「年問題」とは?

関連ニュース

企業の52.6%が「人手不足」 建設・物流・医療業では約7割に、「2024年問題」は既に深刻(帝国データバンク) - 02月26日(月)15:16 

 2023年の人手不足を要因とした倒産は260件にのぼり過去最多を大幅に更新し、人手不足による企業経営への悪影響が顕著にみられた一年だった。物価上昇にともない活発となった「賃上げ」は人材の確保・定着に
カテゴリー:

稲盛和夫に学ぶ「物流コスト改革」徹底的に合理化した物流から利益が溢れ出したワケ(ダイヤモンド・オンライン) - 02月26日(月)05:16 

 「物流の2024年問題」が目前に迫る今こそ、「経営の神様」と称された稲盛和夫氏の物流改革に多くの会社が学ぶべきだ。稲盛氏が創業し、経営を率いた京セラではなんと、自社の物流業務を事業化し、高い採算性を
カテゴリー:

タイミー、物流大手4社が新たに資本参画 物流業界の人手不足を支援 - 02月24日(土)10:00 

タイミーは2月21日、セカンダリー取引ラウンドを実施し、AZ-COM丸和ホールディングス、セイノーホールディングス、NIPPON EXPRESSホールディングス、福山通運の物流企業4社が新規株主として参画したと発表した。「物流2024年問題・・・
カテゴリー:

【悲報】バス会社、人手不足で減便、廃止。これが衰退国家ジャップのインフラだ! - 02月24日(土)01:54  poverty

西肥バスが461便減便 3年連続の大幅減 俵ケ浦など5エリア半減へ 4月ダイヤ改正 長崎・佐世保市 長崎県佐世保市の西肥自動車(西肥バス)は21日、4月1日のダイヤ改正で、路線バスを現行から461便減らすことを明らかにした。減少率は8・8%。運転手不足に加え、4月から運転手の労働時間の規制を強化する「2024年問題」に対応するため。大幅な減便は22年から続いており、21年と比べて約30%の減便となる。  早朝と夜の時間帯などを減便したり、路線区間が短く乗車人数が少ない路線を廃止したりする。減...
»続きを読む
カテゴリー:

【中抜き】物流2024年問題、今更になって多重下請け構造に規制。最高にジャップだよなw - 02月23日(金)11:26  poverty

運送業の多重下請け是正 2024年問題で法改正へ トラック運転手が不足する「2024年問題」を巡り、政府が物流関連2法を今国会で改正し、対策に乗り出す。輸送業務の委託を重ねる「多重下請け」を是正するため、元請け業者に取引管理簿の作成を義務づける。契約内容を明確にして下請け側が利益を確保しやすくし、運転手の賃上げを狙う。 2月中旬にも、政府が2法の改正案を閣議決定する。2法は物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法で、今国会に改正案を提出する。貨物... この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただ...
»続きを読む
カテゴリー:

F-LINEプロジェクト参画企業、各物流担当部門長に聞く2024年の展望 - 02月26日(月)13:00 

大手食品メーカー(味の素、カゴメ、Mizkan、日清オイリオグループ、日清製粉ウェルナ、ハウス食品グループ本社)と物流事業者(F-LINE)が共同で物流効率化に取り組む「F-LINEプロジェクト」。2024年問題を前に2 […] The post F-LINEプロジェクト参画企業、各物流担当部門長に聞く2024年の展望 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

給与アップや試験見直しでバス運転手確保 横浜市交通局「最重要」 - 02月25日(日)19:55 

 バス運転手の拘束時間が制限される「2024年問題」を4月に控え、横浜市交通局が人材確保に躍起だ。給与を引き上げ、採用試験を見直し、再就職の道も広げる。交通局の担当者は「人材確保は市民の足を守るための最重要課題」と話す。
カテゴリー:

花火大会の開催に影響も 鉄道がない町で進むバス減便、町長は動いた - 02月24日(土)08:00 

 バスの減便やタクシー不足の影が都市部周辺にも忍び寄ってきている。4月には運転手の残業規制が強化される、いわゆる「2024年問題」が控え、事態が深刻化するおそれもある。神奈川県内の自治体では地域の足を…
カテゴリー:

4月に迫る「2024年問題」鉄道とトラック、物流のライバルが“物流の停滞”課題解決へ「競争」から「共走」 - 02月23日(金)19:50 

食料品や生活必需品は、きちんと届けられるのでしょうか。  物流の停滞が懸念される2024年問題まであと1か月あまり。  面積が広い北海道で荷物をどう送り届けるか。  物流業者らの模索が続いています。  21日、札幌市白石区にあるJR貨物の札幌ターミナル駅です。  トラックで運ばれてきたのは、札幌市内や近郊のメーカーなどから出荷された食料品や飲み物などおよそ12トン分です。  これらをおよそ300キロ離れた北見市に運ぶために、貨物列車のコンテナに移し替えられました。  4月に迫る「2024年問題」に対応するための実証実験です。 サッポログループ物流・野倉健児部長 「トラックドライバーが確保できなくても、輸送できる、様々な輸送モードの知見を得ることができるのかなと」  札幌市から北見市まで荷物を運ぶ場合道内の物流業者の多くがトラックを使っています。  トラックで片道5時間、北見市で荷物を下ろして空になったトラックを再び5時間、あわせて10時間かけて往復しています。  しかし4月からトラック運転手はこのような長時間の運転は許されなくなります。  残業時間の規制が強化される「2024年問題」です。  トラック運転手の待遇改善が目的の国の施策ですが、一方で輸送力が低下し、物流が滞ることが懸念されています。  特に面積が広く物流をトラックに頼る道内では、生活必需品からネット通販の...more
カテゴリー:

【2024年問題】ついに始まるバス減便祭りガチでヤバい。始発繰下げ・終バス繰上げ・本数半減・運休・廃止。バス通勤社畜絶望の満員バス - 02月22日(木)19:27  poverty

2024/02/22 TBSテレビ 【Nスタ】 <NEWS そのサキ!>都心バス相次ぎ廃止・減便・新宿・渋谷・池袋にも拡大 新宿と武蔵野市「武蔵境駅」を結ぶ路線はもともとバスの本数は少なかったが、来月15日をもって廃止が決まった。 運行する小田急バスは来月のダイヤ改正で、合わせて3路線を廃止するほか、多くの路線で減便を実施。 https://jcc.jp/news/20585093/ 西肥バスが461便減便 3年連続の大幅減 俵ケ浦など5エリア半減へ 4月ダイヤ改正 長崎・佐世保市 減少率は8・8%。運転手不足に加え、4月から運転手...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる