「リレー」とは?

関連ニュース

BIM、Skaai、田我流、Boseのマイクリレー楽曲「RASEN」音源化 tofubeatsがプロデュース - 05月19日(日)17:00 

BIM、Skaai、田我流、Boseが参加し、tofubeatsがプロデュースした楽曲「RASEN」が明日5月20日に配信リリースされる。
カテゴリー:

西九州新幹線、7~9月に1日4往復増便 金土と休日、お盆期間 JR九州 - 05月18日(土)10:00 

JR九州は17日、7~9月の西九州新幹線(武雄温泉―長崎)や在来線特急などの臨時列車の運行計画を発表した。博多―長崎を結ぶ新幹線「かもめ」と特急「リレーかもめ」は、7月12日~9月23日の金、土曜と休日、お盆期間(8月9日~同18日)に1日上下4本ずつ増発する。 博多発の「リレーかもめ」と対面乗り換えする武雄温泉発の「かもめ」は午後0時台から同4時台にかけて4本、長崎発の「かもめ」と対面乗り換えする武雄温泉発の「リレーかもめ」は午後0時台から同5時台にかけて4本増やす。
カテゴリー:

9月に日本デビュー&夏にジャパンホールツアー決定! RIIZE初のファンコンが大盛況 - 取材・文 尹 秀姫 写真・田中聖太郎写真事務所 | ananweb - マガジンハウス - 05月17日(金)19:00 

RIIZEが日本で初めてのファンコンサート「2024 RIIZE FAN-CON 'RIIZING DAY' in TOKYO」を開催。5月11、12日の2日間に渡って国立代々木競技場第一体育館をいっぱいにした。最終日、2日目の模様をレポートします!アイドルじゃなかったら「大企業の社長」になっていたのは誰?【ペンになってもいいですか!?】vol. 204ペンライトのオレンジが会場を満たし、ステージに雷鳴が轟く中、メンバーのシルエットがチラ見えすると会場からは雷鳴に負けないほどの大歓声が沸き上がる。ステージ上の扉が開くと、そこには揃いの衣装をまとったメンバーの姿が。「東京、ラスト行くぞ!」というショウタロウのシャウトともに始まった「Siren」は、1曲目から気合十分。BRIIZE(RIIZEのファンネーム)たちのコールからもRIIZEへの期待の大きさが感じられた。ソンチャンが「みんな、目が美しいね」、ウンソクが「今日もきれいですね」とBRIIZEを称えた後、ウォンビンは「RIIZEの寿司職人、板前ウォンビンです。いらっしゃいませ!」と、なぜか寿司職人になりきり自己紹介するというおちゃめな一面を見せた。この日はファンコンらしく、トークももりだくさん。「BRIIZEがRIIZEに送るカプセル」コーナーではクレーンゲームで取ったカプセルの中に入っているBRIIZEからの質問に答えてくれた。...more
カテゴリー:

ガザ攻撃巡り東大で学生らが集会「反戦の訴えに向き合うべきだ」 - 05月16日(木)22:20 

 パレスチナ自治区ガザ地区へのイスラエル軍の攻撃に抗議する学生運動が米国を中心に広がる中、日本の大学でも同様の動きが起きつつある。16日夜には、パレスチナに連帯を示すリレートークが東大駒場キャンパス正…
カテゴリー:

電通PRコンサルティング、『Media Trends Report 2024』を発行 - 05月16日(木)14:00 

2024年5月16日 株式会社電通PRコンサルティング    電通PRコンサルティング、『Media Trends Report 2024』を発行 ~メディア編集長ら20人のインタビューを通じて2024年度8つのトレンドを予測~   株式会社電通PRコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山口恭正)は、メディアへのインタビューを通じて得た2024年度の8つのトレンド予測をPR視点でまとめたレポート『Media Trends Report 2024』(PDFファイル)を、5月16日(木)に発行いたします。     電通PRコンサルティングでは、1961年の創業からこれまで、さまざまな活動を通じてメディアとの関係性を深め、日々情報をキャッチアップし、世の中の動きを察知してきました。この度、当社のメディアリレーションズ力を生かし、経済・ビジネス、ファッション・ライフスタイル系メディアの編集長・副編集長クラス20人の方たちに、「2024年度がどのような年になるか」について、インタビュー。その結果を2024年度の8つのトレンド予測としてPR視点でレポートにまとめました。   本レポートを通じ、今起ころうとしている社会の動きやニーズを把握でき、企業・団体が取り組むべきコミュニケーションやビジネスチャ...more
カテゴリー:

【陸上】パリ五輪競歩代表の浜西諒が日本新でV 男子5000m - 05月19日(日)08:03 

男子5000メートル競歩でパリ五輪20キロ代表の浜西諒(サンベルクス)が18分16秒97の日本新記録で優勝した。従来の記録は池田向希(旭化成)の18分20秒14だった。 男子100メートルは2021年の東京五輪400メートルリレー代表の…
カテゴリー:

赤楚衛二、韓国人気グループとコラボ動画に「メンバーみたい」「赤楚さんは踊らないですか?」 - 05月18日(土)06:00 

俳優赤楚衛二(29)が17日までに自身のインスタグラムを更新。韓国の8人組ボーイズグループ「Stray Kids(ストレイキッズ)」とのコラボ動画を公開した。 赤楚は「Stray Kidsさんリレー動画withMe」とコメントし、動画を…
カテゴリー:

「雰囲気が重い」「クラスで協力しようっていう雰囲気が好きじゃない」運動会・体育祭が嫌いな子どもたち - 05月17日(金)13:12  newsplus

ニフティが、子ども向けサイト「ニフティキッズ」にて、「スポーツ」に関するアンケート調査を実施し、5月16日(木)に結果を公開しました。調査は、2024年3月12日(火)~4月9日(火)の期間小中学生を中心とした子どもたちを1480人対象に、インターネット上で行われました。 【中略】 5月に運動会・体育祭を行う学校も多いのではないでしょうか。「運動会や体育祭は好きか」について、約半数の小中学生が「好き」と答える一方で、25%の人が「嫌い」と回答しました。 なぜ嫌いかについて、 「あんまりうまくできないし、...
»続きを読む
カテゴリー:

【学校】5月の運動会が増え、子どものストレス・トラブルも起きやすく 不登校の専門家に聞く「出たくない子」の背景 - 05月16日(木)19:13  mnewsplus

AERA with Kids Plus 2024.5.16 https://dot.asahi.com/aerakids/articles/-/222449 運動会のシーズンが近づいてきました。楽しみにしている子がいる一方で、「出たくない」と感じる子も5月は特に多いといいます。運動会に参加したくない理由や子どもたちが置かれているストレスフルな環境について、不登校新聞社代表の石井しこうさんに聞きました。(聞き手/AERA with Kids編集部) ■大きな声、練習…意外とストレスフルな環境 ――運動会などの行事に出たくないお子さんの話を聞きますが、みんなで楽しくやるはずの行事につらさを...
»続きを読む
カテゴリー:

「知られなければ選択肢にすら入らない」、あらゆる手段を使って南砺市をPRしていきたい 「自治体広報の仕事とキャリア」リレー連載(南砺市 岩倉竜矢さん) - 05月16日(木)13:00 

広報、マーケティングなどコミュニケーションビジネスの世界には多様な「専門の仕事」があります。専門職としてのキャリアを積もうとした場合、自分なりのキャリアプランも必要とされます。現在、地方自治体のなかで広報職として活躍する人たちは、どのように自分のスキル形成について考えているでしょうか。本コラムではリレー形式で、「自治体広報の仕事とキャリア」をテーマにバトンをつないでいただきます。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる