレットなどの商品を販売するということです。 中国では大気汚染の影響で...
»続きを読む
カテゴリー:

龍角散 中国で人気の「のどあめ」拡販へ中国企業と提携 - 08月14日(水)22:08 

製薬会社の龍角散は、日本を訪れる中国人観光客から「神薬」とも呼ばれ人気がある「のどあめ」などについて、中国の製薬会社と提携し、現地での販売に本格的に乗り出すことになりました。
カテゴリー:

3Dプリント臓器の商用化まであと数歩 - 08月13日(火)08:00 

生きた細胞を使った血管組織のプリントに成功したことで、3Dプリント組織の開発が加速され、最終的には、わずかな細胞のサンプルから臓器が作れる可能性が見えてきた。 先月末、Prellis Biologicsは、870万ドル(約9億1800万円)の資金調達と、3Dプリントによる臓器の製造に向けた複数の目覚ましい進展を発表した。数多くの大学の研究をベースにしたこの取り組みを、同社は「ボリュメトリック・バイオ」と呼んでいるが、今年の初めには独自の大きな進歩を公表している。 Prellisの新たな成功は、血管組織構造体を研究機関に販売する商用化までのタイムラインをスピードアップさせるものだ。そしてそれは、血管付きの植皮、インシュリンを生成する細胞、人工透析を必要とする患者本人の組織から作った血管シャントへの展望も開けたと、Prellisの共同創設者でCEOのメラニー・マシュー(Melanie Matheu)氏はインタビューの中で話していた。 患者本人の細胞から作る血管シャントは、その方法を成功に導く可能性を高めるとマシューは言う。「そのシャントが失敗すれば、選択肢の幅が限定されてしまいます。胸にポートを付けるしかありません」。Prellisが提案する治療法は、人々の生活の質を高め腎臓移植を待つ人たちの時間を延長できるとマシューは話す。 数カ月前、ライス大学のJordan Miller(ジョーダ...more
カテゴリー:

コンゴのエボラ熱 725人で臨床試験「2つの治療薬に効果」WHO - 08月13日(火)02:51 

    アフリカ中部コンゴ民主共和国を中心に猛威をふるうエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は12日、臨床試験を進めている4種類の治療薬のうち、米製薬会社リジェネロン社(Regeneron)と、米国立アレルギー感染症研究所(NIA…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「製薬会社」の画像

もっと見る

「製薬会社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる